はじめまして
AscentJapanLLC です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

香港華僑のパートナーを介した英国人科学者アンスレー夫妻の、日本市場へインドラブジンを紹介したいという願いと、同時に象牙需要に深い繋がりを持つこの国へ、ジン販売を通して日本市場が象の密猟の要因となっている事実への認知度を高め、アフリカ象の保護の実を上げたいという熱意を受け止め、新たな企業を設立しました。

ジンはボタニカルで香り付けするお酒のこと

ジンとは、ベースとなるお酒に、ジュニパーベリーのほか、様々なハーブやスパイスなどの“ボタニカル”で香り付けするお酒です。ボタニカルにどんな香り付けをするか、素材選びは多岐にわたり産地や造り手の想いを表します。ボタニカルに込められたブランドのストーリーを想像しながら味わえるのがジンの最大の魅力で、世界中で人気が高まっています。

このクラフトジンを生み出したのは、イギリスの大学で免疫学者をしていたポーラ・アンスレーさんと夫レスさん。
ご夫婦は大学での職を引退した後、研究者として野生動物の保護に携わるために南アフリカに移住することからはじまりました。インドラブジンを考案したアンスレー夫妻「一時的な支援ではなく、サスティナブルな野生動物の保護ができるしくみを作れないか・・・」

アンスレー夫妻が動物保護区を訪れた際、象は食したものを半分ほどしか消化せず、残りはそのままフンとともに排泄されるということ。新鮮で香り高い植物を好んで食すこと。原住民の間では象のフンは薬草として利用されていることを知ります。
クラフトジンの本場であるイギリスで好んで飲んでいたクラフトジン。クラフトジンの重要なものがボタニカルです。

アンスレー夫妻が象が食した植物の繊維がクラフトジンのボタニカルになるのでは!と思いついたことに始まります。

試行錯誤の末に、象が自然に暮らせる生息環境保ちながら、人も美味しくお酒を頂き、破壊してきた野生動物の環境を改善していけるサスティナブルな好循環を、生み出すことに成功しました!

アンスレー夫妻と繋がりのあった私たちが、日本総代理店として思いを継承し、日本の皆様に今のアフリカ象の現状をインドラブジンを通して知って頂くため、日本での販売がスタートしました。
「象の食した食物の繊維をボタニカルを香り付けしたクラフトジン」というインパクトのあるクラフトジンだからこそ、しっかりと誕生までの背景とこれからの活動の思いを皆様にお伝えをしていければと思っています。

インドラブジンはアフリカ象のフンから取り出したアガトスマやアカシアなどの植物繊維をボタニカルにしています。
動物園ではリンゴやバナナなどを食べているイメージがありますが、野生のアフリカ象は植物や草や根、種子や木の葉などを食べます。植物の中でも良質で新鮮なものを厳選して食します。

また、食したものを半分ほどしか消化せず、残りはそのままフンとともに排泄されます。

体内を通るスピードが速く、大半は植物性物質を含みバクテリアの値がとても低いのが特徴です。
美味しく新鮮な植物を好む象の採食習慣のおかげで、良質なボタニカルが手に入るのです

その上、植物をボタニカルの原料で作るのでは、このフルーティーで豊かな香りは生まれず、象のからだを通ることで、特別な風味が生まれると言われています。

すでに世界では象やジャコウネコのフンから取り出したコーヒー豆、ブラックアイボリーやコピルアクなどが有名で、独特の風味があるコーヒーとして高級品となっています。

「飲むことが野生動物の保護」につながる前例のないクラフトジンです。

インドラブジンはアフリカ・サバンナに生息する象の糞から取り出したアカシアやアガトスマなどをボタニカルとしています。象の好物であるこれらの植物は、香りの良さはもちろん強力な抗酸化作用(ポリフェノール)を含み、胃腸炎などの内服または下剤として利用される薬草として現地ネイティブの間で珍重されてきたものばかりです。さらに象はその植物の中でも良質で新鮮なものを厳選し食すので、アフリカでは古くから象からのボタニカルは薬として使用されてきました。その上質なボタニカルを抽出してできたのがインドラブジンです。

700種に及ぶジンを扱うなど、ジンに特化した国内でも著名な BAR JUNIPER( 大阪・北新地 ) で店長を務める瀬川亮さん(オーナー:川崎 正嗣氏)

このジンから感じられるのは、まずコンセプトにもあるアカシアやその他、花由来の優しい口当たりと口内いっぱいに広がる花の蜜のような甘い香りです。ですが、飲み続けるにつれてしっかりとジュニパーベリーの爽やかさが余韻にあらわれ、ジンが本来持つべき香り、味がある非常にバランスのとれたジンです。象のフンから採取したボタニカルのジンというパワーワードとは裏腹に、非常に繊細で女性にも飲みやすいジンですので、ジンを飲み慣れた方はもちろん、初心者の方にも楽しんでいただけると思います。

クラフトジンの世界的なムーブメントによって、産地として盛り上がりを見せるアフリカ、その中でも注目されている国が南アフリカです。 50を越える醸造所と250を越えるローカルジンブランドがあり、クラフトジン産地として注目されています。その数あるクラフトジンの中でダブルゴールドメダルを獲得しました。

2019 年クラフトジンアワードの受賞式に出席するポーラ・アンスレー夫妻


象は半分程度しか消化されずバクテリアの値が低いといっても、そのまま使用するわけでは決してありません。
ボタニカルを抽出する工程では、乾燥、次亜塩素酸消毒、徹底した洗浄作業をおこないボタニカルとして使用します。

南アフリカと日本、2カ国で衛生機関に検査を依頼し(VinLab社/神戸検疫所)、バクテリア、ウィルスなど有害細菌数が0であることが証明されています。

インドラブジンの生みの親であるレス氏がドイツのRTLテレビの取材を受け、象のフンから採取したボタニカルでクラフトジンを作り、野生動物保護に還元する重要性を説明している様子。


死んだ象の方が、生きている象より価値が有るのはおかしい。と訴え、保護団体 象のUNKO elephant paper を自ら立ち上げ保護活動をリードされている中村亜矢子氏
(リターンのコースターにNPOという表示がありますが保護団体が正しいものです)
お酒の弱い方もいらっしゃると思います。象の現状をお伝えし共感いただけるものを作れないかと考えて、絶滅危機の象の現状を伝える活動をしている中村亜矢子さんとタイアップし、象のコースターを作成しました。
ご家庭でインドラブジンを飲みながら使用していただくのも嬉しいですし、普通のコースターとしてお使いいただければと思っています。

かつては約1,000万頭いたアフリカ象は現在約30数万頭まで激減しています。
密猟の目的は象牙です。

日本が、その密猟された象牙の、世界的にも大きな消費地になっているのです!

日本は、1980年にワシントン条約(CITES)に加盟し象牙輸入を禁止していますが、現在も国内の象牙取り引きが法の網目を縫って継続されています。
私たちが手にしている象牙のハンコや工芸品は、本当に象が傷つかずに輸入されてきたものなのか、疑問になります。またその事実を知る日本人が私たちも含め少ないのではないかと思います。 今年の7月27日、米国のワシントンポスト誌に、元大統領候補のヒラリー・クリントン氏が元国務長官ベーカー氏と共にインタビューに応え、”日本政府は東京オリンピックの開催を機に、象牙取引を禁止すべきである”とコメントしています。
また、このコロナ禍で生活に困った住民が他の動物を捕るワナを設置し、そのワナにかかってしまった象が怪我をする事例も増えており、リハビリセンターが対応に苦慮しています。

リターンのご紹介   *20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

1)インドラブオリジナルジン1本(750ml)
2)インドラブオリジナルジン1本+3匹の子象3本セット 1箱+象のコースター1枚 20名限定価格 
3)インドラブオリジナルジン1本+3匹の子象3本セット 1箱+象のコースター1枚
4)インドラブオリジナルジン2本+3匹の子象3本セット 1箱+象のコースター2枚
5)インドラブオリジナルジン4本+象のコースター4枚
6)インドラブオリジナルジン6本+3匹の子象3本セット 6箱+象のコースター6枚

(酒類販売免許番号:茨木酒第262号)

プロジェクトで実現したいこと・資金の使い道・スケジュール

英国人科学者夫婦が開発した、ジンとは思えないサバンナの香りと味が楽しめるジンを飲んで頂きながら、支援金での販促活動を通して絶滅に瀕する象の実態をお伝えし、保護活動を拡大していきます。
2021年11月下旬からリターン発送開始
2021年12月中にリターン発送完了予定

■特定商取引法に関する記載

●販売事業者名:アセントジャパン合同会社

 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:上坂 博一

 ●事業者の住所/所在地:〒569-1042 大阪府高槻市南平台5-9-31
  
 ●事業者の電話番号:
  「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


私達はアセントジャパン合同会社、インドラブジン・事業チームです。初めてのクラウドファンディング・プロジェクトですが、宜しくお願い申し上げます。

今回、日本初上陸のインドラブ・オリジナルジンをご紹介します。

本チームは、香港、マレーシアなどのアジア諸国、サウジアラビア、UAEを中心とする中近東イスラム圏、南アフリカ、ボツワナなどの旧英国領アフリカ、英国などのヨーロッパ圏と長年国際ビジネスを立上げ経験してきた、上坂博一(チーム責任者)と広告・印刷専門会社の経営を担い、幅広い販促知識を有する、南出佳美(販促コンテンツ責任者)、ヨガ養成講師資格を有し、インスタグラムで1.5万人余のフォロワーを有する上坂由莉(コーディネーター)の3名での構成です。 

上坂:香港華僑のパートナーを介した英国人科学者アンスレー夫妻の、日本市場へインドラブジンを紹介したいという願いと、同時に象牙需要に深い繋がりを持つこの国へ、ジン販売を通して日本市場が象の密猟の要因となっている事実への認知度を高め、アフリカ象の保護の実を上げたいという熱意を受け止め、新たな企業を設立しました。

南出:お酒は強くないのですがお酒の作られた背景や産地のことなどを話ながら、皆でワイワイ飲むのが大好きです。このインドラブジンに出会って、「家飲みしながら野性動物の保護ができるクラフトジン」というストーリーに心動かされました。今はアフリカってどんなところか想像しながら家飲みを楽しんでいます。1人でも多くの方に届いて、このジンに込められた思いが共有できれば幸いです。

上坂由莉:お酒を飲めない私ですが、インドラブジンに込められた想いや背景に感銘を受けました。日本にいると気づかない、知らない事が他にも山ほどあると思います。私がインドラブジンに出会い知った様に、1人でも多くの方にインドラブジンを通じてアフリカ象の現状や、飲む事によって動物保護へ繋がる事を広めていきたいと思います。文頭でもお伝えしましたようにお酒が苦手な為、味についてのご感想を皆様よりご教示いただけますと幸いです。

このページを最後までお読み頂き、とても嬉しく思いますと共に、感謝・感謝です。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/11/29 16:44

    インドラブジンのプロジェクトをご支援頂きました皆様へ、改めてご報告です。本日、リターンの発送が完了致しました。 近日中に、皆様のお手元に到着致します。 年末年始に、インドラブジンを味わって頂きながら、絶滅危機下にある象の事を思い浮かべて頂けると幸いです。

  • 2021/11/26 21:55

    ご支援頂いた皆さまへのご報告です。インドラブジンのリターン出荷を今週より開始いたしました。来週中にはかなりの方への発送が出来そうです。 発送が完了出来次第、改めて連絡致します。年末年始に楽しんで頂ければ幸いです。 

  • 2021/11/16 00:30

    昨日、インドラブジンのプロジェクトが終了しました。All-or-nothing形式の為、控えめな目標額”30万円”でスタートしました。多くの支援者の方々のお陰で、初日の9月29日にその支援額は達成できました。 更には、実・目標額である”3桁:100万円”は42日目(11月9日)に達成させて頂き...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください