はじめまして
OhSAKE です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

福岡県で酒屋を営む林田です。今回、飲んで応援!『福岡県の日本酒一揆』を企画しました。

町に人が歩かなくなり、居酒屋は休業するという事態が起こり、今回のコロナウィルスによる影響が、顕著に表れてきました。やっと、緊急事態宣言が解除されたかと思いきや、また、宣言がだされるなど終わりの見えないトンネルが続いています。残念なことに、解除されても、今までの売上を取り戻すほどの賑わいはなかなか戻ってはいません。

私は、酒蔵を親族にもち、いかに一生懸命、いかに大切にお酒が造られているのかというのを痛いほど感わかっています。しかしながら、売上が、昨年の50%、40%となっている酒蔵もあります。このままでは、経済で日本はだめになってしまう。このままでは、福岡県の酒蔵もなくなってしまうと悶々とした日々を過ごしていました。

いかん!このままでは、本当にまずいことになりそうだ!ここ2年蔵開きもなにもできずにいる酒蔵がほとんど。更に、その先には、米を作っている農家さんたちまでいる。酒の消費量が減るとそこに携わる方々まで影響がいってしまいます。福岡県の酒蔵と酒米農家さんを助けたいという想いからこのクラウドファンディングにチャレンジすることにしました。そこで、福岡県で酒造りに励む蔵元さんにご相談させてもらい、どうしたら喜ばれるセットになるか思案。日本酒を気軽に手に取ってもらえるような飲み比べセットを企画しました。お酒が飲めない方にも、酒風呂セットをご用意しています。



福岡県で違うエリアの5蔵が初となるタッグを組み

**300mlが5本のセットと720mlが2本のセット**

みやこ郡、北九州市、筑紫野市、八女市、みやま市のお酒のセットを企画しました。

また、「福岡の地酒飲み飲み券」「酒風呂美人セット」もご用意しました。

そして、「Zoomで感謝飲み会&酒蔵トーク」, 体験型リターン「究極のしずく、袋吊りの初めの雫を飲む券」、もご用意しました。

コロナ禍で家に籠る機会の多くなったかと思います。

この機会にぜひ福岡の地酒の美味しさを味わって、そして、応援してください。


*酒蔵の酒造りに対する熱意が詰まった日本酒を多くの人に届けたい。

*お正月の家籠りになにを飲もうかと悩んでいる人に飲んでもらいたい。

*福岡のお酒を味わったことのない人にご笑味いただきたい。

*やってくるお歳暮をどうしようかとお悩みの方に。

*酒蔵が次の酒造年度へ向けて酒造りを安心してできる土台となりたい。

*日本の国酒たる日本酒を絶やさない。これを機に新しい出会いにしてもらいたい。

福岡県~米どころは酒どころ~

日本酒のかなめとなるのは米と水。筑後川をはじめとする良質な水、米づくりに適した気候と肥沃な大地。自然豊かな福岡は古くから酒造りが盛んに行われ、江戸時代の元禄年間には約610もの酒蔵があったと言われています(現在は50数蔵)。福岡筑前の儒学者で、健康長寿の心得をしるした養生訓の著者である貝原益軒は、福岡の酒を「優良、上国の佳産に勝るもの」と高く評価し文献に残しています。明治時代には全国生産量2位となり、パリの万国博覧会で入賞を果たすという快挙も。そして。昭和20年代から福岡県西部の糸島地区で酒造好適米「山田錦」の栽培がはじまりました。豊かな自然の醸し出す酒づくりの精神は今も脈々と受け継がれ、時代にあった新しいお酒を醸しています。

個性あるそれぞれの酒蔵のお酒を楽しんでください。



天保8年(1837年)創業。酒造りは『米』『水』『人』です。遠く福岡県と大分県の県境に聳える霊峰英彦山を源とする今川 (福岡県周防灘に注ぐ)の中流で、山紫水明のほとりに位置し、英彦山の伏流水で美酒を 醸し続けております。これからも、長きに亘って受け継がれてきた伝統の技を守り、さらに研鑽し、 お酒をお届けできる様に日々努力を続けてまいります。

林龍平酒造場

福岡県京都郡みやこ町992-2 https://kusugiku.jp/ 


溝上酒造は、北九州市八幡東区景勝町にある日本酒の蔵元です。
弘化元年(1844年)からの歴史を持ち、地元では、地酒「天心」の銘柄で親しまれています。
「寒造り」に適した皿倉山の麓に酒蔵を構え、脈々と受け継がれる技と清らかな湧き水をもとに、
うまい酒造りを続けています。

溝上酒造株式会社

福岡県北九州市八幡東区景勝町1番10号   www.sake-tenshin.co.jp


大賀酒造株式会社は創業一六七三年。福岡県で最も古い酒蔵です。
宝満山の伏流水が涌く井戸に恵まれ、地元の酒米、手造り・手作業にこだわり、
酒造りに励んでいます。

大賀酒造株式会社

福岡県筑紫野市二日市中央4丁目9番1号 www.ogashuzo.com


創業江戸時代享保二年(1717年)三〇〇年の歴史を刻む蔵元繁桝。継承の技を守り
さらに研鑽し、皆様から高い評価を得る酒造りのため日々努力をつづけております。

株式会社 高橋商店

福岡県八女市本町2-22-1 www.shigemasu.co.jp


菊美人酒造は1735年、江戸期創業。現蔵元は九代目、屋号は薩摩屋。六代目蔵元、江崎喜三郎の妻、加代は柳川の詩人「北原白秋」の実姉にあたり、白秋は「菊美人」を墨書し、三幅の扁額を遺した。爾来「菊美人」は白秋の命名と世人は伝える。

酒蔵の傍らを流れる矢部川の伏流水と厳選された酒造好適米、山田錦。筑後地方の夢一献を素材に柳川杜氏の入魂の技術で醸造された日本酒は数多くの賞を受賞しています。

菊美人酒造 株式会社

福岡県みやま市瀬高町上庄183  http://kikubijin.co.jp/



集められた支援金は日本酒、送料、梱包、そして、CAMPFIRE手数料に使用いたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

発送は、12月より随時発送いたします。支援者が贈答品として使用したい際には、ギフトラッピングなどの対応はしておりませんが、お熨斗を付けるなどは可能です。ご記載よろしくお願いいたします。

以下の6つのセットをご用意しています。

1) 福岡の地酒飲み飲み券(A・B)

2) 酒風呂美人 500mlx2本 セット

3) 720ml x 2本  (A, B, Cセット) 各100 セット

4) 300ml x 5本 セット (300セット)

5)体験型リターン 究極のしずく、袋吊りの初めの雫をのむ券

6)Zoomで感謝飲み会&酒蔵トーク

1) 福岡の地酒飲み飲み券

(A 3,000円 と B 10,000円)


2)酒風呂美人 500mlx2本 
(注意*リターンのクリックボタンの画像が、500mxl2本となっておりますが、間違いです。500mlx2本ですので、お間違えのないよう宜しくお願い致します。リリース後はリターンの画像が修正ができないとのことです。ややこしくなってしまい申し訳ございません。)
500mlが2本です!


3) 720ml x 2本セット 


4) 300ml x 5本  300 セット


5)体験型リターン 究極のしずく、袋吊りの初めの雫をのむ券
体験型リターン(その時のおすすめ720mlx2本付き)です。
日程:2~3月中のご案内
場所:林龍平酒造場 福岡県京都郡みやこ町犀川崎山922-2
内容:雫搾り見学と720mlx2本(その時飲み頃のお酒をチョイス致します)のお持ち帰り


6) 感謝でZoom飲み会&酒蔵トーク


企画者の林田です。昭和八年創業の酒屋を福岡県小倉で営んでいます。母方は福岡県林龍平酒造場、父方は酒屋という、酒のサラブレッドです。

コロナ禍となり、酒造業界は大打撃をうけていています。売上が伸び悩む中、冬には酒造りが始まります。醸造期間はかなりのコストが発生します。コロナ禍で、売り上げはなかったが、酒造りに関係するコストは発生するという事態が今から起こるのです。福岡県の酒蔵に尋ねましたが、売り上げは、半分以下など、かなりの苦境に立たされているのが現状です。

地域によって、その地の水と米の特徴を生かした多様な酒があり、そして、その地の酒は、酒文化として定着するのが理想です。

「古い文明は必ずうるわしい酒を持つ。すぐれた文化のみが、人間の感性を洗練し、美化し、豊富にすることができるからである。それゆえ、すぐれた酒を持つ国民は進んだ文化の持ち主であるといっていい」(『日本の酒』引用)

是非ぜひ、美味しく楽しく福岡の地酒をご笑味いただけますと幸いです。

あなたの「美味しい」が酒蔵の原動力になります。

皆さんの応援、宜しくお願い致します。


福岡の酒蔵を応援プロジェクト

「福岡県の日本酒一揆」企画者

林田直子

SNS(FB,INSTAGRAM,LINE、など)での拡散ご協力も是非ぜひ、よろしくお願いいたします。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:林田酒店 営業時間 10:00~19:00 日・祝日定休 
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:林田直子
 ● 事業者の住所/所在地:〒802-0002 福岡県北九州市小倉北区京町2-3-17]

        http://www.oh-sake.com
 ● 事業者の電話番号:Tel:093-521-2368
 ●送料:送料込み(北海道・沖縄・離島への発送は別途送料1,100円をいただきます。その際には、こちらから直接メッセージをさしていただいてお支払いに関してご連絡をいたします。)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

本プロジェクトに関してご不明点がある場合は下記のお問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

■CAMPFIREでの支援に関するお問い合わせ
ご支援に関するお問い合わせはCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。

■取材等CAMPFIRE以外に関するお問い合わせ先
林田酒店
クラウドファンディング担当 林田

info@oh-sake.com     

                                  

(注)北海道・沖縄・離島への発送は別途送料1,100円をいただきます。その際には、こちらから直接メッセージをさしていただいてお支払いに関してご連絡をいたします。



このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください