はじめまして
eguchifubuki です
  • インドネシア / 
初めてのプロジェクト

初めまして、クーバロンボクアドベンチャー代表取締役の江口吹樹(えぐちふぶき)と申します。
私はインドネシアのロンボク島に移住しバリ島やロンボク島の観光事業に携わりながら今回クラウドファンディングで貧困に苦しむ家族に目を向けた事業を取り組んでおります。


この企画でやりたい事はこの2つです



はじめまして、インドネシア大好き、外資法人クーバロンボクアドベンチャー代表江口吹樹と申します!僕は2014年からJICAの海外協力隊に参加し柔道の指導者としてサモア国へ派遣されました。そこで選手が功績を残し、サモア国から2016年のオリンピック柔道代表監督に任命されました。

その後40カ国を旅した後、インドネシアのロンボク島という島に魅せられ、移住を決意。

この島の魅力を発信する為に、2019年4月に会社を設立致しました。

現地の方達と触れ合う中で貧困に悩む家族や子供が多くいることに気づき、この貧困問題を解決したいと思うようになりました


今現在、コロナ禍によって観光に携わる親達は壊滅的状況!

この島の主要産業は農業や漁業が中心ですが、海の美しいこの島は観光事業も盛んです。その観光事業に携わる家庭の子供達が親の収入低下に伴い、本来行けるはずの学校へも行けず、働かなければいけないという状況になってきています。

そんな状況を目の当たりにして、居ても立っても居られなくなり、その根本の解決を目指すにあたり、皆さまのご支援を募りたくこちらのプロジェクトを立ち上げました。

はじめに、この事業のきっかけとなった私のエピソードからお伝えさせてください。






2017年、僕が初めてこの島へやってきた時から働く子供たちは存在していました。しかし当時は働く事は免れないものの、学校へは通う事ができる子供達が多くおりました。

基本的にはこの島の人達は人の温かさに包まれ、何か困ったことがあれば人々が助け合い、支え合うのがこの島の特徴です。

しかし、2019年からコロナが始まり、国からの支援も満足にもらえない中、観光を軸に生計を立てていた現地の方々が物凄い勢いで貧困になっていきました。

今では観光に携わっていた家族がその日暮らしの毎日で、学校給食の無いロンボクの子供達は満足に栄養を摂ることもできずに働きに出るようになった。というのが今の現状です。

小さな子供が親や家族の為に必死に働く姿を目の当たりにした時、日本で満足な食事や教育を受けさせてもらいながら育った私には、耐えられるものではなく、どうにかして助けてあげたいと思うようになりました。

このプロジェクトで皆様からの温かいご支援があれば、私が受け皿となり子供たちに満足な食事や教育を受けさせてあげられる基盤を作ってあげれます。今回はそんな想いがあり、スタートさせていただく運びとなりました。




インタビューに応じてくれたイマム君(10歳)は学校へはまだ行けているものの、両親が離婚し母親が再婚を繰り返す中、現在の父親に働くよう言われ、毎日路上で食べ物を売り歩いています。

僕が頑張って働かないと弟と妹がご飯を食べられなくなるので頑張らないといけないんだ。と悲しいながらも力強い言葉でインタビューに答えてくれました。

このプロジェクトをより多くの人に知っていただきたい。そして子供達に安心できる日々を送らせてあげたいと心の底からそう感じております。



働いている子供達の理由は様々ですが、その中でも多く存在するのが母子家庭によるものです。母親が一人で子供達を育てながら仕事に励む中、保育園などの施設も不十分な為、どうしても働くことに制限されます。

私たちはそんな親御さん達のために育児をしながらも働ける環境づくりの実現も大きなミッションとして捉えています。

路上で物乞いをしながら生活をする親子





4年前に自ら設立した現地法人をパートナーとした、雇用促進(子供を働かせている貧困層のみに限定)事業を行います。

具体的には対象者を自社で選定(活動報告で途中経過を提示予定)後、スタッフとして雇用。支援者様へのリターンを中心とした仕事の提供、日本販売へ向けた一点物製作、現地での観光客向けの土産商品の制作に従事してもらいます(対象者の7割がモノづくりの方達)

原因の根本解決に向けて子供達の明るい未来を創造することが私たちの最大のミッションです

支援後の流れを図式に致しました。



支援対象者の選定方法:
・コロナにより、子供が働かなくてはならない状況にいる経済的に困窮する世帯
・現地メンバーによる面談後採用
・エリアはインドネシアバリ・ロンボク島を最初のエリアに設定
※支援額に応じ、規模(エリア)を拡大し、できる限り多くの世帯を対象とする事を目指します。




まずは対象者がずっと仕事を続けられる環境を作るために、物産製作事業を成立させ、継続的に仕事ができる状態を目指します。

その後、子ども食堂の設立が出来ることで、自立を諦めた母親にもう一度自分の足で立ち、子供を育てる機会を作り、未来のある子供達がしっかりとした教育と心豊な食生活を育む事ができる環境を作ることが私たちの未来です。


今現在、現地では保育所のようなものはわずかしかございません。そのわずかも金額が高く、とても貧困層の方が払えるような金額ではありませんでした。

母子家庭で働くことに制限がかかってしまう母親達が社会復帰し自立していく為にも、子ども食堂があることで、お母さん達は安心して働きに出られ、子供は栄養のある食事を摂る事ができる。更には親同士が子育てについてコミュニケーションを取ることで、子供に対する教育の学び場にもなる。理由があって働けない方達の為にも子ども食堂は必要なのです。

すぐに実現は難しいですが昨年僕自身で購入した土地を子ども食堂の実現に向けて使う予定です。


このプロジェクトで生まれた雇用から得た利益とこの土地を使って、子ども食堂を設立することが出来れば未来のある子供のためになると考えております。

この最終ゴールを成し遂げる為にまずここで基盤となる貧困層による一点物の土産製作販売を形にする事が重要です。日本の皆様の支援によって助けてもらった事を責任を持って伝え、その恩を一つ一つ製品に込めて感謝を忘れない。そんな人間形成もこのプロジェクトを通じて同時に作っていきたと思っています




これはその第一歩です。どうか皆様一人ひとりのお力添え下さい。もし、少しでも興味を持ってくださった方がいましたら支援をされなくてもいいので一度このページを読んでほしい、そしてたくさんの人に知っていただけるよう拡散していただきたい。どうか、子供達の明るい未来の為に宜しくお願い致します


最後までお読みいただきありがとうございました。本プロジェクトの企画者、そして現地法人kuba lombok adventure代表取締役でもあります江口吹樹と申します。

私は柔道家として20年間を活動を行い、その中でJICAの海外協力隊として活動する中、2016年にブラジルのリオオリンピックのサモア国代表監督に任命され、それを最後に柔道という道から卒業を致しました。

その後は40カ国を旅しながら自分の新たな道を探し、4年前の2017年からインドネシアのロンボク島という島に移住しております。

その時からこの島は日本人に人気のバリ島から飛行機でわずか30分の位置にある島でこんなにも素晴らしい所なのに日本人で知らない方はまだまだ多い、もっと広めたい。そんな想いから観光会社を立ち上げました。

しかし本業の観光をする中でまだ幼い小学生くらいの子供達が両親の為に必死に物売りをする姿や、家族が路上で生活をせざる終えない。そんな状況を見た時どうにかしてあげたいと思うようになりました。

そこで小規模ながらも困っている家族へ仕事を提供したり、子供達の為にボランティア活動を行なってきましたが、コロナという大渦に巻き込まれ、自分個人の力でできる範囲を超えてしまいました。子供の明るい未来のためにもどうにかして助けてあげたい。そんな想いから始まった企画です。

皆様のお力添えでどうか、未来のある子供達を救ってあげたい。そのために私は本業をすべてストップさせ、全社員を導入した上でこのプロジェクト成功を目指す所存でございます。少しでも賛同してくださる方がいらっしゃる事を願い、ご支援、ご協力の程宜しくお願い致します。


代表プロフィール

江口吹樹(えぐちふぶき)1989年10月31日(32歳)中央大学会計学科卒業
・2000年柔道日本一 
・2016年リオデジャネイロオリンピックサモア国柔道代表監督に就任
・2017年40ヶ国旅をした後インドネシアロンボク島で観光業務に従事 
・2018年ロンボク島の魅力に気づき現地で観光会社を設立後移住


・人件費
※半年後は研修、自社のスタッフとして完全雇用を目指します 
・材料費(リターン品)
・CAMPFIRE手数料 (9%+税)
・送料   
・海外輸送費
ーーーーーーーーーーーー
合計:150万円


貧困層の長期的雇用を最優先にしているので頂いた資金の98%は長期雇用実現の為に使わせて頂きます。残りの2%は毎日働く子供たちにプレゼント代として使わせていただきたく思っております。


※リターン品の材料費など多少変更が起こることをご了承下さい。
※上記はあくまで目安とご理解頂ければと思います。
※目標金額を超えた場合、規模を拡大して支援を行います。


2022年1月中旬 〜 リターンサンプル品完成
2022年3月 〜 クラウドファンディング終了
2022年3月上旬〜 面接〜採用の準備スタート
2022年3月中旬〜下旬 リターン製作開始
2022年4月上旬〜 リターン発送開始(海外から日本の事務所へ)
2022年4月下旬〜5月中旬 リターン品日本到着後発送開始


【このプロジェクトを応援、支援したい方向け】
■心よりお礼のメッセージ




3000円支援をしてくださった方には路上で子供達が販売しているミサンガ3本セットを提供致します。
■心よりお礼のメッセージ
■子供達が販売しているミサンガ3本

※ミサンガは子供達から買ったもので全て1点物の為、お選びすることは出来ない事をご了承ください



3000円支援をしてくださった方には選べる南国ピアス3点セットを提供致します。
南の島で現地の方々が作るピアスを9種類揃えました。

■心よりお礼のメッセージ
■ピアス3個(お好きなものを3つお選びください)

※3点からのお申し込みとなりますのでご了承ください。



3000円支援をしてくださった方には選べるスカーフ3点セットを提供致します。
現地の糸を使用した手作り一点物のスカーフ6点から2点が選べる応援コースです。
スカーフにしても良し、肌寒い日の肩がけや膝掛け用にするも良し、軽く柔らかい素材のため緊急事態のタオルにもなる使いやすい商品になります。
※全6色のスカーフはリターンページよりご確認いただけます
■心よりお礼のメッセージ
■スカーフ2枚(お好きなお色をお選びください)

※サイズ:単色の3品は183cm×75cm,柄入り4品は148cm×130cm
※素材:単色はceruty babydole,柄入りはラヨンという素材です
※全6色のスカーフはリターンページよりご確認いただけます



8000円支援をしてくださった方にはお洒落マルチ布2点セットを提供致します。

ちょっと肌寒い日の羽織りものや膝掛け、スカーフやタオルの代わりに、壁掛けやテーブルクロスにもなる万能な布2枚セットがついた応援コースです。
■心よりお礼のメッセージ
■オシャレ万能布2枚
■活動報告メール
※一点物の為写真と類似した商品になります
※お色はお選びにいただけませんが似たような色にならないよう手配させて頂きます
※サイズ1.5m×2.5m/カトゥンテヌンという現地の素材を使った商品です



10000円支援をしてくださった方には以下の3つを提供致します。
【このプロジェクトを応援・支援したい方向け】
■心よりお礼のメッセージ
■活動報告メール
■弊社ホームページ内のブログにてお名前を掲載(希望者のみ)
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
『この企画をうまくいってほしい!そして最後まで見届けたい』そう思って下る方からのご支援お待ちしております。


12000円支援をしてくださった方にはシェル素材で作った一点物お皿3点セットを提供致します。

日本にはあまり見ることのない現地のシェルを使用したお皿3点がついた応援セットです。
小物入れやフルーツプレート使い方は自由でいろんなものに代用が効く素敵なお皿となっております。

■心よりお礼のメッセージ
■シェルのお皿3枚
■活動報告メール


30000円支援をしてくださった方には以下の4つを提供致します。
【このプロジェクトを応援、支援したい方向け】
■心よりお礼のメッセージ
■活動報告メール
■活動報告会(オンライン開催)
■弊社ホームページ内にお名前を掲載(希望者のみ)

『この企画をうまくいってほしい!そして最後まで見届けたい』そう思って下る方からのご支援お待ちしております。


100000円支援をしてくださった方には以下の6つを提供致します。
【このプロジェクトを応援、支援したい方向け】
■心よりお礼のメッセージ
■活動報告メール
■個別に活動報告動画
■活動報告会(オンライン開催)
■現地スタッフよりお礼のビデオメッセージ
■弊社ホームページ内にお名前を掲載(希望者のみ)


『この企画をうまくいってほしい!そして最後まで見届けたい』そう思って下る方からのご支援お待ちしております。


300000円支援をしてくださった方には現地視察ツアーとリゾート旅行券を提供致します。
【観光会社という強みを使った視察&リゾート旅行コース】
この島の魅力の一つである絶景の海でのんびりとした休日を過ごしながら皆様の支援で成り立った現場の人たちの活動を見にいくツアーとなります。
■心よりお礼のメッセージ
■絶景海のリゾート旅行(渡航費はご自身での負担となります)
■現地の工場視察ツアー
■絶景海の3泊リゾート旅行
■活動報告メール
■活動報告会(オンライン開催)

(注意)
・有効期限:2022年5月〜2025年5月(3年間有効)
・渡航費についてはご自身で予約していただく形となります(ご相談可)
・ホテル代は3泊分弊社でご用意しております
・現地に到着から帰国までの間は全日程で通訳可能なガイドコンシェルジュがみなさまに付き、アテンド致します。
・現地での移動は弊社で貸切車をご用意しておりますのでいつでも好きな時に使うことが可能です。そちらも無料でお使いいただけます。
・3泊でのツアーになります。(延長可)
・ツアーエリアはロンボク島ですがバリとのセットも可能です

※支援完了後弊社よりお礼のメールと合わせて絶景海の3泊リゾート旅行ツアーについてのスケジュール日程を含めたヒアリングのご連絡を差し上げます。ご希望を聞いたのち直接ご支援者様とツアー詳細を作成していくという流れとなります。

何かご不明点がございましたらお気軽にお申し付けください

詳細につきましては別途メールにてご相談させて頂きます。



詳細につきましては別途メールにてご相談させて頂きます。



500000円支援をしてくださった方には特別特典付きの以下8つを提供致します。
【このプロジェクトを応援、支援したい方向け特別特典付きコース】
■心よりお礼のメッセージ
■活動報告メール
■個別活動報告動画
■個別活動報告会(オンライン開催)
■弊社ホームページ内にお名前を掲載(希望者のみ)
■代表よりお礼のビデオメッセージ
■現地の活動視察ツアー(有効期限5年)(渡航費はご自身での負担となります)
■現地の活動視察ツアー特典(有効期限3年、コロナ禍で政府の規制などにより行けない場合は更に延長2年有効とさせていただきます)

※万が一5年以上コロナにより渡航が出来ない場合は3000円〜12000円のリターン商品全てを差し上げる形とさせていただきます。

(活動視察ツアー特典について)
・5つ星ホテル3泊分・専用貸切車3日分・日本人専属ガイド3日分・現地でお好きなアクティビティー3回分がセットでついた特別コースです
・渡航費はご自身で予約していただく形となりますのでご了承ください(ご相談可)

※支援完了後弊社よりお礼のメールと合わせて現地の活動視察ツアー特典についてのスケジュール日程を含めたヒアリングのご連絡を差し上げます。ご希望を聞いたのち直接ご支援者様とツアー詳細を作成していくという流れとなります。

何かご不明点がございましたらお気軽にお申し付けください

詳細につきましては別途メールにてご相談させて頂きます。


『この企画をうまくいってほしい!そして最後まで見届けたい』そう思って下る方からのご支援お待ちしております。



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/04/26 21:52

    みなさんお久しぶりです。あれからずっと貧困支援活動をしていてようやく皆様へ返礼品の発送を行うことが出来ました!早い方で明日には返礼品が皆様のお手元へ届くと思います。万が一届かないようなことがあればすぐにご確認させていただきますので今しばらくお待ちください。皆様のご支援のおかげで毎日前進して支援...

  • 2022/03/21 14:11

    みなさんこんにちわ!今回はプロジェクト内でお伝えしておりました、目標支援金額から2%は働く子供達にプレゼントさせていただく。という内容のものについて少し変更がありましたので、そのご報告と、現在の活動報告のお話です。まず変更内容については目標金額から2%分を働く子供達にプレゼントするというもので...

  • 2022/03/20 15:40

    みなさんこんにちわ!今日はご支援くださった皆様へのお話です。返礼品を現在仕入れているところでございますが、まだ布やピアスなど選択可能な返礼品についてリクエストが入っていない方が多数いらっしゃいます。仕入れは21日を持って完了する予定ですので21日の朝9時までにご希望がある方はメッセージにてご連...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください