はじめに・ご挨拶

私は岐阜、東京などを中心にでアパレル生産業をしています、株式会社NSR代表取締役青木宏徳です。今まで16年、たくさんの個性あふれるアパレル製品に囲まれ生産業をしてきました。

http://no-2-rize.com

そんな【アパレル】と【想い】を掛け合わせ、新たなアパレルブランドを作りたいと考えています。

プロジェクトを立ち上げた背景

日本における動物の殺処分数は年間で3,8万頭と言われています。一日に換算すると105頭にも及ぶ数の犬猫が人の手により命を失っています。

胸が痛く、何かできることはないのだろうかといつもいつも思っていました。

動物愛護団体様に寄付をさせてもらいながら命を守って欲しいと願うばかりでした。

そして弊社でこのようなプロジェクトがスタートし動物愛護団体様に出向くことになりました。そこで現実を知り、私たちにできること、(変えなければならない、知らなければならない)ことがわかりました。

〜動物に対して自分たちができること〜

保健所に引き取られる要因の最も重大な問題は、命を粗末にする飼育者がいることです。「可愛い」という感情で気軽に飼い始め、飽きた、意外と大変だったから、と無責任に保健所に連れてくる。その時の動物の気持ちを考えると怒りがおさまりません。

ペットを飼うというのは命を育てていくということ。

無責任な行動をやめて欲しい。

最後の1秒まで愛する責任を持って欲しい。

そして、殺処分を反対する人達から保健所への殺処分反対運動などにつながります。しかし保健所の職員の方々の気持ちも私達と同じです。人は皆生活があります。お金を稼がなければ生きていけません。現場に携わる多くの職員の方々の精神はとても傷ついています、お話の機会を設けていただいた際にそう感じました。ただ反対ではなく私たちにできることをしっかり考えないといけないと思います。今私たちがしたい事は動物愛護センターと言う素晴らしい動物の施設をもっとたくさん作らないといけないと思いました。愛護センターと言うのは、動物の健康管理、トリミング、心のケア、人との触れ合いのイベントからの新しい家族を見つける場所です。建物もとても清潔感があり動物たちも自然の中気持ちよく生活していました。私が訪れた施設は獣医の方が3人在籍していていました。このような施設ができることにより放棄された動物たちは新たな家族を見つけることができます。そこで働いてるのは人だけではありませんでした、保護された動物が人間にに対してメンタルケアをすると言う仕事を持った動物もいました。このような能力を持った動物たちは複雑な環境で育った子たちが多いようです。

人間に命を奪われかけた元保護犬たちが私たち人間を助けている現実がそこにありました。

私たちも犬という動物がどんな動物かをしっかり知ることで本当の意味での犬と人間の幸せの輪が広がる社会が実現するのかもしれません。


そして、すべての動物がこの施設に来れるわけではありません、保健所でふるいにかけられるのが現実です、動物愛護センターの数がまだ全くなりません、このような施設ができることにより殺処分の数が確実に減ります。私たちはその施設が多くできるように協力していきたいと思います。

そして幸せな死をしてくれる動物を増やしたいと思います。

そして私たちは、動物の命に対するメッセージを伝える為アパレルブランドを立ち上げることに決めました。

このプロジェクトで実現したいこと

Lifelong  breeding〜終生飼養〜

私が得意とするアパレル。今の時代に合わせた「かっこいい!かわいい!」と言っていただけるストリートファッションに、命に対するメッセージをダイレクトにのせて、少しでも意識が変わる可能性のあるデザインを展開して行きたいと考えています。

・絶対に命を粗末にする人を許さない!

などメッセージをかっこよく、かわいくデザインし、ファッションブランドとして盛り上げていくことで動物に対する意識が変わっていってほしいと思っています。

SNSを中心にプロモーションしていき、ブランドコンセプトをメインに知っていただきます。現在のよくある動物系の服は、私服ではちょっと…というような私服として着用しにくいものが多いです。そこで16年のアパレル生産業のノウハウを生かし、ファッション性にもこだわりをもち、”着てかっこいい”、”着て命を守っている”そんな新たなブランドを作ります。

ファッションを通して、一人一人の意識を高める、意識を変えていく。そんな人が一人でも増えることが現実を変えていける近道ではないかと考えています。

資金の使い道

アパレル立ち上げ資金 1600万

(内訳)

移動販売出店用車 800万(本体価格 600万 車体塗装費 150万 カスタム費 50万)

【イメージ図】

※上記記載の画像は、あくまでイメージ図となっております。

※移動販売とは、イベント(動物関係)に出店用で使用いたします。

初期商品作成費用(在庫分含め) 200万

ホームページ新規作成費用 100万

広告費用(SNS・web掲載など) 500万


リターンについて

商品の売り上げの一部を動物保護団体に寄付したいと考えております。より多くの商品が販売できると、それに伴い寄付できる金額が多くなります。

リターン品は、私たちブランドの商品を提供いたします。商品につきましては、下記の参考イラストから商品を作成いたしますので、完成次第報告させて頂きます。

(リターン内容)

5000円   支援者様へのお礼のメッセージ

10000円 支援者様へのお礼のメッセージ、自社オリジナルウォータークールドマスク

※ウォータークールドマスク詳細

20000円 支援者様へのお礼のメッセージ、ブランド(BLUE)の商品 1着

100000円 支援者様へのお礼のメッセージ、ブランド(BLUE)の商品 5着

※ブランド(BLUE)商品詳細

使用ボディ:自社オリジナル ビックシルエットTシャツ

素材:綿100% オープンエンド糸

サイズ:サイズ / 身丈・身幅・肩幅・袖丈

            M / 72 57 53 23  L / 76 60 56 25  XL / 80 63 59 27 

カラー:ホワイト、ブラック、ブルー、カーキ 計4色

※上記の画像は、案参考画像になります。商品は完成次第お知らせさせた頂きます。


動物たちの明るい未来を一緒に切り開いていきましょう!

スケジュール

2021年8月下旬 クラウドファンディング開始

2021年8月31日 クラウドファンディング終了

2021年9月上旬 生産開始

2021年9月中旬 支援者様へのリターン商品完成品確認・選択

         リターン商品第一弾発送

         webサイトにて販売開始

最後に

寄付することももちろん大事ではありますが、私はそれ以上に一人一人の意識を変えていくことが一番重要だと思っています。

動物実験、動物虐待、動物放棄、殺処分という目を背けたくなるような現実を私たちのやり方で変えていきたいです。

このファッションブランドを立ち上げ、より多くの方々に広めていけるようにどうか皆様のお力をお貸しください。

一緒にたくさんの命を守りませんか?

きっとこの行動が今の世の中を変えていけることを信じています。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 株式会社N.S.R
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:青木宏徳
  ※法人としてプロジェクトを起案する場合にのみご記載ください。
  ※個人としてプロジェクトを起案する場合(販売事業者が個人)は不要となります。
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の住所/所在地:〒500-8275 岐阜県岐阜市加納花ノ木町45-2
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の電話番号:Tel: 058-277-3898
  ※省略の場合には以下の文言をご記載ください。
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください