人間にとって最も身近な動物であるネコ。
その愛らしい姿からペットとしても人気が高いネコですが、一方では人間の身勝手な理由によって、無責任にも野に放たれ、飼い主不明のネコ(ノラネコ)となり、様々な問題を発生させているのです。

今、滋賀県の各市町でノラネコを起因とする様々な問題が起こっているのをご存知ですか?

●過剰繫殖問題
●多頭飼育崩壊問題
●ねこの虐待問題
●公園など放置による糞尿被害
●ノラネコの殺処分問題

この問題は滋賀県だけではなく、全国で起こっている大きな問題として環境問題のひとつにもなっています。

これら問題を抑制する為には、何よりもまずノラネコを増やさない為に徹底した繫殖制限手術を施すことが明確な答えであり、早道であります。

これは県の地域猫助成政策が稼働している事からしても明らかな事実です。

しかし、この政策については、地域自治会等の合意形成に時間を要するケースも多く、毎年春〜夏頃にピークを迎えるネコの発情期のタイミングを抑えられなければ、その繫殖スピードに追いつけずとなってしまっている事も要因の一つとされています。

公園に住む過剰繫殖した飼い主不明の猫達


また、経済状況や生活環境に拘わらず、「カワイイ」という理由で簡単にネコを飼いはじめ、生育がある程度の期間経過した成⻑ネコの多くには、昨今問題とされる動物福祉(5つの自由)に値する飼養に至らない事も多く見受けられ、多頭飼育崩壊の要因に繋がっている事も多いと報告されています。

動物福祉の5つの自由

1.飢え・渇きからの自由
2.不快からの自由
3.痛み・負傷・病気からの自由
4.本来の行動がとれる自由
5.恐怖・抑圧からの自由

上記の様な問題を踏まえ、地域のノラネコに対して、絶対的に不足している早期繫殖制限手術(SPAY=スペイ)をネコと人と地域の幸せを願う人々と共に提供していこうというのが我々「びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクト」の取り組みとなります。

スぺイクリニックの近隣県での導入実績をみると、殺処分低減目標達成に苦策する自治体や、地域ネコのトラブル解決に日々方便するボランティアにも大きなアドバンテージになっている事は明らかです。


びわ湖わんにゃんマルシェ


私たちは2018年からの3年間。『びわ湖わんにゃんマルシェ』という保護動物の譲渡会と啓発活動、マルシェを組み合わせたイベントを野洲市を中心に開催してきました。またイベントを運営をしながら、その中で得た情報を元に地域ボランティアグループ『多賀にゃん』とタッグを組み、ノラネコの繫殖制限手術に特化したクリニック『にじのはしスペイクリニック』を滋賀県多賀町に誘致し開院しました。

この三者の強みを活かした地域密着型の移動車両クリニックを運営し、今まで繫殖制限手術が行き届いていなかった地域での問題解決も行い、未来に向けて、人も猫も穏やかに暮らせるハッピーであり続けられる地域を増やしていきたいと考えています。

ここ数年の滋賀県動物保護管理センターに収容されるネコの数は年間700頭〜800頭。その内の約7割が致死処分されます。しかも致死処分されるそのほとんどは、不妊去勢無しのまま野に放たれたノラネコたちが産んだ自活不能な幼ない小さな小さな子ネコたちなのです。

運良く保護される仔猫は一握り

車両内での手術模様




罪のない生まれたばかりの子ネコたちが致死処分される!
ノラネコによる過剰繫殖問題を防げない!
ネコを介しての環境衛生問題に絡んだ住⺠間でのトラブルが起こる!

この過剰繫殖問題に絡む様々なトラブル解決の糸口として、地域での問題特性を因数分解しながらの予防策が必要であり、如何に受けやすい医療サービスが提供できるか、早期繫殖制限手術を定着させる為の啓発活動を広めて行くのかが大きな鍵であります。


このプロジェクトを通じて猫を介して発生するまちでの問題の根元である猫の過剰繫殖を抑えながら地域環境美化向上を目指し人も猫もハッピーであり続けられるまちを増やしていきたい。

 
●地域ぐるみで愛されるさくら猫として生まれ変わってもらい、新たな猫生を歩んで貰う。そして人がおだやかに、猫が幸せに暮らすまちに。

耳先カット(さくら猫)は手術済みの証




さくら猫としてまちぐるみで見守られる猫に

  

 

〜同時に三つの環境問題解決へ〜
・猫の過剰繫殖問題(殺処分、地域での糞尿被害etc)を減らす。
・猫を介した地域でのトラブル低減
・猫好きも猫嫌いな人も、猫も共生できるまちづくり

その為に車内で手術が可能であり、尚且つ手術費用を抑えたノラネコ不妊去勢専門クリニックを他府県より誘致し、2021年8月に急ピッチで開院認可を受けスタートしました。

スタートするや否や、メディアや新聞社からの取材もあり、必要としていた方々からの反響は大きく、日々相談の電話が絶えない状況で、当初月一回の開院予定であったのを二回にするなど対応しています。




オープンから現在まで約350頭のネコたちが『ハッピーにゃんず』として新たな猫生を歩んでいます。滋賀県北部(彦根以北)から県センターに収容されるネコの数は毎年約200頭。

スぺイクリニックを多賀町に誘致したのは、この県北部からの収容頭数を減らす狙いもあり、保護活動を続けていかなくても問題の無い地域にする為でもありました。

捕獲され手術を待つ猫達


不妊去勢手術の前後には捕獲から術後の安静期間を過ごせる設備が必要であり、その設備として滋賀県多賀町の⺠家の老朽化した倉庫を提供頂き、内装を改装して使用させていただいています。


将来的にはこの部屋でも手術を。



その改装費用をどうかご支援頂きたいのです。未来に家なき猫を増やさず、地域でのトラブルを減らし、県センターへの収容猫を減らし、「人も猫もまちも穏やかに暮らせるまちづくり」への取り組みへのご支援を何卒宜しくお願いいたします。



猫とびわ湖をこよなく愛する シンガーソングライターまつうらようこです。 

私も、てんてんという愛猫を愛情いっぱいに育てていますが、一方で猫にまつわる様々な問題について、大変胸を痛めています。 

みんなどこかで繋がっています。 

誰かの幸せも、名前もない猫ちゃんの不幸も。 

みんな、繋がっているのです。 

すべての猫たちが安心して暮らせる世界を願って、私はびわ湖ハッピーにゃんずプロジェクトの活動を応援しています。 



〜資金の使い道〜

倉庫改装費用 ¥500,000(CF手数料 約¥100,000含む)
(水道工事(井戸水から上水道へ)

 (看板設置工事(二ヶ所)

 (照明設備増設(外回り含む) 




      




〜実施スケジュール〜

2022年5月 クラウドファンディングプロジェクトスタート
2022年7月 クラウドファンディングプロジェクト終了~工事スタート
2022年7月中頃工事終了




【3,000円】
・お礼状

【5,000円A】
・お礼状・手作り猫首輪1個
【5,000円B】
・お礼状・びわ湖わんにゃんマルシェステッカー1枚

【10,000円A】
・お礼状・びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクト記念まな板&コースター2枚セット

【10,000円B】
・お礼状・びわ湖わんにゃんマルシェテーマソングCD1枚
・びわ湖わんにゃんマルシェステッカー1枚

【30,000円A】
・お礼状・びわ湖わんにゃんマルシェお買物券(千円券)2枚
・びわ湖わんにゃんマルシェテーマソングCD1枚
・びわ湖わんにゃんマルシェステッカー1枚

【30,000円B】
・お礼状・にじのはしスペイクリニックオリジナルステッカー1枚

・びわ湖わんにゃんマルシェお買物券(千円)1枚

・びわ湖わんにゃんマルシェステッカー1枚
・びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクト記念まな板&木製コースター2枚セット

【50,000円A】
・お礼状・びわ湖わんにゃんマルシェお買物券(千円券)3枚
・びわ湖わんにゃんマルシェテーマソングCD1枚
・びわ湖わんにゃんマルシェステッカー1枚

【50,000円B】
・お礼状・びわ湖わんにゃんマルシェお買物券(千円券)1枚
・手作り猫首輪1個
・びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクト記念まな板&木製コースター2枚セット





・手作り猫首輪(サイズアジャスター付き最大長寸約30cm)

※柄はこちらでランダムに選んだ柄をお渡しさせて頂きます。


・びわ湖わんにゃんマルシェステッカー1枚(11×11cm)

※白ベースもしくはベージュベースどちらかランダムでお渡しします。


・びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクト記念まな板(材質:杉)25×18cm
※まな板のデザインは若干変更になる予定です。

・木製コースターセット(2枚セット)(材質:杉)9×9cm


・びわ湖わんにゃんマルシェテーマソングCD1枚

「ONE!TWO!わんにゃん」「いっしょにハッピーライフ」(2曲入)
※このCDはオリジナル楽曲でマルシェ会場のみでの販売となっています。


・びわ湖わんにゃんマルシェお買物券(1,000円分)1枚


※びわ湖わんにゃんマルシェ野洲会場のみ使用頂けます。つり銭は出ません。

(使用期限2022年11月20日)

・にじのはしスペイクリニックオリジナルステッカー1枚(10×12cm)









川口ひとみびわ湖わんにゃんマルシェ代表


人も動物もハッピーに暮らせるまちづくりを目指して、2018年よりスタートした『びわ湖わんにゃんマルシェ』代表。地域事業に関わってきた実績と幅広い人脈を活かし、地域社会に根付く活動を目指し、滋賀県野洲市を中心に4年間で約40回開催。犬猫グッズに特化したマルシェ会場の中で、ペット防災啓発や、保護犬猫の譲渡会場、飼養啓発コーナー等、問題解決に繋げる発信の場所を創る。2022年より滋賀県動物愛護推進を務める。

「人もどうぶつもハッピーに!」がモットー。



西崎美樹「多賀にゃん」代表


滋賀県多賀町の自宅スペースを動物保護活動の拠点として活動。2018年より「多賀にゃん」として手作り雑貨店&保護動物シェルターを立ち上げる。地域社会問題として動物問題を意識し、会社員の傍ら2021年8月にスタートした「にじのはしスペイクリニック」多賀診療所の代表責任者および相談員を務める。

(ご支援者の方々へのメッセージ)
「スペイのメリット、スピード感を持っての対策の重要性を地域に伝えながら猫が幸せに人が穏やかに暮らせる地域社会を目指します!何卒応援宜しくお願いいたします」


藤井博次びわ湖わんにゃんマルシェ副会長


会社員の傍ら、保護動物に⻑らく関わり、2015年より滋賀県動物保護管理センターのボランティアに登録。2018年滋賀県動物愛護推進員に。動物を介して起こる様々な問題は動物行政だけの問題であるべきではなく、多くの人々に考えて貰える機会と場所が必要と考え、びわ湖わんにゃんマルシェの前身となるマルシェに啓発ブース出店したのをきっかけに現会⻑の川口と出合う。犬猫に関する繋がりを生かし、現マルシェを発案する。家庭犬しつけアドバイザー、老犬猫介護等の資格保持者。

(ご支援者の方々へのメッセージ)
「特定の人だけが負担する活動では無く誰もが出来る活動に。一人が苦しみながら10頭救わなければならない社会では無く1頭を救える人が百人居る地域と未来を創造したいのです。ご支援とご声援を宜しくお願い致します。」


びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクトチーム


2021年2月の彦根城周辺の猫に対する一⻫手術がきっかけで、地域の動物保護活動を始めた「多賀にゃん」。

楽しめるマルシェを通じて多くの方々に動物問題を啓発し続けてきた「びわ湖わんにゃんマルシェ」。

そして、誰しもが使い易い医療サービスをと車内手術を可能にした「にじのはしスペイクリニック」。

人もネコも地域も穏やかになり、様々な立場の人々が理解しあいながら暮らし続けられる、優しさと思い遣りの溢れた滋賀県の未来をイメージして「びわ湖ハッピーにゃんずプロジェクト」はスタートしました。この三者が出来る事を持ち寄り、保護活動だけにとどまらず地域のネコ問題の根源にアプローチしていきます。

少しずつでも私達の活動が伝わり広まる事で当たり前の事として誰もがアクションし易い環境を生み出していかねばなりません。そしてそれは生きる事を許されなかった尊い多くの“にゃんず”との約束でもあるのです。

どうか私達と共にハッピーな未来を創造していただけないでしょうか!

幸せに生きてと願ってリリース




<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/06/27 21:50

    手術を終えモリモリ食べる子にゃん。真夏日が続きますが、滋賀県各地で活動される猫ボランティアさん達には仔猫パニックの相談事が続いています。仔猫がある程度の大きさになり活動エリアが広がりだして一般市民の方々にも目にとまる時期でなのです。来年、再来年、翌々年と「仔猫をなんとかしてもらいたい」より手術...

  • 2022/06/25 08:00

    びわ湖わんにゃんマルシェスタートより五年目を迎えた2022年。継続できたのは人や動物を含む全ての繋がる社会環境を変えねばならないという壮大な難しい想いを持ち続けられたからです。常に自身を客観視し関わる社会を多角的に俯瞰する事を忘れてはならなりません。自身が育ったまちへの愛情と人情と情熱を持ち続...

  • 2022/06/18 12:53

    このプロジェクトをスタートさせていただいてから瞬く間に約2ヶ月が経ち、プロジェクトも最終章、後、約二週間と迫りました。多くの方々に支えて頂き早々に目標はクリアする事ができました。誠にありがとうごさいます。ネコストゴールは金額目標ではなく、人とのご縁を形として残していきたいという想いから102人...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください