(21年9月28日追記)
・支援者数が300名を突破!ありがとうございます!
・支援金額が目標の2,000,000円を突破!本当にありがとうございます!!残り日数わずかですが、引き続きよろしくおねがいします!

(21年9月22日追記)
・売り切れたリターンの3,000円「サウナ3時間利用券x3枚+ロゴステッカーつき支援プラン」を追加しました!
・新しいリターンとして、「レディースデー参加券+ロゴステッカーつき支援プラン」を追加しました!新宿区役所前カプセルホテルがレディースデーを実施するのは初めてです!日時は以下の通り!
3,000円(限定14枠)10/11(月)11:00-12:30の回(氷風呂つき!)
2,500円(限定14枠)10/11(月)12:30-14:00の回
3,000円(限定14枠)10/16(土)11:00-12:30の回(氷風呂つき!)
2,500円(限定14枠)10/16(土)12:30-14:00の回
・女性用にも貸切プランを用意してほしい!という声にお答えして、50,000円の「女性団体利用限定!大浴場・サウナ室貸切支援プラン」をリターンとして追加しました!

(21年9月14日追記)
・支援者数が100名を突破!ありがとうございます!
・「ドシー利用券 x 5枚つき支援プラン」のドシー利用券の有効期限は22年3月末です。(21年3月末まで有効)と記載がございますが誤植です。失礼しました。


ーーー


こんにちは。ご覧いただきありがとうございます。新宿区役所前カプセルホテルです。今回、サウナ室のストーブ新調のためにクラウドファンディングに挑戦することにしました。ここに至るまでの経緯を皆様に共有できますと幸いです。

当ホテルの創業は1987年で、その名のとおり新宿区役所の目の前にあり、花園神社、ゴールデン街に隣接しております。日本有数の歓楽街である歌舞伎町の入り口の位置から、新宿の街並みの変遷を30年以上見守ってまいりました。お手頃な宿泊料と土地柄もあって、国内外の様々な世代の、様々なバックグラウンドを持ったお客様にご利用いただいております。

新宿区役所の目の前で、歌舞伎町の入り口にあります

カプセルホテルといえば、人によっては清潔感に欠けるイメージがあるかもしれません。そのようなイメージを払拭すべく、施設としては清掃に多大な力を入れております。エリア内で最安の価格帯で宿泊サービスを提供しつつ、お越しいただいたお客様全員に「カプセルホテルってアリ!」と思っていただけるよう日々努力をしております。

創業から30年以上が経ち、紆余曲折はありましたが、近年ではインバウンド需要拡大の恩恵もあり順調に売上を伸ばしておりました。新型コロナウィルス感染症が拡大する前までは..。


ニュースでも報道がされていますが、新型コロナウィルス感染症の拡大は宿泊業に多大なダメージを与えました。そして東京では4回目の緊急事態宣言が発令され、いまもなお宿泊需要は回復の兆しを見せておりません。

例のごとく、我々も大打撃を受けまして..。下記の表をご覧ください。

実績データに基づいて宿泊売上の推移を正直に作成してみたのですが、2020年4月の月間売上は前年比で93%も落ち込んでいました..。2021年も多少は改善しているものの、コロナ禍の前の水準とは程遠いものです。


コロナ禍が不可抗力とは言え、売上を上げてスタッフを養わないといけない。どうすれば...というタイミングで「サウナ」が巷で盛り上がっていました。ホテル内にサウナ設備はあったので、必然的な流れで「よし、サウナの売上を頑張って伸ばそう!」となりました。ちなみにその当時のサウナ利用者(いわゆる日帰り入浴)は毎日5名いくかいかないぐらいでした。(もっと言うと、スタッフ間でも「そういえばサウナ室あったね、うち」ぐらいの認識でした...。)

サウナの売上を伸ばす方針は決まったのですが、スタッフの中でサウナがなんたるか分かる人が誰もいないというオチが。そんなわけで、施設の中心メンバーがサウナのいろはを学ぶことに。

「サ道のドラマがブームの火付け役らしい」
「サウナイキタイというレビューサイトがあるらしい」
「サウナ界隈の人たちはTwitterに生息している」
「どうも水風呂は10〜15℃が良さそう」
「外気浴は大事なポイントのようだ」

いま振り返ると本当に初心者の会話をしていました..。都内の銭湯やサウナ施設を訪問して勉強しつつ、新宿区役所前カプセルホテルでは何が出来るかを話し合っては実践する日々が始まりました。

売上が激減している中だったので、予算が潤沢にある訳もなく、出来ることは限られていましたが、サウナーに寄り添った小さな改革をちょっとずつ実施していきました。主だった施策は以下のようなものです。

ストーブの前にサウナストーンを設置し
セルフロウリュ対応

インフィニティチェアを導入

氷風呂イベントで計100kg以上の氷を投下

募金で集めたお金で12分計設置を実現
(いま現在は故障中..)

このような活動をTwitterでも積極的に発信するようになると「どうやら新宿区役所前カプセルホテルのサウナが攻めているらしい」「歌舞伎町のど真ん中に穴場サウナ発見」「施設名は訳すと新役?」など噂をされるようになりました。


少しずつサウナ利用者を伸ばす中、次の一手になったのは新しく常連になったお客様の声でした。

「NKH(中の人)さん、新役でアウフグースはどうですか?」

あ、あふ、あうふぐーす??これまた恥ずかしながら、アウフグースの存在を知らず、当時はアホ面でポカンとしていました。懇意にしていたお客様が熱波師検定を受講していたこともあって、タオルさばきを教えていただくことに。む、むずかしい..。けど熱波の気持ち良さとエンタメ要素の融合が面白く、是非取り入れたいと思いました。

タオルさばきの練習で一汗かいたところでお客様がポツリと一言。

「熱波師検定を受けてみたものの、サ室で扇ぐ機会がないんですよね..」

たしかにそうでした。サウナ施設でタオルでも団扇で熱波を送っているのは、施設のスタッフか熱波師として名が売れている方々のみ。サウナ室でタオルを扇ぐのに、サウナ愛好家には近いようで実は遠い世界でした。

「そんなことならうちで扇ぎませんか?」

お客様のような、アマチュア熱波師が扇げるサウナ室があればいいのに、と思って出た一言でした。我々の施設そのものはだいぶ古いです。ただ、サウナ施設としては新人。老舗のサウナ施設には出来ない、我々にしか出来ない施策だと思い、ひとつのイベントとして打ち出すことにしました。イベント名は「花園一番〜素人でも熱波を出したい〜」としました。

「花園一番」初開催時の告知画像


アマチュア熱波イベント「花園一番」は、第2回、第3回と立て続けに実施するほどに好評でした。アマチュア熱波師として扇ぎたい、とTwitterでDMをいただくこともしばしば。また、施設としても認知度が上がり、イベント以外の時間帯でもサウナ利用者が格段と増えました。

サウナ室で扇ぎたいアマチュア熱波師を積極的に募集回数を重ねるに連れ、プロの熱波師が熱波を受ける側としてご参加いただく機会もありました。「花園一番」のイベントのあと、プロアマの熱波師同士でラウンジで交流することも!

プロアウフギーサーの五塔熱子さんも風襲!

いまでは「花園一番」の開催回数は第14回まで数えています。今後も継続してアマチュア熱波師の活躍の場を提供したいと思っております。

気がつけば「花園一番」も第14回!


施設としてはサウナの利用者を増やすのも大事ですが、アマチュア熱波師がタオルを扇ぐ舞台を確保しながら、プロの熱波師が誕生する場にもなりたいと思っています。いわば、野球選手にとっての甲子園球場ラグビー選手にとっての花園ラグビー場のような存在です。

その上で、施設として手を入れなければと思っているのが、現在のサウナのストーブです。いまはガス遠赤外線ストーブの前にサウナストーンを積んで熱する、という良くも悪くも独特なスタイルなのですが、ロウリュをするストーンがすぐにヘタれてしまう(冷めてしまう)のです。

アマチュア熱波師にとって最高の舞台を提供したい想いから、既存のヒーターをロウリュ向きの電気式ヒーターに替えたいと強く思うようになりました。

実は何度か、当ホテルのオーナーにストーブ入替について直訴したことがあるのですが、お世辞にもサウナに対する理解がなく、門前払いを受けていました。ただ、宿泊売上が一向に回復しない中、サウナ売上が施設全体売上に寄与していることでオーナーに気持ちの変化が。それでもやはり300〜400万円かかる工事ゆえ、なかなか踏み切れないようでした。

そのような中、クラウドファンディングで各地の温浴施設さんが努力されている姿を見て、我々も同じように工事の一部の資金を集めることが出来るのでは。それでオーナーを説得できるのでは、と。

「クラウドファンディングで貢献しますのでなんとか..!」

オーナーにクラウドファンディングの仕組みについて懇切丁寧に説明し、それならということで了承をいただきました。大変長くなりましたが、以上が本プロジェクトの経緯です。


既存のサウナ室のガス遠赤外線ストーブをドイツFinTec社の電気式ストーブに入れ替えます。また、ストーブ内のヒーターエレメント(発熱体)を特注製作して既製品をアップグレードし、ロウリュに徹底的に強い特注仕様にいたします。

FinTec社製電気式ストーブ ARNE

このサウナストーブの入れ替えによって、アマチュア熱波師がこの上ない環境でアウフグースが出来るになると確信しています。施設としてはこのストーブをもって、プロ熱波師の登竜門の場として名を上げたいと思っております。


集まった資金は、リターン品費用、郵送費用、CAMPFIRE様への手数料に使用し、残った資金をサウナ室のストーブ入替にかかった費用に充てさせていただきます。


今回のクラウドファンディングで、はじめてグッズ製作にチャレンジしております。ステッカー、タオル、Tシャツをご用意しております。また、名前掲載、回数券、貸切、1番サウナ、広告掲載など数多くの支援プランをご用意しております。是非とも支援をご検討くださいませ。

ロゴステッカーは45mm x 45mmサイズで作成予定!

贅沢なフルカラー・320匁のフェイスタオルです。

歩きながら熱波師を募集できるTシャツです。5.6オンスの両面カラーでゴージャスな仕様です!

施設内のヴィーナス像が支援者様の胸で微笑みます。Tシャツは5.6オンスの両面カラーでリッチ!

989円「区役(989)所前価格 お名前掲載支援プラン」
3,000円「サウナ3時間利用券x3枚+ロゴステッカーつき支援プラン」
4,000円「ドシー利用券x5枚つき支援プラン」(※22年3月末まで有効)
4,500円「サウナ3時間利用券x3枚+ロゴタオルつき支援プラン」
6,500円「サウナ3時間利用券x3枚+100枚限定生産Tシャツ(ヴィーナス像編)つき支援プラン」
6,500円「サウナ3時間利用券x3枚+100枚限定生産Tシャツ(熱波師募集編)つき支援プラン」
9,000円「サウナ3時間利用券x10枚つき支援プラン」
9,894円「区役所(9894)前スタッフ感謝感激支援プラン」
15,000円「全部入り福袋支援プラン」
24,000円「サウナ3時間利用券x30枚つき支援プラン」
50,000円「大浴場・サウナ室貸切支援プラン」
100,000円「サウナストーブ入替直後!一番サウナ独占貸切支援プラン」
100,000円「法人様向け!施設内広告掲載支援プラン」

2021年9月初旬 クラウドファンディング開始
2021年9月下旬〜10月初旬 サウナストーブ入替工事
2021年10月2日 1番サウナの日
2021年10月以降 リターン品送付


サウナ愛好家 宇田蒸気さん
https://twitter.com/sauna_uda

「サウナで扇ぎたいなら、新宿区役所前カプセルホテルの門を叩こう。」

普段は会社員の傍ら、アマチュア熱波師として活動している宇田と申します。

私は熱波師を志してから、熱波師検定を取得しました。ですが、実際には温浴施設に所属している訳ではなく、検定を取得しているからと言ってそれを活かす機会はなかなかありません。もちろん検定が無くても、扇いでみたい気持ちを叶えてくれる施設はないものかと、そうしたニーズが増えていることを実感しています。

新宿区役所前カプセルホテルは、その思いを叶えてくれる施設です。

私はいくつかの施設で熱波師として扇いできた中で、大事なポイントがあると思っています。それはサウナ室の熱さをコントロールできることです。お客様のストレスを発散させるような熱々なパターン。心地良い蒸気を楽しむマイルドなパターン。香りだけを広げるための弱い攪拌のパターン。それらを駆使して、お客様と楽しむことができるのが熱波師の醍醐味だと思っています。

そのためには優れたサウナストーブの存在が不可欠なのです。

今回のリニューアルは、アマチュア熱波師の熱い思いを実現するための、とても重要な機会となります。サウナで扇ぎたい。そんな思いが蒸気のように湧き上がったら、まずは新宿区役所前カプセルホテルの門を叩いてもらえるように。

新宿区役所前カプセルホテルから熱波師を輩出し、多くのお客様とサウナの楽しさを共有できるように。この機会を通じて、温浴施設や業界の発展に寄与することを願っています。どうかご支援をいただけると幸いです。


サウナ愛好家 (もう我慢できない)元沢さん
https://twitter.com/mos_sauna

「セルフロウリュはいいけど石が鳴らない…」

ツイッターやサウナイキタイで腐るほど目にした言葉です。

「それも新役前の醍醐味」とは思いつつも、我々新役熱波師(通称)はあのサウナストーンに悪戦苦闘しておりました。水を流す場所を変えたり、次の熱波までの間はロウリュ水をさげたり、霧吹きを使ってサウナストーンの温度低下を抑えたり…。

サウナストーンに落とされた水を蒸発させる音は、「アウフグース」の大事な大事な一部分だと思っております。きっとお客さんも同じ気持ちで、まさに蒸気がまわるファンファーレといってもいいでしょう。それがいつでも新役前で鳴ろうとしているのは大きな喜びです。

ド素人をお客さん相手にアウフグースをさせるという、おそらく前代未聞のイベントは、幸い大きな事故もなく、ありがたいことにサウナ好きの皆様に肯定的にとらえられていると感じます。最近では私と同じようにアマチュアでもアウフグースをしたい方が増えました。

貴重な体験をさせてくれた大好きな新宿区役所前カプセルホテルが今後のアウフギーサー、熱波師の登竜門といわれるよう、期待を寄せつつどうかご支援いただけますと嬉しいです。


サウナ愛好家 SHUNさん
https://twitter.com/shun_saunner

熱波師SHUNと申します。

昨年の9月、Twitterで見たゼロヒャク氷結祭の宣伝に興味を持ち、当時サウナイキタイのサ活数が100にも満たなかった新役に足を運び始めました。そこで言葉にし難い魅力を感じ、足繁く通うこととなりました。

それから2ヶ月後、NKHさんに半ば騙された形で新役で熱波師として花園一番を始めました。正直始めはどれくらい続くのかわかりませんでしたが、NKHさん、夜番メガネさんをはじめとするスタッフの方々、熱波師として登場された皆さん、温かい心で受けていただいたお客様、また日本を代表するアウフギーサーの方々の応援のおかげで、10回以上イベントは続き、新役にも多くのサウナ好きの方に足を運んでいただけることとなりました。また中には有名施設の熱波師としてステップアップする熱波師も誕生しました。

しかしながら、新役のサウナは昔ながらの遠赤外線ストーブ(これもこれで個人的にはとても好きなのですが)にセルフロウリュ用のサウナストーンを即席でつけただけで力が弱く、ロウリュの醍醐味の一つである「ジュワー」という音が聞こえにくい、調子が悪いと聞こえない、という大きな問題がありました。

今回このクラファンを機に、よりロウリュに適したストーブに交換することとなりました。昭和ストロングな遠赤ストーブがなくなることに一抹の寂しさは感じますが、その分より充実したアウフグースを受けられ、お客様の皆さんも熱波師が誕生する瞬間を体験することができます。新生・新宿区役所前カプセルホテルのサウナを皆さんで作っていきましょう!(クラファンにご協力いただいた方はおまけの熱波を送ります)


サウナ愛好家 トルネードK山さん
https://twitter.com/saunaisbesideme

新宿区役所前カプセルホテルでデビューし、今では他施設様でレギュラーを持つ熱波師として活動する、アマチュア熱波師に夢と希望を与える熱波師「トルネードK山」です。

新宿区役所前カプセルホテルの良いところは、スタッフの方やお客様が非常に「アットホーム」なところ。新宿という都会のど真ん中なのに、まるで実家に帰って来たような感覚でいつも迎え入れてくれます。

そして何故「新役」がアマチュア熱波師の聖地としての文化が根付き始めているのかと言うと、お客様が家族のように熱波師の味方になってくれるからだと思っています。アウフグースの最中は、お客様全員が心の中で「頑張れ!頑張れ!」って応援してくれている声が聞こえてきます。

アマチュア熱波師にとって今回のストーブの入替えは、良い風をお客様にお届けするための更なるバックアップになるはず。これまで知恵と工夫で数々の進化を遂げてきた新役の「最大の挑戦」に皆さんの力を是非とも貸していただきたいです。

そして皆さんも回数券での支援をきっかけに新役をホームサウナにしていただき、新役の一員として、一緒に新たなスター熱波師の誕生の見届け人になりましょう!!


サウナ愛好家 くるみあべし
https://twitter.com/kurumiabeshi

今や新宿区役所前カプセルホテルの名物のひとつになったイベント
「花園一番」
私もこのイベントのおかげで熱波師の扉を開くことができた一人です。

昨今は熱波師に興味を持ったり、自主的にタオルを振る練習をしている方々を以前にも増して見るようになってきたと感じており、まだまだ修行中の身である私も大いに奮起させられる日々ですが、「サウナで扇ぎたい!でもどうしたらいいんだ??」の疑問は未だ多くあるようにも見受けられます。

「新宿区役所前!あ~あの新人熱波師のイベントやってるところね!」

少しずつ色々な施設で扇がせていただく機会も増えてきましたが、熱波師としてご挨拶をすると、そんな反応をよくいただくようになりました。これは偏に施設の、サウナより熱い努力と工夫の賜物でありますが、今施設では、さらなる進化のためにより優れたサウナストーブが必要不可欠な状況になっています。

サウナストーブ、それは我々熱波師にとって相棒であり、そしてお客様をお迎えするサウナ室の顔そのものと言えます。

「サウナで扇ぎたい!よし、新宿区役所前カプセルホテルに行ってみよう!」

そんな「アマチュア熱波師の聖地」を作る。新しい熱波師のデビューを、そしてお客様とともに成長していく姿を見ることができる施設に。

そんな挑戦の一助に、ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします。


サウナ愛好家 蒸しほっかむりさん
https://twitter.com/mushihoka

「アウフグース」を日本サウナ文化の一部として定着させるため、その一翼を担いたい。

気まぐれ熱波師の「蒸しほっかむり」と申します。

このページをご覧になっている方は「アウフグース」がどのようなものかご存知の方が多いことと思います。しかしながら、世間一般ではどうでしょうか。昨今のサウナブームにより「サウナ(ととのう)」「ロウリュ」などの言葉は以前に比して市民権を得てきたように感じますが、「アウフグース」については、未だ道半ば、まだまだそれがどのような行為を指す言葉であるのか広く理解を得られているものではないように感じます。

「アウフグース」はこれを実施する者「アウフギーサー」により、風、熱気、雰囲気など十人十色な幅も奥行きもある文化であり、特に実力のある「アウフギーサー」のタオル捌きは舞いにも近い芸術的な体感型エンターテイメントともいえるものだと考えているのですが、(これは個人的な感覚ですが、)まだまだ各種メディアにおいて取り上げられる機会は少ないように感じています。

その原因のひとつには、単純に「アウフグース」に関わる人間が少ないことがあるように思われます。アウフグースを受けたことがある人もまだまだ増やす余地があると思いますが、「アウフグースをやったことがある人」というのは特に少なく発展性の大きい領域なのではないでしょうか。その意味において「新宿区役所前カプセルホテル」で実施されるアマチュアアウフグースイベントは、「アウフグースをやったことがある人」を次々に誕生させる、アウフグース文化発展のフロンティアを切り拓くものであるといえるのではないでしょうか。

そのような施設において、サウナストーブという、いわば「アウフギーサーの足腰」ともいえるものを強化できるとあらば、それは単に施設のアップデートにとどまらず、日本におけるアウフグース文化の発展・定着に追い風を吹かせるというポテンシャルを秘めるものであると言えます。この施設で「アウフグース」に関わる方が「アウフグース応援団」となり、特別にサウナに興味関心を持たない方でも「アウフグース」という言葉の意味やサービスのイメージを描くことができるようなそんな社会づくりに貢献する、果てには「アウフギーサー」「熱波師」が職業として確立される、そんな未来をこのクラウドファンディングから夢見てみませんか。

僭越ではございますが、より多くの「アウフグースファン」のご支援・ご協力をお待ちしております。


新宿区役所前カプセルホテルは、お客様の支えでここまで成長してきました。特にコロナ禍で宿泊売上が激減し、サウナに着目するようになってから尚更それを強く感じております。

今回のクラウドファンディングを通じて、皆様が施設と一体となってサウナストーブの入替に取り組めることはとても心強いです。是非とも皆様のご支援をいただけますと幸いです。

<特定商取引法に関する記載>
販売事業者名: 株式会社ナインアワーズ
事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください
事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください送料:送料込み
対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください