〔ご挨拶〕

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。私どもは福島県南相馬市に拠点を構える、野馬追タオル販売実行委員会代表の髙橋と申します。毎年7月に開催される「相馬野馬追」の際に、オリジナルデザインのフェイスタオルを販売し、その資金を「追悼福興花火」の打ち上げに充てています。


〔このプロジェクトで実現したいこと〕

本プロジェクトは、東日本大震災後に開催されている「追悼福興花火」の継続を目的として始まりました。震災から10年を迎える今年は一つの節目ではあるものの、忘れることは決してありません。また南相馬市は、これからも復興への課題が多く残されています。そのような状況下、今後何十年と絶やすこと無く福興花火を打ち上げることで、市民の心を少しでも癒やし、地域の再建に貢献できればと考えています。


〔プロジェクトを立ち上げた背景〕

震災後、福興浜団が中心となり毎年8月に追悼・鎮魂のための花火を打ち上げております。

例年、国の重要無形民俗文化財に指定されている地域の伝統行事 「相馬野馬追」 には、県内・他県から15万人を超えるお客様が集まり、甲冑競馬や神旗争奪戦の主要行事では大変な盛り上がりを見せています。期間中、催事場を回りながらお客様へ野馬追タオルを販売し、その売り上げの一部を「追悼福興花火」の資金としておりました。

しかし昨年に続き、長引く新型コロナウイルスによる影響により神事のみが無観客で開催されました。そのため、当日販売予定のオリジナルタオルをお客様にご購入いただく機会を失ってしまったという現実があります。そこで今回、当プロジェクトにて資金を調達し、来年度以降も花火の打ち上げを継続していきたいという思いで立ち上げました。


〔これまでの活動〕

・2011年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行

・2012年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行

・2013年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行

・2014年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行

・2015年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行

・2016年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行 

・2017年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行 

・2018年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行 

・2019年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行 

・2020年8月 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行 

・2021年8月11日 追悼福興花火(福興浜団主催) 実行


〔資金の使い道について〕

①花火の打ち上げ費用及び購入費用

 ー今年度の花火の打ち上げ費用及び来年度以降の花火購入費用に充てます。

②タオル制作・受注費用

 ーリターンでお送りするタオルの制作及び受注費用に充てます。

③送料(レターパック or  ゆうパック)

 ーお客様の送料は無料となりますので、当方で負担いたします。

④CAMPFIRE手数料(+税)(掲載手数料12%・決済手数料5%)

 ー集まった金額の17%(+税)をCAMPFIRE手数料に充てます。


〔リターンのご紹介〕

野馬追タオル販売実行委員会オリジナルのフェイスタオルと、写真つきのお礼状をお送りいたします。送料はいずれも無料となります。

①野馬追タオル1枚(いずれか1色)+お礼状(写真付き)/2,500円

②野馬追タオル2枚(いずれか2色)+お礼状(写真付き)/5,000円

③野馬追タオル3枚(赤・黄・青 各1本)+お礼状(写真付き)/7,000円

タオル生地:綿100% タオルサイズ:35cm×80cm

※①、②をお選びの際は色の指定はできませんので、あらかじめご了承ください。



〔最後に〕

この10年間、わたしたちは復興のために一歩ずつですが着実に歩んで参りました。

そして新たな節目を迎え日常を取り戻しつつある今、夜空を見上げたときに見える大きな花火が誰かの心の支えになってくれることを願って止みません。

どうか皆様の温かく心強いお力添えを、よろしくお願いいたします。


〔〔プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記))

■特定商取引法に関する記載
●販売事業者名:野馬追タオル販売実行委員会
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
●送料:送料込み
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄をご覧ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください