数あるプロジェクトの中からご覧いただき、ありがとうございます。

我々は、「EDITORS」という小さな出版社の編集チームです。会社の設立は2021年6月とまだ新しいですが、設立前は「エイ出版社」という出版社で、おもにエリア本やグルメ本の編集をしていました。

今回実現したいのは、我々が2018年に出版した「大船本」というガイドブックを復刊させることです。ガイドブックと言っても、観光が目的の本ではなく、大船に暮らす人、大船で働く人、大船を愛する人すべての人……、“地元の人にこそ読んでほしい!”というコンセプトで作ったこの本は、ありがたいことに好評をいただき、発売から数カ月で重版もさせていただきました。しかし、現在はとある事情(のちほど、下に書きます)で、現在「大船本」は書店などに並んでいません。

1冊まるごと大船の情報ばかりです!
※2018年発行「大船本」の画像です








「大船本」は、地元の方に大変ご好評をいただいており、重版後も在庫がわずかしかない状態でした。そこに追い打ちをかける事件が、2021年の2月に起こりました。発行元である「エイ出版社」の民事再生手続きの申請です。これにより、わずかにあった在庫も流通されることはなくなり、「大船本」は完全に姿を消すことになってしまいました。

我々「EDITORS」は、この「大船本」をはじめ、エイ出版社の様々な雑誌の版権を、スタッフごと事業継承した会社であり、「湘南スタイル」「世田谷ライフ」など、地域を応援するメディアを制作しています。主な事業内容は雑誌制作ですが、紙媒体に限らず、街を、地域を、面白くするための取り組みに力を入れている会社です。

そして、これまで作った本の中でもとくに爆発的な人気を博した「大船本」は、我々制作スタッフにとっても並々ならぬ思い入れのある本です。大船の取材では、商店街の方々に優しくしていただき、取材後にはリサーチと称して飲み歩き(笑)、日々「大船っていいところだなあ!」と感じながら過ごしていたのを覚えています。

「大船本」を復刊させて、また大船の方々に手に取ってほしい。喜んでもらいたい。そのために今回、クラウドファンディングに挑戦させていただきます。


大船住民の方には説明するまでもないですが、大船住民でない方にもご覧いただいていると思うので、大船の魅力を少しだけ…。

観光地として人気の高い鎌倉市に位置しながら、メディアの「鎌倉特集」にはほとんど顔を出さない街…。だけど、住民にすごく愛されていて、めちゃくちゃ住みやすい街。それが、大船です。

JRと湘南モノレールの6路線が乗り入れ、都心へも、湘南エリアへもアクセスは抜群。駅前にはトレンドのお店が集まる駅ビルが充実し、活気ある商店街も健在と、買い物のしやすさも大きな魅力。夜は飲み屋街が元気で、とにかく美味しい飲食店がいっぱい!

さらに、大船観音、大船フラワーセンターなどの有名スポットをはじめ、住民も知らないような隠れた歴史スポットもあり、観光で訪れたら1日では回り切れないくらい行きたい場所がたくさんあります。

2018年に創刊した「大船本」をベースに、掲載データを再確認し加筆・修正、さらに追加コンテンツを加えて復刊を目指します。

コンセプトは、「我が街の暮らしを3倍楽しめる本」。編集部員が厳選した大船のグルメ情報をはじめ、大船のシンボル「大船観音」の解剖記事、大船の歴史、地元が誇る老舗や商店街、湘南モノレールの沿線散歩など、地元の魅力を再発見できる内容となっています。大船住民なら知っておきたい基礎知識
※2018年発行「大船本」の画像です




意外と知らない、街の歴史情報も満載!
※2018年発行「大船本」の画像です







やっぱり知りたいのは、美味しいお店
※2018年発行「大船本」の画像です

ご支援いただいたお金は、出版にかかる印刷費用として大切に使わせていただきます。


支援くださる皆さんへ、完成した「大船本」と一緒にワクワクした気持ちをお届けしたいと考え、いくつかのリターンを用意しました。

プロのコーヒー焙煎士と「大船本」編集部が、大船をイメージして考えたオリジナルコーヒーや、大船も含む湘南エリアの情報誌「湘南スタイル」1年分セットをご用意しました。

さらに、大船を愛する皆さんと「大船本」編集部の交流がもてるような内容も企画してみました。

大船を盛り上げたいという方はもちろん、エリア本の編集者とおしゃべりしてみたい、という方、「EDITORS」という会社に興味を持ってくださる方もぜひ、ご支援をお待ちしています。


現在、クラウドファンディングと並行して取材や確認を進めており、復刻版「大船本」の刊行は、2021年12月を予定しています。
リターンの発送は、2021年12月~2022年2月を予定しています(本のリターンは刊行のタイミングで行わせていただきます)。

※「大船本の制作裏話が聞けるかも?コース」を選ばれた方は、追って日時等のご相談をさせていただければと思います。


「大船本」に代表される「街本」シリーズは、エイ出版社の頃から10年以上、我々が作り続けてきた大事なコンテンツです。「EDITORS」として再出発をした我々が、引き続き「街本」の制作を続けていくためにも、「大船本」の復刻版はどうしても外せないものでした。

現代は、インターネットやSNSで容易に情報が手に入る時代ですが、我々は紙の媒体にこだわり、街の魅力を深掘りし、街の人が「この街に住んでいてよかった」、「この街に住み続けたい」と思えるような内容を伝えることに注力してきました。


1冊の本をきっかけに、地元の魅力が再発掘され、街の活性化につながるようなことがあれば、作り手としてこれ以上嬉しいことはありません。

「大船本」の復刊、そして今後も地域活性化のための本作りを続けていくために、皆さんの力を貸してください!

大船といえば、観音様は外せません
※2018年発行「大船本」の画像です

地元の味、大船軒
※2018年発行
「大船本」の画像です

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社EDITORS http://editorsinc.jp/
 ●事業者の住所/所在地:〒158-0096 東京都世田谷区玉川台2-17-16 2階
 ●事業者の電話番号:Tel:03-6447-9441
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください