はじめまして、現代美術家のSohiro(ソウヒロ)と申します。
この度、日本の古典的美意識の一つである「見立て」をコンセプトに持つ、現代アート作品の発表に伴うご支援を賜りたく、クラウドファンディングを立ち上げさせて頂きました。

又、昨年より続くコロナ禍により、諸々の遅れと共に、個人での展示は困難を極め、様々な手段を模索している中、クラウドファンディングの可能性に惹かれ、挑戦させて頂こうと考えました。

まずは「第一弾」として、「国内展示」及び「海外メディア配信」を直近の目標に置き、
「第二弾」以降は「作品集」の製作から「海外展示」等を見据えております。

これは、日本の「見立て」が、世界の「MITATE」となるか。その挑戦の「第一弾」です。

「日本の美意識」を世界に。

私は「日本の美意識」の「更新」をミッションと考えており、
図らずも、それは私にとって、初期の作品から通底している本質的なもので、
現代美術家になった今では、それを天職と捉えるようになったのです。

「更新」という意味には2つあります。
「作品そのもの」と、欧米の指す「美術史」への「接続」という意味です。

「日本の美意識」の「研究」などは、すでに先人達が培って来た大切な「歴史」です。
その膨大な「資料」「知識」「論考」を、「日本人以外には理解出来ないだろう」と「死蔵」してしまうのは、あまりにも勿体無く、あまりにも「自虐的」であり、
歴史などの今テーマに限らず、そういった「自虐思考」の一つひとつが、日本を、欧米の指す「美術史」という「中心」から遠ざけ、
日本をその「周縁」のまま許してしまっていると思うのです。

美術批評家の椹木野衣は、その「周縁」である日本を「悪い場所」と「見立て」ました。

事実、「中心」ではない以上、その「中心」に何をどう「接続」するか、当然のことながら、その方法は個々の作家に委ねられているのが現状です。

では「日本の美意識」の「更新」を「縦軸」とする今作品群が、
果たして接続可能なのかどうか・・・それを挑戦して行きたいと思っております。

※ご支援の有無に関わらず、
9.11 スニーカー 現代アート 謎解き 見立て 資本主義 禅 ・・・

など、作品に関連したこれらのキーワードに少しでもご興味がありそうなお知り合いの方がおられましたら、本プロジェクトを是非拡散して頂けますと幸いに存じます。
(商用以外でしたら、下の作品紹介の画像はコピーしても問題ございません)

※その他、ハッシュタグの参考にどうぞ。
#911を忘れない #911NeverForget #アメリカ同時多発テロ #アメリカ同時多発テロ事件
#NineEleven #September11attacks #イラク戦争 #IraqWar
#ワールドトレードセンター #WorldTreadCenter #WTC #ツインタワー #TwinTower
#現代アート #現代美術 #ContemporaryArt
#スニーカー #Sneakers #NIKE
#エアフォース1 #AIRFORCE1 #エアジョーダン1 #AIRJORDAN1 #AJ1
#謎解き #見立て #MITATE #比喩 #擬人化 #シミュラークル #simulacre
#自殺 #Suicide #資本主義 #禅 #ZEN #寓話 #Allegory
#Sohiro #SuicideSneakersCollector

今回、このクラウドファンディングに伴い、シリーズの中から最初の2作品。
さらにその中でも、今年で20年目のメモリアルイヤーとなる「9.11」を題材にした作品をピックアップし、
※「本来は1点モノ」(エディション1/1)の作品を、限定エディションのポスターやTシャツなどの2次的加工を加え、リターンのメインに致しました。

■作品の簡単なご紹介:
・「SUICIDE SNEAKERS COLLECTOR」(スニーカーコレクターの自殺)という「物語(寓話)」=「シリーズ」を設定。
・下の2つの作品は「シリーズ」の中の最初の2点。
・「アメリカ型資本主義の終焉と日本」が「物語(寓話)」(シリーズ)のコンセプト。
・更に「作品毎」に「アメリカ型資本主義」が生み出した「負の遺産」からテーマが設けられており、「作品NO.1」は「人種差別(奴隷も含む)」、「作品NO.2」では「嘘」というテーマで「9.11~イラク戦争」までがモチーフになっております。
・コンセプトを簡単に訳すと「死と生」(死から生)です。
「資本主義の本質」=「蒐集(コレクション)」という「西洋的価値観」の「負のベクトル」の「極み」が「アメリカ型資本主義」であり、それを「死の象徴」としています。
つまり「アメリカ型資本主義」を「擬人化」し「人」に「見立て」て“自殺させ”「終焉」を表し、そこに「日本」を含む「寓話の教訓」や「各テーマ」他、関連要素が現代の「イコン」などで「見立て」られております。

■「作品NO.2」
タイトル:DEATH IS TRUE(死だけは真実)
シリーズ名:SUICIDE SNEAKERS COLLECTOR(スニーカーコレクターの自殺)
スニーカー:NIKE AIR FORCE 1 LEATHER & MESH HIGH
サイズ:プリント面(594×841mm)余白含む(714×1001mm)
メディア:ライトジェットプリント(デジタル銀塩プリント)
制作年:2021
エディション: 1/1

■「作品NO.1」
タイトル:LOST HOME(失われた家)
シリーズ名:SUICIDE SNEAKERS COLLECTOR(スニーカーコレクターの自殺)
スニーカー:NIKE AIR JORDAN 1 HIGH BLACK RED
サイズ:プリント面(594×841mm)余白含む(714×1001mm)
メディア:ライトジェットプリント(デジタル銀塩プリント)
制作年:2021
エディション: 1/1


※はじめに、「色」についてですが、お使いのスマホやPCなどの「画面の色設定」により、「今ご覧の色」と「現物の色」とでは、多少の違いがあります事を予めご了承願います。とくに印刷物に関してはビビットなカラーは顕著に違いが現れます。

※全てのリターンには「お礼のメール」が含まれます。

「作品NO.2」の「スマホ用」(縦型)の「壁紙」(データ)(色:グレー)を、「お礼のメール」と共に送付させて頂きます。

<イメージ>

・「作品NO.1」の「ポストカード3枚」(内:1枚に直筆サイン入り
・「作品NO.2」の「ポストカード3枚」(内:1枚に直筆サイン入り
(サイズは約A6のハガキサイズになります)

・「作品NO.1-2」の「PC用」(横型)の「壁紙」(データ)(色:グレー)
・「作品NO.1-2」の「スマホ用」(縦型)の「壁紙」(データ)(色:グレー)
・「作品NO.1-2」の「スマホ用」(縦型)の「壁紙」(データ)(色:クラウドファンディング限定カラー:計4色)


※画像はイメージです。
※プリントはシルクスクリーンで印刷されますので、画像のイメージよりも少し「粗い」感じの仕上がりになると思います。
※Tシャツの形は「男女兼用」です。

・色:白  ・素材:綿100%  ・プリント種類:シルクスクリーン(モノクロ)
・厚み:7.4oz(オンス)(ヘビーウェイトのしっかりとした厚みです)
※サイズは下の表から自由にご指定下さい。

※数値の単位はcm(平置き寸法)
※お手持ちのアイテムを採寸し比較して下さい。
※ベーシックタイプのシルエットなので、今トレンドのBIGシルエットっぽく着こなしたい場合はワンサイズ大きめをお求め下さい。
※私の主観ですが、新品を一度洗濯すると丈が2cmほど縮むので、楽に着たい方はワンサイズ大きめの方が良いかもしれません。(保証は出来ませんが)

※発送後のサイズ変更や返品は出来ませんので、くれぐれも慎重にご検討頂きますようお願い致します。


<額装・レイアウトイメージ>

・サイズ:A1(余白含む)594mm×841mm  ・エディション:無し
・サイン:無し  ・額:無し
※ロール状で発送させて頂きます。


■限定!エディションの意味とは:
※エディションを付けるということは、当たり前ですが、オフィシャルな事実として「エディション付き」のものは「二度と製作しない」という事を意味します。
今回、カラーのポスターの、「A1サイズ」に関しては、「エディション限定100枚」と決定致しました。(「直筆サイン」も入ります)

つまり、枚数を制限し、ご支援者様への価値の担保も伴った、クラウドファンディングならではのリターンとなっております。
(※残ったものは、次回のプロジェクトや、どこかで販売する予定です)

又、当然の事ながら、エディション番号の若い方が価値がありますので、価格としても序列を付けさせて頂いております。

※エディション番号は、決済確定順(早い者順)に若い番号からお送り致します。

・10,000円「エディションNO.50~100
・15,000円「エディションNO.10~49
・25,000円「エディションNO.1~9

・「作品NO.2」  ・サイズ:A1(余白含む)594mm×841mm
・ サイン:直筆サイン入り  ・額:無し
※ロール状で発送させて頂きます。

<額装イメージ>


その他、リターン無しの、「純粋応援プラン」などもご用意しておりますので、上記のプランなども含め、何卒ご検討頂きますようお願い申し上げます。


※このプロジェクトは「All or Nothing」方式ですので、プロジェクトがサクセスした場合、以下のスケジュールで進行させて頂きたいと思います。

・まず、プロジェクトのサクセスした後、ご支援頂いた皆様にお礼のメールを送らせて頂きます。
・「データ系」(スマホ・PC用の壁紙)のリターンに関しましては、プロジェクト終了後「お礼のメール」と共に送付させて頂きます。
・「印刷系」(ポスター・Tシャツ・ポストカード)のリターンに関しましては、ご支援頂いた運用資金が利用可能になるのが9月末になりますので、9月末以降、速やかに印刷会社等に発注を掛け、出来次第、随時発送というカタチになる予定です。お届けの日程的には、早くても10月中旬以降から1ヶ月ぐらいと考えております。

※プロジェクトがサクセスしなかった場合は、ご支援頂いた皆様のメールアドレスの取得が出来ず、お礼のメールなどをお送りする事が出来ませんので、予めご容赦願います。

皆様からご支援頂いた資金は、以下の経費として運用させて頂きたいと存じます。
・「第一弾」の展示に関わる費用
・メディア配信に於ける広告や翻訳に関わる費用
・以降は「第二弾」の為の製作費や諸経費

最後までご高覧頂きまして誠にありがとうございます。

「アメリカ型資本主義の終焉と日本」というコンセプトを持つ今シリーズの製作は約3年前から始まり、発表という段階でコロナ禍に突入致しました。
良くも悪くも、改めて「欧米の価値観」と「日本人の価値観」の違いを痛感させられ、図らずもそれを表現しているかたちとなった今作品群に、様々な意味での確信を与えてくれました。

とは言え、現実的にはその弊害はとても大きく、物理的な諸々の遅れや、個人での展示の難しさ、それは展示出来たとしても、人が来れない状況での展示の「意義とは」という問いなど、そういった様々な変化が、私達作家にも当然の事として降りかかって来ています。

そこで、一つひとつではありますが、前へ進む為、様々な可能性を模索している中、このような「クラウドファンディング」が、純粋なご支援者様は勿論、新たなファンの方々との出会いや繋がり、結果として「発表」という意味にも近い「メディア」としての「クラウドファンディング」というものが、私にはとても魅力的に映り、挑戦させて頂こうと考えた次第です。

僭越ではございましたが、「日本の美意識を世界に」という思い、作品への共感、純粋なご支援は勿論、リターンなど、お力添え頂ければ幸いに存じます。

Sohiro

・作家のBiographyなどはHPからどうぞ
https://sohiro.com

SNSは使っていませんが、クラウドファンディングを機に再開するかもしれません。
(ツイッターかインスタに謎解きのヒントや回答をアップするかもしれません)
Twitter / Instagram / Facebook

※尚、プロジェクトがサクセスしなかった場合は、他のクラウドファンディングにて再度挑戦させて頂きたいと思いますので、ご興味がございます方はHP等でチェックして頂ければと思います。


========================

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:Sohiro
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:Sohiro
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の住所/所在地:
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ● 事業者の電話番号:
 「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

========================

  • 2021/09/01 05:19

    プロジェクトの募集期限が終了致しましたが、残念ながらSUCCESSは致しませんでした。ご支援頂きました方は本当にありがとうございました。また別の機会がございます時は何卒宜しくお願い申し上げます。Sohiro

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください