センチメートル単位の高精度GNSS測位技術を、より広い分野で活用できるようにするための、低価格工事測量システムの開発を進めております。 中小規模プロジェクトや新興国など、コストに対する要求の厳しく今まで活用が進まなかった新しい市場へ向けたシステムの開発を目的としています。

プロジェクト本文

 

伊藤良和と申します。

測量と言う仕事に関わり、その作業そのものやシステム開発に携わること18年になり、

私は現在、ミャンマー、ヤンゴンにて測量会社を運営して6年目となります。

 

このプロジェクトにて私は、

コスト面の要求に厳しい新興国市場や、日本国内の中小規模のプロジェクトなど

より幅広く活用可能な工事測量システムを実現したいと考えております。

 

このプロジェクトにより、簡単に高精度な位置情報を

より多くの方々が活用できる仕組みを提供することで、

日本国内の新たな場面や、未だインフラ整備の未成熟な地域の発展のため

安定した社会基盤整備の一助になれたらと考えております。

 

私は日本国内の土木測量市場にて12年間を経験し、その後、

2012年から5年間半ほどミャンマー国内のインフラ整備事業に伴う現地調査業務や、

建設現場での工事測量業務に携わり、いくつかの工事測量システムを提供してまいりました。

 

もし資金を集めることが叶いましたら、

その資金は、試作機の開発・実証試験~初回製品製作の過程に使わせていただきます。

 

今回開発しておりますシステムは、

GNSSを利用しRTK測位によりセンチメートル単位の精度を実現した工事測量システムとなります。

既存の同種の製品はメーカーにもよりますが、100~300万円ほどの価格帯となっており、

大幅な低価格化を実現することにより、新たな市場を開拓したいと考えております。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください