はじめまして
X01Project です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

男女の型にはまらない存在の認知を広げるためのプロジェクトです。


ドキュメンタリー「All Gender」

もくじ

1.Xジェンダーとは

2.Xジェンダーの今とこれから

3.プロジェクトオーナー挨拶

4.プロジェクトの概要

5.出演者

6.支援プランとリターン

7.実施スケジュール

8.最後に





男女のみの感覚とは異なるXジェンダーを構成する要素として、性自認が全く男女とは別であったり、男女の中でも揺れ動く自認を持つ人もいます。

名称においても日本では「Xジェンダー」と呼ばれることが多いですが、海外ではクィア、ノンバイナリー、アンドロジナスなど様々な呼称があり、当事者の感覚が人それぞれ違うことがうかがえるかと思います。

一見複雑に見えるXジェンダーですが、一貫して共通していることは「従来の男女の型にはまらない存在」ということです。

また、本プロジェクトでは「男女の型にはまらない」としていますが男女の在り方を定義するものではなく、男女の自認を否定するものではありません。

 



XジェンダーとLGBTQ

LGBTQやSOGIEという言葉とXジェンダーは何が違うのか疑問に思う方もいるかと思います。LGBTQやSOGIEという言葉には大きく「性自認(自分の性別)」と「性的指向(好きになる対象)」について言及されておりより大きな枠組みとして認識されています。

ところが社会的にLGBTQと聞くと主に同性婚や性適合手術を求めるトランスジェンダーの話題が取り上げられることが多いため、あくまでも男女二元論の世界を前提としていることがほとんどであり、男女以外の存在にまで触れられることがなかなかありません。今回の企画はその枠組みの中でもさらにマイノリティである男女以外の存在について可視化していくことに社会的意義があると確信しています。







Xジェンダーの割合


日本における全人口が2021年現在で約1億266万人[※1]

×

8.9%(日本人口に対するセクシュアルマイノリティの割合[※2])

×

9.9%(セクシュアルマイノリティに対するXジェンダーの割合[※3])

約100万人と推測されます。

これは日本の10都道府県の各人口[※1]を上回る数字です。


※1出典:総務省『住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数 (令和3年1月1日現在)』

※2出典:電通『LGBTQ+調査2020』

※3出典:宝塚大学『LGBT当事者の意識調査~いじめ問題と職場環境等の課題~』



以上の調査から実は男女以外の性別を自認している人は決して少なくなく、今まで声を挙げる人がいなかっただけなのです。




Xジェンダーと世間のギャップ

では実際に、Xジェンダーの当事者が世の中でどのような悩みを抱えている可能性があるのでしょうか。全ての人に当てはまるわけではありませんが、当事者の中で良く取り上げられる悩みを上げてみました。


「らしさ」の押し付け

男らしい、女らしいと一度は言われたり聞いたり、言ったことがある方もいるのではないでしょうか。そういった言葉は当事者にとって自身の「らしさ」とずれていたり、「らしさ」の定義をされたくない人もいます。幼少期から自身の在り方に悩み自身を欠陥品と感じ、自己否定をしたり最悪の場合は自傷、自殺につながることもあります。


身体違和

人によっては身体に違和を持っており、性適合手術を望む人もいます。そういった人はジェンダーを有徴化する身体部位によってジェンダーを決められてしまうということに違和感や苦悩を抱きやすくなることがあります。


制服問題

学生をはじめ、スーツや企業の制服などが性別分けされていると自身の姿にそぐわず抵抗を感じることがあります。これはよく「自由な格好をしたい、おしゃれ奇抜になりたい」と勘違いされることがありますが、単純に男女の服はこうあるべきというステレオタイプに押し付けられることに抵抗を感じていることがあります。


トイレ問題

どちらでもないと自認している人にとって、男女どちらかのトイレに入ることは自分が本来入ることを許されていないと感じていたり、違和感がある場合があります。そういった場合多目的トイレを探すことが多く、本来想定されていない存在として後ろめたさを感じる人たちもいます。


民間や行政の制度・教育における男女二元論の前提

我々は、社会の中で男女のどちらかに見られているという前提に抵抗があります。また、「戸籍上の性別」を優先的に考えられることにも違和感があります。もしあなたが生まれた時代に、男女とその他という戸籍登録が可能だとすれば、どちらにも当てはまらないときいて不思議に思わないはずです。



共生できる未来づくり

X01では変化は3段階で行われるものだと考えています。

フェーズ1「認知」

まずその存在をほぼすべての人に知っていただく必要があります。これは知識やロジックを学んでもらうのではなく、あくまで聞きおぼえがある程度で良く、少しずつ馴染みあるものにしていく必要があります。


フェーズ2「社会影響の少ない部分改革」

大きくシステムを変えてしまうと多くの混乱が生じてしまうので、小さな変革を起こします。民間や地域の行政の裁量の範囲でアンケートや会員登録、申請書類の項目から男女の欄を廃止もしくはその他を追加することや、制服の廃止、再考案、性差に対する意識改革を行います。性別に限らず他人の在り方に土足で踏み込まないために、「らしさ」は共通概念ではないということが次世代の考え方であることを認識する必要があります。逆に言えば我々当事者以外にとっての「らしさ」も尊重しなければいけません。重要なのはそれを人に押し付けないこと。同性も異性も自身のらしさを個々で理解し、他人とは違う感性を持っていることを「自他尊重」しなければ成り立ちません


フェーズ3「社会制度の改革」

戸籍制度の男女の欄を廃止、もしくはその他の選択肢を追加。婚姻届けの  夫婦表記の廃止、学校教育における性の多様化を尊重した仕組みづくり、講習などをしていくことで文化形成に変革をもたらす必要があります。


対象を特別化する制度ではなく、どのような人に対しても包括的に対応できるシステム作りを行う必要があります。キーワードは「オールジェンダー」であること。


そのすべての前提にまず認知を広めなければいけません。

 



れい / Ray Hung

男でも女でもないXジェンダー(ノンバイナリー)。香港人の母と日本人の父の間に生まれ、幼少期から海外で過ごし国際的な文化圏で育つ。物心ついたころから性違和を感じるも答えが見つからず、20代に入ってどちらでもないという概念にたどり着く。

普段はモデルやインフルエンサーとして活動しているが、自他尊重をコンセプトにした「れいパ」という招待制の交流会を東京、大阪、福岡で行っている。イベントを通して地方ほどXジェンダーのコミュニティ形成がほとんどされていないという現実を肌で感じ、東京から鹿児島まで徒歩で縦断。SNSを活用し、Xジェンダー当事者ではなく一人の人間として企画することでイベントよりも会いやすい環境を作ることを目的にし、53日間でのべ200人以上と出会い話を聞くことに成功。

その企画の中で、Xジェンダーの認知が広まれば生きやすくなるが自分が声を挙げることに抵抗がある人や、自身の在り方をうまく説明できない人がいるという事実を再認識。様々な悩みを解消するにあたり、まずはロールモデルを作ることで認知を広げ、男女以外の存在がいることを知ってもらうことができないかと考えX01プロジェクトを立ち上げる。



今回の目標は「渋谷交差点のビジョンでPVを放送」することです。


PVは既に完成しており、あとは映像を放送する手立てを整えるだけです。

クラウドファンディングよりも早くPVを作った理由として、ただでさえ認知度が低いXジェンダーについて、作り上げたいものを企画書のイメージだけでは説得力に欠けていると感じたためです。

そのため、本気で認知を広げる気があることをより多くの人に感じていただくためにPVとドキュメンタリーを事前に制作致しました。

映像にはプロジェクトに対して共感していただける数々のプロスタッフにご協力をいただき、様々な思いがこもっています。

映像制作の時点で諸費用かかっておりますが、ビジョン掲載を目指すことでさらに費用が掛かって参ります。ここからは皆様のご支援とご期待が何よりの推進力になります。

大型ビジョンでの放映に際しては、TV・ラジオ・新聞・雑誌・WEB・SNSを含む全てのメディア等への事前告知及び放映中の告知は、危険防止及び通行者の安全確保の観点等から固く禁じられているため事前の告知はできませんがご了承ください。


目標金額は100万円とし、全額映像掲載と製作費に充てさせていただきます。

・ビジョンへ掲載する費用

・映像構築活動にかかった諸費用

・リターン品準備・発送費用

・プロモーション費用

・クラウドファンディング手数料


目標金額以上のご支援をいただけた際はプロジェクト携わった各スタッフへの還元と、次のステップとして渋谷以外の各地域でのビジョン放送を目指す選択肢が増えていきます。

またストレッチゴールとして動画の続編メイキング映像の制作などをすることで、より制作の熱意に対して理解を深めることができる作品を公開することが可能になります。






リターン

2,000円【学生プラン】
※お申し込み後、メールにて学生証の確認をさせていただきます。
・感謝のメッセージ動画
・学生向けのメッセージ動画

今たくさんの悩みを抱えて学生時代を乗り越えているあなたへ。
同じようにもがきながら10代を乗り越えてきたからこそ伝えたいことがあります。


3,000円【ライトプラン】
・感謝のメッセージ動画
・X01オリジナルステッカー

ライトに応援したい方にお勧めのプランです。

5,000円【スタンダードプラン】
・オリジナル今治ハンドタオル
・メンバーのブロマイド
・感謝のメッセージ動画
・オリジナルステッカー

X01はいつでもあなた自身を思い出すシンボルでありたい。
そんな想いを込めてご時世に合わせてハンカチを用意いたしました。

15,000円【ゴールドプラン】
・X01オリジナルステンレスボトル
・今治ハンドタオル
・ブロマイド
・感謝のメッセージ動画
・オリジナルステッカー

水分補給と共に、あなたらしさも補給できるようなステンレスボトルいかがでしょうか。
水を飲んでボトルのロゴを撫でれば心もほっと一息つけるかもしれません。


20,000円【お好きなメンバーから動画が送られるプラン】
※備考欄にご相談・質問とどのメンバーに答えてほしいか記載ください。
 内容はあくまでも良識の範疇でご質問ください。
・あなたのご相談・質問にモデル一名がお答えする動画
・ブロマイド
・感謝のメッセージ動画
・オリジナルステッカー

私たちはあなたの悩みを直接解決することはできませんが、モデルの考えが何かの参考になるかもしれません。
あなたの悩みに喜んで寄り添います。

20,000円【5人限定!ひかりエステプラン】
・ひかりのクラウドファンディングオリジナルエステ施術プラン
・感謝のメッセージ動画
※クレンジング/洗顔/フェイシャルマッサージ/化粧水パック/デコルテマッサージ/乳液でお仕上げ/
ヘッドマッサージを含む特別プランをご用意しています。

出演者であるひかりの特別なエステプランをリターンにご用意いたしました。
心を労わることも大事ですが、体を労わることも大事です。

30,000円【プレミアムプラン】
・クラウドファンディング限定フォトアルバム
・X01オリジナルステンレスボトル
・今治ハンドタオル
・ブロマイド
・感謝のメッセージ動画
・オリジナルステッカー

本プロジェクトが提供する最上級のプランです。
全てのグッズに加え、クラウドファンディング限定のフォトアルバムで各モデルの魅力をさらに体感いただけます。
撮影現場で魅せるモデルたちの表情をお楽しみください。


~追加プラン~

20,000円【れいのモデルプラン】

・これまで数々のイメージモデルに起用され活躍してきた「れいれい」こと、れい/Ray Hungがあなたの商品、サービス、ブランドのモデルをいたします
・日時/内容/交通費等につき要相談で承っておりますので、備考欄にご要望をお書きください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
各プランは、感謝の動画メッセージ、ステッカー、学生応援動画、ステンレスボトル、今治ハンドタオル、プロマイド、フォトアルバム、好きなメンバーから送らせていただく相談動画、ひかりによるエステから構成されています。
詳しくはリターンのページをご参照ください。



10月26日  本編撮影(済)

11月16日  本編公開(済)

1月2日      クラウドファンディング開始

2月17日    クラウドファンディング終了

3月中    渋谷交差点のビジョンにて本編公開予定

作品を作ることは簡単です。

しかし、誰かに見てもらうことが一番難しいのです。

私は大勢の人の代弁をすることはできませんが少なくとも

自分、そして自分の周りで同じように悩んでいる人たちのために何かできることがしたい。

その思い一身でこのプロジェクトを進めてきました。

その思いに賛同してくれる優秀なプロスタッフのおかげで作品を形にすることはできましたが、

それをもっと大勢の人に見てもらうためには皆様の力が必要です。


皆様の力があれば、もっと多くの人の目に触れて自分を見つける人や再確認する人、
知らない世界と出会う人をもっともっと増やしていくことが可能になります。

Xジェンダーの認知活動のためにPVを渋谷交差点のビジョンで放送するようなことは前代未聞であり
我々の大きな一歩として確実に日本の歴史に残ります。

私はご支援いただける皆様と一緒にその「はじめの一歩」を踏み出したいのです。


どうか共生できる未来づくりを一緒に。





このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください