はじめまして
Ichimura Yuna です
  • 大分県 / 
初めてのプロジェクト

徳島生まれ。20歳
大分県立芸術文化短期大学 在学中 

2020年 12月 アートマネジメント実習で企画したイベントを実行

普段は油絵等を描いています。
なぜ美術の私がクラシックを好きになったかというと、高校生の時、友達が音大を目指していて、その子からよくクラシックの話を聞いていたからです。ドビュッシーの「月の光」からハマり始めました。

○はじめに・ご挨拶



皆さんこんにちは!

数あるプロジェクトの中から、このプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

私は、当イベント「Moonlight and tea」 実行委員会 委員長の市村優奈と申します。(画像では一番右)

当イベント実行委員会のメンバーは、現在7人で、

私自身は、普段、大分県立芸術文化短期大学の油絵コースにて、絵を描いたり、物を作ったりしている学生です。


また、このイベントは、大分県立芸術文化短期大学60周年 芸短チャレンジ学生企画 です。



〈イベント名〉
   Moonlight and tea


〈実施日時〉 
   2021年10月19日(火)
        (ほぼ満月の日)
  PM 6:20〜7:20  (60分間)
   【紅茶提供 6:10〜】 
 
〈会場〉  
  お部屋ラボ 祝祭の広場
  ( 大分県大分市府内町1丁目1番)


〈入場料〉          
       無料




○企画内容・目的


このイベントは、

普段クラシックを聴かない人に向けて、

本物の月の下で、

月をテーマにしたクラシック音楽の演奏を、

舞台芸術等を使い、

曲のイメージを伝わりやすく演出する

という内容になっております。



演奏項目は、

①ベートーヴェン「月光」第1楽章、第2楽章

②ドヴォルザーク ルサルカより「月に寄せる歌」

③ドビュッシー「月の光」

となっております。


比較的、有名な月のクラシックを選択致しました。


また、紅茶(100杯限定)を無料で提供し、くつろぎながら演奏を聴いていただきます。


紅茶は、コロナ対策として、マスクをしたままお飲みいただけるように、熱い飲み物専用のストローと共に提供し、マスクを少し手で浮かし、その下から挿し込むようにして飲んでいただくように呼びかけます。




全体としてのテーマは、

  『月と部屋とクラシック』

              です。


なぜ部屋かというと、

部屋 という閉鎖的な空間を、

屋外の会場 という開放的な空間

に共有することによって、

皆さん一人一人、それぞれが感じるクラシックの世界に入りやすくなるのではないかと考えたからです。

また、「部屋」だから、くつろいで、リラックスして聴いて良いよ というメッセージも込められています。



時代を超えて地球の夜を照らす月。

これらのクラシックを作曲した人も必ず見た月。 

実際の月を見ながらこれら月のクラシックを聴くと、作曲者が月を見てどのような気持ちで作曲したのかが分かると思います。

そこから、また一人一人の芸術的感性に響けばいいなと思い、屋外での開催を決定しました。




●舞台イメージスケッチ●

(※変更があるかもしれません)


「悩み、考える様子」




「皆違う部屋にいたとしても、心は繋がっているよ」




「クラシックの世界へ誘います」




それぞれの曲のイメージに沿った

「部屋」を作ります。



(会場には屋根があるため、イメージスケッチのように、上を見上げるとすぐ月が見えるようにはいきません。恐らく、体の向きを少し変えると見える感じになるかと思われます。)



コロナ対策としては、

・手指消毒液の設置

・マスクの着用呼びかけ

・観客席の間隔を開ける

・ソーシャルディスタンスの呼びかけ

等、感染予防に充分配慮してイベントを行います。


【また、当イベントの様子は、YouTubeにて動画を掲載いたします。】



○プロジェクトをやろうと思った理由


プロジェクトをやろうと思った理由は、

クラシックが好きだから  です!

単純ですね、、、だから、色んな方に、クラシックの良さを知っていただきたく、また、コロナ禍で疲れ気味の皆さんの心を癒やすべく、このイベントを計画しました。

皆さんの新しい扉(クラシックへの)を開けるように、頑張りたいと思います!


○クラシックのイメージ調査

これは、大学内で、音楽科以外の学生に実施した、クラシック音楽に関するイメージ調査の結果です。

      (Googleフォームより)

1位  聴かない(普通) 53.6%

2位  聴く(好き) 28.6%

3位  聴く(普通) 13.6%


と、聴かない(普通)が圧倒的に多い結果になりました。つまり、「聴かないし、嫌いという感情を持つほど聴いたことないし、普通かな?」という、クラシックに対して関心度の低いことが分かるアンケート結果となったのです。関心度が低いということは、関心してもらうような工夫をしなければなりません。このアンケートの結果から、大まかな演出の方向性が決定しました。



○これまでの活動


私自身は、大学の授業の一貫として、過去に「ステンドグラスプロジェクト」というプロジェクトを企画しました。これは、当大学の音楽棟と、図書館を、半透明なシールを使い、ステンドグラス風に装飾しようという企画です。この企画は、去年の12月に行い、大成功により無事終了しました。この企画も、コロナ渦で疲れ気味だった大学関係者や、その他の方々を少しでも癒せたのではないかと思います。

このイベントの経験は、今回の企画にも生かしたいと思います。

音楽棟

図書館


○資金の使い道

支援金の17%はCAMPFIRE手数料に使用されます

いただいた支援金は、

会場借上料     展示品等借上料 

楽器借上料・運搬費   出演料

音響費        広報・印刷費 

大道具・小道具費    衣装費 

リターン費    

等に使用させていただきます。




○絵のリターンに関して


※自作発言、商業利用等はお止めください。 個人的にお楽しみ下さい。



○最後に

ここまで目を通して頂き、ありがとうございました!初めての大きなイベント企画となりますが、皆さんのお力を頂きつつ、一生懸命がんばりますので、よければご支援お願い致します!




<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の住所/所在地:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●事業者の電話番号:                  請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/13 20:36

    チラシとポスターが完成しました!ここでは画像が一枚しか載せれないようなので、ポスターを載せます!素敵なチラシ、ポスターを作ってくれたのは、実行委員会メンバーのデザイン専攻の子です!一ヶ月前を目処に色んなとこに配布します!

  • 2021/08/20 16:51

    このクラウドファンディングの周知活動に使用するための写真を、今日集まれる実行委員会メンバー3人で撮りました!

  • 2021/08/20 16:48

    今日は、このクラウドファンディングの周知活動のため、当短大の卒業生に協力を呼びかける手紙の宛名を書いたり、宛先のシールを貼ったりしていました。明日か明々後日くらいには、発送できそうです。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください