〈ご年配の方も障がいがある方も、気軽に入れて楽しめるバリアフリーの和風カフェ〉 ハンデがあってもやろうと思えば絶対出来る!皆さんに何かを感じてもらいたいんです。CAMPFIRE初?最後まで読んで頂いた全ての方に、プレゼント付きのプロジェクトです♪

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

はじめまして。私は金子淳一郎と申します。44歳です。

18歳から寿司や和食の専門店で修行し、結婚して企業に入ってからは経営を担当していましたが、2年前の2015年に交通事故で背骨を負傷し 脊髄損傷と診断されました。

事故をしてから数日後にブログを始め、多くの方に応援してもらっています。<https://ameblo.jp/jjjjjunchan/entry-12317879226.html>

現在、空き店舗は確保しました。

商工会議所と相談して、商店街と話をしながら 私は動き始めました。

 

 

 【0円】無料でも支援して頂くことが可能です。みなさん、情報拡散をお願いします!

Facebook / Twitter / アメーバ

 

目標金額を達成しないと資金を受け取れないため、最低必要金額で設定をしています。

どうぞ、大勢の方のご協力を お待ちしております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

高齢者でも 障がい者でも“誰でも 気軽に楽しめる店 ” を始めたいんです。
 

「心のバリアフリー」など、車いすユーザーが入れる場所が増えてきているようですが、私の狙いは障がいがあっても気軽に入れて“ 仲間がいる店 ”です。

高齢者でも 障がい者でも“ 気にせずに楽しめる店 ” なんです。

健康な方の気持ちも 障がいを持った方の気持ちも、私には両方の気持ちがわかります。

そして値段もそんなに高くない。

そんなお店を作ってみたいと考えています。

 

▼どんな料理を提供するのか? 

この写真は会社の大会で優勝した時のものなのですが、自慢話ではないんです。

私のスキルをお見せするためにこのようなものを載せました。

しかし、こういったものは作りません。

私がやりたいのは もっと庶民的で低価格のお料理。

“売りたいもの”ではなく“売れるもの”、“求められている料理”です。

普通の料理だけれど、ちゃんと出汁をとって和食の技術を使った料理。

パリパリの焼き魚と、フワフワの出し巻き玉子を焼き立てで提供。

セルフサービスで、旬の野菜で煮物やおひたし、和え物や漬物を選んで頂いて、

 

ご飯とみそ汁はおかわり自由。

 そしてお刺身です。 

こんな車いすの身体ですが、ひとりで実際に四国の鳴門海峡まで行って、現地の人と話をしてきました。

こっちの魚は桁外れに美味いんです!

びっくりしました。お店で刺身の盛り合わせを注文しても、まぐろは入っていないんです。

現地の人は「なんで美味い魚がたくさんいるのに、わざわざ冷凍のまぐろを食わなきゃならねェんだ」と言うんです。それを千葉県流山市の江戸川台に持ってくることは出来ないか?を話しています。

 

 

▼お店をやろうと思った理由

この江戸川台東口商店街は、都心から少し離れています。

て秋葉原~おおたかの森(つくばエクスプレス・35分)おおたかの森~江戸川台(東武線・4分)

 

①理想的な場所

私の住宅の近くなんです。家から車いすをこいで10分ちょっと。

車いすというのは、なにより雨が本当に苦手なんです。移動に時間がかかるし両手でこぐから傘もさせません。

雨の日でも商店街にはアーケードがあるから濡れずにすむ。

それに、商店街には駐車場もあるのでお客様も利用しやすい。

だからここが私にとって理想的な場所なのです。

 

②夫婦の会話

事故に遭って「もう立つことは難しい」と診断され、リハビリを始めたころの話ですが…

(妻)「もうこうなったらさ、退院したら 好きなことをやっていこうよ」

(私)「いいの?実は俺もそう考えてたんだよ」

(妻)「神様は身体の一部を取っちゃったけど、自由をくれたもんね」

(私)「うん。神様は、この身体で(店を)やってみろって言ってるんだよ」

妻とこんな会話をしていたんです。

お察しのように カカア天下 ですが(笑)

 

③ハンディがあっても前を見てほしい

もちろんこの会話の理由だけで始めることはできません。

私の住んでいる地域人口に対して、1級障がい者は2.5%で平成26年で4,255人。

先天性の障害をもった車いすの女性と駅で知り合ったのですが、話を聞いてみると、やはり集まるところ・のんびり話をしながら食事をする場所を求めており、私の考えと一致していました。これを伝えてみると「ぜひ実現してほしい」と、仲間にも話を広げてくれています。彼女の話を聞いてみると、中途障害者の方が先天性障害者よりも家にこもってしまう事が多いようなんです。そんな人たちにも、私は…何かを感じてほしいと思っています。

 

 上にも書きましたが、私は健常者・障がい者、双方の気持ちがわかります。正直言うと、この身体での生活は大変です。どれでも工夫して動く私を見て、何かを感じて頂けたら 嬉しく思います。

④コミュニケーションの必要性と、求められている食事内容

そしてこの街は7割が高齢者だという話もあり、ご夫婦のどちらかが亡くなって一人で暮らす方も多いんです。最近ではスーパーでもパックのお弁当を食べられるスペースが増えてきましたが、私はその食事を作りたてで提供したいんです。 

ではご高齢の方はどんな食事を求めているのか?

私は結婚すると企業に入り、雇われ店長をしていたのですが、上司に「食事の評価が低いのでどうにかしてほしい」と言われて巨大老人ホームを担当することになったんです。しかし現場に入って大勢のスタッフが作る味を見てみても、特に問題は見られない。

気になったのは、食堂の入り口に食事を担当したシェフの写真を飾っていることでした。お年寄りたちは、話をしたこともない・顔も声もわからない…誰だかわからない人が作った料理を食べていたんです。

そこで食事の時間になると、お年寄りと話をするために私はホールを回ることにしました。味の感想を聞くのではなく、雑談をしたりクレームを聞いたり。カウンターで鍛えた 話を聞く技術で。

すると味などまったく変えていないのに「最近、食事が美味しくなった」という声が出てきたんです。

このときコミュニケーションの必要性を確信しました。

そしてお年寄りたちは、“焼き魚・玉子・おひたし・ご飯・みそ汁”といった「普通の食事が食べたい」と、声を合わせて私に話して来たんです。

栄養士は毎日の献立を一生懸命作っていましたが、実際は丁寧に作ったシンプルな食事が求められていたのです。

 

 

これが私の考えの原点です。

▼資金の使い道

建築士さんに精査してもらったところ、内装費用が最低でも750万かかるようなのですが私は500万しかありません。

まだ物件締結に至っていないので現時点で詳細をお伝えすることはできないのですが、

その足りないところに ご支援いただいた資金を使わせて頂きたいのです。

 

問題は、私は車いすに座ったまま仕事をするので、厨房設備が特殊になってくることです。

作業台の高さも調節が必要になってくる。そしてスタッフも一緒に仕事をするとなると、その分の費用がかかってくるので、ここにも皆様の資金を使えたら、とても助かります。

 

▼リターンについて

【0円】無料支援をお願いします。情報を拡散してください!

   ↓           ↓            ↓

 Facebook Twitter アメーバ

 

 

リターンは、全て私が懐石料理店で学んできたものです。きっと喜んで頂けるかと思います。

・ちりめん山椒…添加物を一切使わない、完全自家製です。最高のご飯の友ですよ♪

・和風合鴨ロース…じっくり低温調理で仕上げました。この調理法ならではのジューシーな味を堪能なさってください。

・鰯の鈍刀煮…実は私の親方は、老舗料亭の祇園「浜作」で腕を振るった職人で、私も教わるチャンスがありました。鈍刀って、いわしのことのようですね。骨も感じないくらいに柔らかく炊きつめたこの鰯。お茶碗にご飯を盛って鈍刀煮を乗せ、お茶をかけただけで最高のお茶漬けにもなります。ぜひ召し上がって頂きたい自信の一品です。

・魚の干物…市場で選んできた美味しい干物3種類です。その時々で魚の種類もかわってきますので、ご了承下さい。

・天然真鴨ロース…冬の決まった期間しか捕獲してはならない、青首と言われるジビエです。この濃厚な味は、お酒も進みますね。

・黒毛和牛ロース…ぎりきの温度調節で火を通してありますのでジューシーに仕上がっています。出来るだけ常温に戻してお召し上がりください。

・本まぐろブロック…ずっと市場に通っていましたので、まぐろ屋さんとも面識があります。コクのある味を堪能なさってください。商品をお送りするときに、究極の食べ方も添えておきますね。

 

※画像はあくまでイメージです。

※添加物は一切使用しておりませんので、早めにお召し上がりください。

 

 

▼ではプレゼントです

私の培った技術のひとつをおすそ分けします♪

 

①鍋が焦げちゃった…(汗)!

②そんな時にはペットボトルです!

③上部を切り落とします。

④こんな感じで結構です。

⑤これを使って、焦げをゴシゴシそいでいきます。

⑥どうですか?時間をかけず、簡単にキレイになるんです!

カレーやシチューのときなどは、本当に便利ですよ~♪

▼最後に

今回ここまで来れたのも、今まで応援してくれたたくさんの方々のおかげです。

本当にありがとうございましました。

しかし、ようやくスタートに立っただけです。

そして、これからも多くの方々の力をお借りして、少しづつ、地道に進んでいこうと思っています。

私はひとりでは何もできません。でそれでも工夫をすればなんとかできる。

そんな私を見て、何かを感じて頂けたら…と思います。

 

そのために皆さんの力を貸してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

金子淳一郎

  • 活動報告

    チラシ配り♪

    2017/11/13

    チラシ配りを決行しました(*^o^*)!   私はブログをやっているのですが、 https://ameblo.jp/jjjjjunchan/entry-12317879226.html そこで知り…

  • 活動報告

    チラシ配りの用意

    2017/11/11

    明日の準備をしました。 前回はひとりでチラシを配ったんですけど、全然受け取ってもらえず。 そんなとき、応援してくれている仲間に「チラシに飴をつけ…

  • 活動報告

    ポスター&チラシ配り

    2017/11/11

    こんにちは! これを書いてる今…9:04です。 いま、私の住んでる千葉県流山市は寒いなぁ。 今週は雨が降らなかったので、毎朝小学校の前で「お…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください