はじめに・ご挨拶

札幌市白石区のライブハウス、音楽スタジオ「PIGSTY(ピグスティー)」です。
ライブハウスとリハーサル・レコーディングスタジオ、出張音響等も行なっております。

初めてギターを買った中高生からプロミュージシャンまで「誰もが音楽を自由に楽しめる」をモットーに創業23年目となりました。

お陰様で今まで学生バンドからメジャーアーティストまでジャンルも様々に、地元バンドを中心に道内外からも沢山の方々にご利用頂いてきました。
高校生の卒業ライブや大学・専門学校生のサークルライブにも定期的にご利用いただいており、
精力的に活動しているバンドマンから「初めてライブを演ったのはPIGSTYなんです!」と言われるととても嬉しく励みになっております。

決して設備や環境は最先端のライブハウスには敵いませんが、特に地元バンドマンからは”アットホームな居心地の良いライブハウス”と親しまれながら営業しております。


このプロジェクトで実現したいこと

これまで23年間、沢山の方々に支えていただきながら、誰もが楽しめる自由な空間を目指し、音楽を愛する皆様の想いを毎日感じながら営業してきました。

これからも変わらずPIGSTYに音楽を鳴らし続けることで、少しでも音楽シーンへの貢献と今まで通ってくれた皆様へ恩返しができればと考えております。

PIGSTY継続の可能性をこのプロジェクトに懸けています。
是非とも皆様のご協力をいただければと思います。
よろしくお願いいたします。


プロジェクトをやろうと思った理由

コロナ禍でこれまでも皆様のたくさんのご支援をいただきながら、今を乗り越えるため努力してきましたがまだまだ先の見えない状況、、、もちろん当店に限ったことではないと思います。

そしてその苦境の最中、更に追い討ちをかけるように火災が発生しました。
営業時間外の出来事でしたので、幸いにも利用者さんにお怪我などはなく本当に良かったと思っております。
ただ、お恥ずかしながら今回の件で喪失感がとても大きく「もう限界だ、このまま辞めてしまおう」と思ってしまいました。
しかし火災現場に駆けつけてくれた仲間達が「絶対にこの場所を残して欲しい」「またPIGSTYのステージでライブをやりたい」「諦めないで欲しい」とこのクラウドファンディングを提案し背中を押してくれました。


これまでの活動

1998年〜新札幌に誕生、2005年に現在の白石区に移転。
店内の雰囲気などから主にパンク系やロックンロール・ロカビリー系のイメージが強いですが、ジャンルも多様にこれまで数々のイベントが行われてきました。
札幌の中心部からは少し離れた立地でありますが、ライブハウスとスタジオを併設しているという環境を活かし「面白いことにはなんでも挑戦したい」というスタンスで数々のイベントに挑んで参りました。
フロアにステージをもう一つ作っての2ステージライブ、更にはスタジオも解放し5ステージライブ(最多では1日に50バンド出演)その後店内でそのまま打ち上げ。
また、スケートランプをステージに組んだこともありましたし、大食い大会、運動会、みんなでひたすらプラモデルを作るという謎のイベント?など、
全国探しても他のライブハウスには絶対にで真似できないスタイルでご利用いただいております。

「PIGSTYでしか出来ないことがある」と言っていただきこの場所を護っていかなければいけないと思いました。


コメント

今回のプロジェクトにあたり、ご協力いただいた代表の2名より、コメントがございます。
ご一読いただけると幸いです。

__________________________________

これから2ヶ月よろしくお願いします。

盛り上がる為に、達成する為に、

みんなで考えてピグスティで繋がった友達に協力してもらってます。

共感して頂けたら支援や拡散をよろしくです!

またピグスティで遊べる日を思い浮かべて全力で頑張ります。応援してね!

伊藤好輝(MODERN GOODDAYS)

__________________________________

札幌の街中からちょっと外れた所のとあるライブハウスPIGSTY。
僕は初めてライブをした17歳のころからずっと今までお世話になっている。
かれこれ15年以上ほぼ毎週ここに通っている。
僕らみたいな捻くれ者の中でもはみ出し者みたいなどこにも居場所が無い様な
人間まで温かく迎えてくれる。
きっと自分と似た様な事を思っているバンドマンも少なくないだろう。
街中から外れた場所にあるせいかここに集まってくる人達は
一癖も二癖もある音楽を奏でるバンドが多い気がする。
そして店長オキノさんの人柄もありPIGSTYの練習スタジオやライブハウスを
メインに使っているバンドも多く集まっている。
集まってくるジャンルも多様だ。
ロックンロール、ロカビリーからパンク、ハードコア、
はたまた高校生のコピーバンドまで年代関係なく集まってくる。

PIGSTYはどんな音楽も温かく迎えてくれる。

そんなPIGSTYの店長オキノさんが去年からちょこちょこ弱音を吐いていた。
そう。このコロナの問題である。
でもその弱音の中でも常に前を向いてポジティブな言葉達も入っていたので
聞いていて心配の中に安心もあった。
けどここ最近先の見えないコロナの問題と他にも色々あり、
とうとうオキノさんが悲観的になっていた。

PIGSTYが無くなるかもしれない…。

そう思いPIGSTYを想う仲間達でクラウドファンディングを立ち上げる事にしました。
PIGSTYがあったから今がある。と思う人達はきっと自分達以外にもいっぱいいると思います。
日本中で見てもPIGSTYみたいなライブハウスはきっと少ないと思います。
そして札幌にはPIGSTYが必要だと思ってます。
PIGSTYが無くなったら彷徨う音楽家も多いと思います。
きっとこの様なライブハウスが身近にあると言う事は音楽を愛している人全員の財産だと思うのです。
こういう小さい音楽カルチャー、コミュニティはとても大事だと思いますし
それを守り続けるのはきっと未来にとっても素敵な事だと思うのです。

それには皆さんの力も必要なのです。

是非力を貸してください。

本当によろしくお願いします。

こーへーマン(MAPPY、PEACE OUT!)

__________________________________


資金の使い道

・店舗の維持費
・店舗設備費
・リターン品の経費
・CAMPFIRE手数料
・クラウドファンディング手数料


リターンについて

返礼品として親交のある地元のバンドやショップ等に協力をいただき、たくさんの商品を提案しました。是非そちらもお楽しみください。

ご協力頂いた支援金に応じて、各種の返礼品にてお返しさせて頂きます。

※詳細や注意事項につきましてはそれぞれのリターン内容をご確認ください。
※支援金額は、申し込み時に「上乗せ支援」が可能です。
もちろん、お気持ちで構いません。


最後に

皆様もそれぞれ相当大変な時に「助けてください!」なんて、おこがましいとも思っております。
本当にお気持ちだけで結構です。
お陰様でPIGSTYが生き残れたとしても、その時に遊びに来てくれる皆様がいなければ全く意味がありません。
どうかその日が来るまでご自身と周りの大切な人を守りご無事でいてください。
またいつか肩がぶつかり合うくらいの狭いライブハウスで大声で騒げる日が来ますように。。。

当プロジェクトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


■特定商取引法に関する記載

「請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」
返礼品のお渡し方法や納期はそれぞれのプロジェクトページ、リターンの記載をご確認ください。


〒003-0027
北海道札幌市白石区本通3丁目北1番5号第一大岡ビル1階

PIGSTY(ピグスティー)

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/24 17:14

    PIGSTY1999年に始動した俺たちのライブ活動の基盤を作ってくれたライブハウスが札幌には二つあって。KLUB COUNTER ACTIONと、もう一つがここPIGSTY。実はライブデビューはPIGSTYが先で、店長の沖野くんがやっているバンド、HOT DOGやNO-HITTERがPIGST...

  • 2021/10/24 17:10

    ライブハウスが「生活」の一部である僕にとって、この約一年半は長かったような短かったような。興味のない人からみたら、音楽は娯楽の一つにしか過ぎないのかもしれません。しかし、これを生きがいとしている人や、職業としている人がいる事も事実です。分断がさらに分断を起こすような世の中。今こそ寛容な気持ちが...

  • 2021/10/24 17:09

    音楽への愛情で動くライブハウス。これまで数々のライブイベントに係り、レコーディング、リハーサルスタジオ、出張音響等など北海道の音楽シーンの発展に間違いなく必要な場所であることは私が言うまでもないでしょう。終息しないコロナ禍、中止や延期になっていくイベントの数々、ただ私は思います。感染症には必ず...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください