プロジェクトのご挨拶

はじめまして。NOMUZO.STYLEと申します。
このたび「kizashi どぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」を開発する運びとなりました。
秋田県横手市山内に古来から続くどぶろく文化の承継支援を目指します。

* * * * *

NOMUZO.STYLEは、蔵をつなぎ、人をつなぎ、地域をつなぐ企画を通して地域に根差した全国の伝統文化を承継・進化させるお手伝いをしています。その活動を通してモノ×コト×ヒトがつながり、新しい価値や経済の流れを生む事例になればと思います。

私たちの活動がこの先どのように発展するかはわかりません。ただ、「私たちの未来に、私たちの社会に、少しでも貢献したい」という思いへの小さな一歩を始めています。皆様と一緒に形にできることを楽しみにしています。

商品が創られた背景

秋田県横手市山内(さんない)。岩手県との山深い県境に位置し、いうまでもなく主要産業は林業です。古来、山男たちが一日の仕事が終わり憩いの時間を楽しむために密かに醸していた濁酒(どぶろく)。夜な夜なこっそり飲んでいたため「フクロウ」の愛称で呼ばれていました。しかし、地域の伝統文化として脈々と受け継がれてきた濁酒造りの技術は、やがて林業の衰退や高齢化とともに途絶えかけ、濁酒を醸せる技術者はたった一人(2020年当時85歳)になっていました。

伝統文化の消滅を危惧した山内の若者5人が立ち上がり「山内濁酒プロジェクト」を立ち上げ、唯一の醸し人から濁酒製造技術を承継。2021年1月に「濁酒特区」に認定され、濁酒製造会社「さんない四季彩館」を設立。地域の若者たちが試行錯誤で地域文化を承継・進化させようとしています。

NOMUZO.STYLEは、若者5人の活動に共鳴。さんない四季彩館とコラボし個性的な商品に冠する「kizashi」ブランドとして商品開発と販売面を支援してまいりました。今年3月に発売した「kizashiどぶろく」瓶容器を進化させ、ご家庭やパーティ会場、飲食店のカウンターで「吊って搾れる体験型の濁酒」開発に今年の春から着手しています。

納得がいく味や取り回しはまだ五合目ですが、なんとか「プロトタイプ」を創るまでに至りました。一方、開発継続にあたり先行投資資金が必要になりました。皆様からご支援をいただきつつ商品開発と製造を両立することはできないか、検討と模索を重ねた結果、CAMPFIREでご支援を募る方法に辿りつきました。立ち上げたばかりの濁酒プロジェクトは、知名度も販売量もないため、この活動を継続させるためにまずはお客様に「プロトタイプ」を購入体験いただき、いただいた感想をさらなる開発につなげていこうと決断いたしました。

古来、山内で愛され伝承され続けている「火入れなし」のフレッシュな濁酒を「自ら搾る体験」として、皆様のお手元に冷凍でお届けいたします。まだまだ不十分な「プロトタイプ」ですが、文化承継と商品進化のためにご支援いただければ幸いです。

なお、本プロジェクトはプロトタイプ段階での募集につきまだ十分な製造量が確保できず50セット限定募集とさせていただきます。

開発商品のこだわり

「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」搾る体験ブレンドする楽しみを味わうことができます。残った酒粕は料理にも活用できます。

濁酒は米と米麹と水から造ります。発酵後、濾さないのが「濁酒(どぶろく)」。粗い目で濾すと「濁り酒(にごりざけ)」。しっかり搾ると「清酒(せいしゅ)」になります。今回の商品は濁酒を濾すので、出来上がったお酒は正確に言えば「濁り酒」になります。

吊るして搾って滴る濁酒は時間の経過とともに色や味が変わります。最初は白濁した一番搾り。その後、徐々に透明になっていきます。最後に布に残った酒粕をぎゅっと手で搾りきると濃厚な酒が現れます。数回に取り分けた原酒を自分好みにブレンドするのも魅力。残った酒粕はもちろん料理にも活用できます。

濁酒を吊るす木のフレームは、秋田県横手市山内の「杉」。地域では、林業の衰退に伴い地域木材の活用方法に知恵を搾ってきましたが、その一つの解が「kizashiどぶろく吊り搾り」への活用でした。使用量は決して多くありませんが、SDGsが目指す持続可能な社会の実現に少しでも貢献できれば何よりです。

さまざまな魅力が詰まった「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」を、年末年始などにご家族やご友人と一緒にぜひお楽しみください。
なお、リターン商品は「プロトタイプ」につき写真と異なることがありますのでご容赦ください。

地域の原材料活用へのこだわり

米どころ秋田。米はいうまでもなく逸品。kizashiどぶろくは敢えて酒米ではなく、飯米のブランドとして知られるあきたこまち100%使い、それにより米の風味をたっぷり残すことができます。水は、地域で柔らかく飲みやすいと定評ある奥羽山脈湧水を使用することで、米の濃厚さを保ちつつ、すっきりと飲める仕上がりになります。麹は秋田県が開発した糖化力が強い秋田あめこうじ。酵母は香りを醸すために901号酵母を使用。ゆっくりじっくり寝かせ、華やかな香りで濃厚かつ飲みやすい味を目指します。

「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」の楽しみ方

ご家庭やパーティ会場、飲食店のカウンターなどで、複数の参加者で楽しめる「体験型商品」です。秋田県産の杉で造った吊るしのフレームを組み立て、をつるします。皆でワイワイと組み立てるのも楽しみの一つ。

冷凍した濁酒をセットすると濁酒の雫がぽたぽたと心地よく降ちはじめます。その雫が滴る様子と音を愛でることで、会話が弾みつつもきっと癒されることでしょう。時間の経過で味が変わるため、濁酒は器を3回ほど変えて取り分けることをお勧めします。それぞれの器のお酒を飲み比べたり、自分好みにブレンドするのも愉しみの一つ。濁酒を濾す布は目の「粗い」ものと「細かい」ものの2種類を用意。濁酒冷凍キューブが2個入っているので布の目の違いを愉しんでみるのもよし。

現在、この商品は開発途上で、私たちの納得がいく完成度までまだ5合目という「プロトタイプ」の段階ですが、まずは皆様と体験をシェアし、感想をいただき、さらなる開発に反映させていきたいと思います。応援者の皆様にも、開発過程への意見を通じて参加することを楽しんでいただければ幸いです。体験感想の送り先はリターン品発送時にお知らせいたします。

濁酒の効能

濁酒の濁り成分に含まれているレジスタントプロテインは、脂肪を包み脂質の吸収を抑える効果が注目されています。また、米と米麹がたっぷりとアミノ酸コウジ酸などを含んでいるため、美容や疲労回復、快眠にもよいとされています。最近では美肌成分といわれるα-EGや、腸内環境を整え免疫力を高める生きた酵素も注目されています。

リターン品のご紹介
「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」の応援が合計50セットに達した時点で応援募集を終了させていただきます。
また、リターン商品「kizashiどぶろく吊り搾り」は「プロトタイプ」につき写真と形状が異なることがありますのでご容赦ください。

【金額支援コース】

①支援金額 3,000円  (3,000円お礼状)
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

②支援金額 6,000円  (6,000円お礼状)
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

③支援金額 10,000円  (お礼状+SAKE1種類×1本)
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

④支援金額 20,000円  (お礼状+どぶろく吊り搾り×1)
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

⑤支援金額 50,000円  (お礼状+どぶろく吊り搾り×1+SAKE2種類×各1 )
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

⑥支援金額 100,000円(お礼状+どぶろく吊り搾り×1+SAKE3種類×1 )
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

⑦支援金額 300,000円(お礼状+どぶろく吊り搾り×1+SAKE3種類×各2)
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 2本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 2本
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 2本
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

⑧支援金額 500,000円(お礼状+どぶろく吊り搾り×1+SAKE3種類×各3 )
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 3本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 3本
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 3本
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

⑨支援金額 1,000,000円(お礼状+どぶろく吊り搾り×2+SAKE3種類×各10)
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」2セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 10本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 10本
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 10本
商品・チャネルの開発に活用させていただきます。

【商品支援コース】

⑩支援金額 12,000円  
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット(以下、同内容)
【セット内訳】
・秋田県産杉の搾りフレーム
・濁酒冷凍キューブ(約480g×2個)
・吊り搾り用布2枚(粗目1枚、細目1枚)

(注)完成品は以下の規格と若干異なる場合がありますことをご了承ください。
・名称:濁酒
・原材料名:米(秋田県産あきたこまち)米麹(秋田県産米)
・内容量:約480g×2個
・保存方法:冷凍
・アルコール分:14度以上16度未満
・アレルギー表示:該当なし

支援金額 20,000円        
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本

⑫支援金額 22,000円
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本

⑬支援金額 28,000円
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本

⑭支援金額 28,000円
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本

⑮支援金額 34,000円
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本

⑯支援金額 44,000円
■「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」1セット
■「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml 1本
■「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本
■「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 1本


(参考)

「三千櫻酒造 kizashi for 2021+1」三累醸酒 瓶720ml
昨年、温暖化と蔵の老朽化で岐阜県中津川市から北海道東川町に蔵移転。現在人気沸騰中の即完売する蔵。有名人山田社長が醸す渾身の三累醸酒(貴醸酒)。熟成の妙味が楽しめる話題の酒。

「shiro by 峰乃白梅酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml 
新潟県の酒蔵としては最古の部類に入る名門蔵。SAKE COMPETITIONなどで金賞をとるなど徐々に知名度を上げてきている人気蔵。有名杜氏が日本で最高品質の兵庫県山田錦を使い35%まで磨いた純米大吟醸。飲みやすく女性に人気。

「shiro by 浅間酒造 2021」純米大吟醸 瓶720ml
外務省在外公館向け推奨日本酒リストに2019・2020・2021年度の3年連続で採用される群馬県浅間酒造が醸す純米大吟醸。2021年IWC日本酒純米大吟醸部門で金賞受賞。自家栽培した幻の酒米「改良信交」を15%まで磨き浅間酒造最高の技術を注いで醸した酒。すっきり飲みやすく日本酒嫌いの方もファンになる味。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」の応援が合計50セットに達した時点で本プロジェクトの募集を終了させていただきます。

プロジェクトで実現したいこと

秋田県横手市山内で消えかかった濁酒文化を地域の方々が承継し次の世代につなげていこうとする取り組みを皆様に知っていただき、NOMUZO.STYLEと一緒に応援の輪を広げ、地域の伝統文化承継地域創生に活かしていければ幸いです。

資金の使い道・スケジュール

開発した商品を少しでも多くの方々に知っていただき、全国へ購入の輪を広げる「循環」を創ってまいります。

プロトタイプ段階で購入応援いただくことで製造における資金負担が軽減され商品開発や製造に集中することができます。資金応援を商品開発やチャネル開拓に使用するほか、プロトタイプ体験した皆様からいただく感想等を今後の商品開発につなげることも可能になります。本プロジェクトを通じて実際に製造することで工程改善を進め、スピード感をもって商品の完成度を高めていくことも可能になります。
なお、資金の一部はCAMPFIRE手数料に使用されます。

プロジェクトスケジュール

今年の年末年始に「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」を楽しんでいただけるようスケジュールを組み立てております。 

2021年11月    CAMPFIREプロジェクト開始
2021年12月15日  CAMPFIREプロジェクト終了
2021年12月17日~ お礼状および商品発送開始 (年内の到着を予定)

最後に

この度はNOMUZO CAMPFIREプロジェクトに興味をもっていただき、ありがとうございます。

「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」は、プロトタイプの名の通り、まだまだ完成の域には達していない商品です。この発展途上の商品を体験いただくことで山内濁酒「四季彩館」のファンになっていただきたいと思い、プロジェクトを立ち上げました。

NOMUZO.STYLEは、個性的なSAKEの開発をフックに伝統文化承継と地域創生を支援してまいりました。リターン品に組み込ませていただいたのはその開発品の一部です。この機会に他の地域の商品も体験いただき、NOMUZO.STYLE(合資会社みちのく伝統文化)の活動にもご興味を持っていただければ幸いです。これからも地域の伝統文化承継進化にお力をお貸しいただければ何より嬉しく、引き続きご支援をよろしくお願いいたします。この度の応援に心から感謝申し上げます。

合資会社みちのく伝統文化
地域創生応援事業:NOMUZOプロジェクト(NOMUZO.STYLE)

住所:岩手県奥州市水沢字立町13番地

ECサイト NOMUZO.STYLE
酒類販売免許 05203-202号

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」の応援が合計50セットに達した時点で本プロジェクトの募集を終了させていただきます。

  • 2021/11/29 01:05

    「kizashiどぶろく吊り搾り(プロトタイプ)」の試飲会を応援者が開催。第1回試飲会終了時、参加者15名のうち73.4%が応援したいと回答。以下に参加者の声をお伝えいたします。「米のふくよかな甘み、うま味が感じられる。やや酸味が勝つ印象。ともすれば、青りんごの印象も感じられる」「にごり酒って...

  • 2021/11/23 22:49

    おかげさまでプロトタイプながら支援者が10名を超えました。ありがとうございます。吊って搾るというどぶろくの新しい体験。口の肥えた方々が参加する試飲会でも好評。体験型のワクワク感がこれまでにないSAKEの愉しみを演出との評価。搾り切った酒粕も料理に使用可能。搾って、飲んで、酒粕も愉しめる。三重の...

  • 2021/11/19 09:38

    はじめまして。NOMUZO.STYLEです。秋田県横手市山内のどぶろく文化承継を応援させていただいています。伝統文化は私たち一人一人が気にかけ応援していかないと気が付いたときには潰えていることが多々あります。山内の若者5人がそれに気が付き古来から木こりの間で伝承されてきた山内濁酒の製造承継に立...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください