想像以上の方からのご支援と、ご協力のおかげで初日に目標金額に達成し、NEXTGOAL100万円も達成することができました。本当にありがとうございます。

NEXT GOAL200万円に挑戦!!


目標金額に達成しましたが機械、工事費などまだ資金が必要なので、終了日までクラウドファンディングの挑戦を続けさせていただきます。

宜しくお願いします!

はじめに

ページをご覧いただきありがとうございます。北海道室蘭市で 50 年以上続く仕出し屋 『ごはん処たにふじ』を営んでいる谷藤貴昭(28)といいます。家業を継ぐべく地元であ る室蘭市へ帰ってきました。それまではパティシエとして北見市にあるパティスリー(お菓子屋さん)で働いていました。パティシエという職にあこがれ高校卒業後、札幌の専門 学校へと進学し夢であったパティシエとして働いていました。

現在までに一度も店を継いでほしいという親からの言葉はありませんでしたが、長男であ るということ。50 年以上続いている仕出し屋の跡継ぎがいないということがずっと心に 残っていました。

そしてパティシエとして 8 年働いた今年、ついに地元に戻り家業を継ぐという決意に至りました。

チョコレートの虜となり立ち上げたブランド『チョコレート研究室』

パティシエとして働く中で私はひとつのブランドを立ち上げました。

それが『チョコレート研究室』です。 「チョコレートってそもそも何なんだ??」 ブランドを立ち上げるきっかけとなったのは、私自身のひとつの疑問からでした。

お菓子作りにおいて、日々取り扱っている食材がチョコレートです。チョコレートは温度管 理がとても繊細でプロでも取り扱うのが難しい食材です。そんなチョコレートにふと興味 を持ち、たどり着いたのが『一からチョコレートを作りたい』という思いでした。

チョコレートをお菓子へと加工する技術や知識は身に着けていましたが、カカオ豆からチ ョコレートへと加工する工程や技術は正直全く分かりませんでした。そこで仕事の合間に 「bean to bar チョコレート」(カカオ豆から板チョコレートまで一貫して手がけたチョコ レート)を作られている方に直接お話を伺いに行ったりなどして独学で勉強をしました。カ カオ豆は、香りや味わいが産地によって全然違います。焙煎具合や洗練時間、副材料によって複雑に混ざり合った結果、芳醇な香りを作り出すことができます。


たくさんのバランスを考慮することに加えて、こだわったのが「安心、安全なチョコレート」 にすることでした。

私には 2歳になる子供がいます。子供を授かって初めて気づいたのが、口に入る食材の安 全さ・安心さでした。多くの人が好んで食べるチョコレート。一から作ることでお子様をは じめ多くの方に安心して食べていただきたいと思っています。務めていたお店の設備をお 借りしながら試行錯誤を繰り返し、ついに納得のいくチョコレートを完成させることができました。

ネット販売や働いているお店で一部場所をお借りして販売を行いました。販売するために 立ち上げたブランドが『チョコレート研究室』でした。(2020 年)短期間の販売でしたが、 累計で 700 枚近く販売することが出来ました。

『絵本』をイメージしたパッケージデザインは女性の方やお子様に親しみを持ってもらいたいという思いが込められています。

   
 

 バレンタインデーやホワイトデーなど時期によってパッケージデザインを変えて販売しました。

●『仕出し』 × 『チョコレート』 =

仕出しの仕事にパティシエを通して身に着けた技術を掛け合わせてみたい。

家業を継ぐにあたり新たな目標を持っています。法要でいただいた仕出しの注文にチョコ レートやお菓子の引き出物をご用意したり、食後のデザートまで美味しく楽しんでいただ けるようなセットを用意したいと考えております。50 年続いている『ごはん処たにふじ』 にとって新しい風となり、コロナ禍における新たな出発点にしたいと考えています。

チョコレート再開までの道のり

仕出し業を営みながらチョコレート販売の再販を行いたいと考えていますが、残念ながら 製造設備が不十分なのが現実です。カカオ豆の産地、品種、発酵方法、焙煎具合などたくさ んの選定、工程を経てチョコレートが完成します。前職のパティスリーでは製菓器具、オー ブンなどお借りして製造していましたが、現在そのような設備はありません。衛生上の問題 から食事を作る調理場と製菓の工場は分けることが必要であり、一からチョコレートを作るための環境を作っていく必要があります。そこで今回、チョコレート製造設備の新設が必 要となるため、クラウドファンディングに挑戦することにしました!


資金の用途


•オーブン…37万

•製菓器具…10万

•クラウドファンディング手数料…3万円

今後のスケジュール予定

10月15日クラウドファンディング終了

10月上旬に着工

12月下旬からリターン品を発送

お菓子の魅力を伝えていきたい


パティシエとして 8 年勤務しました。最後の2年間はスーシェフとして、オーナーシェフ のサポートと後輩の教育をしていました。パティシエとして働く8年間の中で、お菓子作り の奥深さと、お客様の幸せを作り出すお仕事に誇りを感じていました。

1年に1度開催される、国内最大規模の洋菓子コンクール「ジャパン・ケーキショー東京」で は、食材の組み合わせや素材の良さが評価され、銅賞を頂くことができました。試行錯誤は 苦しいことのほうが多いのですが、その分作ったものが誰かの笑顔を作れることに喜びを 感じています。地元室蘭でも笑顔をお届けしたいと思っています!

最後に

これまで、自分にはなかなか自信が持てなかったです。今までの人生でここまで主体的に進 めたプロジェクトは初めてで、一歩一歩がとても怖いです。ですがチョコレートを通じて応 援してくれた家族、仲間のためにも、美味しいチョコレートやお菓子をつくりたい!そして プロジェクトを実現させ、たくさんの方々に恩返しができるようにしたいと考えています。

新しい夢への挑戦に皆様からのご支援をどうぞ宜しくお願いします。

(有)谷藤商事

住所…北海道室蘭市宮の森町4丁目-5-11




■特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:(有)谷藤商事
  
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:・・・谷藤貴昭
  
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●事業者の住所/所在地:〒050-0073北海道室蘭市宮の森町4丁目-5-11
  
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●事業者の電話番号:Tel: 0143-451311

  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし / XXXXXXXXX
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-or-nothing方式で実施します。

  • 2021/12/19 17:09

    チョコレート研究室たにふじです。スケジュールが何かと遅れてご支援いただいた皆様にはご迷惑をおかけしています。昨日ようやくを着工することができました。これから製菓用の工場を作り、保健所の申請が通り次第チョコレートを販売させていただきます!何卒宜しくお願い致します。

  • 2021/11/04 00:23

    感謝のお手紙のリターンにご支援いただいた方に本日送らせていただきました!これからもリターン履行を頑張りますので、宜しくお願いします。写真は妻に撮ってもらって、後から見たら自分の服のダサさに投稿するか迷いました、、笑が、支援していただいた方に安心してリターンを待ってもらいたいので活動報告とさせて...

  • 2021/10/26 20:32

    北海道での気候では、さつまいもの栽培は難しいんだそうです。その中でも4年前からさつまいもの栽培にチャレンジされている、若松農園さんにお邪魔して、さつまいもいただきました。本当にありがとうございました!そこでさつまいもを、使ったスイーツを何か作ろうと思い『さつまいものモンブラン』にしました。本当...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください