こんにちは、『kuusoo BREWING』神脇伊藤です!

私たちは、岩手県釜石市に位置する「釜石大観音仲見世通り」(以下、仲見世通り)で、未来のくらしにいろどりを添えるノンアルビールプロジェクトに挑戦します。

まずは、私たちの活動拠点である釜石市と仲見世通りのお話をさせてください。
※目次は下記の通りです。もしすぐにビールの情報を知りたい!という方は下部にスクロールお願いします。



・岩手県釜石市

『kuusoo BREWING』 の活動拠点は岩手県釜石市。人口3万人弱の小さな町で、三陸海岸の真ん中に位置し、市の面積の約80%は森林が占めているなど、山川海が近く豊かな自然環境に囲まれています。

太平洋戦争下での2度の艦砲射撃や震災などを経験し、幾度もの困難のなかでも世界の平和を願い復興と発展に励んできた釜石市。2011年の東日本大震災でも甚大な被害を受けた地域であり、多くの人が手を取り合いながら復興に尽力してきました。


・釜石大観音仲見世通り

そんな釜石の観光名所として知られているのが「釜石大観音」。その足元に軒を連ねる商店街「仲見世通り」で私たち『kuusoo BREWING』は活動しています。

その高さ48.5mにも及ぶ巨大観音像を見上げる仲見世通りは、大観音を建立したお寺の関係者が土地を買い取って分譲したことで、統一感のある門前町となり昭和50年代には20以上の飲食店やおみやげ屋さんで繁盛していました。

しかしながら次第に観光スタイルも変化していき、賑やかな商店街をつくってきたお店も少しずつシャッターが閉まっていく状況になりました。

そして、2017年12月には営業稼働店舗が「0」に。

そんななか、仲見世通りの景観やくらしに惚れ込んだ仲間が集まり、エリア再興のための活動が少しずつ育まれてきました。これまでコワーキングスペースやゲストハウスが生まれ、2019年にはカフェOPENのためクラウドファンディングを実施。延べ443名の皆様にご支援をいただきました。

▼2019年のプロジェクト詳細はこちらから
「0店舗商店街からの復活!釜石大観音仲見世通り再興の灯となるカフェをつくりたい!」

新たな場が生まれることで、訪れる人たちも徐々に増え、一層リアルの交流を楽しんでもらえるよう、イベントの企画やお店の運営をしてきました。

これからもっと頑張ろう!という矢先、新型コロナウイルスが世界中に広まり、リアルの場を大切にしてきた仲見世通りは、その影響を大きく受けてしまいました。通りを歩く人も少なくなり、カフェの売上もおよそ半減してしまうなど、活動の継続自体が危ぶまれるほど追い込まれている状況です。

そんな最中、私たちは、強くこだわってきた”リアルの交流”のあり方を問い直し、経験値「0」から、モノの開発に挑戦することを決意しました。仲見世通りの持続的な未来を描きながら、私たちが届けるモノが、誰かのくらしや社会を楽しくする取り組みを行います!


私たちが着目したのは、ノンアルコールクラフトビールです。キッカケは釜石のくらしのなかでの気づきでした。

仲見世通りは、駅から少し離れていることもあり、来訪する方々の移動手段の9割以上が車になっています。活動する私たち自身もスーパーへの買い出しや銭湯に行くのに毎日車で移動しており、生活のなかで車は切っても切り離せません。

もちろん居酒屋や飲食店にも車で行くことがほとんどです。そのため、「ちょっと今日車なので・・」とノンアルを頼むシーンが多いことに気づきました。

美味しい地酒やクラフトビールなどを嗜む人たちがいる一方で、ふと見渡すと運転を控えた人がノンアルビールやソフトドリンクを飲んでいたりします。そんな地方のくらしならではのワンシーンから「ノンアルにも、もっと豊かな選択肢があってもいいのではないか?」と思い、ノンアルプロジェクトの構想がスタートしました。


▪︎お酒のあるくらしで起きること

「ちょっと今日車なので・・」この言葉がお酒やノンアルのことを考えるきっかけになりましたが、そこから過去のお酒にまつわる出来事を振り返ってみると、様々なことに気づきました。

・パートナーがお酒を飲めない人であったため、味や体験を共有できなかったこと
・先輩にいっぱいお酒を飲まされて、粗々をしてしまったこと
・結婚式で友人が急性アルコール中毒になって病院に運ばれたこと

このような実体験とともに、ニュースや新聞をみていても、

・大学新入生に対する未成年飲酒の強要
・お酒をつかったレイプ
・飲酒運転による死亡事故

など、お酒に関する問題が身近にたくさんあります。近年ではSDGsにおいても、有害なアルコールの使用に関する記述がされているほどです。(※近年増えているESG投資では、ネガティブスクリーンとしてアルコールがありアルコール関連の事業は投資が避けられています。)

気づきのなかで、もう少し上手なお酒との付き合い方・くらしのあり方があるのではないか? そんな想いを抱くようになりました。

ノンアルプロジェクトに取り組むことは、そんなお酒のあるくらしが抱える課題に新しい可能性を生み出すことでもあります。コロナにより飲み会は減りましたが、ノンアルの可能性を届けることで、これからの生活様式にも寄り添う豊かな社会の実現を目指します!


▪︎実は、日本人の約半分がお酒に弱い。

また、お酒とくらしについてもう少し調べてみると、なんと日本人の約半分がお酒に弱いということを知りました。


(アサヒグループホールディングス株式会社 HP「人とお酒のイイ関係 お酒の代謝能力の違い」より) 

アルコールの分解には、体内にあるALDH2という酵素の働きにより分解されます。日本人の約44%はこの酵素の働きが弱く(低活性型)その内4%はまったく働きがない(不活性型)と言われています (樋口進 編「アルコール臨床研究のフロントライン」より)。

つまり、日本人の約半分がアルコールに「弱い」or「飲めない」人だということです。そういわれると、確かに「アルコール飲めないんだよね...」とか「一杯だけなら・・・」というセリフを耳にすることが案外多かったことに気づきました。

それにも関わらず、お店のメニューには大手ノンアルビールの1種類しかないことが多いのが現状です。

もしかしたら、私たちが想像している以上に「ノンアルの種類が増えたら嬉しい!」と思っている人たちはたくさんいるのではないか?。日本人の約半数がお酒に弱いという事実を知ったことで、構想を始めた時よりもノンアルプロジェクトを進めることに意義を感じるようになりました。


アルコールが弱いor飲めない人たちが多い日本にも関わらず、先輩や友達にお酒を強要されたこともある人も少なくないと思います。

また、飲み会でノンアルを飲むときはどこかうしろめたさを感じたり、酔っぱらってる姿やアルコールをみんなで楽しんでいるのを見て疎外感を感じることもあると思います。

私たちも釜石に来てから生活スタイルの変化からお酒が減り (神脇にいたってはほとんど飲まなくなりました) 、ノンアルを選択することが増えたことによって、そんな気持ちも分かるようになりました。

うしろめたさや疎外感の背景にあるのはおそらく、お酒を飲むことが当たり前になっている日本の文化。

そこで私たちは、アルコールを飲むことと同じくらいにノンアルを選ぶからこそ楽しめるくらしのシーンを創造してきます。

※撮影当日たまたまオープンカラーの白シャツかぶりしました・・

料理×ノンアル...アクティビティ×ノンアル...音楽×ノンアル....

アルコール0%だからこそ楽しめるくらしの余白はたくさんあります。私たちは商品とともに新たなノンアルシーンを届けることで、ノンアルの選択が今よりポジティブになる文化も醸成していきます。


『kuusoo BREWING』の提案していくのは、「0%がいろどる未来のくらし」/「for me,for socialなノンアル」

ノンアルがある未来のくらしを空想することで、ノンアルが「自分にとっても <for me> 社会にとっても <for social>」 ポジティブな選択になることを提示していきます。

>for me
おうち時間が増えたことで、自分をいたわること・自らに自信をもつこと・内なる自分と向き合うこと... といった for me の時間を大切にする価値観が広がってきました。昨今ブームになっているキャンプ・ヨガ・サウナ なども for me の時間を豊かにするくらしの選択として広がりを見せているのだと思います。

本を読みながら...音楽を聴きながら...キャンプをしながら...

健康面で自分自身を気遣うだけでなく、私たちはそんな for me の時間にいろどりを与え、それぞれの体験がより楽しくなるようなノンアルを届けていきます!

>for social

また、くらしにノンアルを加えることは、これまでに話してきたような飲み会・飲酒運転・アルハラ のような課題の改善に少しだけ貢献する行動だと思います。自分自身のために飲んでいるノンアルは、実は社会のためにもつながっていると思えたら、ノンアルを選ぶということはとても素敵な選択になると思います。

欧米ではすでに若者世代のなかで、「あえてお酒を飲まないことはcoolだよね!」という価値観・ムーブメントが起っています(”sober curious”ソーバーキュリアス)。ノンアルの選択が社会にとっても cool であることを伝えていくことが私たちの取り組みの1つです。


くらしのなかにノンアルが増え、0%によって自分も社会も豊かになるシーンを提案していきます!


前置きが長くなってしまいましたが、私たちはそんな想いを基に、

①ノンアル”クラフト”ビールの開発  ②ノンアル文化を発信するメディア事業 

に挑戦します。

・①ノンアルファントムブルワリー『kuusoo BREWING』<商品開発>

私たちは自社醸造所を持たないノンアルファントムブルワリー『kuusoo BREWING』として、全国各地の醸造所と連携してノンアルクラフトビールをつくります。

プロジェクトの構想が固まり「ノンアルクラフトビールをつくるぞー!」と意気込みながら近くの醸造所から問い合わせてみたところ、「ノンアルはつくれないな〜」とお断りされることが続き、プロジェクトは頓挫しかけました。

地方の醸造所では、若者のアルコール離れを認識しつつも、発酵の技術/管理・酵母の選択・付加設備の問題 etc… ノンアルをつくるのに未だ製造の課題が多いようです。

そのような事実を知ってから、製造の課題も解決したい!と、設備をもたない私たちだからこそできることを考えました。その末に、ノンアルの製造にポジティブになれるように全国の醸造所とどんどんコラボしよう!という指針にたどり着きました。

各地の美味しいノンアルビールを次々に打ち出すことによって、製造側の未来にもつながれば嬉しいです。

全国に視野を広げてもノンアルクラフトビールの製造を行う企業はまだまだ少ないですが、幾度の検討を重ねたなかで製造先を決定し、この度、第1弾の製造にこぎつくことができました。

第1弾のkuusoo BLACK「黒ビール」の他、現在第2弾のkuusoo WHITE「ベルジャンホワイト」も企画しており、醸造所と打ち合わせを重ねております。今後もこの2種類の商品だけでなく、各地と連携して1年間で計4つの商品を生み出し、それぞれクラウドファンディングのサイトを通じて販売していきたいと思っています。

(※第2弾のWHITEについては、次回のクラウドファンディングで販売する予定ですが、今回のリターンでも先行販売として数量限定でご用意しております)


・②ノンアル文化を発信するメディア「のんあるのあるくらし」<メディア事業>

「0%がいろどる未来のくらし」を提案していくうえで、商品の開発と同時に、文化の発信も行なっていきます。健康的な生活×ノンアル、趣味・遊び×ノンアル、仕事×ノンアル....新たなノンアルとくらしのシーンを『のんあるのあるくらし』としてwebメディアを立ち上げ文化の発信をしていきます!

前段でお話した、料理・映画/音楽鑑賞・読書やサウナ・キャンプ・ヨガなど、それぞれのくらしに寄り添う”のんある”をおすすめしたり、”のんあるのあるくらし”の楽しみ方など、これまでより0%が身近になる未来を目指していく予定です。

多様な生活スタイル×ノンアルの可能性をみなさんにご提案していきます!


そんな『kuusoo BREWING』がお届けする第1弾の商品は、ノンアル”黒”ビール「kuusoo BLACK」です。黒ビールとは、ビールの原料となる麦芽を焙煎したビールのこと。今まで飲んできた「なんか薄い...」ノンアルビールとは一味違うコクと香ばしさが広がる商品となっているので、ぜひ一度飲んでいただけたら嬉しいです!

しっかりとした苦味のなかに感じる甘みが特徴的な商品ですので、本を読んだり、映画・音楽鑑賞など、おうちでのリラックスシーンとともに味わっていただくのがオススメです。食べ物と合わせる場合は、濃厚なチョコやお肉と楽しんでみてくだい。

第1弾のBLACKは、”仲見世通りらしい”くらしに寄り添ったテイストになっていると思います。仲見世通りのカフェ sofo cafe では、約1000冊の本と一緒に各種ノンアルビールを楽しめる空間を新たにご用意しております。市内のご支援者は当店でボトルキープをしておくことも可能です。遠方の方もぜひ本と合わせて飲んでいただき、少しでも仲見世通りのくらしやsofo cafeでの時間を想像いただけたら嬉しいです。

▼釜石大観音仲見世通り sofo cafe 住所
〒026-0002 岩手県釜石市大平町3丁目9−1sofo


第2弾では、ノンアル”ベルジャンホワイト”(仮)の製造開発に挑戦しています。ベルジャンホワイトとは、ハーブやオレンジピールなどを副原料として用い、爽やかでフルーティーな味と香りを醸し出すのが特徴のビアスタイル。

現在開発段階ではありますが、第一弾と同じくこれまでのノンアルビールになかったような、新たなシーンを想起させる商品に挑戦していきます!

(※第2弾を含むリターンを選ばれた方は、配送が二回に分かれる可能性があります。ご留意ください。)


「第1弾からいきなり黒ビール!?」と驚かれる方も多いですが、これまでにないノンアルと味をお届けすることで、その可能性を知っていただくことが私たちの第一目標だと思っています。

まだまだ未熟なプロジェクトですが、多くのみなさまにご協力いただけるよう精一杯取り組んでいきますので、ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします!



========

◇スケジュールについて

2021年9月 クラウドファンディング終了

9月下旬   リターン kuusoo BLACK 発送

10月上旬 リターン kuusoo BLACK 到着 / kuusoo WHITE完成

10月下旬 リターン kuusoo WHITE 発送 

11年上旬 リターン kuusoo WHITE 到着

(※kuusoo WHITE の製造スケジュールは変更になる可能性がございます。ご支援いただくリターンにkuusoo WHITEが含まれる場合、ご承知おきください。)


◇資金の使い道

今回のクラウドファンディングは、『kuusoo BREWING』の商品販売、新商品開発、パッケージ資材、WEBサイト開設、配送費などの費用を集めることを目的としています。皆様からいただいた資金は以下の費用に充てさせていただきます。


ノンアルクラフトビール開発製造費      120万円
グッズ製作費               25万円
デザイン、撮影費             40万円
パッケージ資材、印刷費          25万円
WEBサイト開設             30万円
梱包作業費、発送費(製造⇒弊社⇒支援者) 55万円
保管費、その他雑費              5万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

              TOTAL     300万円

目標金額を上回るご協力をいただいた場合は、ストレッチゴールを設定し、生産数の増加や新たなお得なリターンを検討いたします。※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


◇リターンについて

※500,000円のリターンを除くすべてのリターンにお礼のメールが含まれます


■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名: 合同会社sofo
 ● 事業者の住所/所在地:〒026-0002 岩手県釜石市大平町3-9-1 sofo
 ● 事業者の連絡先:mail / info@kuusoobrewing.com
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし






このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください