【MissCollegeDancer2017】 約120名から選ばれた美女学生ダンサー6名、その中からたった一人の頂点、GPを決める『12/19:最終審査会』の運営費、そして『かけがえのない一票』をあなたの手で!奮闘する美女学生ダンサーの支援者を募集しています!

プロジェクト本文

はじめまして、私たちは【MissCollegeDancer2017】を運営する学生団体、東京六大学ストリートダンス連盟です。

12/19に行う『最終審査会』の運営のため、支援者を募集しております。

 

ーMCDとは?ー

Miss College Dancerとは、大学生であること、ダンスサークルに所属していることの2点を満たしている
女性限定のミスコンテストです。

本大会は次のようなコンセプトテーマを実現したいと考えております。

 

ーCONCEPTー

躍る女性は美しい。
私たちは「躍動美」をテーマに美を追求していきます。
女性の美といえば「容姿端麗」「洗練された」「パーフェクトな」「奥ゆかしい」
というキーワードが注目されやすいと考えます。
しかし「明るくて元気な女性」「運動などに一生懸命打ち込む、汗をかく女性」
を美しいと感じたことはないでしょうか?
いえ、あるはずです。
私たちは、そのような「躍」っている女性の美しさにフォーカスし、
世の中の女性たちが彼女らの新しい美を追求してもらえるきっかけになればと考えています。

可愛いだけでなく「ダンスを頑張っている」その姿を見てほしいと考えております。

 

―大会概要ー

約120を超える一次候補から11名がセミファイナリストとして選ばれ

9/13の御披露目会を皮切りに、11/1の一次審査会までinstagramやtwitter,公式サイトでのweb投票を通して競い合いました。

http://miss-collegedancer2017.t6sdl.tokyo

そして来る11/1、一次審査会。

ここでのダンス審査が投票審査に加えられ、ついに6名のファイナリストが決定しました。

 

ー一次審査会ー

一次審査会は原宿ASTROHALLにて行われました。

約300名でパンパンの会場はそれぞれの候補者を応援する熱い空気に包まれていました。

そして緊張の瞬間、、、

一位通過から順に一人ずつ名前が呼ばれ

出場者、応援者双方から泣き出す者も、、、

6位通過、最後のファイナリスト名が呼ばれ、会場は歓喜と無念の渦に包まれました。

 

およそ2カ月にわたる11名での一次審査を乗り越え

こうして6名のファイナリストが決定しました。

 

 ー資金の使い方ー

 12/19、GPを決める最終審査会の会場使用料、機材費、審査員招待費用、に使用させていただきます。

目標金額を超えた分は9月からの期間中にかかった撮影費用や一次審査会費用、また来年度大会運営の規模拡大準備費用に充てさせていただきます。

 

ー最終審査会概要ー 

日程:2017/12/19(火)

時間:18:30open 19:20start(予定)

場所:南青山EDITION

住所:東京都港区赤坂8丁目10−22 NEW SHINSAKA bldg.B1

料金:事前¥2,000 当日¥2,500(入場券が会場投票券となります)

内容:ダンス審査(➀13名のナンバーショーケース審査②ソロダンス審査)

   会場投票審査

   また、GP決定の結果発表が行われます。

 

ーリターンについてー

【全リターン共通】

サンクスメールの送信。

大会運営本部による[公式]撮影動画、写真の先行公開。

【¥3,000】

1名様分の当日招待/投票券(チケットの送付はありません当日会場でお申し出ください)

 

===応援はしたいが当日会場に足を運ぶことはできない人へ!!===

【¥3,000】

会場投票の『期日前投票権』1票。

※会場投票は投票母体数の差からweb投票よりも一票の重みが大きくなります。是非会場投票に参加して、応援者をGPにしましょう。

【¥3,500】

会場投票の『期日前投票権』2票。

【¥4,000】

会場投票の『期日前投票権』3票。

【¥4,500】

会場投票の『期日前投票権』4票。

【¥5,000】

会場投票の『期日前投票権』5票。

 

===あなただけに特別なメッセージを===

【¥10,000】一名限定

会場投票の『期日前投票権』1票。

ファイナリスト6名から名前呼びのお礼ムービー。

 

===MCD2017を応援して下さる企業様へ===

【¥20,000】五名限定

当日招待券×2

総フォロワー数約48,000の計6名分のミスコンファイナリストアカウントに『ロゴ/企業紹介掲載』

 

ーファイナリストからの挨拶ー

ファイナリストの6名から挨拶コメントをお届けします。

★No.1 長谷川佳歩

 

所属サークル:法政大学HSD

「ここまで約4ヶ月間、本当にいろんなことがありました。決して私ひとりの力では成し得なかったたくさんのことを、応援してくださる方々の支えのおかげで、経験することができている毎日が、いま本当に幸せです。
最終審査まで、やるからには、グランプリを目指して120%の力を出しきります!その上で、ここまできたら結果にこだわりすぎず、自分のやり方と応援してくださった皆さんへの感謝を大切に、最終審査会までの1日1日をかみしめて活動していきたいと思っています♩」

 

★No.2 八田ゆきの

所属サークル:慶應大学dance crew es

「高校生の頃から憧れていたesに入ることができ、今までesの一員としてダンスを頑張ってきましたが、家族や友人、そしてesに大好きなダンスを通して恩返しをするためにこのミスコンに出ることを決めました。
大変なことも沢山ありますが、
ダンスが出来る環境が整っていることや、支えてくれる仲間がいるという、
この今ある環境に感謝しながら毎日を大切に過ごそうと思います。
そしてミスコン活動を通して、大変なことでもその中に自分なりの楽しみを見つけて、何事にも楽しんで取り組める女性になりたいです。
最終審査当日はサークルの友達だけでなく、宮崎から両親も見に来るので、みんなの前でグランプリを取る姿が見せられるようにあと1ヶ月頑張ります!」

 

★No.3 岡林優里奈

 

所属サークル:慶應大学dance crew es

「今回ファイナリストに選んで頂いて、まだ驚いているのと同時に、少しずつ気持ちを切り替えつつあります。
唯一の1年生で、人脈もダンスのスキルも、周りのみなさんに全然及ばない中で挑む最終審査会は本当に緊張しますし、不安でもあります。
それでもサークルの同期や先輩、友達、家族がいつも応援してくださるのが本当に嬉しくて、もっと頑張ろうと思えるようになりました!
選んで頂いたことを誇りに思ってやる気に変えて、このまま最終審査会まで突き進んでいきたいと思っています!
力不足で不甲斐ない私ですが、もっともっと頑張るので、みなさん応援宜しくお願いします!!」

 

★No.6 成澤かりん

所属サークル:立教大学D-mc

「8月から始まったこのミスコン活動ですが、これまで沢山勉強させてもらいました。大変なこともあるし、悩むこともありましたが、既に参加を決めて良かったと思ってます!そして、自分の周りの人達のサポート、応援に励まされ本当に嬉しくて感謝してます。
残りわすがの期間ではありますが、ファイナリストとしてもっと相応しい存在になれるようまだまだ磨いていきたいです。そして、セミファイナルでは2位通過だったので絶対に勝ちにいきます。ここまで来たからにはあと少し頑張ります!!よろしくお願いします!!」

 

★No.7 清水聖波

 

所属サークル:青山学院大学ADL

「清水聖波です。私はミスカレッジダンサーを通してダンス面の向上、1人の人間として成長したいという思いからこのミスコンに出させていただきました。出てみてわかったことは、楽しいことばかりではなく、大変だと感じることの方が多かったです。ですがその分、周りの人達の暖かさや優しさを改めて感じることができました。私がファイナリストに残れたことも、ここまで頑張れたことも全部皆さんの応援があってのことだと思っています!本番当日は皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに踊りたいと思っています。最後まで応援よろしくお願い致します。」

 

★No.8 本田菜津美

所属サークル:立教大学D-mc

「私は今まで皆さんから応援してもらった恩を、結果で返すため、ファイナリストとして頑張っています。
このミスカレッジダンサーという戦いを通して、経験よりも結果を持ち帰りたい、と強気なことを言ってきましたが、最初は頑張り方がよくわからなくて、悩んだり投げ出したくなったりしたことが沢山ありました。不器用な私にとって、ダンスで表現することの何十倍も自分自身のことを表現することは難しかったです。
頑張ってね、投票したよ、と周りからかけてもらえる声のおかげでここまで来れました。
最終審査会まで残りわずかですが、一生で一回しかないこの経験を悔いなく終われるよう、自分らしくもっともっと頑張ります!諦めません!!」

 

ー最後にー

当イベント、また彼女たちを通して「学生ダンスシーン」というものに興味を持っていただけたら幸いです。

彼女たちの戦い抜いた3か月の最後を飾るにふさわしい舞台を作るために、何卒ご協力をよろしくお願い致します。

 

運営団体 東京六大学ストリートダンス連盟 一同

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください