【はじめに・ご挨拶】

この度は、このページを開いてくださり、本当にありがとうございます。


岩手県奥州市前沢の、㈲前沢牛オガタ 代表の小形守と申します。

日本一美味しい、安全・安心な牛肉を、生産・販売しております。

牛のエサ作りから仔牛の生産・肥育、小売りまでを一貫して行っている日本でも数少ない企業です。昭和40年より牧場を創業し、この地で56年に渡り、牛肉の生産を行っております。

「前沢の牛肉をもっと知って欲しい。食べて美味しさを知って欲しい」

という思いからクラウドファンディングを始めました。

最近の牛肉生産は、仔牛の価格上昇と、牛の餌である飼料価格上昇により農家の経営は、大変苦しい状況です。しかも、期待する販売価格がコロナでさがっており、赤字が続いております。

牛肉販売や、レストランにおいても、コロナによるお客様の減少は、避けられず、弊社においても1店舗閉めざるをえない現状です。


そんな中で少しでも地元前沢牛肉の美味しさを味わって頂き応援して頂きたいと思い、クラウドファンディングで資金を集め、次回牛祭りが開催できた時には無料で自慢の牛肉を味わって頂きたいと考えております。

美味しい牛肉を食べていただき、前沢の牛肉を好きになってもらいたい!


社長:小形守


創業者の小形進の主張である「生産なくして販売なし」という哲学が今でも脈々と受け継がれています。

「毎年前進、改革を積み重ねなければこの国際化の時代の中では負けることになる。牛舎を新設して、牛を増やす、とにかく前に進む」前進あることの必要性を主張していました。

ここ前沢は、黒毛和牛の生産が盛んです。町全体で取り組んでおり、町内には、日本で唯一"牛の博物館"もあります。


奥州市にある牛の博物館

山に囲まれた盆地にあり、良質な水に恵まれた土地で、美味しいお米が獲れます。その全国でも珍しい良質な稲わらは、牛のエサの一部にもなります。



【このプロジェクトで実現したいこと】

ここ奥州市前沢では、毎年6月に、「前沢牛まつ」が行われ、例年であれば多くの方々がご来場され、前沢牛を味わって頂いています。


2019年牛祭り開催時の前沢牛オガタ

しかし、2年連続の中止。2021年は、ドライブスルー方式の販売のみとなりましたが、やはり、たくさんの方々に味わってもらえる環境ではありませんでした。

そこで、牛まつりが復活したあかつきには前沢牛オガタの牛肉を振る舞い、美味しさを知ってもらいたい。

来場して下さる方々に、楽しい思い出を作って頂き、前沢牛を好きになってもらいたい

そう思い、プロジェクトを立ち上げました。



【プロジェクトを立ち上げた背景】

以前から、牛肉の値段が下がり、エサ代が上がるという逆風が吹く中で、

コロナ禍による飲食需要の落ち込みが直撃し、売り上げが大幅にダウン

二つある直営店の内、一つを休業しています。

現在営業している駅東店も、厳しい現状となっております。

牛匠おがた駅東店

牛匠おがた駅東店内

皆様に、私たちが精魂を込めて育てた前沢牛を味わってもらう機会が、めっきり減ったままの状態が続いています。


何とか、皆様に、美味しい前沢の牛肉を味わってもらいたい。

コロナ禍で、色々な我慢で疲れている時でも、美味しい肉を食べている時は、疲れを忘れて楽しい気分になる。

その美味しさと楽しさを、皆様にお届けしたいと願っております。


【他とはココが違う!オガタのこだわり前沢の牛肉】


どうしたら、良質で美味しい牛を産み出すことができるか?

高いお金をはたいて、大きな牧場を買ったとしても、それだけではいい牛は産み出せません。

人が、牛に愛情を注いでいるからこそ、良い牛になります。

小形牧場

牧場の社長と社員が丁寧に牛を育てております。


牛がリラックスできる環境を作りあげています。


弊社では、エサにこだわっています。飼料を作る為の工場を立ち上げ、自社生産しております。

ビール粕、おから、ウィスキー粕などの植物系残渣に、乳酸菌を加えた"発酵飼料"を牛に与えています。

発酵の管理はとても難しく、長年の試行錯誤の末に、ようやく作り上げる事ができたものです。



牛は、胃が4つあるほど消化器の面積が多く、その分、エサが体内にとどまっている時間がとても長い生き物です。だからこそ、エサが牛のおいしさを作る上での、最も重要な要素です。


発酵飼料は、体内に栄養をしっかりと取り込むことができます。

体に負担が少ない食事だからこそ、牛ふんは他社生産の牛より臭いが少ないのです。


そのような環境で育った牛のお肉は、人間の体にも良いお肉です。

香り豊かで脂の融点が低く、うま味成分が豊富で柔らかく、くどくない脂の為、ご高齢の方でも美味しく食べられます。


そして、ここ岩手の環境が、美味しい和牛を生産するのに、最高な環境と言えます。

寒暖の差が激しく、良質な水が豊富にあります。


現奥州市(旧前沢町)の高台からの景観

一年を通して気温が高い南の方では、牛の成長が早いのですが、冬に低温になる岩手では成長がやや遅くなります。

その分じっくりと生育し、栄養を蓄え、旨味が詰まったお肉になるのです。


和牛は、前沢の牛が一番品質が良いと自負しております。

牛の博物館より

弊社では、牛の飼育⇒食肉生産⇒製品販売までを一貫して行っており、品質管理には絶対的な自信を持って日々精進しております。



精肉加工工場"ファーマーズミート"を立ち上げ、加工も自社で行っています。

https://www.iwate-fmeat.com/



製造工程はもちろんの事、空気の汚れも無きよう、常に細心の注意を払っている環境です。


その取り組みは、多くの方面から評価を頂き、ギフト商品の品質管理を行うバイヤーからの評価も高く、

大手流通グループ様からは100点、某有名百貨店様からは98点を頂いております。


精肉成型後の冷凍には、「プロトン凍結」を採用しています。

電磁波を使い肉の繊維を整える事により、解凍した時にドリップが出ず、旨味が逃げる事がなく、 触れればすぐ溶けてしまうほどの高品質の脂、こだわりの牛肉を提供しています。


品質と味が最高になるよう、私達一同全力を注いで、牛肉を生産しています。




【これまでの活動】


数々の品評会にて、賞を頂いております。


平成26年

第23回東京枝肉研究会 最優秀賞

第39回前沢牛同志会 最優秀賞

第40回東京枝肉共励会 最優秀賞

岩手ふるさと農協前沢牛前沢分会 優良賞


平成27年

第41回東京枝肉共励会 最優秀賞

第25回東京枝肉研究会 優良賞


平成28年

第42回東京枝肉共励会 最優秀賞

第26回東京枝肉研究会 優秀賞



【リターンの実施スケジュール】

プロジェクト開始 9月30日~

プロジェクト終了 11月14日 まで

2022年 1月より食事券や牛肉の郵送開始

集まった支援金は2022年開催予定の牛まつりイベントでの、前沢牛オガタのお振舞に使わせて頂きます。



【リターンのご紹介】

小形牧場で育てた牛は出荷団体の違いで名前が変わります。

JAに出荷されると「前沢牛」それ以外での出荷は「小形牧場牛」と表記されます。

〇史上初!?前沢牛の食べ放題

焼肉(霜降・赤身・ホルモン)おかわり自由 ソフトドリンク、生ビール飲み放題

レストラン食べ放題・飲み放題1名 90分2022年1月~6月末迄(GW除く) 3日前迄要予約


すき焼・ステーキ(霜降・赤身)おかわり自由 ソフトドリンク、生ビール飲み放題

レストラン食べ放題・飲み放題1名 90分2022年1月~6月末迄(GW除く) 3日前迄要予約


〇前沢牛が食べられるオガタ見学ツアー

※1日1組(4名迄)平日限定

【AM10時 前沢牛オガタ集合】 小形牧場へ移動し牛舎を見学します。

【AM11時 岩手ファーマーズミート】 オガタの最新の設備を備えた食肉加工工場を見学します。

【AM12時 牛匠おがた駅東店】 レストランで昼食。ステーキをお召し上がりいただきます。

【前沢牛オガタ】 お食事が終わりましたら、隣の精肉店でお買い物ができます。



〇小形牧場牛リブロースステーキ


美味しい焼き方は、動画をご覧下さい。

フライパンで焼いた後、一度お皿に乗せ、アルミホイルで包んで4~5分程度蒸らし、中までじっくりと熱を伝えるのがコツです!

https://www.youtube.com/watch?v=0X4kAzuE5_8&t=10s

〇小形牧場牛焼肉



〇感謝のお手紙(ドリンクチケット付)


〇切落とし


〇小形牧場牛肩薄切り

〇お食事券

現在営業中の、「牛匠おがた 駅東店」でお使いいただけます。

お食事券4,000円分または9,000円分が送付され、支援金1,000円を来年の「前沢牛まつり」に充てたいと思います。

2022年1月に発送予定、使用期限は2022年6月30日まで


〇前沢牛ビーフカレー

〇前沢牛ハンバーグ


前沢牛オガタを取り巻く環境

前沢のすぐ南には、「世界遺産の平泉」がございます。

荘厳な金色堂、秋の紅葉が見事な中尊寺。

悠久の歴史を感じさせる平安庭園が残る毛越寺。

世界遺産平泉は前沢牛オガタのレストラン「牛匠おがた駅東店」から車で10分とアクセスが良い立地です。平泉にお越しいただいた際は弊社にいらしていただき、ランチやディナーをご堪能ください。


【最後に】

 今回のこの前沢牛をお求めやすい価格で提供できた要因の1つに、通常17%かかる手数料を5%になるCampFireの「新型コロナウイルスサポートプログラム」が適用されたことが非常に大きいです。

前沢牛を、より多くの方々に味わってもらう機会を創りたいと企画しました。

ワクチン接種も徐々に進んできておりますが、コロナも落ち着くには時間がかかりそうな状況です。我慢を強いられることでストレスが溜まっている方がほとんどではないでしょうか? 

美味しい食事を通して多くの方を元気づけることができましたら、私たちも嬉しいです。

妥協を許さず、常に極上な牛肉を作り続けています。

食べて良かった!と思って頂ける事が、何よりの幸せです。



ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました!



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:有限会社 前沢牛オガタ
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:・・・小形 守
 ●事業者の住所/所在地:: 〒029-4204 岩手県奥州市前沢向田1-22
 ●事業者の電話番号:0197-56-0298
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

許可番号 奥保646-7号

     奥保504-88号 


  • 2021/10/25 15:09

    めんこいテレビさんに本プロジェクトを取材して頂きました!10月30日(土)10:25~「8っぴーサタデー」にて放送となっております。お時間がありましたら是非ご覧ください。【報告】現在67%達成しました。たくさんのご支援を頂き、従業員一同感謝しております。目標金額達成のためプロジェクトのシェア等...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください