【※新型コロナウイルスサポートプログラムについて】

本プロジェクトは新型コロナウイルス感染症拡大に伴い経営・生産に大きな支障をきたした事業をサポートする、新型コロナウイルスサポートプログラム対象プロジェクトです。2019年末から現在に至るまで新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置により、県をまたぐ移動や営業時間等が制限され観光産業全体に多大なる影響が続いています。特に多くの顧客が基礎疾患者・難病者・障害者である弊社は感染予防による旅行控えや旅行中止による影響が特に強く、2020年度の売上は対2019年比26%、2021年度は対2019年比3%まで落ち込んでいます。


【はじめに】

プロジェクトをご覧になって頂きありがとうございます!大阪で難病障害当事者が運営する旅行会社「櫻スタートラベル」代表の櫻井と申します。2016年に「難病治療で一般就労の難しい私が、旅行会社を設立したい!」のプロジェクトにて皆様にお力添え頂き、実際に旅行会社を設立し5年が経ちました。

上記は2016年12月創業当時から2021年7月末時点までの約5年間、ご旅行や外出をお手伝いさせて頂いた顧客属性と実績値です(コロナ禍で開催したオンライン交流会等は除く)。

私たちは病気や障害により生活が制限される難病障害当事者の2人で会社を運営しています。私たちの活動の大きな特徴は、旅行会社として旅行手配添乗をすべて当事者目線で続けていること。闘病生活が中心の中での活動は、1年のうち2/3の期間は通院や入院による体調管理で制限されます。その中でも限られた時間の中で病気や障害の有無に関わらず、お一人お一人の意志を尊重しながら地道にご旅行に向き合ってきました。

「誰でも、好きなときに、好きな場所へ」を目指して、ご自宅まで伺い、旅行の前段階からご本人の障害や病気の性質を理解し寄り添う私たちの「旅マネージャー」なる活動。大手や中小の旅行会社では収益性確保や理解不足・人員不足の問題から配慮が必要な方のご旅行に対して徹底した合理的配慮が難しく、結果的に旅行受け入れができない方の旅の課題解決に取り組んでいます。以下、この5年間の活動の中で私たちが取り扱った旅行実績の一部。


【海外旅行】

イギリス・オーストラリア(動画参照)・シンガポール・ハワイなど

オーストラリア・ウルル旅行風景            オーストラリア 国立公園 カタジュタ(風の谷)にて

ハワイ・ホノルル旅行風景                ハワイ・ワイキキビーチにて


【国内旅行】

仙台・東京・ディズニーランド・熱海・白川郷・金沢・福井・名古屋・白浜(動画参照)・特別支援学校修学旅行(USJ)・大阪市内観光・福岡・長崎五島列島・高千穂・鹿児島市内・甑島・沖縄 など

和歌山県・白浜旅行風景和歌山県・白浜にて


合理的配慮が必要なご旅行の実施にあたって、長期(平均6ヶ月)に渡り旅行参加者同士の関係構築、利用施設に必要な配慮をお伝えしたり協力をお願いする橋渡し役として、参加者の希望を尊重した旅行が可能となるよう準備しています。

ある参加者からは、旅行する前は知らない人同士だった参加者が旅行を通じて自然に助けあうようになり、「障害」「支援」という言葉の意味がガラガラと崩れました。「障害者」と名づけて分けることで失っている関係があったのです。これは何も「障害者」に限らないのです。所与と考えているあらゆる定義に言えることだったのです。櫻スタートラベルの旅に関わることが病気や障害理解に繋がり、理解がまた施設改修や障害雇用に繋がり、誰にとっても優しい環境に人に生まれ変わっていく。そんな循環が素晴らしく応援を続けてます、と感想を頂きました。

また、この5年間は旅行活動だけでなく、障害等に関する講演活動や失語症者向け意思疎通支援者活動等も行っています。


【解決したい社会課題】

「日常生活や観光地でどれだけの配慮が必要な方を見かけることがありますか?」

ユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障害等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています。しかしながら、旅行者数全体に対して配慮が必要な方がご旅行される割合はまだまだ低い現状があります。

特に病気や障害特性で外出が難しい方にとっては、介助者の確保が難しいことや就労困難による経済的問題など、ハードのバリアフリーだけが整備されてもご旅行自体が難しい方が多いのです。心のバリアフリーで解決するにしても社会全体がまだまだ配慮が必要な方への関心が低く、実際当事者にどう接していいのか分からない方も多く、せっかくサポートするための知識を身に付けても実行に移す人や企業が少ないのが現状です。社会全体が旅行サービス提供者と利用する配慮が必要な当事者間での問題解決を見送る傾向にあります。

しかし、合理的配慮の提供を民間事業主に義務付ける改正障害者差別解消法が2021年5月、参議院本会議で可決、成立しました。これまで、合理的配慮の義務付けは国や自治体のみで、民間事業者には努力義務となっていましたが、今回の改正によって、今後は義務として、配慮提供が求められることとなります。

櫻スタートラベルでは旅行活動を通してSDGsに取り組んでいます。(櫻スタートラベルHP参照

出典:立教大学・JTB総合研究所「観光産業におけるSDGsの取り組み推進に向けた組織・企業全体の状況調査

上記によると、SDGsに取り組む企業の割合は旅行業の16.0%が業種別では最低。従業員数1,001人以上の企業では91.7%がSDGsに取り組んでいる一方、回答した旅行業の76.5%が従業員数が10人以下で、SDGsへの取り組みに十分なリソースを割けない可能性がある。観光産業では、自然環境への関心は高いが、雇用・生産性の関心が低い傾向にあり、ビジネス効果への期待がなければ積極的に向き合わないと受け取ることもできると分析されています。観光産業ではゴール8「働きがいも経済成長も」を認識している割合は他業種よりも低く、SDGsに取り組む課題として「人材・時間・予算の確保」が難しいことが挙げられています。


【課題と向き合うきっかけや経緯】

難病や重度の障害があると多くの人は旅に出ることに大きなハードルを抱えます。それは、介助の問題、移動・交通や宿泊場所、利用施設などの受け入れや事前交渉、実際の利用が可能かなど旅全般にわたって様々なやり取りが必要になることが大きな要因です。さらには、同行する家族や友人などへの気遣いや気疲れ・・・。そんなハードルが重なることで旅自体を諦めてしまうことも少なくはないのです。特に進行性の疾患を持つ人にとって、「今」の機会を逃せば病気の進行や体調の悪化により二度と旅ができないかもしれません。私たちが進行性の疾患を持っているが故にその思いは切実で、旅行希望者の想いを実現させています。

度重なる入院治療やリハビリ継続しながらも、諦めず働くことで社会参加を目指して難病により度重なる入院治療やリハビリ継続しながらも、諦めず働くことで社会参加を目指して5年目

【このプロジェクトで実現したいこと】

<事業継続>

旅行業法においては、報酬を得て一定の行為を行う事業を営もうとする者は、観光庁長官又は都道府県知事による旅行業又は旅行業者代理業の登録を受けなければならないとされています(旅行業法第2条及び第3条)。櫻スタートラベルは2016年12月13日に大阪府知事登録3−2857号で認可登録を受けています。今回2021年12月12日に認可登録の有効期限を迎えるにあたり、事業継続には2021年10月12日までに旅行業登録更新の手続きが必要です。しかしながら、2019年末から現在に至るまで新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置により、県をまたぐ移動や営業時間等が制限され、特に多くの顧客が基礎疾患者・難病者・障害者である弊社は感染予防による旅行控えや旅行中止による影響が特に強く、2020年度の売上は対2019年比26%、2021年度は対2019年比3%まで落ち込んだため、登録更新に必要な基準資産額(360万円)に不足が生じています。事業継続にあたってのご支援が必要です。

                                         
<ユニバーサルツーリズム及び旅行産業の発展>

病気の進行や各種障害を理由に旅行を諦めないといけない状況にある方の生きる楽しみを早期に提供する。コロナ禍で中止となった旅行を継続的に実施することにより、宿泊施設・観光施設・交通機関等、観光客の流入により地域経済が活性化することで現状厳しい観光産業の復活にも貢献する。また、一般就労が難しい私たちが旅行業界で働くことを継続することにより、これまで得てきた旅行実績やノウハウを旅行業界にこれまで行ってきた障害理解に関する講演活動や意思疎通支援活動を含めて理解を促す。

現在既に希望のある旅行から合理的配慮に基づく旅行プランの実施を進めていく。具体的には、まずコロナ禍でご旅行をキャンセルされた旅行の実施。実施に当たり旅行参加者が移動に必要な大型福祉車両の交渉、航空会社との交渉、受け入れ施設の人員確保並びに受け入れ交渉を再度実施。同時に海外旅行再開時に新型コロナウイルス感染症の影響により休業を余儀なくされた企業への送客を目指す。

<新規顧客の開拓>

これまでも旅行を控えてきた障害者や難病者の幅を広げて、特別な配慮が必要な人も安心な旅行ができるよう取り組んでいきます。また、障害当事者と気兼ねなく一緒に旅行を楽しむことにより、理解に繋げる旅行活動に取り組んでいきます。

お客様参加型旅行相談会の実施予定:コロナ禍の期間中は3ヶ月に1回の開催(オンラインにて)


【プロジェクトを通して実現したい変化】


<合理的配慮が必要な方を含めた全ての旅行者>

・障害者も障害のない人も同じ経験ができる旅行の実施
・配慮が必要な人の生活場面を見させて頂いて、旅行での具体的な配慮事項を一緒に検討する旅マネージャーのシステム化
・旅行を通しての障害理解

<事業者とその他観光産業に関わる企業等>
・障害者が安心して旅行できるための合理的配慮の実施、環境調整
・旅行を通しての障害理解・啓発


【櫻スタートラベル活動取組への応援メッセージ】
お1人〜少人数でもご旅行手配添乗を続けてきました。写真は車椅子で海体験の様子in沖縄 撮影:応援メッセージの藤田様提供お1人〜少人数のご旅行にも寄り添い手配添乗を続けてます。写真は2019年9月実施、車椅子で海体験の様子in沖縄 (撮影:応援メッセージ提供:藤田様より)

■(協)大阪府旅行業協会は大阪府下の中小旅行業社100社で組織する信用と保証の協会です。櫻スタ-トラベルさんも、その組織の一員で難病を持ちながらも常に前向きに明るく頑張っておられる櫻井代表には頭の下がる思いです。障害をお持ちの1名のお客様に、櫻井代表が同行添乗し、交通・宿泊・現地の観光等々を事前に確認作業を行い、身障トイレの有無・部屋の段差・食事アレルギ-等、きめ細やかな手配をし、利益よりも、お客様の『笑顔とありがとう』の言葉を支えに頑張っておられます。2025年にはEXPO大阪万博が開催されます。『いのち』をテ-マに掲げる万博として世界が一つの『場』に集う機会となります。コロナ禍後、世界的な危機を乗り越え一人一人のいのちを守り、いのちの在り方、生き方を見つめ直すことで、未来への希望を世界に示す万博となる事と思います。櫻スタ-トラベル様にも万博が同じ仲間の起爆剤となり貢献する事を期待します。是非、皆様方のご協力をお願い申し上げます。(株式会社ワ-ルドツア-ズ 代表取締役 鈴木隆利)

■櫻スタートラベルは、障がいや高齢になって、楽しみにしていた旅を諦めてしまう方にも、丁寧に寄り添って、旅の企画、手配をしてくれます。代表は難病を持ちながらも、様々な障がいに対する配慮を身につけて、経験豊かな細やかな準備で、おもてなしをしてくれます。私もオーストラリア、白浜、宮崎などの旅に参加しましたが、国内外を問わず、車いすや杖の移動や言語障がいに、door to doorで安心、安全な、櫻スタートラベルしか出来ない旅を提供してくれます。そして、櫻スタートラベルで出会った仲間は、旅の後も、楽しく繋がりが続いています。ひとりひとりの出来ることの繋がりを大切にした想いが、多くの方に伝わり届くことを願って、櫻スタートラベルをこれからもずっと応援させていただきます。(ご旅行参加者 梶彰子 様)


■私は櫻スタートラベルさんを応援します。自ら難病を持った方が立ち上げた旅行社。大手旅行社では何かと叶えられない、「障がいがあっても行きたい」を叶えてくれる旅行社です。利益よりご依頼人様の笑顔を優先。私も参加しましたが、事前に動線やバリアになるところ確認するなど、個人事業だからこその手厚い配慮。事前確認の費用は請求されることもなく、そこに近年コロナ感染症の追い打ち。加えて旅行事業ライセンスの更新。存続のためにも是非、皆さんのお力をお貸しいただければと思います。(ご旅行参加者 藤田雅己 様)

その他コロナ禍の旅行活動を応援・ご支援頂いた方々からのメッセージはこちら(新しい贈与論さま)


【資金の使い道】

環境調整費:約80万円(国内・海外旅行実施時の大型福祉車両1台相当、その他)
維持費:約80万円(旅行業登録更新費用不足分)
活動費:約10万円(下見費用含む交通費等)
広報費:約10万円
手数料:約10万円 (クラウドファンディング手数料5%+税)
リターン品及び発送代:(リターン品(お米)については支援金額の約10%相当)

【実施スケジュール】

2021年8月    旅プロジェクト始動(重度訪問介護事業社と連携)
2021月10月12日  大阪府知事旅行業登録更新申請完了
2021年11月中旬  プロジェクト掲載終了後リターン品発送予定
2021年12月13日  櫻スタートラベル大阪府知事旅行業登録更新

※コロナ禍で中止となった国内・海外旅行は感染状況を見ながら随時実施。
(ハワイ旅行・ホノルルマラソン等の海外旅行及び国内旅行)


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

【リターン】
 
<お礼のメッセージとプロジェクト実施報告(3,000円)>

クラウドファンディング終了後、櫻スタートラベル代表・櫻井純よりお礼のメッセージを登録メールアドレスに送らせて頂きます。

<お礼のメッセージとプロジェクト実施報告とオンライン交流会参加(5,000円)>

クラウドファンディング終了後、櫻スタートラベル代表・櫻井純よりお礼のメッセージを登録メールアドレスに送らせて頂きます。現在弊社ではコロナ禍でご旅行が難しいことをきっかけに、櫻スタートラベルのご旅行に参加された旅の仲間と、旅行や近況について気軽にお話し出来るオンライン交流会「お出かけ会議」を実施しています。イベントに参加することでさまざまな病気や障害についての理解や、配慮が必要な方がご旅行する生の声を聞くことができます。

■オンライン交流会詳細
*日程 :次回2021年11月頃開催予定(詳細はプロジェクト終了後メールにてご連絡します)
*実施方法 :Zoomアプリを使用します(Zoomアプリの詳細はこちら https://zoom.us/
*実施期間:1回2時間程度で開催
*在庫数の設定なし
*参加可能人数:イベント1回につき20名程度募集予定(支援者多数の場合は別途複数日程を設定します)
*交流会イベント具体的内容:メンバー間の交流並びに参加型旅行企画
*ご支援頂いたご本人様に招待リンクをメールアドレスにご連絡します。



<地元兵庫県加西市産の令和3年新米コシヒカリ(1万円・3万円・5万円・10万円)>

※写真はイメージです。〜兵庫県加西市の特徴〜
肥沃な土と昼夜の寒暖差が大きいのが兵庫県加西市の特徴です。昼間に浴びて生成した栄養分が気温差によってギュッと凝縮され、美味しいお米が収穫できる隠れた米どころ。

〜お米生産者の特徴〜
お米は同一品種、同一生産地、同一生産年度のお米100パーセントで構成された単一原料米です。苗の栽培から田植え稲刈り精米までの作業を一貫して行うことにより、低農薬で品質のよい商品を生産されています。リターンを通じて、櫻スタートラベルをいつも応援頂いている地元農家さんも一緒にご支援いただけます。

(3kg・5kg・10kg・30kg 発送予定量は応援金額により異なります、ゆうパックにてご登録頂いた住所宛に精米して発送予定)


<国内のスタディツアー企画実施体験(30万円)> <海外のスタディツアー企画実施体験(50万円)>

配慮が必要な方々の海外旅行実施を応援したい団体様・企業様向け。リターンは櫻スタートラベルの代表・櫻井純よりお礼メールをお送りいたします。ご支援頂いた費用は全額福祉車両代に充当させていただき、配慮が必要な方々の海外旅行を一緒に企画実施する中で合理的配慮について学ぶことができます(別途旅行参加実費が必要)。コロナ禍で団体旅行実施が厳しい状況にあるバス事業者様の利用と、車椅子ユーザー等移動を苦手とする方の旅行に同行することで実際の困難などを学ぶ機会を得ることができます。旅行企画実施時にスポンサーとして団体名及び企業名をHP等にて公開も可能。

<国内及び海外のスタディツアー企画実施体験概要>
*日程 :新型コロナウイルス感染症を考慮し、実施時期は支援者様に合わせて随時ご相談させて頂きます。
*日程調整方法:電話・メール・Zoom等で日程調整をします。
*打合せ実施方法 :電話・メール・Zoomを使用します。
*実施期間:新型コロナウイルス感染症を考慮し、実施時期は支援者様に合わせて随時ご相談させて頂きます。
*リターン数に制限はございません。ご支援頂いた数だけ実際に旅行を企画し実施します。
*企画実施に向けた打合せは支援者及び支援所属団体関係者の方と進めますが、ご旅行実施時には支援者以外の方もご旅行にご参加頂けます。(別途旅行参加費が必要)

※リターンの時期を2022年12月までに設定しておりますが、新型コロナウイルス感染症の影響により期限までにバス旅行の設定が難しい場合にはご相談させて頂きます。またご旅行実施時には国土交通省発表の「新しい旅のエチケット」及び外務省の海外安全情報を考慮し、感染対策に配慮して企画実施します。備考欄には旅行実施に向けて一緒に取り組んで頂けるご担当者様の連絡先をご記入ください。



【終わりに】

コロナ禍で旅行活動の多くが中止となり存続が厳しい状況にありながらも、これまでご旅行を楽しんで頂いたお客様の笑顔をまた見たい!その一心で事業の継続を目指しています。コロナ禍で旅行業界全体が厳しく廃業や倒産が続く中、これまで連携しご一緒してきた旅行の仲間が旅そのものを心から楽しみ、難病の私たちの働くこと、社会参加に価値を見いだし応援し続けてくださっています。その想いに答えるためにも、旅行業界のみならず、配慮が必要な方の外出に関するサポート体制の拡充や介護業界との連携など新たに通じて、幅広く観光産業全体のさらなる発展に貢献します。

コロナ禍で活動停止により収益激減の状況の中、2021年10月12日の旅行業登録更新期限までに基準資産360万円を目指しています。病気の進行と日々向き合う私たちやお客様にとって、「いま」を逃せば次の旅行の機会は二度とないかもしれません。次の5年間も旅行事業が継続できるよう皆様の応援よろしくお願いいたします。

【活動取組団体・実績など】

【活動取組団体】

櫻スタートラベルロゴマーク大阪府知事登録旅行業3−2857 櫻スタートラベル

沿  革:
2016年11月 櫻スタートラベル設立
2016年12月 大阪府知事登録旅行業取得(第3種2857号)
2017年1月  一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)入会
2017年2月 株式会社全旅 全旅クーポン会入会
2017年3月 株式会社日本旅行 提携販売店
2017年4月 バリアフリー展2017 参加協力参加
2018年2月 協同組合大阪府旅行業協会(OATA)入会 
2019年1 月 KNT-CTホールディングス株式会社 提携販売店
2019年10 月 ツーリズムEXPOジャパン インテックス大阪出展
2019年10月 ジャパン・ツーリズム・アワード 受賞(ユニバーサルツーリズム)
2020年10月 ジャパン・ツーリズム・アワード 受賞(ユニバーサルツーリズム)
2021年1月 株式会社エイチ・アイ・エス 受託販売契約店


【所属団体】
・一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)
・協同組合大阪府旅行業協会(OATA)

<関連分野活動経歴>
日本ユニバーサルマナー協会講師 2017年〜現在
失語症者向け意思疎通支援者(京都府言語聴覚士会)2019年〜現在

<メディア掲載>
2017年3月25日付け 「The Japan Times」
2017年4月10日付け 「産経新聞西日本版夕刊」                        2018年6月15日発行全日本ろうあ連盟発行 「季刊みみ6月号」                    2019年2月3日付け 「朝日新聞」大阪版「なにわびと」掲載                     2020年9月1日付け 「毎日新聞」地方版 掲載
2021年8月9日公開 朝日新聞DAIALOG「おせっかいなら任せとき!ヘルプの心を大阪から 学生と難病患者スタディーツアー」 
2021年8月9日公開 朝日新聞DAIALOG「助けて、助けられて…そんな大阪ええんちゃう?学生と難病患者 ディスカッション」
2021年8月10日公開

【bouncy-未来のライフスタイルを届ける動画メディア-】
2021年8月10日付け 「朝日新聞」朝刊 大阪本社版 5面(朝日新聞デジタル有料会員のみ閲覧可能)

<櫻スタートラベル受賞取組>

・第5回 ジャパン・ツーリズム・アワード 海外領域ビジネス部門 入賞 (2019年度)

【車いすと杖で行くウルル&シドニー6日間(UT)】

取り組み紹介冊子受賞講評


・第6回 国内・訪日領域ビジネス部門 入賞 (2020年度)

【失語症者とともに創る白浜団体バスツアー~持続可能な旅の支援~】




受賞取り組み紹介冊子


■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:櫻スタートラベル
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:櫻井純
 ●事業者の住所/所在地:〒556-0022 大阪市浪速区桜川2−3−30−810
 ●事業者の電話番号:Tel: 090-8572-9032
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください