現役小児科医が手がけた、子育てするパパのためのバックパック。職人の手によって作られたバックパックは素材・機能・縫製すべてにこだわりがつまっています。

女性小児科医でBANDU PLUSの代表であるプロジェクト主催者の井手初穂は、小児科医として延べ10万組以上の親子をみてきました。

臨床の場面で子育てをがんばるパパが、年々増加していることを実感。
パパが保育園の送迎をすることも増えてきました。

でも、パパが子どものモノを持ち運びするのはマザーズバッグ。いつもはママが使っている花柄やキルティングのいかにも女性用なのです。公共の乗り物に乗って赤ちゃんを連れて行くときにもマザーズバッグ。もっとスタイリッシュでミニマルな、ビジネスバッグと兼用できるようなパパバッグがあったら良いのにと思っていました。

まずはビジネスバッグとして使い始め、自然な形でその中に子どものモノを入れておでかけできるバックパックが作りたいと思うようになりました。

品質が良くてビジネスのものと子育てに必要なモノが同居できて、ずっと使い続けられるバッグを、地元愛知県日進市で開発し、お隣名古屋市の縫製会社の協力を得て作りました

日本のカバン職人により、工場のラインを使わずにひとつひとつ手作りしています。複雑な構造のバッグパックは、そのような作り方だからこそ実現できました。


医師である井手は、コロナ禍で小児科医としての業務が増え、ワクチン業務もあったためこの1年間医師としての仕事が多忙でしたが、やっとワクチン業務も一段落。ベビサポバッグ販売に集中できるようになり、今回の企画が実現しました。

このバッグが最初に完成したのは2020年4月。奇しくもコロナ禍の始まりで最初の緊急事態宣言が発令したときでした。イベントがことごとく中止になり、販売ルートを確保できなくなり、倉庫でその出番を待っていたバックパック達は、いま、ようやく必要な人のところに旅立つことができます。

井手のこだわりは、日本製。日本のかばん職人による手作りは、背負いやすく安心感があります。素材にもこだわり、仕事を頑張り、子育ても頑張るパパたちが主役のバックパック

1年間の補償もついており、制作した日本の職人が修理してくれます

日本の職人の手作業でしか実現できない、複雑な構造

見た目はミニマルでビジネスの場面で使うビジネスバッグ。

でもその中に、哺乳瓶や水筒を入れ、独立したポケットに汚れたオムツもしまうことができる。外側には抱っこするときに脱がせた靴をぶら下げられたり、電車やバスの中でぐずったときにあやすおもちゃがすぐ取れる位置につけられたり、子どもを出勤途中に保育園に送り届けるパパの救世主的バックパックです。


内容例(例のため、これらのものは商品には付随しません)
左から MacBookAir13インチ、A4ファイル、ベン2本、手帳、折り畳み傘、哺乳瓶、スティックミルク、ウェットティッシュ、着替え袋(肌着2枚・ハンドタオル2枚・カバーオール2枚)、名刺入れ、スマホ交通系IC・社員証ケース、子ども関連(母子手帳・保険証・子ども医療費受給者証・お手帳)、オムツ交換用シート(オムツ5枚・オムツゴミ袋3枚・おしりふき)、ぬいぐるみ

27Lの大容量には、仕事道具から子どものグッズまでたっぷり収納することができます。

このベビサポバッグ一つにすべてが納まるので、常に両手が空いた状態でお子さんと手をつないだり抱っこをすることができます。


2気室14ポケットの大小さまざまなタイプのポケットがあるので、バックパックの中でモノが迷子になる心配もありません。



お買い上げくださった方の感想に、背中への絶妙なフィット感とチェストベルトがなくても肩ベルトがずり落ちないという嬉しい声があります。チェストベルトは抱っこ紐の同時使用を考え、あえてつけていません。

また、背中のメッシュの通気性の良さは抜群です。蒸し暑い日でも、背側は蒸れません。


□素材
表:コーデュラナイロン100%(インビスタ社 普通のナイロンの7倍の強度)
裏:ナイロン100%(裏側にウレタンコートしてあります)
パソコン用気室内蔵クッション:ポリエチレン発泡フォーム
ファスナー:樹脂製コイルファスナー裏使い
テープ:ナイロン100%

□サイズ
(縦)約45cm×(幅)約31cm ×(奥行)約18cm

□容量
27L

□重量
約718g

□構造
2気室14ポケット

□色
黒、グレー、ベージュ、カーキ
※写真と実際の色味はディスプレイや写真撮影環境により違って見える場合があります

□開発・生産国
日本

□サービス
制作した日本の職人自らが修理します(購入後1年は無料で修理)
1年経過後は有料にて修理可能(破損部分の写真で見積作成可)

□一般販売価格
23,650円(税込・送料無料)
※一般販売価格の変更予定は現時点ではございません。2023年以降、材料費・縫製費などの変動に応じて価格が変動する可能性はございますので、ご了承ください。

<ベビサポはBANDU PLUSの商標登録です>

 


タイ モン族の青年アーモン がプロデュースしています。
昔ながらのモン族のパターンに新しい風を吹き込みました。

使用されている布は、モン族に伝わる古典柄や近代的な柄とバラエティに富んでいます。

男性にも女性にも人気のユニセックスの商品です。
自転車に乗る時、子どもとのお出かけ、犬の散歩、海外旅行、スーパーの買い物など、いろいろな場面で便利に使えます。

大きなメインポケットには長財布が入り、背面ポケットにはパスポートと搭乗券がピッタリ入ります。2つの前面ポケットには、ハンカチ、カギ、交通系ICカード、スマートフォン(写真はiPhone X)、ポケトーク、のど飴、マスクなど、すぐに取り出したい物が入れられます。

ペビサポバッグとコーディネートするのもおしゃれです。

表布にも裏布にも良質なコットンが、表布の裏には更に布の裏打ちがされています。

今回は中でも人気の4パターンをご用意しました。

□素材・サイズ
素材:コットン・YKKファスナー
サイズ(外寸):(縦)約21cm×(幅)約37cm×(最大奥行き)10cm

□仕様
ダブルファスナー
前面2ポケット(ファスナー付)
メインポケット(内部に大小ポケット各1個)
背面ポケット(ファスナー付)

※写真と実際の色味はディスプレイや写真撮影環境により違って見える場合があります
※柄の見え方は写真と異なります

大のコーヒー好きである井手は、同じくコーヒー好きが高じて開店した焙煎屋と意気投合し一緒にフェアトレードコーヒーを販売することになりました。

その中で今回お届けするのは東ティモール産フェアトレードコーヒー
コーヒー豆は糖分を多く蓄えており質の良い安定した甘味酸味が特徴。ブルー・マウンテンに近い風味と言われています。

フェアトレードコーヒーとして有名な東ティモール産コーヒー。NGOピースウィンズ・ジャパンが支援するレテフォホの有機農産物認証を受けた生豆を使用しています。

※レテフォホについて
標高1500m前後の高地で、強い日差しと朝晩の寒暖差が大きく雨季と乾季がはっきり別れているためコーヒー栽培に最適。


□品名
レギュラーコーヒー(粉)

□原材料名
コーヒー豆(生豆生産国名:東ティモール)

□内容量
1個当たり10g(1杯分)

□保存方法
高温多湿を避けて冷暗所で保存してください

□使用上の注意
開封後はお早めにお召し上がりください

□賞味期限
窒素充填より約1年

□挽き方
中細挽き

□添加物表示:無

□アレルギー品目:無
※本品の焙煎設備ではアーモンドも取り扱っています

□仕様
1杯分ずつパッケージに入れてお届け

※コーヒーのパッケージは実際にお届けするものと写真は異なります

ポケットにはタイで作られたバティックプリント生地を使用。日常の薬の管理にも、通院にも便利!
処方されたお薬を持ち帰って、保存することができるミニエコバッグを小児科医である井手が考案しました。

ポケットには、お薬手帳や、各種受給証などを保管できます。
このバッグだけで、お薬に関するものをすべて保管して受診するときに持っていけば忘れ物なし。
残っている薬や、他のクリニックでの処方薬もわかるので、薬の確認と管理ができます。

他にもスポーツクラブ内で、スマホ、イヤホン、タオルや水筒を持ち歩くミニバッグにも重宝。ミニエコバッグとして、ハンドバッグの中に入れて置くと便利です。

今回のバッグはタイの工房で作られ、ポケットのバティックプリントは、布を切る部分により、全く同じ柄にはなりませんので、世界にひとつだけのバッグになります。


□素材・サイズ
素材:バッグ本体 綿ポリエステル混紡 ポケット 綿100%
本体部分:約29×31.5cm 
ポケット:約13×25cm(2個)

※ポケットの柄の見え方は生地の使用箇所により異なります。また、実際の色味はディスプレイや写真撮影環境により違って見える場合があります。



― 主催者 井手初穂の思い ―

アジアには、日本では想像もできない差別を受けている人たちがいます。

アジア保健研修所(AHI)の創設者である父・川原啓美を通じて、子どもの頃からそのことを知っていました。アジア保健研修所の働きを通じてそのような人たちと日本で関わっていましたが、2010年、父に同行して南インドのカースト制度に入れないダリットたちのための開拓村Deenabandu村を訪ね、はじめてその実際を目の当たりにしました。

Deenabandu村で高度な技術で作りあげる綺麗なクロスステッチは、卸し先をみつけられず、買い叩かれてしまいます。だんだん刺繍する人が減り、今にも滅びそうでした。その美しいクロスステッチが滅びてしまうのは嫌だと思い、買い取って販売したいと申し出たのがBANDU PLUSの仕事の始まりでした。
フェアトレードという言葉も説明しないと理解してもらえない頃でした。

SDGsの浸透で、フェアトレード、エシカルという言葉が浸透してきましたので、ようやくBANDU PLUSの働きが理解されるようになりました。2010年から始めたこの仕事も12年目になります。この間、アジアで素晴らしい手作り品や品物を見続けてきました。この、アジアの人々との関わりを通して、日本の職人たちの技とこだわりの素晴らしさ、ジャパンクオリティというものを再確認することになりました。アジアで一緒に働くパートナー達には、そのジャパンクオリティとこだわりを伝え、商品の質の向上に努めています。

この仕事を始めてからの10年は小児科医として親子を見続ける10年であり、女性の社会進出が当たり前になる中、男性の育児・家事への参画が普通になってきた10年でもありました。そんな中で、BANDU PLUS10周年を記念して、パパによる子育てを支援するためにベビサポバッグ-Business-(以下、ベビサポバッグ)を考案しました。
そして、ベビサポバッグの複雑な構造実現は日本の職人にしかできないことを確信して、日本で作り上げました。

しかし、ベビサポバッグが完成したのは2020年4月。ちょうどCOVID-19が世の中に蔓延し、初めての緊急事態宣言が発令された時期でした。こだわって高品質に仕上げたベビサポバッグでしたが、コロナ禍により販路が絶たれてしまいました。
BANDU PLUSの通販サイトと地元・愛知県日進市のふるさと納税の返礼品としてのお届けのみが中心となり、なかなか多くの方々にこの商品の魅力を届けることができずにいました。そんな中、使い始めて1年経ったユーザー様の声を聞き、購入したことを後悔させない自信が生まれ、クラウドファンディングで皆さまのお力をお借りしてベビサポバッグを世に広めたいと思いました。

日本人の職人たちは、自分の仕事に誇りを持っています。心を込めて作った品物のどこが壊れやすいのか知りたいので、ぜひ修理サービスをさせて欲しいと申し出てくれました。彼らは、BANDU PLUSのこだわりを見事なまでに実現しました。仕上がりは、予想以上の素晴らしさであると自信を持っております。

この日本のカバン職人が作ったこだわりのベビサポバッグを、世界で一番男性が家事育児をしている国スウェーデン出身の男性(日本在住)に購入していただきました。とても使い心地がよく、是非、スウェーデンでも売った方が良いと声をかけてくださいました。そのためには、海外向けの通販サイトの作成と広報のための資金作りが必要となります。

子育てエイジはもちろん、孫を持つシニア世代から子世代へのエールのためのギフトとして、子育てには関係ないけれど本当に背負い心地の良いバックパックが欲しい方、日本人の技をスウェーデンに広げることを応援したい方、BANDU PLUSの活動を支援しようとお考えの方。どうぞ、今回のクラウドファンディングで、お力をお貸しください。

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/04/30 12:00

    お待たせいたしました。【ボディバッグ + 東ティモール産フェアトレードコーヒー3個 + お礼の手紙】についても配送開始致しました。皆さま、お手元に届きましたら【色】に間違いがないかお手数ですがご確認いただけますよう、よろしくお願いします。今回の配送をもって全てのリターンのお届けが完了となります...

  • 2022/02/20 12:00

    リターン:【東ティモール産フェアトレードコーヒー15個 + ミニエコバッグ1個 + お礼の手紙】2022年3月発送予定分について、配送を開始いたします。2月中には皆様のお手元に届くかと思いますのでもう少々お待ちください♪2022年4月発送予定分につきましては、2022年3月発送予定分が終了し次...

  • 2022/02/07 08:00

    昨日をもって、プロジェクトが無事終了いたしました。ご支援・応援ありがとうございました!ベビサポバッグについては発送を開始しております。皆さま、お手元に届きましたら【色】に間違いがないか【1年間の保証書】がついているのかお手数ですがご確認いただけますよう、よろしくお願いします。その他のリターンに...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください