はじめに・ご挨拶

はじめまして。高知市役所食堂「せんだんの木」です。
ご覧をいただきありがとうございます。
わたしたちは、高知県産の食材を活かした料理を提供しており、
県民の皆様から気軽にお越しいただける食堂を運営しています。


今回のプロジェクトは、「高校生ジビエレストラン」という企画を共に実践する「高知商業高校ジビエ部」を応援するためにクラウドファンディングを立ち上げました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、さまざまな活動が制限され、販売機会が減るなか、自分たちが生活する高知市で、ジビエのさらなる普及を目指し、力を貸してほしいとのことでした。

わたしたちの食堂も、従業員の働く機会や、地元高知で食材を作る生産者さんの仕入れの量が大幅に減少しましたが、コロナ禍が続く現在でも、お店のメニューをご提供する機会を少しでも創出するため、ご自宅で本格ジビエ料理を味わえる「高知県産のシカ肉や猪肉のお取り寄せセット」を開発しました。

今回のリターンとしてこの「高知県産のシカ肉や猪肉のお取り寄せセット」と、高知商業高校ジビエ部自ら企画、開発をした「鹿皮コースター」や「鹿肉ジャーキー」をご用意しています。


地元高知の社会課題の解決に向けて頑張る高校生の姿を、このプロジェクトを通じてぜひ皆様にも知っていただきたいです。

高知商業ジビエ部


高知県が抱える社会課題

「シカやイノシシといった野生鳥獣による農林水産漁業への被害と、枝葉の食害や剥皮による森林被害」が大きな社会課題となっています。


人間の経済活動による森林環境への影響を背景に、ジビエ(シカやイノシシ等)による「獣害」が社会的な課題になっています。鳥獣被害が深刻化している要因としては、鳥獣の生息域の拡大、狩猟による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられており、獣害を減らすために狩猟による駆除が行われています。解決手段の1つとして、ジビエの利活用となっていますが、捕獲されたジビエのうち食肉として流通する割合は限られており、ジビエの有効活用は十分に進んでいるとは言えません。
※出典:「捕獲鳥獣のジビエ利用を巡る最近の状況」R2.2農林水産省のデータより抜粋


野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年度以降は200億円を上回っていたが、全国での捕獲体制強化の結果、平成30年度には158億円まで減少。しかしこうした鳥獣被害は営農意欲の減退、耕作放棄地の増加等をもたらしており、被害額として数字に現れる以上に農山漁村に深刻な影響となっています。


※出典:「捕獲鳥獣のジビエ利用を巡る最近の状況」R2.2農林水産省のデータより抜粋


高知県は県土面積の84%が森林であり、日本一の森林率です。また、農林水産漁業は高知県の主力産業であり、こうした野生鳥獣の被害は、高知県にとっても大きな社会課題となっています。


「高知商業高校ジビエ部」発足のきっかけ


高知商業高校ジビエ部の顧問を務める佐々木翼先生は、現役英語教師であり、ハンターでもあります。現役のハンターでもある先生から、猟やシカ・イノシシの食害の話を聞いて、ジビエの普及を通じて森林保護活動(植樹や防護ネット設置費)への寄付をし、循環型社会貢献の仕組みづくりをしたいと思ったことがきっかけだそうです。また、こうした実社会との繋がりを経験することで、学んだことを社会に出ても応用できる主体性を学生に身につけてもらいたいと考えています。


このプロジェクトで実現したいこと


ジビエを利活用した商品開発・販売促進を実践し、野生鳥獣の食害を受けた森林の保護活動として植樹活用や防護ネットの設置などを支援していきたい。そして、高校生発「循環型社会貢献活動」を実現したい。


前述した社会課題を解決するために、高知商業高校ジビエ部は主に3つの活動に取り組み、森林の保護活動の支援をしたり、自ら植樹活動を実践していきます。

1)ジビエの利活用機会を創出するため、美味しさや魅力を伝えられる商品を開発する
2)ジビエの美味しさや魅力を伝える機会を創出するため、販売イベントを企画・出店する
3)本プロジェクトを他校や地元企業、行政と連携して広報・PR活動を展開する


SDGs15番目にある「陸の豊かさを守ろう」の目標達成実現に貢献するために、2030年までの10年間の活動プランを独自に策定。

ジビエの利活用推進を通して得られた収益を、森林保護活動の支援に活用するだけじゃなく、自ら植樹用の苗木を育て、販売したり、自ら積極的に植樹活動に参加することで、10年間の活動プランの達成を目指しています。そして、SDGsのゴール達成に貢献していきます!


本プロジェクトの3つの魅力


魅力①:ジビエ肉自体

ジビエの魅力はその肉の素材そのものにあります。自然環境で生息する動物は運動量も多く、人間の世界でいえば「有機食材」だけを食べて育ちます。そのためジビエは畜産肉に比べて高たんぱくで低脂肪、栄養価が高いとされています。近年、高齢者の低栄養(エネルギー・タンパク質不足)が問題になっており、筋力や骨が弱くなるなどのリスクが高まるといわれ、老化を進める原因となっています。ジビエ肉は少ない食事で手軽にそうした栄養が摂れるため、ヘルシー食としても優秀です。

例えば赤身のおいしいシカ肉は、鶏むね肉よりも脂質が少なく、鉄分が豊富。イノシシ肉は脂身も美味で、ビタミンB群をバランスよく含んでいます。
※出典:文部科学省「食品成分データベース」より抜粋


魅力②:“国産ジビエ認証”取得のジビエ肉をお届けします。

今回のリターンで届く「シェフのレシピ付きジビエ肉」は"梼原(ゆすはら)ジビエ肉”を使用。
高知県梼原町西区は、猟友会で熱心に活動されている方が多く「ゆすはらジビエの里」は、その方たちとタッグを組みながら展開しています。良質な肉を提供するための独自の捕獲マニュアルを作成し、猟師さんに徹底。また、施設から少し離れた山での猟の場合には、捕獲する山のふもとまでジビエカーで出向き待機。解体は、熟練の職人を中心に、衛生管理の行き届いた工場で、丁寧な解体を施し、どこよりも品質の良い肉を提供します。
また、「ゆすはらジビエの里」は、平成30年、農林水産省が制定した制度で、ジビエの安全性と透明性などが認められた企業に与えられる「国産ジビエ認証」を国内で9番目に取得しています。

国産ジビエ認証についてはこちら


「ゆすはらジビエの里」の施設の様子はこちら

移動式の解体施設「ジビエカー」は、ゆすはらジビエの里が日本で初めて導入。


魅力③:現代の名工が監修する焼き方レシピで、ジビエをより美味しく!

せんだんの木を運営するグランディールの総料理長「島田和幸」は、2010年、西洋料理人として四国で初めてとなる「現代の名工」にも選ばれたシェフであり、島田がプロデュースした料理をレストランで提供しています。せんだんの木でも「ジビエフレンチ」として看板メニューの1つとなっています。

その美味しさを自宅で、つくりたての料理で楽しめるように考案された「高知県産のシカ肉や猪肉のお取り寄せセット」。厳選したシカ肉や猪肉と、特別レシピが一つになっており、ポイントとなる火の通し方などを解説しているリーフレットを同梱してお届けします!

総料理長・島田和幸シェフ

島田和幸シェフのプロフィール

1949年徳島県牟岐町生まれ

高知第一ホテル 料理長
ホテル日航高知旭ロイヤル 初代総料理長
100年以上の歴史がある国際料理大会の日本代表として2度出場(銅メダル受賞1988年・2004年)

2009年 (株)グランディール開業(取締役 総支配人兼総料理長)
2010年 卓越した技能者表彰(現代の名工)受章(※四国で初の受賞)
2013年 高知県観光特使として活躍
2015年 春の褒章において「黄綬褒章」を受章

NHK高知放送局 西洋料理担当(2007年)
高知県観光特使(2013年~)
学校法人龍馬学園 高知情報ビジネス&フード専門学校 名誉校長兼調理系学科参与

※現代の名工とは...
きわめて優れた技能を有し、その道の第一人者として目されている方に厚生労働大臣が表彰するものです。


資金の使い道


ジビエ肉の購入資金やリターンでかかる諸経費:約70万円
ジビエ部の活動資金(新商品開発や広報活動費、森林保護活動にかかる諸経費):約15万円

残りは、クラウドファンディング手数料や消費税といった
費用に充てさせていただく予定です。

これまでジビエ商品の開発から販売促進まで高校生自ら手がけ、
そこで得た販売利益を森林保護関係団体に寄付していました。
しかし新型コロナウイルス感染の拡大によって販売機会は減少し、
昨年度の寄付額は昨年比50%以上減少してしまいました。


今回のプロジェクトを活用し、ジビエ肉の購入機会を創出し、
みなさまに部の活動内容や想いを知っていただいたことで、
さらなる社会課題の解決につながる部の活動を、盛り上げていきたいと思います!


リターン

手作り鹿皮コースターをリターンでお届け!

【3,000円】
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!


【5,000円】
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知県産鹿のジャーキー×2セット
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「高知県産鹿のジャーキー」の賞味期限は、製造日から1ヶ月です。
冷暗所にて保存してください


【8,000円】
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知県産鹿のジャーキー×6セット
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「高知県産鹿のジャーキー」の賞味期限は、製造日から1ヶ月です。
冷暗所にて保存してください


【10,000円-①】
・ゆすはらジビエの里の鹿肉|背ロース肉ブロック(300g)×1セット
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「鹿肉の背ロースブロック」の賞味期限は、製造日から冷凍で2年です。
解凍後はなるべくお早めにお召し上がりください


【10,000円-②】
・ゆすはらジビエの里の鹿肉|もも肉ブロック(500g)×1セット
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「鹿肉のももブロック」の賞味期限は、製造日から冷凍で2年です。
解凍後はなるべくお早めにお召し上がりください


【10,000円-③】
・ゆすはらジビエの里の鹿肉|ミンチ肉(500g×2)×1セット
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「鹿肉のミンチ」の賞味期限は、製造日から冷凍で180日です。
解凍後はなるべくお早めにお召し上がりください


【12,000円-①】
・ゆすはらジビエの里の猪肉|背ロース肉ブロック(300g)×1セット
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「猪肉の背ロースブロック」の賞味期限は、製造日から冷凍で2年です。
解凍後はなるべくお早めにお召し上がりください


【12,000円-②】
・ゆすはらジビエの里の猪肉|もも肉ブロック(500g)×1セット
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「猪肉のももブロック」の賞味期限は、製造日から冷凍で2年です。
解凍後はなるべくお早めにお召し上がりください


【12,000円-③】
・ゆすはらジビエの里の猪肉|ミンチ肉(500g×2)×1セット
・高知商業高校の生徒手作りの「高知県産鹿皮コースター×2枚」
・高知商業高校の手書き感謝レターをお送りさせていただきます!

※「猪肉のミンチ」の賞味期限は、製造日から冷凍で180日です。
解凍後はなるべくお早めにお召し上がりください

「シェフに教わる絶品レシピ」をお肉と一緒にお届け

最後に

今回のクラウドファンディングの実施にあたり、
一人でも多くの方に「高知商業高校ジビエ部の活動」
を知ってほしいと思います。


自分たちが生まれた地元・高知が廃れていくのを見過ごせない。

高知の主力産業である農林水産漁業の振興衰退の原因の1つが
野生鳥獣であり、こうした社会課題に対し、自ら考え立ち上がり、
部活動を作った地元の高校生を高知を同じく愛する我々が
応援しないわけにはいきません。


高知の「美味しい!」を支える、生産者や自然の恵み。
高知の「美味しい!」を伝えるお店の従業員の雇用。

こうした大切なものを守るために、
コロナなんかに負けてたまるか!という気合いとともに、

高知産ジビエ肉の地産地消・外商活動を
開拓・拡大させていきたいと思います。

少しでも、皆様のお力をいただければと思います。

応援よろしくお願いしますっ!



高知市役所食堂「せんだんの木」詳細情報

住所:高知県高知市本町5-1-45 高知市役所2F

電話番号:088-855-3310

営業時間:11:00~16:00
(お食事ラストオーダー 15:00)
定休日/土・日・祝日

◆お車の方
高知ICから車で約20分
高知駅から車で約10分

◆電車の方
とさでん交通伊野線/県庁前駅から徒歩2分

◆webサイト
https://sendannoki.net/


【皆様の支援が力になります!】

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、必ずリターンをお届けします。

よろしくお願いいたします!


ーーーー

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:株式会社グランディール
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:和食一範
 ●事業者の住所/所在地:〒780-0870 高知県高知市本町5丁目1−45 高知市役所 2階
 ●事業者の電話番号:Tel: 088-855-3310
 ●送料:送料込み(離島へのお届けは出来かねますのであらかじめご了承ください)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください