私たちの学童では餅つきのイベントがあります。通ってくる子ども達も参加される地域の方達もそれは嬉しそうにしております。ところが臼が老朽化しており新しいものにしたいのですが、財政的には厳しいこともあり皆様にお願いしに来たところでございます。

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

札幌の学童保育所 学童クラブ「チャランケ」の菅谷と申します。私たちの学童では季節を通じて様々なイベントを行っており、それらを通じて子供たちの成長を見守りつつ楽しい日々を過ごしております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

 新しい、石造りの臼の購入。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

毎年行われている「餅つき大会」で使用している。臼のことです。現在使用しているのは父母が手彫りで作ってくれた思い出の品であるのですが、年齢劣化が激しく新しく購入を考えています。しかし、財政的に厳しいということもあり、皆さまの力をお借したいと思いました。

▼これまでの活動

 一年生から六年生までの子供が通っています。現在17名。夏はキャンプ、登山、サイクリングをして10日間のキャンプ。冬休みはスキー合宿、スケート、春山登山などアウトドア活動を入れながら日々学校が終わってからの数時間をわいわい過ごしています。

▼資金の使い道

二升用の石臼41,000円、送料4,000円、併せて45,000円に使わせていただきます。

 

▼リターンについて 

ついたばかりのお餅を送りたい!という気持ちはあるのですが、衛生面でなかなか高いハードルとなっています。私たちの学童では森の中で子供たちと遊ぶプロジェクトを行っていますので、そこで切ってきた木材を使ったコースターなどを感謝の手紙を添えて送らせていただきます。

 

▼最後に

 みんなお餅は大好きなんです。よろしくお願いし

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください