■ご挨拶「どうもこんにちは、青い鯉のぼりの人です。」

みなさんこんにちは!青い鯉のぼりプロジェクト共同代表の伊藤健人です。10年前、誰もが悲しみの底にあった震災の日々から生まれたこのプロジェクトは、震災を経験した人もしない人も、等しく未来に向かって希望を感じることのできる存在となりました。事故や病気、別れ、挫折、後悔、誰にでもあるかもしれないそういった思いたちを包括して、その向こう側に見える希望を青い鯉のぼりは見せてくれるようなっています。

そして10年の月日が経った2021年、蔵王町で新しいプロジェクトが始動します!5月5日は海の近く東松島で、10月10日は山の近く蔵王で天と地が繋がれるよう、沢山の人が交流し、その地域のシンボルとなるような拠点を整備します。10月9.10日はシンボル拠点のスタートアップイベントとして「秋のこどもの日in蔵王 ”スポーツと音楽と青い鯉のぼり” 」 も開催!きっとそこからはいくつもの物語が生まれて、未来につながっていく存在になると確信しています。このプロジェクト始動にあたり、蔵王町にはやんちゃな大人たちが集結!メンバー全員、熱い思いをもってプロジェクトを立ち上げました。どうか応援の程よろしくお願いします。 


■ご挨拶「どうもこんにちは、ヤンチャな大人たちです。」

こんにちは!秋のこどもの日in蔵王実行委員会 実行委員長の松崎聡一と申します。

宮城県蔵王町にある温泉温浴施設を中心とする総合施設 Windays Villa ZAOを経営しています。東日本大震災から10年経った2021年。新型コロナウイルスの感染拡大によりイベントやコンサートも軒並み中止になり、人々の憩いの場となるような場もめっきり減ってしまいました。その中で出会った青い鯉のぼりプロジェクトは、そんな世の中でも前に進む勇気と力をくれる、希望の象徴として、とても心に響く存在でした。人のつながりから生まれる力は何にも代えがたいです。このシンボル拠点を中心に人と人が繋がりあい、青い鯉のぼりの下で憩いの場、天国の子供たちと繋がり、未来につないでいく時間を作りたいと思っています。

やんちゃな大人たちはいくつになっても夢見がちです。こんな世の中だからこそ子供達に笑顔を届けたいと思いました。こんな時代だからこそ大人もあの頃に戻って遊んでもらうため、熱い思いをもって蔵王に新しい秋の子供の日を作ります。




■青い鯉のぼりプロジェクトとは?

「青い鯉のぼりプロジェクト」は、宮城県東松島市で開催される子どもたちのための鎮魂のプロジェクト。東日本大震災で亡くなった子どもたちが天国で寂しくないよう、3月11日(木)からこどもの日の5月5日(水)までの期間中、全国から集まったたくさんの青い鯉のぼりが大空に掲げられます。2021年に集まった青い鯉のぼりの数は2,000匹。プロジェクトが始まってから今年で10年を迎え、鎮魂のための青い鯉のぼりは10年の時の中で未来へ思いを託す希望の象徴となり、100年先のお祭りになること目指しています。

詳しくはホームページをチェック!
青い鯉のぼりプロジェクトHP

宮城県東松島市の掲揚の様子。青い鯉のぼりが空いっぱい!


■5月5日+5月5日=10月10日。
秋のこどもの日とは?暦上に秋のこどもの日はありません。これから私たちで作っていきます!5月5日をふたつあわせたくらい子どもたちに自然の中で思い出つくってもらいたくて、(ホントは自分たちがいちばん楽しみ) 繋がりが繋がりを生んでこの場所と、10月10日(秋のこどもの日)にたどり着きました。
写真はシンボル拠点を整備するWindays Villa ZAO 周辺。ん?何やら真ん中に三角屋根の素敵な建物がありますね…
左側の建物はWindays Villa ZAO。 真ん中の建物は何でしょう!




■新しい拠点は、チャペル。
蔵王町にある県内有数の温泉地、遠刈田温泉。その中に佇むチャペル。ここが私たちの新しい拠点にする場所です。現在はチャペルとして営業していませんが、館内は左右に椅子を並べればコンサートホールに様変わり!緑豊かな自然と相まって、外では青い鯉のぼりたちも気持ちよく泳ぎそうです。



■このプロジェクトで実現したいこと
-----------------------------------------------------------------
チャペルを改修し、沢山の人が交流できるシンボル拠点を作りたい!
-----------------------------------------------------------------

①電気、電話回線を整備し、年間通して使用できるライブ会場として整備します。
青い鯉のぼりと共にあったのは音楽の存在です。2011年の始まりから青い鯉のぼりの下には音楽が鳴り響き、天と地を繋いできました。チャペルは改修の際、電気と電話回線を整備し、ライブができる環境を作ります。電話回線はコロナ禍の中でもライブができるよう、配信ライブを可能にするために整備。どんな形でも音楽が鳴り響く空間にします。

②地域の交流の場として整備します。
チャペル周辺にはWindays Villa ZAOをはじめとして、周辺には広々としたグラウンドも整備されており、年中多くの方が訪れる場所です。青い鯉のぼりにとどまらず、地元の人が利用できるイベントスペースとしても整備します。

沢山の夢が生まれそうな空間を作るために、ぜひ応援をよろしくお願いします!



今でこそ、こうして大きな広がりを見せている青い鯉のぼりプロジェクト。今年で活動開始から10年、その間には沢山の出来事がありました。


■3回の引っ越し。

2011年の5月5日、共同代表伊藤健人の自宅前に204匹の青い鯉のぼりが泳ぎました。プロジェクトが始動してからわずか1か月で集まった青い鯉のぼりはその後も全国から集まり続け、毎年東松島の青空を泳ぎました。変わらない景色として、風物詩としての認知も増えてきた中で、目まぐるしいスピードで変わってきたものもあります。被災地の復興です。私たちプロジェクトはこれまで会場を3回引っ越ししました。復興工事が目まぐるしく加速していく中で、私たちもその時々にあった形で思いを紡いできました。

東松島市大曲浜地区にあった伊藤健人の自宅前。2011年掲揚の様子。まだ津波の傷跡が生々しく残っています。

2012年。一回目の引っ越し。伊藤健人自宅近くの広い土地をお借りして開催しました。

2016年。青い鯉のぼりも人もどんどん増えてきました!
この年からは地元のお寺の萬寶院 (まんぽういん)仮本堂前で掲揚。

2019年。一つの家族の青い鯉のぼりはこんなにたくさんの人を繋げてくれました。
復興工事もいよいよ大詰めとなり、津波による防災集団移転先の「あおい地区」のすぐ近くで掲揚しました。
東松島は「青」のまち!


■形や場所が変わっても、思いは変わらず!
会場は変わっても、私たちの根底に流れる思いは変わりません。その思いに呼応するように、誰も想像がつかないような出来事がたくさん起きて、そのたびに大きな力となりました。

24時間テレビ×青い鯉のぼり

東北楽天ゴールデンイーグルス×青い鯉のぼり


1人の力は決してここまでたどりつくことはできませんでした。ここまで連れてきてくれたのは青い鯉のぼりが繋いだ人とのつながりです。
しかし、繋がりは目には見えないもの。だからこそ大切にしていきたいのですが、10年が経過し、100年続くお祭りを目指していくには、目に見える証、拠点も必要となってくる時期になってきています。
10年を区切りに空気感が変わってきた部分もあります。鎮魂から始まったこのプロジェクトが震災とどまらず、希望の象徴へと変化してきたように、形を変えても繋いでいくべきものだと考えています。
この蔵王に生まれる新しい拠点から、その第一歩を踏み出していきます。10年は区切りではなく、その先に進んでいくための起点です。
今を生きる人達がどう前に進んでいくのか、このシンボル拠点が一つの目印となり、愛されていくことを願っています。



海と山がタッグを組んだら凄い事が起きそう!
「秋のこどもの日in蔵王 ”スポーツと音楽と青い鯉のぼり” 」開催!

このプロジェクト実施にあたり、2021年10月9日~10日、スタートアップイベントとして青い鯉のぼり、音楽、スポーツ、食、映画、温泉を組み合わせた複合フェスを開催します!
主催団体の「秋のこどもの日in蔵王実行委員会」との強力なタッグにより、様々な企画が実現します!


開催に先立ち、9月25日には白石のコワーキングスペース「Syu」でReaFesホストアーティストSAMURAIAPARTMENTのタイアップライブを開催しました!

当日のライブの様子。コワーキングスペースが大盛り上がりのライブ会場に早変わり!

詳細はホームページをご覧ください。

「秋のこどもの日in蔵王 ”スポーツと音楽と青い鯉のぼり” 」HP


①会場内に青い鯉のぼりを掲揚!

蔵王の空に沢山の青い鯉のぼりが泳ぎます。プロジェクト活動の中で青い鯉のぼりは東松島市だけでなく、日本中、果ては世界中を飛び回り、その場所その場所で希望を紡いできました。今回は蔵王町。天国の子供たちもきっと遊びにきてくれるはず!海のまちからはじまった青い鯉のぼりは山のまちで掲揚され、このまちでも青い鯉のぼりが今後継続的に泳ぐ祭りに成長していくことを願って、掲揚します。


②ReaFes 2021#001  開催!

2020年5月。全国の表現者たちがコロナとどう立ち向かうか悩み、個々に画策をし始めた頃、いち早く全国のアーティストにサーキット形式で配信やろうと呼びかけました。東日本大震災の時は支援する人、支援を受ける人がいて互いに作品とその表現の場を通して支え合いました。しかし、このコロナは世界中が大変で、ましてや、人が集まること、歌うこと、声援を送ることなど私たちがあの困難を手を取り合って立ち上がり、そしてゆっくり歩き始めたその術を失ってしまいました。しかし、震災を通して活動を続けてきた私たちは「支え合う」人が自分自身であり、同じ志を持つ表現者たちであることに気付き、一人で大変ならみんなで乗り越えよう!こうして2020年ゴールデンウィークに全国で初めてとなるRemoFesが開催されました。ネットでも注目され、その後も定期的に開催され実際のライブでは一緒になることもないジャンル、ウェブ上でしか会った事のないアーティスト同士がいつかリアルなステージで一緒に演奏したいね!という目標を持つことになりました。もう皆さんお分かりでしょう?そうです。このタイトルReaFes 2021は誤字ではありません。そう記念すべきリアルフェスの1回目なんです!

さらに在仙アーティストの出演についてはライブハウスspaceZeroのタイアップも実現しました。アーティスト続々集結中!続報をお楽しみに!


【競演】宮城県内の和太鼓団体、蔵王に集結!
青い鯉のぼりと共にあった音楽。その中でも太鼓の演奏は青い鯉のぼりプロジェクトはじまりの瞬間から響いていた音でした。ReaFes 2021#001の会場のチャペル前には和太鼓演奏のステージを設置。チャペルとチャペル前、交互に見ることができるサーキットイベント的タイムテーブルで、外でも中でも、音楽が鳴り響きます!

日時:2021.10.09〜10
場所:ウインデイズ・ヴィラ蔵王 チャペルアリーナ
①10/09 OPEN(イベント全体)10:00/START 11:00
②10/10 OPEN(イベント全体)10:00/START 10:40

料金:各1Day券 一般3,000円/学生2,000円(大学・専門学校生含む)※未就学児無料
  2day通券 一般5,000円/学生3,000円(大学・専門学校生含む) ※未就学児無料

   ローソンチケット Lコード 22736
   チケットぴあ Pコード 204-583
   ウインデイズ・ヴィラ蔵王

ツイキャスプレミアム生配信 料金:通常1,500円/支援付2,000円
   ①10/09 DAY1ツイキャスプレミアム
   ②10/10 DAY2ツイキャスプレミアム
※今後のコロナにおける社会情勢次第では中止または延期になる場合があります。ご理解の上、予めご了承ください。
※当初予定されていた野外ステージでのフェスは入場時の検温・手消毒・マスク着用・声出し禁止に加え、時間・規模を縮小し、人数制限・ソーシャルディスタンスによる固定席の設置・転換時の観客入替チャペルアリーナでの開催とさせていただきます。


③スポフェス開催!

エリアに二つある蔵王フットボールグラウンドは県内外から試合・練習・合宿が行われる良質の環境で、様々なスポーツイベントが行われます。 開催の10月10日、実は2000年までは「体育の日」だったんです。そんな繋がりもあり、白熱したスポーツフェスタがこの日の盛り上がりを一層加速させます!


■スポフェス9日・10日

スポーツチャレンジアクティビティ
秋空の下、ラグビー・サッカー・フライングディスク・乗馬など様々なスポーツを体験しよう!
日 時:10/09〜10 日
会 場:蔵王フットボールグラウンド
料 金:500円(当日会場にて受付)

お問い合わせ: 一般社団法人宮城蔵王アスレチック&カルチャークラブ


■スポフェス10日 

スポフェス ❌ 蔵王フットボール国立ポールグラウンド

MACC RUGBY CLINIC in ZAO

日 時:10/10 クリニック10:00 〜12:00  フレンドリーマッチ13:30 〜16:00
会 場:蔵王フットボールグラウンド
対 象:小学生から高校生
定 員:クリニック先着100名
参加費:クリニック500円
申 込:申込フォーム下記のQRコードより申込むか当日受付にて


④源泉 ひなたの湯 ♨︎ de Cinema開催!

この10年青い鯉のぼりプロジェクトを支えてくれた映画作品を中心に、東日本大震災により公開を延期せざる終えなかった作品。東日本大震災をリアルに撮り続けたドキュメンタリー。震災をモチーフにした作品。青い鯉のぼりプロジェクトも参加したRemoFesで繋がったアーティストの作品などをピックアップしてお送りします。
なんと!今回はどの作品も上映前に映画監督・出演者・関係者による舞台挨拶も行われます。これは最早「蔵王映画祭」と言っても過言ではありません。
秋のこどもの日in蔵王でアクティブに汗を流したらちょっと温泉に入ってリラックスして休憩もいいですね。


【上映予定作品】

■Pray for Japan(2011年公開 監督:スチュウ・リービー )

■つるしびな(2011年公開 監督:大和優雅)

■star 〜スター〜(2015年公開 監督:大和優雅)

■"誰そ彼"(著作/ 制作元 Smile Factory Co.Ltd./ MIC 合同会社 )



⑤秋の食フェス
テイクアウトを主体とし、機動力のあるキッチンかーはコロナ禍あらゆる場所で、安全な「食」をサポートしてきました。宮城県内のキッチンカーがやってきます!

様々なブースが出店予定!詳細をお待ちください!


【更新】

そして10月9.10日、蔵王に青い鯉のぼりが空に舞い、音楽とスポーツが集結しました。9日は雨でしたが、10日には見事青空!!天国から子供たちも遊びに来てくれたようです。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!


■風わたる青の国。東松島市のご紹介

仙台市から車で約1時間。国道45号線と三陸自動車道が通り、アクセスに恵まれた人口約39,000人のまちです。市内には全国的に有名なアクロバティック飛行チーム「ブルーインパルス」の本拠地、松島基地があり、航空祭は多くの人でにぎわいます。農業と漁業が盛んであり、特に海苔は品評会で幾多の受賞歴を誇ります。隠れた名所、奥松島も観光地として認知されています。市内各所、青い鯉のぼりをはじめ、「あお」の景色に彩られたまちです。


■ここにしかないもの。蔵王町のご紹介

東北を代表する観光地であり、宮城県の仙南地方の象徴ともいえる蔵王町は蔵王連峰の裾野に位置する人口約11,000人のまちです。丘陵地を利用した果樹栽培は県下一の生産量を誇り、高原育ちの新鮮な牛乳から作られるチーズなどの乳製品は、品質の良さから全国的に人気があります。 観光では言わずと知れたお釜をはじめ、県内有数の名湯遠刈田温泉を有し、四季を通して数多くの観光客や湯治客が訪れるまちです。


■これまでの活動

スタートアップイベントの会場ロケハンの様子。ヤンチャな大人たちがあーでもないこーでもないと沢山アイデアを出し合いました。(楽しそう)

コロナ情勢を踏まえて会議もズームにシフト。白熱した議論でみんな頭から湯気でてます♨
難しい顔してますが、みんな心は晴れやかです!(笑)



■資金の使い道

主な資金の使い道は電気、電話回線の整備、損壊している壁などの修繕です。チャペル内は現在使われていないため、倉庫となっています。地震などにより壁にヒビが入ってしまっている箇所も何箇所かあります。

チャペルの内部。絶賛引越し作業が進行中です。壁にはひび割れも...。改修で素敵な空間にしていきます。




チャペルの外観はとても綺麗ですが、中は壊れている箇所があります。綺麗なステンドグラスの下には大きな亀裂が…。配電盤も動かず、配線は断線しています。元々の設備を生かすのではなく、ほぼ最初から電気設備を整える位の改修が必要です。それでもここに集い、こんなに素敵な場所をそのままにしておくのはもったいないと考えています。どうか私たちに力を貸してください。


今回の目標額は「チャペル本体の改修費」を達成させる金額としました。

電話回線の引き込み工事ももちろん必要となります。ですが、まずはここを利用する方が安全に、快適に使うことができるように、破損した部分の修繕を優先的に行うため、この金額に設定しました。

皆さんのご支援が沢山募れば、ネクストゴールも設置することができます!
広くこのプロジェクトを知ってもらうため、期間も長めに設定させていただきました。
この活動を後世に残していくため、どうか力を貸してください!


■チャペル改修費用:770,000円
■リターン発送費用:462,000円
■送料:154,000円
■キャンプファイヤー手数料(支援総額の10%):154,000円

□合計 1,540,000円

□目標金額 1,600,000円


■【最後に】100年先に青い鯉のぼりが泳ぐことを願って。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。東日本大震災から10年、コロナ禍となって1年半以上、乗り越えて未来が見えて、また壁が表れて出現して、そしてまた乗り越えて…そんな繰り返しの日々です。青い鯉のぼりプロジェクトはマインドプロジェクトとして、公的な支援や補助金に頼らず、グッズや寄付金で運営をしてきましたが、コロナ禍により運営資金の捻出も容易にできる状態ではなくなってしまいました。

コロナは人と人とのつながりを良しとせず、つながることで初めて生まれるかけがえのない「力」を奪おうとしています。それでもへこたれたくありません!

私たちはこのシンボル拠点づくりをスタートとして、春は東松島市の青い鯉のぼり、秋は蔵王の青い鯉のぼりと、この先も続いていくために進んでいきます。

何が正しいのかわからない今の世の中かもしれないけど、それでも今、このプロジェクトにはこうしてつながりによって思いが集結しました。つながりはこんな状況でも生まれ、未来に進むことができます。青い鯉のぼりとともに空を見上げ、音楽は心に寄り添い、そこに集う人たちは未来を語り合う。

そんな一日を過ごすことができるなんて、最高じゃないですか?

きっと、その一日を終えた後には楽しさと一緒に、未来に進む力、がんばろうと思う力も宿っているんじゃないかと思います。

そうして過ごすことができたなら、きっと天と地もつながるはず!素敵な秋の子供の日となるはず!

そして100年先も続いていくはず!

どうか私たちに力を貸してください。

なにとぞ、よろしくお願いします。

青い鯉のぼりプロジェクト 一同



■お問い合わせ

青い鯉のぼりプロジェクトについてのお問い合わせは下記へご連絡ください。

青い鯉のぼりプロジェクト事務局

電話番号:090-2973-9984 


メッセージでのお問い合わせをご希望の方は公式サイトのお問い合わせフォームをご利用ください。

【 サイト・SNS 】

公式サイト :http://www.ryukoutengoku.info/kibounotsuzumi/ritsu.html

Facebook : https://www.facebook.com/aoikoinobori

Twitter : https://twitter.com/aoi_koinobori

Instagram : https://www.instagram.com/aoikoinobori_project/


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名: 青い鯉のぼりプロジェクト
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:伊藤健人、千葉秀
 ● 事業者の住所/所在地:宮城県遠田郡美里町字素山町65
 ● 事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください