もう、使い捨てはやめませんか? 使用期限の短い商品や消耗して補充が必要な消臭グッズから、地球環境に優しいものに変えてみるのはいかがでしょうか。新しく開発された新素材は非常に長期間使えて、臭いをとる力も強力なうえ、手間もかからず便利です。さらに、小さな密閉空間であれば靴以外の用途にも使えます。今回は3種類のご提供品をご用意しておりますので、ぜひご紹介させてください。
■ご提供品のご紹介

今回、ご提供するDaShoes(だっしゅーず)は3種類で、フリーサイズのプレーンタイプとお子様用にかわいいアニマルタイプの Cat と Rabbit です。どれも新素材の脱臭フィルターを使用しており、その脱臭力は従来の活性炭を超えており、脱臭力が落ちてきたと感じたら、それを簡単に復元させることもできます。すなわち短期間で買い替える必要がなく、スプレーのように補給の必要もありません。長期にわたり使用できるので、エコなだけでなくとても経済的です。制菌、調湿作用もあるので、使用後はカラッとした感触なのも特徴です。

◆DaShoes プレーンタイプ

プレーンタイプは表面の布地自体にも制菌、調湿作用があり、中の脱臭フィルターと合わせてダブルの効が得られます。また、巻き方をかえることで、子供用から大人の男性までフリーサイズなので、家族で使いまわすことも可能です。さらに、本体にQRコードがついているので、説明書やパッケージをなくしても、脱臭力の復元方法や取扱いの説明を簡単に見ることができ便利です。使い方は、夜、帰宅した時に本品を靴の中に入れ、朝出かける時に取り出してください。取り出した本品は、別の靴に入れておくとついでに脱臭できます。靴への入れ方は、湿気や臭いが溜まりやすい指の辺りに本品が触れるようにすると効果的です。靴内部に本品が接しているのが最適ですが、空気が停滞している狭い靴の中では必ずしも接していなくても脱臭効果はあります。


◆DaShoes アニマルタイプ

アニマルタイプは Cat と Rabbit の2種類です。両方とも尻尾が靴の外に出て、まるで動物が靴の中に入っているようなお子様向けのタイプです。体の長さが両タイプとも約13cmなので、靴のサイズはおおよそ15cm以上の靴となりますが、靴の形によっては14.5cmでも写真のように入る場合もあります。少し弾力はあるので、つま先にも少し押す感じで入れることができます。女性用の靴でも臭いがつきやすいつま先の部分に押し込んで使うこともできます。湿気や臭いが溜まりやすい指の辺りに本品が触れるようにすると効果的ですが、空気が停滞している狭い靴の中では必ずしも接していなくても脱臭効果はあります。Cat は尻尾の形を変えることができますし、Rabbit も耳の部分を外に出せば、SNS映えさせたい方にはピッタリです。ぜひ、拡散してください。


■ご家庭の玄関以外でも次のような場合に便利です。

◆靴も制服の皆さんへ(看護師さん、C Aさん、コンパニオンさん 他)

ロッカーの中の制服の靴にいかがでしょうか。勤務中は私服の靴に入れておくと、ついでに脱臭できて便利です。

◆ゴルフシューズに

本品をゴルフシューズに入れっぱなしにしておくと、コロナ禍で長期プレーできなくてもカビなどの心配が減ります。プレーの間は履いてきた靴に入れて、ついでに脱臭してください。

◆季節外れの靴を箱にしまう時に

本品を靴に入れて箱にしまうと、箱内のカビ等の防止になリます。(ただし、防カビ対策せずに箱にしまっておいた靴の場合は、すでに靴の外側にもカビ臭が付着しているため、後から靴の中に本品を入れても効果はあまり期待できません。)

◆靴以外では旅行中の洗濯物にも

 旅行中の洗濯物を家で袋から取り出すときに鼻をつく臭いがしませんか? 特に、自分で洗濯をしないみなさん!あなたの出張や旅行帰りの洗濯物の袋の中は強烈な臭いなんです。それを袋から出して、分類して、洗ってくれる人のことも考えてあげてください!旅行中、洗濯物の袋に一緒に本品を入れておくと、悪臭が減りますので袋から取り出す辛さも軽減します。ぜひ、自分で洗濯する人も、しない人も試してみてください。(大きな袋にたくさんの洗濯物が入っている場合はDaShoes数も増やす必要があります)

■新素材の名はグラウフィルター

この新素材は脱臭剤としてよく使われる活性炭やゼオライトよりも脱臭力があり、もし脱臭力が低下しても、水に浸すだけで簡単に脱臭力を復元できます。活性炭も脱臭力を復元できますが、高温熱分解が必要ですので、復元するより買い替えが一般的です。またスプレーのように無くなるたびに補充をする必要もありませんので、環境に優しくとても経済的です。このグラウフィルターは大手自動車メーカーの内装や全国公的機関のマスクなどにも採用されており、信頼性の高いものです。

「一般財団法人 ボウケン品質評価機構」での試験結果です。赤線で示しているグラフフィルターが活性炭(青)やゼオライト(緑)より各項目でほぼ最も早く脱臭しているのがお分かりいただけると思います。ただし、最適な環境の実験室で、グラフフィルターもカバーに包まれていない状態ですので、実際にご使用時の脱臭時間とは異なります。


■脱臭効果の復元方法

脱臭効果が落ちてきたと感じたら、復元は水に浸して乾かすだけです。復元の頻度は使用状況によって全く違います。何年も復元しなくてもいい場合もありますし、非常に強い悪臭にさらされ続ければ、数週間というのもあるようですが、足の悪臭だけではそれほど頻繁に復元処理をする必要ないことがほとんどです。復元方法は商品についているQ Rコードからもご覧いただけます。

■DaShoes誕生まで

新素材であるグラウフィルターを開発したのが、ベンチャー企業の(株)博有です。ベンチャーというと若手社長がガンガンやっているイメージですが、大手企業を退職後に技術者が立ち上げた社員数6名の小さな会社で、社長は優しそうなおじいちゃまです。長年培った技術をもとに、グラウフィルターを開発、その効果は日本を代表する超大手企業や公的機関にも採用され、BtoBビジネスでは大成功している会社です。今回は、その技術で一般の小売へ進出です。その商品企画、デザインを任されたのが近畿大学(福岡キャンパス)産業理工学部 建築・デザイン学科の 鶴野研究室 です。私はそこで教授をしております鶴野と申します。建築・デザイン学科というと建築のデザインだけをやっていると思われがちですが、実際には建築の構造から一般のデザインに至るまで幅広い教育を行なっております。その中でデザインや商品開発に興味のある有志の学生を募り、臭いに関することも勉強しながら、市場調査から企画、開発に至るまで、消費者の気持ちになってやってきました。コロナ禍も影響して商品開発に時間を要したことで、すでに卒業した学生達もいますが、後輩たちが引き継ぎ、やっとクラウドファンティングにまで漕ぎ着けました。ここに至るまでにご協力いただきました関係者の皆様には心より御礼申上げます。また、卒業生の是石さん、秋月君、市川君に感謝の意を表します。

また、学生達にとっては実社会での社会経験となる重要な機会です。すでに全員4年生ですので、このクラウドファンディングを成功させて、大学生活に良い思い出を残して卒業してもらえればと願っております。ぜひ皆様のご支援をよろしくお願いいたします。


■これまでの取り組みや作業風景など

◆参加学生のコメント

四井:Rabbitタイプのパッケージデザインを担当しました。このタイプはピンク色で可愛いデザインとなっているので、パッケージにもピンク色を使用し、うさぎのモチーフを散りばめ、一目で可愛さが伝わるようにデザインしました。今回のクラウドファンディングに至るまで何度も何度も試行錯誤を行ってきたので、絶対にこのファンドを成功させたいです。

生島:プレーンタイプのクラウドファンド用に使用する簡易パッケージを担当しました。パッケージデザイン案の画像でいうと右下に掲載されているものです。パッケージ案の画像には卒業された秋月先輩や4年生の神戸君の提案も含まれています。私が担当した簡易パッケージのデザインは、色を青系統でまとめ脱臭剤の爽やかさを表現し、帯幅、文字やイラストの大きさ、余白の間隔など細部までこだわったデザインとなっています。

藤田:Catタイプのパッケージデザインを担当しました。このタイプの特徴である、ねこのしっぽを活かし「ハート型」で可愛らしさを表現し、本体が落ち着いた色味なので、パッケージも少し大人っぽいイメージで黒色にしました。今回のプロジェクトにあたり、集まることが厳しい中でも全員で必死になって制作を重ねてきました。またこれまでプロジェクトに関わってきた先輩方を含め、思いの詰まった商品になっています。

■リターンについて

このファンドでのご提供品は、少量生産では単価が高くなりますので、その対策として、ご提供品の製造を学生達自身で行うことを条件に、学生にクラウドファンディングの参加の希望を聞き、現在は3名が参加しています。縫製、パッケージ制作などは学生達が無償で行いますので、本来製造工程として必要な外部委託の縫製料やパッケージ印刷代はかかっておりません。つまり原材料費+諸経費+送料でのご提供となります。

プレーンタイプ ¥2,400    アニマルタイプ Rabbit  ¥2,400  Cat  ¥2,800          

製品の仕上がりについては実際の商品に劣ることは決してございません。また、本プロジェクトは大学の教育・研究の一貫ですので、製品送付後のアンケート調査にはご協力をお願いいたします。このファンドが好評であれば(株)博有から商品として販売されます。


■商品開発中、よもやま裏話

◆「消臭」と「脱臭」は違う? 

このページ上では、一般的な「消臭」ではなく、「脱臭」という言葉を使っています。私も最初は「消臭」と「脱臭」の違いがわかりませんでした。(株)博有の技術者の方によると「消臭」は臭いを化学的に分解することで、「脱臭」は臭いを物理的に吸着するものとのことです。結局はどっちも臭いが取れるということでは同じですが、グラウフィルターは「脱臭」なのだそうで、ここのページでは「脱臭」という言葉に統一しました。

◆え? 臭いに鈍感な人の方が、くさいと感じる?

新たな試作品を作成する度に、学生、教員ともに家にもち帰り、それらに効果があるかどうかを家の靴で試していました。その中で、人によって視力に差があるように、嗅覚にもかなりの差があることがわかってきました。試作品を使っても臭いが取れない靴があるというので、(株)博有の方に臭気計で計測をしてもらいました。するとその靴は人の感じる悪臭レベルにはないらしく、他の人達にもその靴の臭いを嗅いでもらいましたが、足の悪臭ではなく靴そのもののにおいのようなのです。(株)博有の社長さんも「足の臭いと靴のにおいが区別できない人は結構な割合でいますよ」とおっしゃっていました。ちなみに脱臭はなんでもかんでもにおいをとると思われている人もいるようですが、実際のところ、悪臭はとるそうですが、靴の革のにおいや香水のような良い香りなどは取らないそうです。

◆もう2年以上前のことです。

私が初めて(株)博有の会社の方々とお会いした時、サンプルのグラウフィルターの端材をいただきました。茶色で硬めのスポンジみたいな感じで、50cmぐらいの棒状でした。この切れ端で本当に臭いがとれるのかな〜、と半信半疑、これまで学内で履いていたサンダルに時々かけていた消臭スプレーを一切やめて、サンダルを使い終わったら、グラウフィルターの端材を丸めて突っ込んでおくことにしました。1ヶ月経ってもサンダルは無臭で、スプレーをかけていた時よりも、カラッとして爽やかな感じでした。結局、半年経っても、1年経っても全く臭いは感じませんでした。その間一度も脱臭力の復元はしていません。スプレーみたいになくなるのを気にしないでいいので、楽だなと感じました。

また、その当時の学生にグラウフィルターの端材を渡したところ、その見た目から、「えーっ、こんなんで本当に臭い取れるんですかぁー」とものすごく怪訝な顔をされたのを覚えています。しかし、次の日には「ブーツに入れてみたら、モワッとする嫌な感じが全くなくなりましたぁー、これ良いかもぉ。」と笑顔で語っていました。


■特定商取引法に関する記載

   ●販売事業者名:「請求があり次第提供いたしますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください」
 ●事業者の住所/所在地:「請求があり次第提供いたしますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください」
 ●事業者の電話番号:「請求があり次第提供いたしますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください」
 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:なし
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください