Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

地域発のクロスソリューション:「食品ロス」と「子どもの貧困」の解消プロジェクト

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

「食品ロス」と「子どもの貧困」という2つの社会的な課題をお互いの境界線を越え、NPO法人「うつのみやオリーブ」が主体となり、地域の力で解消していきます。地域には作りすぎて余った農産物、出荷できない規格外の農産物などがあり、廃棄されています。それらを無償で必要な子育て家庭に配達します。さらには、青少年の居場所(子ども食堂)や障がい者施設などにも届けます。

現在の支援総額
523,000円
支援者数
30人
募集終了まで残り
終了

現在10%/ 目標金額5,000,000円

10%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2022/01/31 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2021-11-12に募集を開始し、30人の支援により523,000円の資金を集め、2022-01-31に募集を終了しました

プロジェクト本文

実施理由/背景

必要なくなった食品を必要ある食品に転換し、地域課題の解消に結び付けたい

私たちの地域「豊郷」は、都市に近い農村地区です。農産物の食品ロスは、課題だとの認識があり何とかしたいという思いがありました。一方、子どもの貧困も解消すべき課題であることを承知していました。「これを結びつけることができないか」「きっとできるはずだ」これが、私たちの「フードシェア」事業の始まりです。
地域からの要請もあり、私たちは、地域の社会的課題を解消するために、NPO法人をつくりました。地域には、子ども、食、環境、健康など、様々な課題があります。それを解消するため、事業を開始しました。
そこで、まちづくりや地域活動団体に詳しい地域経済政策の専門家に、解消のための手法、プロセスなどについて助言を求め、NPO法人としての考え方を整理し、プロジェクトを企画立案しました。
また、この事業がSDGsの「貧困をなくそう」「住み続けられるまちづくり」「つくる責任、つかう責任」「パートナーシップで目標を達成しよう」に合致しており、時代の潮流にそった事業であることを確認し、多くの賛同者が得られるとの確信を持って、事業の実施を進めることとしました。

プロジェクト内容説明

私たちNPO法人が、地域の生産者などから、食品を収集し、保管し、そして配達します。

まず、食品が必要な利用者に登録してもらいます。そして、農産物などの食品を収集し、低温貯蔵庫に保管し、必要な世帯に合わせた分別を行い、法人職員が情報管理を徹底したうえで、配達します。
農産物だけでなく、食品ロスにつながる様々な食品も対象とします。流通過程で使えなくなった食品、家庭に眠ってしまった食品、お店で余った菓子類など、色々なところに食品ロスがあります。それらの食品に注目し、必要な食品として活用していきます。
地区内の必要な世帯を130世帯(地区内小中学生数2400人、貧困率13.5%、兄弟姉妹補正0.8%、希望世帯0.5%)と想定し、週に3回程度配達する予定です。
採れたての野菜を入手した場合には、その日に届けるなど柔軟に対応していきます。
また、賃金の低い障がい者の支援のために、グループホームなどに食品を届け、自立支援を図ります。
さらには、働く保護者への支援として、放課後児童クラブ利用の保護者にも食品を提供していきます。

目指すところ

地域で子どもを育てる意識を醸成し、さらに地域の食品ロスを少しでも解消します。

先ず、地域の子どもたちの貧困が解消し、他の子どもたちと同様に、健全な成長ができるるような環境を整えていくことにより、地域の子どもの笑顔を増やしていき、明るい地域としていきます。
次に、食品ロスのためのサプライチェーンを地域内に構築し、食品を通した助け合いのできる地域をつくっていきます。このことにより、地域全体の共生感を高めていきます。
そして、事業の取組が、地域内の事業者や各家庭に知られるようになり、さらに、協力してもらうようにしていくことで、「地域で子どもを育てる」という子どもに対する考えを深めてもらい、「食品ロスを通した環境負荷を低減する」という環境配慮に対する考えをもってもらい、地域共生社会の意識を高めてもらいます。
この取組みが、他の地域に広がっていくことで、各地域から排出されるごみの減量化が図られ、市全体の処理経費の削減につなげ、もっと市政の安定運営に寄与していくことができます。

寄付の使い道

低温貯蔵庫2台を購入し、エネルギー源となる米穀や根菜類を保存し、安定的に提供していきたい。また、10月から来年3月までの、収集(2名、週3回)・配達(4名、週3回)のための人件費、そして収集・配達をするための燃料代として、寄付金を使いたいと考えています。
NPO法人としての自主財源もあるため、事業実施は可能であるが、寄付金により、さらに財源を安定させ、より先進的・先駆的な事業を展開して行きたいと考えています。

自治体からのメッセージ

ご支援いただく皆様へ

宇都宮市では,市民協働のまちづくりを推進していく上で、市民の公益活動の維持・強化を図ることが重要であると考えております。
公益活動を行う団体の資金調達を支援するとともに、ふるさと納税を通じて、公益的な団体による活動や特定の事業を応援いただくことにより、全国の皆様が、本市への愛着や親しみを持っていただければ幸いです。
どうぞ皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。

事業スケジュール

企画:令和2年10月 NPO法人役員会(事業構想、情報収集、関係機関の把握)
立案:令和3年1月 NPO法人役員会(具体的な実施にあたっての資料作成など)
地域との協議:令和3年3月 地域各種団体(連合自治会、まちづくり協議会、青少年育成会など)
実施に向けた調整:令和3年7月 配布先の調整(小中学校校長会、農業者団体、社会福祉施設など)
プロジェクト開始:令和3年10月 令和3年度フードシェア事業開始(130世帯、2施設、1居場所)
プロジェクト完了:令和4年3月 令和3年度フードシェア事業完了(次年度も継続)

このプロジェクトは、令和3年5月から実施できるように進めてきました。しかし、コロナ禍により、緊急事態宣言の動向をみながら、実施に向けた調整時期を7月とし、正式なプロジェクト開始時期を10月からとしました。
正式な開始までは時間の余裕があったため、実際は試行的に事業を進めており、一定の効果が出ていると感じています。食品の提供も多く、問い合わせも多く寄せられています。
NPO法人の別事業でもある「居場所づくり」も、様々な調整により、10月から開始できることとなったことにより、二つの事業を一緒に開始できることとなりました。
このことにより、相乗効果を期待しながら、プロジェクトを確実に進めていきたいと考えております。

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。