はじめに・ご挨拶

東京から2,000km南西に浮かぶ人口5万人の宮古島には、日本最南端の子どもたちのオーケストラ、宮古島市ジュニアオーケストラがあります。

宮古島市ジュニアオーケストラは、これまで乳幼児から大人まで、宮古島、石垣島、沖縄本島、東京、ドイツ、フランス、イタリアで のべ1万人以上の方にコンサートを届けてきました。


はじめまして、天野誠です。
私は生まれも育ちも東京、25年間東京を中心にバイオリニスト・指揮者として活動してきました。

沖縄本島から南西に300kmのところにある宮古島の美しい自然に感動し、2007年に妻と共に移住、ジュニアオーケストラを設立しました。かわいいこの島の子どもたちを「本物」に触れさせるために、 世界的な音楽家を招聘し、みやこじま青少年国際音楽祭を立ち上げました。

この度、コロナ禍であっても安心して楽しめるみやこじま青少年国際音楽祭を開催するためのご支援をお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

音楽は「聴く」だけではなく、人と人を「繋げる」コミュニケーション・ツールです。

子どもたちに弦の合奏の歓びを体感してもらいたい。
子どもたちに世界的な演奏家との共演で本物の素晴らしさを感じてもらいたい。
聴衆のみなさんに、客席でオンラインで、弦の合奏の響と歓びを味わってもらいたい。

今回の公演では、
クラシックの名曲だけでなく、宮古島の民謡も演奏します。
そして、ハンガリー国立放送管弦楽団コンサートマスターオラー・ヴィルモス氏や、
台湾を代表するチェロ奏者陳建安氏、
日本フィルハーモニー交響楽団ソロコンサートマスター木野雅之氏など
名だたる演奏家も応援出演してくださいます。
(海外からの出演者は、オンラインでの出演になる可能性があります)

Olah Vilmos ハンガリー国立放送管弦楽団コンサートマスター 

陳建安 台湾を代表するチェロ奏者

木野雅之 日本フィルハーモニー交響楽団ソロコンサートマスター 

みやこじま青少年国際音楽祭

宮古民謡やクラシックの名曲を、国内外の一流音楽家と宮古島を含む国内外の児童生徒が演奏する音楽祭です。感染防止対策を徹底します。

主催  みやこじま青少年国際音楽祭実行委員会

共催  宮古島市 

期日  2021年12月12日(日) 午後3時開演 

会場  マティダ市民劇場     

入場料 一般 2,000円 高校生以下無料(要整理券)

出演者 オラー・ヴィルモス(弦楽器王国ハンガリーを代表するヴァイオリニスト)
    陳建安(台湾を代表するチェロ奏者)
    木野雅之(日本フィルハーモニー交響楽団ソロコンサートマスター。東京音楽大学教授)
    宮古島市ジュニアオーケストラ 他


私たちが一番大切にしていた、“音楽でのコミュニケーション”を、
会場に来て生の音を楽しむ通常のコンサート、
映像配信をお家で楽しむオンラインコンサート、
どちらの参加方法でも選べるコンサートとして行います。

今回皆様からお寄せいただいた資金は、
みやこじま青少年国際音楽祭公演の費用として使用いたします。


プロジェクトをやろうと思った理由

美しい海に囲まれ穏やかな風が吹く癒しの島、宮古島。 

そんな宮古島でも、誰もが予想しなかったこの状況に、多くの人々が苦しみました。
そして、音楽公演は、軒並み中止・延期が続き、今も先が見えない状況です。
みやこじま青少年国際音楽祭も、 2020年始めから現在に至るまで、予定されていた多くのプログラムが中止・延期となりました。

漸く落ち着き始めてきましたが、普段音楽祭に協賛し支えてくださる島の産業は観光業を中心に大打撃を受けたままです。
皆が元気を取り戻すため、今こそ「音楽の力」が必要です。

今回の音楽祭のテーマは「祈りと絆」。

「今回の地球規模の災厄で被害を受けたすべての人々に祈りをささげること」からしか、
私たちの音楽祭をリスタートすることはできません。
私たちは、たまたま健康なまま今日を迎えることができました。
そして、再び音楽を合奏し絆を深めることができます。
客席でもお家でも気軽に楽しんでいただきたいです。



これまでの活動

宮古島市ジュニアオーケストラは、2007年創立、5才から20才までの団員40名で、島内だけでなく、ハイデルブルグ大学ホール(ドイツ)、マンハイム音楽学校ホール(ドイツ)、サンポール教会(フランス・ストラスブール)、聖マリア・マッドレナ寺院(イタリア・クレモナ)、聖ステファノ寺院(イタリア・フィレンツェ)、国立オリンピック記念青少年総合センター大ホール(東京)、沖縄平和祈念堂、沖縄県立芸術大学奏楽堂、那覇市パレット市民劇場、石垣市民会館などで、コンサートを開催するなど、沖縄本島や東京などで演奏会を開催してきました。

また、イヴリー・ギトリス、サラ・チャンをはじめとした世界的演奏家や、ドイツマンハイム青少年オーケストラやマレーシア青少年オーケストラなどを招いて交流演奏会を開催してきました。


小さな子どもたちも同じステージに上がってリハーサルを見学(2015年5月 宮古島マティダ市民劇場) 


マンハイム青少年管弦楽団と宮古島の子どもたちの合同演奏会(2015年8月宮古島市マティダ市民劇場)


マレーシア青少年オーケストラとタイと台湾の青少年オーケストラと宮古島市ジュニアオーケストラ(2017年5月 宮古島市マティダ市民劇場)

 サンポール寺院での日本総領事館主催による演奏会(フランス・ストラスブール)

聖マッドレーナ寺院での「クレモナの夏」音楽祭コンサートに出演(2019年7月・イタリア)

聖ステファノ寺院での「フィレンツェの夏音楽祭」コンサートに出演(2019年7月・イタリア)

宮古島市内小学校でのアウトリーチの模様


こちらもご覧ください

宮古島市ジュニアオーケストラの歩み

宮古島市ジュニアオーケストライタリア・フランス・ドイツ演奏旅行


資金の使い道

演奏家出演料

広報ビジュアル制作費

配信映像制作費

公演 会場使用料・附帯設備使用料

リハーサル会場費

クラウドファンディング手数料



リターンについて

1,000円 お礼のメール

3,000円 音楽祭動画配信アドレスと公式ホームページへのお名前掲載とお礼のメール 


7,000円 音楽祭オリジナルTシャツと音楽祭動画配信アドレスと公式ホームページへのお名前掲載


10,000円 音楽祭のDVDと音楽祭オリジナルTシャツと音楽祭動画配信アドレスと公式ホームページへのお名前掲載 


公式ホームページへのお名前掲載時にご希望のお名前を、必ず備考欄をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。

また、配信動画のエンドロールには、クラウドファンディングにご参加いただいた皆様のお名前を掲載させていただきます。ご了承ください。


公式ホームページはこちら


Tシャツのサイズをプルダウンメニューからお選びください。


DVDの著作権は宮古島市ジュニアオーケストラに帰属します。

copyrightc2019 Miyakojma City Junior Orchesta all rights reserved.


実施スケジュール

2021年11月末 クラウドファンディング終了

12月12日 みやこじま青少年国際音楽祭コンサート

2022年1月下旬 リターン発送開始(DVDは2月下旬に発送予定)


最後に

子どもたちに、ステージで、「素晴らしい宮古島に生まれ育った喜びや感動」を精一杯表現してもらいたいのです。強い心を育てるために、自分たちの出自に誇りと自信をもつことが必要だと思うからです。そしてそれがこの島の未来を担う次世代の人材を育てることにつながると思うのです。

ご協力よろしくお願い申し上げます。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください