福島ファイヤーボンズは、今シーズンから「BONDS UP」というクラブアイデンティティを掲げ、B2優勝&B1昇格、そして先頭に立ち『誇れる福島』の未来を県民の皆さまと共に創出する決意表明の「第一歩」として、県民の皆さまと共につくるクラウドファンディングに挑戦します。

今回は『誇れる福島』の創出及び継承・発展をテーマに、福島ファイヤーボンズが『誇れる福島』のシンボルになる「決意表明」として、福島県のシンボルである「赤べこ」をモチーフとした、BONDS UP ユニフォームの制作・限定販売や、 地元特産品とのコラボ商品開発を行います。

東日本大震災から11年目を迎える、私たちの愛する福島の「誇り」がいつか、未来の日本の、世界の「誇り」になる日まで。強く結んだ私たちの絆で、『誇れる福島』の未来のために共に一歩を踏み出しましょう

福島ファイヤーボンズ 選手・スタッフ一同


福島ファイヤーボンズの西田です。福島ファイヤーボンズは、福島の皆さまとの絆を強め、『誇れる福島』を共につくっていきたいと考えております。その想いを「BONDS UP」という言葉に込めました。

今回のクラウドファンディングは、『誇れる福島』を福島の皆さまと共につくる「第一歩」となるプロジェクトだと考えています。プロジェクトに先だって実施した「一緒につくろう!3rdユニフォームプロジェクト」では、福島出身の社員たちが知恵を絞り、福島のモチーフを散りばめた、3rdユニフォームデザインを作成しました。福島県民の皆さま、そしてブースターの皆さまに沢山の投票をいただきました。

少しでも多くの皆さまに、福島のこと、ファイヤーボンズのことを自分事として捉えていただけたら幸いでございます。『誇れる福島』の未来のために、共に「第一歩」を踏み出しましょう。プロジェクトへのご支援、ご参加を宜しくお願いします。


福島ファイヤーボンズは東日本大震災後、放射能の影響で外遊びが出来なくなった子どもたちの笑顔を取り戻すため、「スポーツで福島を元気に」を理念に、福島県の復興を共に歩むバスケットボールスクール・プロスポーツクラブとして誕生しました。

発足当初は、現在も実施している県内の学校訪問やバスケットボールスクールに加え、市内の小中学校の朝の挨拶運動や体育の授業にも積極的に参加し、震災直後の県内の子どもたちの笑顔のためそして福島に勇気や感動を届けるため、県内の皆さまと復興の道のりを歩んで参りました。

発足から約八年間、私たちは多くの県民の皆さまに支えていただきました。現在は新型コロナ感染拡大に伴う来場制限により、感染予防のために家庭からの応援にご協力いただいている皆さまもいらっしゃいますが、皆さまの想いはいつもアリーナまで届いています。約八年間、変わらない熱い声炎を、本当にありがとうございます

また、私たちは多くのパートナー企業さまにも支えていただいております。昨シーズンもご協賛にとどまらない、様々なコラボレーション事業を展開しました。今シーズンも多くのパートナー企業の皆さまに『誇れる福島』を共につくる福島ファイヤーボンズの「仲間」になっていただきました。今シーズンもパートナー企業の皆さまと共に『誇れる福島』をつくる挑戦を展開していきます。


今シーズンで B2優勝&B1昇格を実現することは必達目標だと考えています。県内初のトップカテゴリ進出を果たすメジャークラブとなり、収益性や認知度、そして県内における存在意義を一気に高め、県民の皆さまに「福島と言えば、福島ファイヤーボンズ」と答えていただけるような、『誇れる福島』のシンボルになるべく、更なる挑戦を続けてまいります。

福島ファイヤーボンズが発足当初から続けてきた郡山市にお住まいの方々に向けた健康運動活動や、子どもたちの笑顔をつくるユース・スクール育成事業学校訪問活動、昨年からスタートさせた少子高齢化が加速する県内のシニア向けサポート事業「まごころサポート」など、地域のプロスポーツだからこそ出来る地元企業・団体との連携により、『誇れる福島』の共創に挑戦します。


東日本大震災を契機に誕生した福島ファイヤーボンズが、これからは先頭に立ち『誇れる福島』を県民の皆さまと共創する決意表明の「第一歩」として、福島県民の皆さまと共につくり上げるクラウドファンディングに挑戦します。

福島ファイヤーボンズが『誇れる福島』のシンボルへと生まれ変わる「決意表明」となる特別ユニフォームを制作します。福島県のシンボルである「赤べこ」をモチーフとしたユニフォームを身に纏うことで、クラブが『誇れる福島』のシンボルに生まれ変わることを表現しています。東日本大震災から11年を迎える、来年3月に特別ユニフォーム限定着用試合を開催予定です。

▼特別ユニフォーム限定着用試合
試合日程:3月12日(土曜日)・13日(日曜日)
対戦相手:越谷アルファーズ
試合会場:宝来屋郡山総合体育館

ブースター投票により選定した「赤べこ」は厄除け・疫病退散の縁起物として長年愛されてきた伝統工芸品であり、特別ユニフォームを実際に着用する来年3月までに、新型コロナによる未曾有の危機を乗り越え、アリーナに満開の笑顔が咲き誇る日を実現する決意が込められています。

トップスには「にらみ」を利かせた赤べこを正面から見た姿をデザインすることで、目の前の相手に打ち勝ちB2優勝&B1昇格を実現すること、そして県民の皆さまと共に『誇れる福島』をつくる、熱い想いを表現しています。

特別ユニフォームだけではなく、来年3月に開催予定の特別ユニフォーム限定着用試合でも利用できるアリーナ自由席観戦チケット引換券 (2試合分) や、限定Tシャツ・ステッカーなどもクラウドファンディング限定発売します。新型コロナによる未曾有の危機を共に乗り越えた、来年3月のアリーナをみんなで赤く染めましょう!

福島の誇りである地元特産品の継承・発展のために、クラウドファンディング限定のオリジナルコラボ商品の開発・販売を行います。今回は白河だるま総本舗渡辺だるま店の「白河だるま」「赤べこ」、ふくしま逢瀬ワイナリーの「ワイン」とのコラボ商品を限定発売します。(だるま:高さ85㎜×横70㎜×縦70㎜・赤べこ:15㎝)


私自身も大学まで体育の先生を目指しており、家業を継いだ後も何かスポーツに関わることができないかとずっと模索していました。コロナ禍でまだまだ回復の兆しが見えない中ではありますが、福島ファイヤーボンズ様と一緒に福島を勇気付けるような今回の取り組みにご一緒することができてとても光栄です。同チームの日々の活躍は福島に元気を与えてくれます! スポーツには挑戦と努力が大切で、切っても切り離せない関係です。この取り組みを通して1人でも多くの人の「挑戦と努力」のきっかけになれれば幸いです。心より応援しております。

ファイヤーボンスと逢瀬ワイナリーは「兄弟」です。生い立ちには哀しい出来事、でもそれに立ち向かうため、兄はスポーツの力で、弟はフルーツの力で、ともに『誇れる福島』を創る、その思いを共有しています。互いにまだまだ発展途上(失礼!)、でもあきらめず、へこたれず、肩を組んで、「福島復活のシンボル」を目指す。ファイヤーボンズのフクシャパープルは、若い瑞々しいぶどう色を表す逢瀬ワイナリーのテーマカラーでもあります。「福島」を名字にもつ兄弟は、勝利に、酒造りに、ありったけの情熱を注ぐ。でも創りたいのはそれだけではない。その先にある誇り、そして絆。がんばれ、ファイヤーボンズ!!! がんばろう、共に!!!Let’s Bonds up!!!


ご支援金の使い道は、福島ファイヤーボンズが『誇れる福島』のシンボルとして B2優勝・B1昇格を実現するためのチーム運営・強化費用や、福島県内の学校・施設で行う健康運動事業など、『誇れる福島』を県民の皆さまと共創するクラブの活動資金として、大切に活用させていただきます。


福島の豊かな自然や伝統文化・特産品、そして福島を愛する皆さまの温かさ、力強さ。そんな私たちの愛する福島の「誇り」が、未来の日本の、世界の「誇り」になる日まで。私たちの「誇り」を共に守り、共に育てていきましょう。そして、世界に『誇れる福島』を共に創りましょう。

強く結んだ私たちの絆で、次の一歩、次の未来へ。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください