▼はじめにご挨拶

こんにちは。カリーノ代表の本間京子です。

これまではインドを中心にフェアトレードの自社企画商品を生産・販売してきました。

今回は、2019年からスタートしたモンゴル産・無染色のヤク100%のニット商品をご紹介します。
※製品はモンゴルでオーガニック、サステナビリティを重視・主導する生産工場で作っていますが、有機JAS認証を取得した製品ではありません。ご了承のうえご参加ください。

モンゴルの平原で、遊牧民族が伝統的な放牧により育てた大切なヤクやカシミヤ、ラクダ(キャメル)の希少な毛を使った高品質のニット製品。
これらのセーターをより多くの方々が手に取っていただけるよう、プロジェクトを開始しました。

今回お届する製品は、ヤク100%のニット2種類です。

▲フレアースリーブトップ (写真はミックスグレー)

■フレアスリーブトップ

安定感のあるガーター編みのヤク100%、自然の牧草で育てた無染色の糸を使用し、日本製の島精機のジャカード機で美しく仕上げました。ふんわりしているなかにも弾力があり、ヤクの力強さを感じます。

濃い色と薄い色の糸をミックスしたグレー調のカラーはほんのりブルー味がかっていて、とても高級感があり、素敵です。

天然の獣毛素材ですが、毛玉になりにくく虫に食われにくいという特徴があります。

本体は7ゲージでセーターとしては普通くらいの厚さですが、ヤクはとても暖かく、保温性に富むので、インナーとして充分な機能を発揮します。天然素材なので外に熱を逃がす作用もあり、化繊のように暑くなりすぎません。島精機のコンピュータージャカードの素晴らしい仕上がりも実感して頂けるニット製品です。


▲フレアスリーブトップ の生地のアップ。ガーター編みで安定感があります。
ふわふわで優しく自然な色合いです。

▲フレアスリーブトップ(正面)
シンプルなデザインですが、袖口はフレアーになっているのがフェミニンな印象です。
※ネックレスは参考です。

▲フレアスリーブトップ(側面、背面)


■ビッグカラートップ

▲ビッグカラートップ (写真はミックスグレー)

こちらも7ゲージ。天竺編みです。ビッグカラーの通り、衿は広げるとスヌードのように大きく、寒さから守るだけではなく、衿を様々な形に変化させる事が出来ます。もちろんマフラーいらず。

衿元を豪華に演出します。

毛は染色していないグレーミックスと、何にでも合わせやすいおしゃれな黒(こちらは染めています)の二色です。どちらもとても美しく、また豪華な雰囲気に仕上がりました。

▲ビッグカラートップ 大きな衿は様々な表情がつけられます。画像は少し横に流してみました。

本体は天竺編みの裏目を使用し、ニュアンスを出しています。

▲ビッグカラートップ 普通の状態ではオフネックでスヌード風になります。

▲ビッグカラートップ 肩まで拡げてオフショルダーのようにしても。

▲ビッグカラートップ (ブラック)

▲ビッグカラートップ (ブラック側面)


▲ビッグカラートップ いろいろな衿のアレンジを表現することが出来ますね。ボリューム感がゴージャスです。ヤク100%。ありそうで無かったセーターです。


このプロジェクトで実現したいこと

何世紀にもわたる遊牧民の生活様式を通じて、モンゴルでは厳しい気候に適応したカシミヤヤギ、ヤク、キャメル、羊などの動物から柔らかく暖かいニット製品を生み出しました。家畜たちはすべて自然のままの牧草で大切に育てられます。生産を委託するモンゴルの工場は、ある一人のモンゴル人女性が仲間たちと一緒に設立しました。女性の雇用に重点を置き、家畜から得た原毛が主な収入源となる牧畜業者に対し、適正な価格設定を行い遊牧民たちの生計の安定を支援しています。その製造プロセスでは、糸を1ビットごとにリサイクルして1%の無駄も出さないそうです。暖かく、軽く、素晴らしい肌触りのニット製品をぜひお試しいただきたいです。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

ヤクに興味を持ったのは小学生の時。
モンゴルの人たちはヤクとともに暮らし、ヤクの全てを利用している、と、何かの本で読んだのがきっかけです。
ヤクの全てを利用する。その毛も、乳も、肉や糞までも。
動物が大好きだった子供の私はヤクってすごい、そしてそれからモンゴルの平原に住む人たちの暮らしを勝手にあれこれ想像するようになりました。
そして彼らが営む動物と一体となったその素朴な暮らしはまさに自然との共存で、ヤクの生態やこころを理解しないとできないものだと思っていました。

▲冬の時期、モンゴルの山地は極寒の環境となります。

牧場を経営している人には羊を追う牧羊犬が必要なように、イヌイットには犬ぞりが必要なように、動物と仕事を分け合って生活するというのは私の憧れで、理想で、奇跡的な事のように思えます。

私の家にもペットがいるけれど、彼らを使役動物として利用していないということに対して、何か物足りないというか、一種の申し訳なさ、動物を人間の心を癒すだけの存在にしていてもいいのかというような曖昧な疑問が、今も心のなかにあり続けます。以来、ヤクに対する密かな想いは心のなかから消えること無く、長い月日が経ちました。
そうしてある日ふと、足を運んだ展示会で出会ったヤクのニットが、私の密かな想いを掘り起こし、これを使って商品をつくってみようと思わせるきっかけになったのです。
ヤクの手触りはウールともカシミアともキャメルとも違います。

非常にふんわりとした柔らかな手触りのなかに、光沢感と、(軽量ですが)どこかしっかりとした重厚な感触があり、極寒のなかを生き抜く動物の力強さも兼ね備えています。
今回使用した糸は自然の牧草で育てたヤクの毛を丁寧に手作業で刈り取り、スピニングからニッティングは高度な技術(島精機)で仕上げ、商品自体は大変ラグジュアリーなものになっています。
モンゴルは日本から近い事もあり、比較的送料は安かったのですが、コロナ禍で送料が高騰し、原毛の価格も倍になったそうです。しかし価格には若干の反映で提供させていただきます。

これまでの活動

私(本間)が始めたカリーノでは、商品の企画やデザインを私自身が行っています。これまでの主な生産地はインドです。現地には毎年赴き、直接打ち合わせをして、オリジナルの商品を開発しています。

フェアトレード商品の自社企画生産の他、卸販売やOEM請負、都内百貨店・ファッションビル等への催事出店なども行っています。

弊社の主なフェアトレード商品はインドで生産しているものが多く、販売時に説明出来るようにFTF-I(フェアトレードフォーラムインディア)に加盟している団体と取引をしています。基本的には労働に対して適正な賃金体制をとり、日本の消費者が納得出来る程度の技術をもっているところとお取引きをしています。
私自身がハンドメイドに魅力を感じていることから、手織りや手刺繍、草木染め、そして天然の生成りの色など素材の特性を活かした商材を使って商品を企画しています。

リターンについて

今回のプロジェクトは、モンゴルの草原で遊牧民族の人たちが自然の牧草で育てた、ヤクで作ったニット製品のすばらしさを、多くの方にお届けすることを目的としています。リターンとして、ヤク100%の高品質なニット製品をお手元にお届けいたします。
しなやかで滑らかなヤクやキャメルはカシミアやパシュミナと並ぶ高級素材です。
極寒の環境下で寒さから身を守れるよう、柔らかく暖かいその毛は保温性や防水性に優れています。また丈夫で弾力性が強いのでシワになりにくい、摩擦に強く毛玉になりにくい、など多くの優れた特徴を持っています。

1.フレアスリーブトップ
カラー:ミックスグレー
サイズ:M、L

2.ビッグカラートップ
カラー:ミックスグレー、ブラック
サイズ:フリーサイズ

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でもリターンをお届け致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください