ご挨拶

こんにちは。2017年に千葉県八千代市八千代台地域の活性化を目的に地元住民14名が出資して設立した八千代台まちづくり合同会社です。
補助金等に頼ること無く、民間のアイデアや行動力を活かした地域活性化事業を行い、得られた収益を地域へ再投資しています。

代表的な事業は、八千代台で最古の商店街である北本通りの一部(約160m)を歩行者天国にして、年に2回開催するイベントBOOK STREET (春/秋の)本祭りです。市内最大の本の交換市を中心に、本や雑貨 、飲食の出店、路上パフォーマンス、さらに空きテナントを使ったワークショップ等、子供からお年寄りまで楽しめる賑やかな1日となります。

その他、パンまつりハロウィンだよ全員集合!等の各種イベント企画・運営、10年以上使われていなかった耳鼻科をリノベーションしたレンタルスペース「オレッキオ(イタリア語で『耳』の意味)」の運営、また、八千代台の「あった」を再発見するまちの情報紙ReATTA(リアッタ)の発行を行っており、コロナ禍においては、地域の飲食店を応援する企画も実施中です。


プロジェクトの背景

しかしながら、新型コロナウイルスの影響により、例年実施しているイベント等は軒並み中止となるなど様々な活動が制限され、まちにも閉塞感が・・・。

そこで昨年6月、当社が予算50万円を捻出して事業アイデアを実現する企画50万円チャレンジ!として、一般から事業アイデアを募集しました。


そして、応募のあった15個のアイデアの中から選ばれたのが、「地域住民目線による八千代台地域の新たな魅力発見を促すとともに、それらの地域資源による風景の年表を地域の手で作りる」という、大学生が企画した八千代台フォトコンテストでした。


日本最小規模⁉「八千代台フォトコンテスト」

その後、企画を立案した大学生のみなさんとともにオンラインミーティングを繰り返し、約1年にわたる準備期間を経て、今年6月に写真の募集を開始しました。

全国では多数のフォトコンテストが行われていますが、これだけ地域を限定した規模のコンテストは珍しく、募集開始前は、「本当に応募があるのだろうか?」と不安な日々を過ごしたのは、今では良い思い出です(笑)

初めての開催であったにも関わらず計56枚の応募があり、それらの作品を八千代台の東西を結ぶ地下道に展示しました。その後、一般投票を含む審査を実施し、8月に12枚の受賞作品を発表し、オンライン表彰式を行いました。

※準備段階〜募集〜審査(一般投票を含む)〜表彰式までほぼオンラインで行い、撮影者も遠方から来てもらうよりも、地元住民が近隣で撮影する場合がほとんどで、三密や人流を避けた企画です。

大学生のみなさんとの毎月行ったzoomでのミーティング




このプロジェクトで実現したいこと

八千代台は日本の住宅団地発祥の地(記念碑があります)と呼ばれる、典型的なベッドタウンとして栄えてきました。その後、商店の減少、高齢化等により街の活気は減り、シャッター通りが増え、お祭り等のイベントも減っていきました。

そういった現状を改善しようという動きが、八千代台まちづくりプロジェクト八千代台まちづくり合同会社の活動となり、今回の八千代台フォトコンテストに繋がってきました。

まちの風景は少しづつ変わります。自分たちは、この数年間の活動を通して、それを感じてきました。やはり、コロナ禍である今も含め、少しづつ変わっていくまちの様子を風景の年表として残していく必要があるのではないでしょうか?

今回初開催した八千代台フォトコンテストですが、自分たちの予想を上回る応募があり、また想像していた以上に素晴らしく、そして地域愛を感じる作品が集まったことで、八千代台の時代と風景を残そう!という思いが一層強まるとともに、このフォトコンテストを毎年継続的に開催する必要があると考えていますので、その費用の一部をご支援お願いします!


資金の使い道・実施スケジュール

集まった資金は、来年度開催予定の八千代台フォトコンテスト2022の開催費用として使わせていただきます。

特設ウェブサイトの作成・維持:約10万円

広告:約5万円

消耗品:約2万円

写真現像、展示:約3万円

表彰・副賞:約10万円

オリジナル商品制作:20万円

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約2万円


八千代台フォトコンテスト2022 開催スケジュール(予定)

2020年11月クラウドファウンディング終了

11月リターン発送

12月2022年フォトコンテスト特設サイト制作開始、告知準備

1月 2022年フォトコンテスト告知開始
6月 作品の募集開始
7月 作品の展示
8月 審査・結果発表、表彰式


尚、資金が予算を超えて集まった場合は、更に翌年のフォトコンテスト、及びその他の八千代台まちづくり活動に利用させて頂きます。


リターンのご紹介

今回は、以下のメモリアルフォトブックや各種グッズをクラウドファンディングのリターン限定でお届けします。
※制作するロット数により、余ったグッズ等については販売することがありますが、今回のリターンをお届けしたあとの販売とさせていただきます。

メモリアルフォトブック


卓上カレンダー

入賞12作品が各月に配置されたオリジナルデザイン


クリアファイル(3種一組)

3種類のオリジナルデザインクリアファイル        


オリジナルパッケージサクマドロップス(80g)



YACHIYO CITY Tシャツ(フォトコン限定色ボルドーレッド)


素 材:綿 100%(United Athle 製 HEAVY WEIGHT)
種 類:半袖
サイズ:ユニセックス XS/S/M/L/XL/XXL キッズ 90~150(10 刻み)


最後に

コロナ禍の中、どの作品も素晴らしい56作品が集まりました。審査は大変難航しましたが、その中から12の入賞作品が選ばれ、どの作品も今の八千代台を切り取ったストーリーが溢れてくるような作品です。その作品を使ったオリジナルグッズはどれも手元に置いておきたくなる一品。来年以降もフォトコンテストが継続して開催できますよう、是非皆様の温かいご支援お願い申し上げます!!



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:八千代台まちづくり合同会社
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:吹上朋充
 ●事業者の住所/所在地:〒276-0031 千葉県八千代市八千代台北1-10-13
 ●事業者の電話番号:Tel: 047-401-6419
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/12 22:00

    リターン品紹介♪八千代台フォトコンテストオリジナルサクマドロップス♪最優秀賞の写真を使った、オリジナルサクマドロップスです!

  • 2021/10/11 05:00

    プロジェクトメンバー日大学生からの応援メッセージ大塚巧巳(大学理工学部まちづくり工学科4年)初開催となった八千代台フォトコンテストで、たくさんの応募をいただき約1年間準備をしてきてよかったと感じることができました。回数を重ねるごとに、八千代台の時代の流れや魅力をたくさん発見し、活気ある八千代台...

  • 2021/10/09 05:00

    リターン品紹介♪八千代台フォトコンテストオリジナルクリアファイル3種最優秀賞の素敵な作品が映えるクリアファイルや素敵な受賞作品達の撮影スポットが巡れるかわいい八千代台MAP!そして、クールな雰囲気の八千代台ファイル!様々なデザインのクリアファイルが、いろんな場面で活躍!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください