プロジェクト本文

下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼はじめにご挨拶

初めまして、hackjpn

代表の戸村光です。弊社はシリコンバレーを拠点に国外のベンチャー企業のデータ分析、提供を行っております。これまで日系の大手企業様を大手企業様を始めとする100社以上の企業様と取引をさせていただき、ベンチャー企業の買収、協業、パートナーシップ契約等のサポートをさせていただいております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

昨年のCES2017は日本から参加される企業様が急激に増加したことが記憶に新しくございます。同イベントは4000を超える企業がたった3日間で展示されるため、10人がけで参加しても全ての企業と対話する時間がございません。同プロジェクトでは既にCES2018がメディア向けに公開している参加企業の出展リストより、特に注目すべき企業の選定、また全体像の分析を行います。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

前述の通り、CESは巨大なイベント会場を歩き回って企業を探さなければいけないため、主要企業を見落としてしまう可能性が大いにあります。昨年のCESでもはるばる、ラスベガスまで足を運んだにも関わらず、お求めの企業に出会えなかったという日系企業さんが少なくありませんでした。そこで弊社は毎年行っているCES分析をクラウドファウンディングによりオープンにご提供するに至りました。

▼これまでの活動

繰り返しとなりますが、弊社はシリコンバレーを拠点に国外のベンチャー企業のデータ分析、提供を行っております。これまで日系の大手企業様を大手企業様を始めとする100社以上の企業様と取引をさせていただき、ベンチャー企業の買収、協業、パートナーシップ契約等のサポートをさせていただいております。レポートの質に関しまして、ご不安な方がございましたら、サンプルレポートを一部公開させていただきますため、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

team@hackjpn.com

▼資金の使い道

資金の使い道は同イベントへの交通費、滞在費に利用させていただきます。また残りの金額が発生した場合は、弊社が開発する国外企業のデータ分析ツールDatavaseの開発費用と利用させていただきます。

▼リターンについて

同企画は目標金額に達成しなかった場合も実施させていただきます。

詳細に関しましては、リターン詳細部分をご参照ください。

▼最後に

同企画のミッションは一社でも多くの日系企業に効率よくCESに参加いただく、そして世界での日系企業のプレゼンスを高めることにございます。同企画の成功により、少しでも日本の未来に貢献できることを心より願っております。

hackjpn代表 戸村 光

ーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ先

hackjpn,inc.

team@hackjpn.com

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください