寄木で和柄な木の指輪 kigokoro.

初めまして。
長野県大町市で木の指輪(ベントウッドリング)の製作・販売を行なっているkigokoro.の小林です。
■木心:木理を考え、どの部位をどの用途に使うかを考える
□気心:関わってくれる方々と、気心の知れた仲になりたい
■切心:心を切り取って作品に込めたい

3つの「kigokoro」を今までも、これからも持ち続けたいという想いを込めた
完全受注生産・オールハンドメイドによる個人作家です。

ベントウッドリングは0.2mm~0.5mmほどの突板(つきいた)と呼ばれる木材を丸めて重ねる、
日本の伝統工芸である「曲げわっぱ」とよく似た製法の木の指輪です。
ヨーロッパではそれなりに浸透している作り方で、ラインストーンを入れたり金属を挟んだり、
レジンと合わせたりと多様な作品を見ることが出来ますが、日本ではまだまだ認知されているとは
言い難いのが実情です。

kigokoro.では
■日本の伝統技術である「寄木」
□日本の伝統柄である「和柄」

日本ならではの2つの要素をモチーフとした世界で唯一の作風を追求しています。

世界への発信を通じて、日本国内への認知を伸ばしたい。

昨今はアニメの影響もあり追い風となっていますが、日本の文化というのは国内よりも海外での評価の方が圧倒的に大きいです。人口や分母の違いと言ってしまえばそれまでかも知れませんが、それだけ世界に認められるものを
母国人があまり認知していないというのはどうしても寂しいものがあります。
このプロジェクトそのものと、後述するウェブサイトの構築海外イベントへの参加を通して
「日本人にこそ使って欲しい」というのが個人の想いです。

いつだって、自分にとっての「正解」を見つけてきた。

指輪作り、延いては木工において自分には師匠と呼べる存在が居ません。下地となる知識は動画投稿サイト等を通して得ますが、その通りに製作して成功した記憶がほとんどありません。
SNSに関しても最近は自分で分析が行える環境が整っているで、
投稿を論理的に伸ばすことに成功してきています。

「なにが、どう上手くいっていないのか」を常に観察し続けて試行錯誤を繰り返した結果、
このやり方を後押ししてくれる大きな出会いが2つ訪れました。
■ブログを武器にしたウェブサイト構築会社との出会い
□フランス パリで開催される「Japan Expo Paris」への出展のお誘い

Japan Expoは20年の歴史を持ち、東京ドーム3個分の広大な敷地に25万人の日本ファンを集める
日本のサブカルチャーと伝統文化の双方を発信するヨーロッパ最大のジャパンフェスです。
基本的に公募ではなくオファーからの出展となるため、どれだけ良いものを作ったとしても
出たいと言って出られる類のイベントではありません。
kigokoro.は2023年7月もしくは2024年7月のこのイベントへのオファーを頂いており、
何を置いても参加するつもりで準備を進めている最中です。

そうは言っても出展することが目的(ゴール)ではありません。
先にも書きましたが、その経験を日本へ持ち帰り、日本国内での認知度に繋げたいのです。
そのために強力な発信ツールとなるのが「ブログを武器にしたECサイト」です。
通常、ウェブサイト製作業者に依頼する上で個人には実現が難しい内容として
「SEO対策」と「デザイン性」が挙げられると思います。
要はどれだけお洒落で検索にヒットしやすいかという話ですが、
これはもう業者に丸投げで完成後にやることもほとんど無いというパターンが多いです。
しかし今回のプロジェクトで製作したいものは、そこに「ブログでの発信」を
追加した形式を取っていますので、最低限の効果は担保しつつも
こちらが頑張ればそれだけリターンが期待できるものです。

資金の使い道

今回のプロジェクトでご支援いただいた金額は、
全て上記ウェブサイトの製作に当てさせていただきます。
ファーストゴールの30万円はウェブサイト製作をスタートさせるために必要な金額です。
頂いたご支援によって+αでウェブサイトに盛り込むことができる要素が変わってきますので
ネクストゴールを60万円に設定します。
それ以上ご支援いただけた場合には、Japan Expo Parisへの参加費に当てさせていただきます。

リターンについて

¥2,000 : 指輪の木箱
¥3,000 : 単-hitoe- 雀茶
¥5,500 : 襲-kasane- 真朱(指輪の木箱 付き)
¥5,500 : 襲-kasane- 紫苑(指輪の木箱 付き)
¥7,500 : 華-hana- 両子持縞 濃鼠/灰桜(指輪の木箱 付き)
¥10,000 : 絢-aya- 矢絣【紫苑】(指輪の木箱 付き)
¥10,000 : 絢-aya- 矢絣【真朱】(指輪の木箱 付き)
¥13,000 : 絢-aya- 市松-蘭(指輪の木箱 付き)

全てのリターンに対し、お礼のメールと手書きのお手紙を付けさせていただきます。

実施スケジュール

 2021年11月 クラウドファンディング実施、リターン製作開始
 2021年12月 クラウドファンディング終了、リターン返礼開始
 2022年1月 ウェブサイト製作開始(同2月 完成予定)
〜2022年3月 リターン返礼

応援のメッセージをいただきました!
素敵な言葉の数々に胸が詰まります…ありがとうございます!!

近場のコーヒ屋さん 様
28歳

仕事として人前に出るとき
必ずkigokoro.さんのゆびわをしています。
手元を見られる仕事でもあるので
素敵な指輪ですね!と話題作りにも最適です。

ゆき 様
20代
初めてkigokoro.さんの指輪を見た時、
なんて素敵なの…!とときめいて、すぐ購入を決めました。
仕事前に指輪をつけると、気持ちのスイッチが入ります。
愛用しています!

コンドウサキ 様
20代後半
 服装に合わせて選んで使わせて頂いているのですが、
ふと手元が視界に入った時ゆびわが目に入ると嬉しくなります。
 繊細でありながらどこか温かみを感じる作品は、
思いを込めて丁寧に作られているのだろうなと感じ
 大切に使わせて頂いています。

なべけんた 様
30代
普段金属などのアクセサリーは存在感が気になって全くつけないのですが、
kigokoro.さんの指輪は軽やかで、つけていることを忘れてしまうくらい
全く気にならないつけごこちです。
これも木の温もりならではなのかな?と思います。

森 有紗 様
30代
主に和装にあわせて身につけています。
繊細に細工されていながら、ゆびわ自体は堅牢で軽く、
日常的に着けることが出来て気に入っています。

最後に

指輪の活動を始めて1年11カ月になりました。
3年目を迎えるにあたって様々なご縁をいただき、自分でも想像出来なかったステージへ
進めるきっかけを掴めるところまで成長させていただきました。

ここからもう一歩、大きな一歩を踏み出すために皆様のお力を貸していただきたく思います。
このようなご時世で 冗談では済まない打撃を、私を含め多くの方が受けています。
無理のない範囲でのご支援、応援のメッセージやシェアも大きな力になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
1カ月ほどの短い期間ですが、応援よろしくお願いします!

寄木で和柄な木のゆびわ
kigokoro.
小林 祥大

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/11/25 12:00

    早いものでプロジェクトの残り期間も5日を切りました。キックオフの翌日から近所の美術館で始まった「信州池田クラフト展」へ参加し出られる土日は全て顔を出させていただいており、11月20日には地元紙 信濃毎日新聞の折り込みである「MGプレス」に掲載していただいたこともあり非常に忙しくさせていただいて...

  • 2021/11/11 23:43

    プロジェクトスタートから1週間(とちょっと)。最近 あまり連絡を取らなくなっていた昔からの馴染みやSNSをフォローしてくれていた方、初めましての方まで多くのご支援をいただき、本当に嬉しく思います。直接的なご支援以外にも応援のメッセージやシェア、企業様からのお仕事のオファーまで繋がり金額以上の効...

  • 2021/11/02 21:47

    ついにプロジェクトを開始することが出来ました。9月18日にクラファン経験者の方からお話を聞かせて頂いてから1ヶ月半ほどやりたいなーと思って動き始めていた動きがことごとく、このプロジェクトへと結びついていく不思議な感覚を抱きながらのキックオフとなりました。活動報告第1弾としまして、クラウドファン...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください