2021年9月13日追記:

9月11日よりスタートいたしましたこのプロジェクトは、喜ばしいことに24時間で最初の目標である100万円を達成することができました。多くの方に応援、共感していただき、ご支援をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいでございます。本当にありがとうございます!


そして、次なる目標を掲げ、残りの日数を引き続き頑張ってまいります。


300人の方と一緒にお店を作り上げたい!


これが私のNEXT GOALです。無謀とも思われる挑戦ではありますが、多くの方と目標に向かって、「喫茶 時薬」を一緒に作り上げていきたいと思っております。

最後まで頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!
はじめまして。深澤はるな(現姓:後藤はるな)と申します。

山梨県北杜市の自然豊かな場所に、夫と暮らしています。

私は学生時代に、栄養士、調理師の免許を取得し、独立開業を夢にホテルの厨房や個人飲食店などで働き、料理に携わってきました。


そもそも、なぜ私が「食」の道を選んだのかを少しだけ紹介させていただきます。


私が15歳の思春期真っ只中の頃、摂食障害という精神的病気を患いました。食事が食べられなくなり、精神的にも、身体的にも限界を迎え不登校となり、高校を辞めました。それから、自分の心と身体に正面から向き合い、家族の協力も得ながら長い長い療養を経て、徐々に元気を取り戻していきました。


自分のためにも栄養や食事の重要性をしっかりと学ぶ必要がある!と思い、栄養士、調理師の免許を取得してきました。そんな中で、料理をすること、食べることが何よりも大好きになり料理人の道へと自ずと導かれました。


そのような訳で、私にとって「食」は私の人生のテーマであり、一生追及していくものとして熱い熱意を持って現在も料理に向き合っています。

ホテル勤務時代の私(右)と大好きな先輩(左)大好きな先輩(左)ホテル勤務時代の私(右) 

ターニングポイントは2021年2月に結婚を期に地元である山梨県北杜市に帰ってきたことです。女性としての働き方の観点からも、もっと自由に仕事をしようと思いました。


ずっと夢として追いかけてきた自分のお店を出すことを実現するため、実家の築100年の蔵レトロな喫茶店をオープンさせることを決意しました。


誰もがほっと一息できる場所で、悩み事や疲れがふっと軽くなるような安心できる空間を作り上げたい!

このプロジェクトはそんな熱い想いの詰まった、蔵の喫茶店オープンが目標です!

お店の名前をご紹介致します。

「時薬」(ときぐすり)という言葉は聞きなれないかもしれません。「時薬」とは、時間が薬となり、あらゆることを癒し、解決してくれるという意味の言葉です。私はこの言葉に何度も救われてきました。当時、病気をして苦しかった時間の中で、疲れた心を癒し、回復させてくれたのはやはり時間でした。


私が作り上げたい喫茶店は、時間そのものをテーマにしています。

私たちには、ほっとできる居場所が必要不可欠です。落ち着く空間で美味しいご飯を食べたり、おしゃべりしたり、静かに一人の時間を楽しんだり・・・思い思いの時間を過ごしていただきたいです。


そんな喫茶店を実現するために、今年9月中旬より蔵のリノベーションが始まります。

リノベーション前の蔵の様子

平面イメージと内装イメージ

蔵のリノベーションと共に、自然豊かな北杜の景色を楽しめるよう、テラス席を蔵の隣に設置します。テラス席は自分たちの手で一から作り上げます。テラス席からは、富士山南アルプスが一望できます。新型コロナ感染症対策としても、テラス席で安心してご利用いただけると思います。


蔵及びテラスが完成し、喫茶店をオープンさせるのは来年の初夏を予定しております。

喫茶店でお出しするお料理は、「懐かしい」お料理です。オムライスやカレーライス、ナポリタンなど、どこかほっとするようなお料理。


こだわりは、私の父が有機栽培で愛情込めて育てたコシヒカリのお米です。どんなお米より、父の作るお米が世界一美味しい!!と自負しておりますので自信をもってお出しできます。

もっと多くの方に父の自慢のお米を食べていただきたい!という思いもあり、リターンとしても準備いたしました。自家栽培のお野菜も使って、安心・安全な地産地消の料理を心がけます。

提供予定のメニューの一部

デザートは、米粉を用いたグルテンフリーの身体にやさしい手作りデザートをお出しいたします。米粉の良さを最大限に味わえるよう試行錯誤してレシピ開発いたしました。

地元で採れる季節のフルーツを中心に焼き菓子からフレッシュなケーキや、パフェをお出しします。


喫茶店の顔でもある珈琲は、十二株式会社さんに「時薬ブレンド」を特別に作っていただきます。

提供予定のドリンク、デザートの一部

お食事、デザート、お飲み物に関してはテイクアウトが出来るように致します。

店内では、焼き菓子などの販売に加え、父のお米も販売予定です。

今回のプロジェクトで喫茶店にする蔵は、実家の敷地内に100年前から佇んできました。当時、お米などの穀物を保存するために建てられました。土蔵であるため、蔵内部の温度は外気温に左右されず一定に保たれ、夏は涼しく冬は暖かいという特徴があります。


一歩蔵の中の足を踏み入れると、不思議な空間が広がります。まるで時間がはるか昔から止まっているような感覚になり、木と土壁に囲まれた蔵中にいると心が穏やかになります


蔵の改装にあたって、一番大切にしていることは’’現状を守ること’’です。木材や梁には、当時の大工さんが残した文字があります。蔵を作ってくれた職人さんへの感謝の気持ちを込めて、このような当時の証を残したいです。

蔵には深澤家の家紋が刻まれている。
立派な梁には、職人さんの証がある。

もちろん、長い年月が経っているので、補修・修復するべき部分はしっかりと行います。工務店さんと何度も打ち合わせを重ね、今の蔵を最大限に活かせるよう奮闘中です。


蔵や古いものにこだわる理由には、両親の影響があります。

私の両親は実家である築100年の古民家アンティークショップを営んでおり(アンティークショップ仁)今年で7年目になります。昔から古き良き物に囲まれて育った私は、古い物を大切にし、受け継いでいくという精神を培われました。

そこまでしても、残すべきものある。

両親のそんな思いに、私は蔵を引き継ぐ使命感を強く感じました。

「新しく何かを作る」ではなく、「今あるものを尊重し、受け継ぐ」ことが、この家の娘として生まれてきた意味があるのだと思います。

アンティークショップ仁

「喫茶 時薬」は「アンティークショップ仁」に隣接するので、二か所を行き来しながらのんびりとした時間を過ごすのも魅力的だと思います。

「喫茶 時薬」がオープンする場所、それが山梨県北杜市です。

北には八ヶ岳、南には富士山、西には南アルプスが一望できます。

また、「喫茶 時薬」は交通の便も文句なしです。

中央道長坂ICより車で、なんと、1分という立地です。駐車場も完備いたします。

山梨県内外のお客様に気軽に遊びにいらしていただける場所です。

「喫茶 時薬」MAP


「喫茶 時薬」拡大MAP

店舗住所

  〒408-0017

  山梨県北杜市高根町五町田1094-1

  長坂ICより車で約1分。 清里高原までは車で約20分。

9月~蔵改装スタート! クラウドファンディング公開!

10月 クラウドファンディング終了! リターンのご返信。

来年3月頃 蔵改装完了! リターンのご返信。

5月頃 テラス席及び厨房、内装完了!

6月~7月 いよいよ「喫茶 時薬」OPEN!!!

古い蔵の改装ということで、予想以上に予算が大きいのが現状です。自分たちの手で出来る部分は行い、経費削減に繋げますが、プロの方に施工してもらわなければならない部分には、クラウドファンディングで皆様より集まった資金を大切に使わせていただきます。

・蔵改装費 90万 

・クラウドファンディング手数料 

リターンにつきましては、「喫茶 時薬」を応援して下さる皆様に感謝の気持ちが伝わるようリターンを一生懸命に考えました!

お届け日は、お米の収穫などの都合もあり、前後してしまう可能性もございますが、すべてのリターンを令和4年3月までにお届けいたします

冒頭でもお話ししましたが、私は過去に精神的な病気のため不登校を経験しております。そのような経験から、人生の中で悩んでいたり、心が少し疲れてしまった方にどんな形でもよいので力になりたいとずっと考えておりました。

「喫茶 時薬」の役割として一体何ができるのか。


それは、当事者が営むちょっと変わった喫茶店だからこそ、特別なお店、接客ができると思います。

「時間の力」と「場所の力」で、心地よい「居場所」を作ります。

お客様の心の声に耳を傾けられるよう、心理士の資格も勉強・取得中です。お話しをお聞きしたり、当事者や親御さん同士の「語り合う会」なども将来的に開催したいと思っております。


足を運んでくださるお客様に心と身体に癒しの時間をお届けできれば、それ以上望むものはございません。

夫と蔵の前でパシャリ

最後まで読んでくださり、誠にありがとうございました。

「喫茶 時薬」がオープンしましたら、皆様ぜひ一度いらしてください。心よりお待ちしております。


【お問い合わせ先】

「 喫茶 時薬」 オーナー 深澤はるな(後藤はるな)

〒408-0017 山梨県北杜市高根町五町田1094-1 

TEL:080-2050-4885

Instagram: https://www.instagram.com/kissa_tokigusuri

Twitter:https://twitter.com/KissaTokigusuri

アンティークショップ仁:https://kominka-shop.jimdofree.com/

https://www.instagram.com/kominka_jin_/

■特定商取引法に関する記載
 ●代表者:後藤はるな(深澤はるな)
 ●事業者の住所/所在地:山梨県北杜市高根町五町田1094-1
 ●事業者の電話番号:Tel:08020504885
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし / XXXXXXXXX
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/26 17:21

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/10/23 16:31

    【残り1日!!】皆様こんにちは。クラウドファンディング、残り1日となりました。9月11日から始めたクラウドファンディング、本当にあっという間に過ぎ、今日で43日目となりました。明日で終わってしまいます。明日で私の44日間の挑戦が終わります。9月から始まった蔵の改装の様子などを活動報告で更新して...

  • 2021/10/22 17:37

    【残り2日!!屋根の下はどうなっているの??】皆様こんにちは。クラウドファンディングも残り2日となりました。支援を下さる皆様の温かいメッセージを拝見することが、何よりの幸せです。本当にありがとうございます。最後まで走り抜けます!さて、蔵に足場がかかったことで、屋根の下もよく見ることができるよう...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください