【PCR検査料金を100円に変更します!】
この度(株)BML様にご協力いただけることになり、PCR検査を100円のご負担で受けられるようにしました。検査ご希望の方はクリニックのH
Pをごらんください。
受付は12/29(水)までです。  https://shonan-clinic.net/


【緊急なお知らせ】
11/8に政府が無料のPCR検査を実施すると発表しました。
まだ詳細については不明ですが、これを受けて予定より早く11/22(月)から検査受付を開始、12/29まで募集させていただきます。検査期間は12/1~1/7(12/30~1/3はクリニックが休みのため除く)です。 


【(株)BML様にもご協力いただけることになりました!
PCR検査を委託している(株)BML様にもご賛同いただき、この度ご協力いただけることになりました。




はじめに                    

私たちは神奈川県鎌倉市で2013年に開業した『湘南おおふなクリニック』です。
当院は神奈川県指定の発熱者診療等医療機関として2020年5月より964名の検査を行い、144名の陽性者の診断をしました。第5波の際には入院できない自宅療養者に対する往診も実施していました。

■若い世代は高額な検査は受けられない。

 保健所で濃厚接触者と判断された方や新型コロナウィルス感染症の疑い症状のある方に対する病原体検査(PCR検査・抗原検査)は公費負担のため自己負担は僅かな額でした。

しかしながら、症状はないけれど感染が心配な方や、音楽活動、演劇活動、出張、帰省等のために検査を希望する方々に関しては、検査費用がすべて自費となるため、簡単には受けることができない検査でした。



■若い世代への支援が必要

当院では海外への出張目的や社内ルールでの検査希望者に対して自費検査も行っていましたが、実家に帰りたい、公演活動をしたい、友人に会いたいという若者にはとてもハードルが高い検査でした。発熱外来を受診し、行政検査での診療が可能とお伝えしたときに、中には眼を潤ませてしまう若者もいました。

一方で、コロナ禍で在宅勤務や外出自粛が長期化したことで、単身で暮らす若者が孤独を抱えていると報道されています。特に、大学や就職で地方から来たばかりで、友人も作れずアルバイトもできず、人とのつながりを絶たれているケースも少なくありません。
こうした若者たちに診療行為以外に実施可能なサポートはないだろうかと考えていました。

テレビ朝日『報道ステーション』 2021年8月19日放送より

■ワクチンを接種していても感染が心配

緊急事態宣言中に空港で行われていた無料PCR検査も9月30日で終了となり、観光地や帰省先で取り組んでいた無料PCR検査も継続されるかどうかわかりません。
また、ワクチンを接種していてもブレイクスルー感染への懸念もあり、県をまたぐ移動には不安を感じている方は多いと思います。



■ 発熱診療等指定医療機関が低額な自己負担で検査を提供

「大切な人に会いたい」コロナ禍の若者たちへ。
PCR検査を1,000円で受けられるプロジェクトを実施します。

年末年始にかけて「ふるさとに帰省したい」「成人式に参加したい」という若い世代を私たちと一緒に応援しませんか?
当院が行うPCR検査は、県指定の発熱外来と同様の手順で実施し、検査結果の考え方などについても医師の説明があります。陽性の場合には、保健所への報告が必要となり(2021年1現在)適切な診療を行います

【除外基準】37.5℃以上の発熱者・新型コロナウィルス感染症を疑わせる症状がある方



■実施内容について

・検査できる方は、 神奈川県内在住、在勤、在学で年齢は30歳未満までとします。
・期間中に検査できるのは1人1回までです。
・応募者多数の場合は抽選になります。

・実施人数は200人を予定しています。
・応募人数が200人に満たない場合は、ボランティ・文化活動をする方々にも運用していくことも
 検討する予定です。どうぞご理解ください。


■資金の使い道

---収入 ------------------------------------------

◆クラウドファンディング     220万円
◆負担金(1,000円×200人)    20万円
◆クリニック負担金        180万円

---支出------------------------------------------

◆PCR検査200人分の委託費    約400万円
◆クラウドファンディング手数料  約20万円

--------------------------------------------------

※検査委託料以外の事務手数料、人件費等はクリニックで負担致します。
※検査証明書の発行が必要な場合は、PDFの証明書を
 LINEまたはメールでお送りします(無料)。
 紙媒体をご希望の方は、別途1000円いただきます。
※目標金額に満たない場合はクリニックの負担で計画を実行し、
 必ずリターンをお届けします。


■ 実施スケジュール 

~2021年12月15日:クラウドファンディング実施期間
2021年12月中:支援お届け予定
2021年11月22日~12月29日:検査希望者をクリニックのホームページで募集 
           ※応募多数の場合は抽選になります。
2021年12月1日~2022年1月7日:対象者へのPCR検査実施

※感染状況により変更の可能性もあります。


▼検査を受ける方への注意事項として

・発熱外来と同様に検査はBMLhttp://www.bml.co.jp/)へ外部委託します。
・検査の際には保険証をご持参いただきます。
・検査結果は原則としてLINEにて報告いたします。
・PCR検査の結果はあくまで検査した時点でのものであり、
 たとえ陰性であっても感染していないとは断定できないため、
 陰性確認後も十分な感染対策をお願いします。
・検査証明書の発行が必要な場合は、PDFの証明書を
 LINEまたはメールでお送りします(無料)。
 紙媒体をご希望の方は、別途1000円いただきます。


▼ご支援いただく前にご確認ください。

・本プロジェクトへのご支援は、寄付控除の対象ではありません。
・10,000円以上ご支援いただいた方は、お名前を
 当院のウェブサイトに掲載させていただきます。
 (不要の場合は、不要と備考欄にご記入ください。)


■リターン内容

●5,000円以上のご支援をいただいた方には、
 クリニックからのお礼のメッセージをメールで送らせていただきます。
●10,000円以上のご支援をいただいた方には、
 お礼のメール+当クリニックのウェブサイトにお名前を掲載させていただきます。
●50,000円以上のご支援を頂いた方は、
 お礼のメール+当クリニックのウェブサイトにお名前を掲載
 +湘南の絵葉書セットを送らせていただきます。


■募集方式について

本プロジェクトはAll-in 方式で実施します。
目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。


●最後に


このクラウドファンディングにご興味をお持ちいただいた皆様、本当にありがとうございます。
当クリニックでは3年前より『予防接種で被災地支援』として、インフルエンザ予防接種1回につき3,000円を被災地小学校へ寄付してきました。

新型コロナウイルス感染症についても災害と捉え対応しながら、医療従事者として診療やワクチン接種だけではない社会貢献ができないかと考えてきました
今回、微力ながらも若い世代の応援ができることをとても嬉しく思っています。短い期間ですが、多くの皆様にご支援いただきますようよろしくお願い致します。


●お問い合わせ

本プロジェクトへのお問い合わせについては、下記メールアドレスよりご連絡ください。
※お電話でのお問い合わせはお控えくださいますようお願いします

【メール】odakars@jcom.home.ne.jp


●ご参考記事

当院の診療の様子について、桑畑健さん(一般社団法人 日本医療デザインセンター  代表理事)に取材していただいたこちらの記事をご覧ください。
訪問診療に同行して学んだ大切なこと

  • 2021/11/29 14:58

    早いもので募集終了まであと16日となりました。現在、60人を超える方々に125万円ものご支援をいただいています。ありがとうございます。様々なご意見もいただき、このような活動が良いのかどうか実は今でも悩んでいますが、こんなに多くの方に応援していただき本当に心強く感じています。11/22(月)から...

  • 2021/11/08 10:00

    公開6日間で、たくさんの方からの心温まるメッセージと48人もの方から100万円を超えるご支援をいただきました。本当にありがとうございます。心からお礼申し上げます。公開後の修正で大変申し訳ありませんが、「資金の使い道」について一部修正させていただきました。当初、PCR検査100人分で220万円の...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください