はじめに

本田尚也選手は日本テニス界の期待のホープです。

国内全国大会を 2 度制覇(全国選抜ジュニア12歳以下優勝 、RSK全国選抜ジュニア優勝 )、そして、2020 年ワールドジュニア大会日本代表に選出され、海外を舞台に活躍する意志が高まっていました。
しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で大会が直前で中止になり、また国際ランキングポイントを比較的獲得しやすいアジア諸国は、現在も入国が難しい状況になってしまいました。更に、先の見えない不況により、スポンサー獲得も難しい状況です。

本人も、家族に迷惑をかけたくない思いから進路に迷いましたが、夢をあきらめることができず、皆さまの支援を頂いて、ヨーロッパを拠点に挑戦をすることを決意しました。


 本田尚也(栃木県宇都宮市出身) 2006年3月生まれ 15歳 175㎝ 65㎏ 右利き

 2018年 全国選抜ジュニア12歳以下優勝 
 2019年 RSK全国選抜ジュニア優勝 
 2020年 ワールドジュニア大会日本代表に選出 (新型コロナウイルスの影響で大会中止)
 2021年 国別対抗戦ジュニアデビスカップ日本代表
      (2021年9月28日~トルコで開催)
 修造チャレンジ(松岡修造さんによるトップジュニア選抜合宿)に、2018年・2019年選手で参加 


本田尚也選手は2021年9月28日トルコで開催されるテニス国別対抗戦、ジュニアデビスカップの日本代に選出されました。

海外挑戦をテニス雑誌「スマッシュ」のウェブサイトで特集が組まれました。
本田尚也「スマッシュ記事」

本田尚也選手は、世界最高峰のグランドスラム大会出場を目標に、5月からトップ選手が集まるヨーロッパで活動している最中です。
個人での挑戦は限度があり、活動全般にわたって制約を受けざるを得ません。15歳の本田尚也選手の世界を目指す夢を実現するため、支援が必要となります。


ご挨拶

本田尚也選手からの挨拶動画


 本田選手の杉山コーチからの挨拶

   


このプロジェクトで実現したいこと

世界で活躍するテニス選手になるために、15 歳のうちに、国内やアジア圏内では経験できない本場ヨーロッパテニスに挑戦する。テニス4大大会(グランドスラムジュニア)本戦の権利を得る100位入りを目指すため、最低でも年間850万円以上かかる費用のうちの300万円を、ご支援お願い申し上げます。


プロジェクトをやろうと思った理由

日本スポーツ振興協会(JSPI)と申します。


わたしたちJSPIはテニスのジュニア世代育成を目的として、テニス大会を数多く開催し、毎年ジュニアテニス大会を行っています。
この大会で活躍し、日本ジュニアトップに成長しているのが15歳の本田尚也選手です。

この度、本田尚也選手は2021年9月28日トルコで開催される国別対抗戦、ジュニアデビスカップの日本代表に選ばれました。

そして本田尚也選手は、ヨーロッパを拠点に活動する決意をし、世界最高峰のグランドスラム大会出場を目標に、5月からトップ選手が集まるヨーロッパで活動しています。

個人での挑戦は限度があり、活動全般にわたって制約を受けざるを得ません。
本田尚也選手の夢を実現するための支援が必要となり、プロジェクトを立ち上げました。

また、本田尚也選手だけでなく、金銭面を理由に海外へチャレンジすることを断念せざるを得ないジュニアテニス選手がたくさんいます。 今回のクラウドファンディングによる資金援助が、今後ジュニア選手たちの夢の懸け橋となることを期待いたします。


これまでの活動

本田尚也選手は、5歳のとき、旅行先でテニスを体験したことがきっかけになり、テニスを始めました。

小学生になると本格的にテニスを習い、錦織圭選手に憧れを抱きます。
実力が認められ、松岡修造さんの修造チャレンジに2018年、2019年選手で参加し、
2018年全国選抜ジュニア12歳以下優勝、2019年にはRSK全国選抜ジュニア優勝と全国の舞台で2年連続の優勝を成し遂げています。
2020年にはワールドジュニア大会日本代表に選出され、近年目覚ましい活躍をしています。

2021年5月からドイツを拠点としてテニス4大大会(グランドスラムジュニア)本戦の権利を得る100位入りを目指し、ヨーロッパで遠征をしています。


資金の使い道

年間 ITF ジュニア 16 大会+テニスヨーロッパ 12 大会の計28 大会で、年間850万円以上かかる費用の資金として大切に使わせて頂きます。
支援金から「CAMPFIRE」 の手数料を引いた全額が本田尚也選手に渡ります。


1 大会あたりのおおよその内訳

● 移動費                60,000 円
● 滞在費         150,000 円
● コーチ費用         50,000 円

● コート費用         10,000 円
● PCR検査代         10,000 円
● エントリー費       6,000 円
● 用具代                      20,000 円

    合計            306,000 円

 306,000 円 ×28大会=8, 568, 000円 
1年間で850万円以上の費用がかかります
(年間 ITF ジュニア 16大会+テニスヨーロッパ 12大会の計28大会 )

               

リターンについて


① 5,000円:お礼メール

②10,000円:お礼メール(画像付き)

③30,000円:お礼メール(画像付き)・活動報告メール

④100,000円:お礼メール(画像付き)・動画活動報告

※1 月~活動報告メール(月 1 回)10リターン


実施スケジュール

♦9月28日~10月3日 デビスカップジュニア

♦11月10日 クラウドファンディング募集終了

♦12 月~随時、リターンのメール、画像、動画配信報告

♦2月 ~ヨーロッパ遠征(予定)


応援メッセージ


 本田選手のテニス仲間からのメッセージ

     

 ITF(国際テニス連盟)45歳以上ダブルス 
 世界ランキング1位の佐藤政大選手、有本尚紀選手からメッセージを頂きました。

 現在、世界選手権出場中(クロアチアから)佐藤政大選手のメッセージ 

  

 同じく、世界選手権出場中(クロアチアから) 有本尚紀選手のスペイン語でのメッセージ

 栃木県在住のザッカリーさんから英語で熱いメッセージ

最後に

本田尚也はテニスに関しては大変な負けず嫌いですが、普段は素直で穏やかな選手です。

本田選手の試合を観たり、一緒に練習をすると、「テニスが面白い!」と感じさせるオーラがあります。今回このプロジェクトを進めるにあたって、たくさんの方たちが彼の可能性と人柄を応援したいと、力を貸してくださいました。

新型コロナウイルスの影響を受け、夢をあきらめざるを得なかった選手がたくさんいます。
すべてを失われた世代にしたくはありません。

本田尚也の夢の実現のために、皆様のご支援が必要です。

そして、一緒に今後の彼の活躍をあたたかく見守っていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


【特定商取引法に関する記載】

1.販売事業者名
2.代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
3.事業者の住所/所在地
4.事業者の電話番号

1~4について、ご請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

5.対価以外に必要な費用:プロジェクトページに記載のとおり。
6.ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
7.その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/11/10 20:30

    日本スポーツ振興協会様に立ち上げていただき、「チーム尚也」で力を合わせて広めたクラウドファンディング。本田尚也自身もこの40日間、ジュニアデビスカップ、帰国後隔離生活、テスト勉強、練習、試合…と目まぐるしい日々でしたが、ラジオ出演や新聞取材、イベント参加などで、精一杯活動をアピールさせて頂きま...

  • 2021/11/05 17:30

    これまでに100人以上の方からご支援頂きました。ありがとうございます!RADIO BERRY に出演して、活動の様子を知って頂くことができました。皆さんのあたたかいご支援をもとに、2月~またヨーロッパで活動ができるように準備を進めています。たくさんの方に協力して頂いたクラウドファンディングも残...

  • 2021/10/28 13:13

    クラウドファンディングも残り2週間を切りました!たくさんの方にご支援頂き、勇気をもらっています。ありがとうございます。11/1(月)18:20頃からRADIO BERRY(FM76.4)B・E・A・Tに生出演することになりました。遠征の様子や今後の目標などうまくお伝えできたらと思います。お時間...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください