🌟はじめに

はじめまして、公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンと申します。
「メイク・ア・ウィッシュ」とは、英語で「ねがいごとをする」という意味のボランティア団体です。
3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえ、生きるちからや病気と闘う勇気をもってもらいたいと願って活動をしております。

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、2022 年 12 月で設立から 30 周年を迎えます
これまでにメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンが夢の実現のお手伝いをさせていただいた、難病の子どもたちは、3,650人以上。
子どもたちの夢の数だけ、たくさんの心温まる笑顔輝くストーリーが生まれました。


30周年のこの大きな節目に、夢の実現のお手伝いをさせていただいたウィッシュチャイルド、温かくご支援くださっている皆さまへ30年分の感謝の気持ちを伝えたいと、子どもたちの大切な夢実現のエピソードを一冊の冊子、30周年記念誌『ウィッシュストーリーズ』にまとめるプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトには、感謝の気持ちを伝えることをスタートに、一人でも多くの方にメイク・ア・ウィッシュの活動を知っていただくきっかけとなってほしい、さらには、メイク・ア・ウィッシュと出会っていない難病の子どもたちが夢を心に描くきっかけとなれば、との願いも込められています。

2021年秋、これまでに夢をかなえたウィッシュチャイルドのご家族様に、『ウィッシュストーリーズ』のプロジェクト構想をご案内し、ウィッシュストーリーズのご寄稿をお願いいたしました。

すると、なんと100件を大きく超えるストーリーズをお寄せいただきました

夢の実現に込められた、あふれるほどの想いに触れて、改めて多くの方に活動を支えていただいていることへの感謝の気持ちでいっぱいになりました。

現在、 子どもたちの夢の輝き、夢のもつちから、ひとつひとつのストーリーに込められた想いを、しっかりと皆様にお伝えできるよう、編集作業を進めております。

また、ご支援くださっている皆様へ30年分の「感謝」の気持ちを伝えるために、もう一つ、「公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」としての、公式動画も制作したいと考えております。

メイク・ア・ウィッシュを支えてくださる皆様に感謝の気持ちが届きますように。
もっとたくさんの方々にメイク・ア・ウィッシュの活動を知っていただけますように。
そして、もっともっとたくさんの子どもたちの夢がかないますように!
どうか、本プロジェクトへの皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

(本クラウドファンディングは12月8日~1月31日の期間で実施されます)

 
🌟 記念誌・動画概要 🌟

・記念誌:40ページ以上 (カラー)予定 / 制作予定数10000部 / 発行予定時期:2022年春
 30周年関連イベント等で配布させていただく予定です。
・記念動画:ウィッシュファミリーからのメッセージをご紹介。
 ロングバージョン(数分)とショートバージョン(1分程度)などを一般公開予定。

🌟 Make-A-Wish とは🌟 

メイク・ア・ウィッシュは、1980年にアメリカで発足しました。

アリゾナに住む、クリスという7歳の男の子は警察官になるのが夢でした。しかし白血病にかかり、学校に行くこともできなくなってしまいました。この少年の話を聞いた警察官たちは、本物そっくりの制服とヘルメットとバッジを用意し、クリスを名誉警察官に任命しました。
夢をかなえたクリスでしたが、その5日後に亡くなります。警察では、名誉警察官のための葬儀を執り行いました。
クリスの夢の実現に関わった人々は、他にも、大きな夢を持ちながら、難病のため夢をかなえることができない子どもたちがいるに違いないと考えました。こうして設立されたのがメイク・ア・ウィッシュ ファウンデーションです。

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、メイク・ア・ウィッシュ・インターナショナルの正式な支部として、1992年12月に設立されました。 1992年当時沖縄在住の主婦・スーザン・アルブライトが、アメリカで理学療法士をしていた時に「闘病生活の中での、夢を持つ子どもの瞳の輝き」に心を打たれた経験から、日本でもぜひメイク・ア・ウィッシュの活動を始めたいと願ったことが始まりでした。
メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは、 1993年に「遊園地に行きたい」という夢をかなえたことを第1歩として、その後、多くのすばらしい夢をかなえるお手伝いをすることができました。

その後、1994年に事務局を東京に移し、2009年1月5日に一般財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン、2017年9月16日に公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンとなりました。
現在は、東京本部のほか、国内各地に6支部を設立し、全国的に活動を展開しています。

メイク・ア・ウィッシュの活動は、子どもの夢をかなえて「あげる」のではなく、夢をかなえるのに必要な、さまざまな手配や配慮をしてそのお手伝いをすることです。
子どもたち一人ひとりのために、子どもの家族と力を合わせ、夢の実現というかけがえのない体験に向かって進んでいきます。それが明日への生きる力となれば、どんなに素晴らしいことでしょう。
これからもひとりでも多くの子どもたちの夢をかなえるお手伝いをし、素晴らしい笑顔と出会うために、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンは活動を続けています。

🌟応援メッセージ🌟 

ーウィッシュチャイルドの松尾夢華さんのお母様から応援のメッセージをいただきました。

「私達家族は、メイク・ア・ウィッシュの皆様に感謝しかありません。出会い、小さな夢を実現いただき、それ以上に忘れられない一生の宝物までいただきました。病気という悲しみから、わずかながらの光の手を差し伸べ、大きな力にかえてくれるメイク・ア・ウィッシュ!多くの方に、メイク・ア・ウィッシュの活動が届きますように、ぜひ皆様のちからをお貸しください。 」


🌟プロジェクトの実施スケジュール🌟

2021年9月15日~10月31日 ウィッシュストーリーズ応募受付
2021年12月8日~2022年1月31日 クラウドファンディングにて資金を募集
2022年4月印刷開始予定
2022年5月リターン発送予定

🌟ご支援の使い道🌟 

☆クラウドファンディング目標:300万円

-30周年記念誌 デザイン・印刷製本費:1,000,000円
-通信運搬費:500,000円
-30周年記念動画制作費:1,000,000円
-消耗品費:200,000円
-手数料:300,000円 (9%+税)

🌟リターン🌟 

☆リターンの種類
- 5,000円
ご支援いただいた皆様にお礼状と領収書をお送りいたします。

- 10,000円
ご支援いただいた皆様にお礼状と領収書、記念誌を一冊お送りいたします。

- 50,000円
ご支援いただいた皆様にお礼状と領収書、記念誌を5冊お送りいたします。 記念誌の巻末にお名前を掲載いたします。 掲載を希望されない方は、お申し込み時に備考欄へその旨、ご記載ください。

-100,000円:ご支援いただいた皆様にお礼状と領収書、記念誌を10冊をお送りいたします。 記念誌の巻末にロゴを掲載いたします。 掲載を希望されない方は、お申し込み時に備考欄へその旨、ご記載ください。

☆寄付金控除について
本プロジェクトへのご寄付は、公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンへの寄付となり、寄附金控除の対象となります。寄附金控除をお受けいただくためには、確定申告の際に弊団体が発行した領収証をもって確定申告をしていただく必要がございます。
領収書は、本プロジェクト終了後に公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンが発行・郵送いたします。したがって、領収書の発行年は”2022年”となりますのでご注意ください
領収書は、ご入力いただいたご住所へ2022年春にお送りする予定です。

☆募集方式について
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

🌟活動実績について🌟

3,650以上のウィッシュストーリーズの中から一つ、杉本ちひろさんの素敵な夢を紹介します。

進行性の難病、筋ジストロフィーと闘うちひろさん。明るく、歌うことが大好きな女の子です。
そんなちひろさんの夢「パパと結婚式がしたい」を実現するために、ご家族皆様での結婚式をお手伝いさせていただくことになりました。
メイクアップルームに入ると、ボランティアの方がちひろさんのために特別にあつらえてくださった、ピンクのウェディングドレスと、お花をあしらったティアラが待っていました。
ちひろさんは嬉しくてびっくりしています。ママも感激されて思わず声が上がります。

ドレスを着せてもらい、メイクをしてもらうちひろさん。”女の子”の表情から、段々と”お姉さん”の顔に変わっていきます。
パパもお支度を終え、いよいよ ”ファーストミート” の時間に。
うしろからちひろさんとママがそっと近づき、声をかけます。
『パパ!』
ここでパパから二人へサプライズで花束が渡され、笑顔が二人を包みます。記念撮影をし、チャペルへ。
出席者のたくさんの温かい拍手に包まれ、壇上へと進み、ゆっくりとお辞儀。
「家族みんなで一日一日を楽しく笑顔で心豊かに生きていくことを誓いますか?」
と問いかけに、ちひろさんも大きな声で「はい、誓います」と答えました。
式を終え、チャペルから出てきたご家族を『おめでとう!』の声と、カラフルなフラワーシャワーが迎えます。『ありがとうございます!』『うれしい!』と、ちひろさんも大きな声で応えました。
動画のインタビューでお父様は、『我が家に新しい記念日ができました。これからこの日をもう一つの結婚記念日として、皆様からいただいた感動を思い出していきたいです。』とおっしゃってくださいました。夢の実現日を、ご家族の「記念日」にくわえてくださったご家族。この日の誓いは、これからもご家族を温かく包んでいくことでしょう。

ちひろさんのウィッシュは、式場スタッフの皆様やボランティアの皆様のご支援のもとに実現しました。
すべてのウィッシュが、たくさんの方々の温かいお気持ちに支えられて実現しています。
ウィッシュファミリー・チャイルドの"ありがとう"の気持ちが、ご支援くださっている皆様に届き、ひとりでも多くの子どもたちの夢へとつながっていくよう活動してまいりたいと思います。

🌟最後に

Make-A-Wish。まずは願うことから始めよう。
すべては願う気持ちから始まります。

何かを願う気持ちは、大人であっても子どもであっても、健康でもご病気でも、みんな一緒のはず。しかし、大変なご病気と闘う子どもたちは、何かしたいことがあっても、「良くなったらね」、「この治療が終わったらね」と先延ばしにされることがよくあります。いっぱい我慢もしています。

君の夢は何?」と問いかけることで、子どもたちにワクワクしたりドキドキしたり、弾む心を届けたい。夢をかなえる素晴らしさを知ってほしい。そして、さらに大きな夢に向かって命を輝かせてほしいと願い、活動をしております。

たくさんの皆様のお力添えのもと、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンの活動は30周年を迎えます。温かくご支援くださっております皆さまへ、30年分のありがとうの気持ちが伝わりますように。
沢山の方々に夢をかなえる素晴らしさや夢の輝きを感じていただけるような、子どもたちのとびきりの笑顔がたくさん詰まった冊子をお届けできますように。
どうかプロフェクトへのお力添えを、よろしくお願いいたします!

<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>
■特定商取引法に関する記載
販売事業者名:公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン
代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:鈴木朋子
事業者の住所/所在地:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
事業者の電話番号:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2022/01/01 09:30

    皆さま明けましておめでとうございます。新しい一年が希望に満ちた素晴らしい年となりますように、心からお祈りいたします。2019年に「飛行機の操縦がしたい!」という夢をかなえた聖樹くん。当時のウィッシュへの想いと共に、今、聖樹くんが目指している夢について綴ってくださいました。(聖樹くんのウィッシュ...

  • 2021/12/30 09:00

    皆さまこんにちは。2021年最後のウィッシュ、3歳の女の子の「お菓子屋さんごっこをしたい」という可愛い夢がかないました。今年1月から数えて119番目。1992年12月の設立以来、3671番目の夢実現となります。今年も残すところ、あと2日。昨年からのコロナ禍が未だ収まらず、子どもたちの夢を思うよ...

  • 2021/12/25 09:00

    皆様、こんにちは。このプロジェクトを開始してから約2週間。既に多くの皆様からご支援をいただいております。ほんとうにありがとうございます。メイク・ア・ウィッシュ一同、心より御礼申し上げます。今日はクリスマス。メイク・ア・ウィッシュでは、先週から今週にかけて、夢の実現を待っている子どもたちへ、クリ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください