『食材を輸入する際に使用していた木箱をリメイクして製品化したい』 東南アジアからの食材輸入で片道1回きりの利用で粉々にされてしまうのはかわいそう。もったいない。 『木』を利用させて頂いて事業をしているものとして『木』の命を最後まで使いきりたい。

プロジェクト本文

▼「木がかわいそう・・・」

埼玉県西部の山の麓で木製品を製造販売しいる有限会社セキシンです。

通常はオリジナルの家具・雑貨や特注の家具・建具・フローリング等を製造している木工所です。

製品を作る際、貴重な自然素材である木材は無駄なく最後まで使わせて頂くことをモットーにしております。

知人から「食材輸入の際に使用した箱を廃棄処分しているが木工屋でどうにかならないか?」と持ち掛けられ早速見に行ったところ、その数に圧倒されました。

見たところリンゴ箱の様ですが、材質はゴム材(ラバーウッド)で頑丈に作られており、ひっくり返して人が乗ってもびくともしない物でした。

「え!これを収集車で粉々にして捨てちゃうの?」

「(木が)(現地で造った人が)かわいそう・・・」

「私がなんとかする!!」

・・・と、思わず言ってしまいました。

▼「なるべく今の姿を生かして・・・ 」

工場にいくつか持ち帰り、用途を思案してみました。

「きれいにサンダーをかけて棚」「テーブルの脚」「バラしてテーブルの天板に作り替える」「蓋を付けて収納に」「店舗の展示用の什器に」「いくつか重ねて壁面収納に」「犬小屋に」・・・色々な用途がありすぎて∞

結果、現状の味のあるワイルドな表面と地名・番号等のペイントが入っているものも落とさずそのまま生かし、洗浄・乾燥後釘が出たり割れたりしているものをメンテナンスして、オイルを塗って仕上げただけの方がこの箱の良さが伝わる!

 

 

 

同じものは2個とない、使い方は無限大∞!

▼資金の使い道

食品加工工場からの運搬費、倉庫費用、メンテナンス費用。

▼リターンについて

メンテナンス後クリアオイル仕上の【ラバーBOX】-1個

ご自分で塗装される方用のメンテナンス後オイル塗装無しの【ラバーBOX】-1個

メンテナンス後クリアオイル仕上の【ラバーBOX】-12個(梱包無しカーゴBOX出荷)

ご自分で塗装される方用のメンテナンス後オイル塗装無の【ラバーBOX】-12個(梱包無カーゴBOX出荷)

メンテナンス後クリアオイル仕上の【ラバーBOX】-20個(梱包無しパレット出荷)
ご自分で塗装される方用のメンテナンス後オイル塗装無の【ラバーBOX】-20個(梱包無しパレット出荷)

▼最後に

無垢の木材は人間と同じくそれぞれ個性があります。節・シミ・反り・色の違い等々・・、同じものは2つと在りません。木本来の個性を欠点とせず愛して頂けるような方に応援して頂きたいと思います。

限りある自然素材の木を伐採した木材を利用させて頂いている者からのお願です。

  • 活動報告

    メンテナンス、洗浄作業

    2017/12/05

    リターンのラバーBOXのメンテナンスを始めました。  高圧洗浄機で洗浄し、表面の汚れを取っています。  

  • 活動報告

    リターンを追加しました。

    2017/12/04

    プロジェクトも残り2週間になり、直接色々な反響を頂いております。 その中でも「プロジェクトを応援したいのだけれど、ラバーBOXは置き場所が・・・」とい…

  • 活動報告

    少数精鋭

    2017/12/02

    通常は警備担当のサクラを筆頭に2人で作業しています。繁忙期は2~3人の仲間が応援に駆けつけてくれます。 来週はプロジェクトのリターンにするラバーB…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください