■はじめに

はじめまして。
宮古島の猫の保護団体『ねこハピ』(ねこちゃんと一緒にハッピーになる会)の代表の大出恵理子と申します。
写真は『ねこハピ』  の理事4人になります。私は左から2番目です。

(ねこハピの理事4人)


『ねこハピ』は猫の保護活動をする任意団体です。現在NPO法人の申請手続きをしています。実際NPO法人としての登記できるのは2022年の2月くらいになるかと思います。それまので準備をするために任意団体『ねこハピ』を2021年9月に設立いたしました。メンバーは現在15人になっています。

(ねこハピのメンバー)


『ねこハピ』 では拠点の場所として一軒家を借りて、保護猫とふれあえる場所を作ろうと考えています。 そこでは保健所ややむを得ず飼育できなくなった猫を保護し、飼育し、新しい家族に見つけうようと思っています。

その場所を作るためには古い一軒家を借りてリフォームしなければなりません。そのリフォームを応援してもらうためにこのプロジェクトを立ち上げました。


そこで、まずは宮古島での猫ちゃんの状況を知ってもらいたいと思います。

↓↓↓↓


■宮古島の猫の状況

内地では家族として猫ちゃんと一緒に暮らしてる方が多いと思います。
宮古島でも猫が大好きで家族として一緒に暮らしてる方もいますが、
(猫を大切にするひとはたくさんいます!)
でもでも宮古島の猫ちゃんへの考え方が私たちとは違っている方がまだたくさんいる状況です。

次に紹介するの宮古島では今でもよくあることです。

・牛小屋ではネズミ捕りのために猫を飼います。

・普通の家庭でもネズミが多いから猫を飼いたいという人がいます。


・なので避妊もしないし、その猫がいなくなっても気にしません。


・猫の駆除のために毒のエサが道に置いてあることがあります。


・子猫増えたからと箱に入れて畑に捨てにいくことがあります。


・子猫増えたからと保健所に連れていくこともあります。


・地域のゴミ捨て場に猫ちゃんの死骸が捨ててあることがあります。


・そのゴミ捨て場に子猫が何匹がビニール袋に入れて置かれていることもあります。


・少し前まであったのですが爪が伸びないように根本で切られてる子がいます。


・野犬も多いため野犬に殺されてしまうことがあります。

・田舎のほうにいくと車にひかれている猫をよくみかけます。

・あと何よりも避妊・去勢の必要性を理解してない方が多いように感じます。



(多頭飼いの猫たち)

(野良の猫たち)



■宮古島の猫のためにやれること

宮古島はこのような状況です。

これを変えていくには次のことが急務だと考えました!!!


①保健所から猫を引き出して殺処分をなくす

②子猫が畑などに捨てられて命を落とす前に引き取れるような体制をつくる


③猫と楽しく幸せに暮らすための知識を普及する



(野良の子猫)


> ①保健所からねこちゃんを引き出して殺処分をなくす

最近宮古島の野良猫は増えてきています。
家のベランダに遊びにきた猫にエサをあげたりとかわいがってはくれるのですが、避妊・去勢をするという考えにはならない事が多い気がします。その猫が子猫を産みまた猫が子猫を産み増えていくことがおきています。
増えてくると困ってきて保健所に捨てにいったり、畑に捨てにいったりすることがあります。
なのでまずは保健所から引き出して殺処分されることがないようにしなければなりません。

ですが現在宮古島の保健所から犬と猫を引き出してくれてる団体は一つしかありません。
しかし団体とはいえ人数は少なく、殺処分されないように保健所から引き出すのがいっぱいいっぱいの状態です。

その団体とも相談をしたのですが、
・その団体は犬の保護、
・私たち『ねこハピ』 は猫の保護
と分けて保護をし、さらにはお互い協力する体制ですすめることにしました。
そうすればより多くの犬猫ちゃんを救うことができるのではないでしょうか。


(捕獲された猫たち)

 

> ②子猫が畑などに捨てられて命を落とす前に引き取れるような体制をつくる 

畑などに捨てられたり保健所に連れて行かれる前に相談できる場所があるといいのでは考えました。
なので『ねこハピ』では一軒家を借り、そこで保護猫とふれあえる場所もつくり、いつでも 相談やサポートができるようにしようと思っています。

たとえば
「猫を保護したけど飼う場所がないからどうしよう」
「猫が増えてきてしまったけどどうしよう」
「猫を飼いたいけど飼い方がわからない」
などの相談に対応できるようにしようと思っています。

(野良の猫)


> ③猫と楽しく幸せに暮らすための知識を普及する

・健康管理の方法
・避妊・去勢の大切さ
・家族として迎える幸せ
などについて普及できるようその一軒家でのイベントや勉強会を行う事を考えています。

また自治体とも連携して地域猫として猫ちゃんが幸せに暮らしていく方法も進めていきたいと思っています。

(野良の親子猫)



以上のことを急いで一軒家を借りて始めたいと思っています!!


そのためにはこのプロジェクトが必要なんです。
    ↓↓ ↓ ↓ ↓



■プロジェクトを立ち上げた理由

『ねこハピ』では一軒家を借り、そこで保護猫とふれあえる場所をつくりたいと思っています。

ですが宮古島では猫のために貸してくれる家はなかなかありません。

貸してくれそうなのは田舎にある一軒家で、人が住むのは難しくなった古い家になります。
その場合かなりリフォーム代がかってしまいます。

現在候補にあがっている一軒家があります。
業者の方に見てもらい見積りを出してもらいました。

・清掃、廃棄物処分代  20万円
・外壁、外構の補修と塗装 10万円
・電気工事費 15万円
・水道工事費 20万円
・窓修理、交換 5万円
・内装工事一式 80万円 (壁増設、床、天井、塗装、家具類造作 )
・玄関、室内扉増設工事 50万円
・浄化槽の清掃(検査)  5万円

合計:約200万円


そのうち50万円くらいは自分たちで作業をして節約できると思います。

それでもリフォーム代として150万円くらいはかかってしまいそうです。


理事二人で開業資金として用意できるのが40万円しかありません。
その資金ではトイレ・ケージ・などの備品を用意しようと思っています。
宮古島での収入は手取り月15万円くらいの人が多いため資金面が難しくなっています。


そこでお願いです。

リフォーム代150万円 について助けてもらえないでしょうか!!!

よろしくお願いいたします!!! 


    ↓↓ ↓ ↓ ↓


■資金の使い道について


目標金額は200万円になります。

使い道の内訳は、

リフォーム代     約150万円

リターン品代       約16万円 

CAMPFIRE手数料   約34万円

-------------------------------
      合計     約200万円

になります。


■リターンについて

まずはお礼のメールを送らさせていただきます。
また『ねこパピ』が運営が始まりましたら、その様子をメールでご報告させていただきます。

グッズについて『ねこハピ』 のノベルティーグッズ送らさせていただきます。
宮古島出身のイラストレーターさんが描いたかわいいネコちゃんのグッズです。

〇種類は、
 ①ポストカード (ランダムで1枚)

 ②エコバック (A4サイズ)

 ③Tシャツ(S・M・Lサイズ) 
  ※サイズによってイラストが違います。



 ※Tシャツのサイズ 
      (身丈、身巾、肩巾、袖丈)
  Sサイズ 65,47,40,19
  Mサイズ 68,50,43,20
  Lサイズ 71,53,46,21


(※グッズの画像は製作前ですのでイメージになります。)


〇商品発送スケジュールは、
 1月16日  クラウドファンディング終了
 1月下旬   リターン品の発送準備開始
 2月中    リターン品の発送
を予定しています。


■実施スケジュールについて

わたしたち『ねこハピ』の設立にむけてのスケジュールですが、


2021年12月 HP開設
  (facebook、twitter、instagramは開設済)

2022年1月  物件契約完了

2022年1月  クラウドファンディング終了

2022年2月  物件リフォーム

2022年2月  リターン品発送

2022年2月  NPO法人として認証・登記

2022年3月  保護施設オープン&開店イベント


を予定しております。


■さいごに

一軒家の契約が成立しましたら皆様からの支援金ですぐリフォームを始めたいと思っています。

そしてリフォームが無事終わりましたらまずは5匹の保護猫をその一軒家に移動させます。



早く動き出さなければなりません!!


宮古島の猫ちゃんが幸せにくらせるように助けてください!!!


よろしくお願いいたします!!!



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/01/09 12:04

    『ねこハピ』の拠点になる一軒家が決まりました!!!やったー。やったー。!!!水面下では話を進めていたのですが、昨日正式に決まりました。市内のほうにある一軒家です。1階部分を貸していただきます。貸してくださる大家さんありがとうございます!! 来週くらいからリフォームのほうを進めていこうかと思って...

  • 2022/01/03 12:15

    2022年、にゃんにゃんの年です。(笑)『ねこハピ』は今年から本格的に活動はじめるよう頑張ります!! 年末に宮古島の犬猫保護団体『特定非営利活動法人La-Vida』さんの施設におじゃましてきました。 『ねこハピ』が新しく施設を作るにあたりどのようにしたらいいかを、施設を見学させていただきながら...

  • 2021/12/23 10:40

    コメントのほうで質問をいただきました。(質問ありがとうございます。☆)その質問に対する返信をこちらのほうに書かせていただきます。いただいた質問です。『プロジェクトの趣旨、共感いたしました。ただ、ボランティア活動の難しさはリーダーの基に組織、メンバーがチームとして続けていけるかということだと思い...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください