京都から実家の鹿児島に通い、末期ガンのお祖父ちゃんと高齢の両親に、家族孝行するための資金を集めたいです。

プロジェクト本文

 ▼はじめにご挨拶

初めまして。

京都で独り暮らしをしている27歳歯科助手です。

▼このプロジェクトで実現したいこと

鹿児島の実家に住む末期の胃ガンの祖父に会いに鹿児島へ通うための資金を集めたい。

還暦を迎える両親にも親孝行したい。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

祖父の胃ガンが進行し、病院でももうできることがなく、抗がん剤治療も中断、今は自宅で最後の時間を過ごしています。

私は今まで祖父が大嫌いでした。

色々なトラブルで家族に迷惑をかけてきて、短気ですぐ怒鳴り散らして、

子供の頃からそんな祖父を見てきたので、ずっとずっと、祖父のことが大嫌いで、居なくなってしまえばいいのにと思っていました。

 

2年前から仕事のため京都に出てきて、実家には年に2、3回帰るのみとなりました。

 

この前久しぶりに実家に帰ると、別人のように弱り痩せ細った祖父がいました。

気も弱くなり、今までの覇気はなくなり、自分の人生に対してももう、希望を抱いていないようでした。

 

唯一気がかりなことがあると一言、一言、一生懸命に伝えてくれたのは、

孫である私がとても心配だということ、

自分が居なくなった後、見守ることができないということに対しての悔いでした。

 

私は祖父が大嫌いでした。

 

でも今は、怒りも、恨みもありません。

 

ただ残りの時間を、できるだけ多く一緒に過ごしてあげたいという思いだけです。

 

しかし私には今、実は200万円の借金があります。

原因は本当に自分の金銭の管理不足、

去年精神的に苦しい出来事があり、その間に無茶なお金の使い方をし、クレジットカードのローンがこの額になってしまいました。

 

少しずつ返済し続けているのですが利息が膨らむばかりで中々額が減らず、最近副業でアルバイトを増やして働いています。

 

お金と時間がなく、でも鹿児島に帰りたい。

お祖父ちゃんにも、今まで苦労をかけてきた、もうすぐ還暦を迎える両親にも、家族孝行したいという気持ちが本当にあります。

通うとまでは行かずとも、休みの度に少しでも鹿児島に帰れたら。

借金の返済のことを考えるあまりどちらも優先しきれない現状で、お祖父ちゃんの先が長くないことも目に見えているあまり、気が焦っています。

 

借金は完全に自己責任で、そこから生じるお金不足に助けを乞うことは甘えであることは分かっています。

ですが少しでも、ご理解頂ける部分がございましたら、ご協力していただけるととても嬉しいです。

▼資金の使い道

・鹿児島の実家と京都の間の交通費

・家族孝行のための資金(親の還暦のお祝い)

▼リターンについて

お礼のお手紙と、鹿児島のおみやげを送らせて頂きます。

▼最後に

宜しくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください