「冬の四万温泉を笑顔のあふれる温泉地にしたい!」 そんな新入社員達の思いを地域一丸となって叶えたい! 雪の中に映える光のオブジェとナイトスノーハイキングで冬と雪を楽しもう♪

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶
初めまして。四万温泉「冬だって楽四万Night(たのしまないと)」実行委員会でございます。
このページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
私たちの生みの親?は4年前に始まった「四万温泉一山一家プロジェクト」という企画でございます。「一つの山に住む私たちは一つの家族である!」というコンセプトのもと、旅館や商店の枠を取り払い、オーナーと従業員の枠を取り払った活動を行っております。

 この活動が評価され、今年度(株)リクルートライフスタイル主催の「じゃらんフォーラム2017」において「じゃらん編集長が選ぶ元気な地域大賞2016」を受賞いたしました。


 「冬だって楽四万Night(たのしまないと)」【2018年1月16日~2月18日開催予定】は一山一家プロジェクトの企画において、旅館の垣根を取り払った「四万温泉の新入社員」から生まれた企画でございます。厳しいコンペを勝ち抜き、この冬の実現に向けて、また、地域一丸となって「この企画を実現するにはどうしたらよいだろう?」と実行委員会内でも激しく討論を重ねてまいりました。この企画で冬の四万温泉がお客様の笑顔のあふれる温泉地になれればと思います。
応援、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

例年四万温泉の冬はとても寂しいものでございます。夏休みのある夏、紅葉のある秋に比べて集客は落ち込み、お客様のお問い合わせにも「雪に対する問い合わせ」が増え、「また、季節が良くなったら行きましょう」という方もたくさんいらっしゃいます。この傾向はとても顕著で、四万温泉で今年から勤め始めた各旅館の新入社員の方の目にも明らか。

・・・いろいろな旅館の新入社員が「一山一家プロジェクト」のもとに集まった時、この冬を何とかできないかと、昔からいる我々もびっくりするほどの熱量で話し合いが始まるという化学反応が起きました。

 


▼「冬だって楽四万Night(たのしまないと)」とは?
冬を楽しみ、雪を楽しむイベントでございます。
具体的には・・・
①雪に映えるイルミネーションの作成(8か所)
 四万温泉は入り口から一番奥まで5キロもある細長い温泉地でございます。どこか一か所にイルミネーションを作っただけはすべてのお客様に楽しんでいただけません。暗い夜道を車で走るのは慣れない方には大変だと思いますし、歩いて行くにもとても寒いです。
 そこで今回作成したいイルミネーションは「どの旅館からでも歩いて見に行ける」ということを第一に考えました。
このイルミネーションの作成に当たっては観光に携わっていない住民の方にもご協力いただき、文字通り地域一丸となって目標100本×8か所、計800本の竹を取ってまいりまいります。四万温泉内の竹では足りないことも想定し、近隣の地区で竹を取る場所を探してみたりと、大忙しですが、何とか「地域の力」で乗り切りたいと思います。

これに関わる電設費用として応援いただければと思います。

②昼、夜で冬と雪と自然を楽しむ!「スノーハイキング」

 今までの四万温泉では雪が降ると大変でした。住民総出?とも思えるような人数でどこへ行っても雪かきをする人が目につき、そのおかげでお客様の交通を守ることができるのですが、今までの四万温泉にとって「雪は邪魔者」でした。

 しかしながらこのイベントでは「冬を楽しみ、雪を楽しむ」という発想転換のもの、「雪遊びの可能性」を追及してゆきたいと思います。

 具体的には昼間はスノーハイキングで冬ならではの絶景を見に行ったり、雪だるま・かまくら作りなど童心に帰っての雪遊びを推奨してまいります。夜は夜で提灯のわずかな灯りを頼りに歩いて「自然の本当の闇を体験してみたり、天候に恵まれれば冬の澄んだ空気のもと、驚くような星空が見れるかもしれません。

一部内容に変更があるかもしれませんが、今後の話し合いの中でより楽しい経験をお客様にご提供できるよう頑張ってまいります。安全面を考慮し、地元アウトドアアクティビティ会社との提携のもとに運営してまいります。

 

「冬だって楽四万Night(たのしまないと)」の会議をするうちに今までの協会員も強く応援したいと願うようになり、今までこの時期に温泉協会で行っていた行事も「冬だって楽四万Night(たのしまないと)」の一部として扱い、お客様に総合的に四万温泉の冬を楽しんでいただこう!との流れができました。加盟店で宿泊代が半額になるどころか東京からの直行バス代まで半額になる『冬の大感謝プラン』や毎年一年で最も寒いとされる大寒の日に行われる『湯立祭り』などがその例です。

 

新入社員の夢の実現に向けてたくさんの人が応援をするようになりました。 

 

▼これまでの活動

小さな旅館で雇える新入社員はとても少なく、なかなか同世代の横のつながりが作りずらい状況がありましたので、地域の美化作業やBBQ、CSセミナー・懇親会などを開催しております。

 

]

 

 

 

▼資金の使い道

楽四万灯り(仮称)電設費用 1,000,000円(信頼のおける地元業者様にお願いします。)

楽四万灯りデザイン費    100,000円(地元の芸術祭「中之条ビエンナーレ実行委員会」に依頼)

オープニングイベント費用  30,000円(点灯式、お客様用振る舞い酒、暖房費etc)

スノーハイキング支援事業費 50,000円(備品購入など) 

リターン・郵送代      300,000円

▼リターンについて

四万温泉からのお礼状・缶バッチ・温泉を使ったオリジナルグッズ・中之条の季節の特産品のギフトセットなどがございます。

変わったところでは「一日温泉協会長」!自由に四万温泉を視察・試食・試飲・体験。温泉を堪能。

地元民との意見交換会や乾杯のご発声をお願い申し上げます。

▼最後に

四万温泉は小さな温泉地ですが、色々な活動があり、色々な人がいます。

でも、この事業をきっかけに、みんなが一生懸命に一つの事業に関わった時のパワーをを見てみたい!

これさえ成功させられれば、今後、どんなに厳しい時代が来たってきっとやっていける!

散々討論を繰り返した後で、そんなことを考えておりました。(^^;

ご協力、何卒よろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください