日本の国民食の1つ焼そば。にも関わらずカップ焼そば業界は低価格ありきの開発から脱しようとしないので、日本のカップ麺技術で出来る究極のカップ焼そばを作りたいと一念発起し、協力工場を見つけました!工場閉鎖問題もあり、最初で最後になるかもしれない究極のカップ焼そばの工場生産プロジェクトにご参加ください

プロジェクト本文

ワケあり!レッドゾーン

読売テレビ 1月27日 日本テレビ 2月1日

「究極のカップ焼そば」が紹介されました!

YouTubeなどでご覧ください

▼はじめにご挨拶

このプロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます

飲食店を経営している42歳、横川 毅(よこかわたけし)と申します

子供の頃からカップラーメンより、カップ焼そばが好きで食べていましたが、飲食店を経営するようになり、カップ焼そばのクオリティに不満を感じるようになりました

現在は、帯広の豚丼専門店から、六本木の高級ワインラウンジまで幅広い飲食店舗を経営する傍ら、汁なしカップ麺評論家として、世界中の汁なしカップ麺を買いあさり、内容を皆様にお伝えしています

▼このプロジェクトで実現したいこと

理想の汁なしカップ麺を求めて、世界中の汁なしカップ麺を食べていますが、メーカーの開発ではどうしても販売するための低価格ありきで、満足できるカップ焼そばにはたどり着けないと判断して、自ら理想のカップ焼そばを作ろうと一念発起しました。工場生産で可能な限りの究極のカップ焼そばを作りたいと思います。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

汁なしカップ麺のジャンルは、コンビニでもスーパーでも肩身が狭く、なかなかクオリティが上がることがありません。ラーメンに比べて女性が好んで食べないという過去データからの思い込みで、各メーカーは独身男性や子供の夜食向けの商品開発しかしていません。なのでどうしても低価格、大盛りありきになってしまうのです。でもこの広い世の中には量より質を求める汁無しカップ麺好きの方や、美味しいなら食べたいと思う女性の方々がいるに違いない!そう思えてなりません

▼これまでの活動

理想のカップ焼そばを追い求めて、世界中のカップ焼そばを買い、食べてきました

現在まで、SNSやブログなどネット上にご紹介しただけでもアジアを中心に550種類以上

生まれてからの汁無しカップ麺は3000食を超えています

▼資金の使い道

全額究極のカップ焼そばの生産コストに注ぎ込み、共感いただいた皆様と「究極のカップ焼そば」を堪能したいと思います

▼リターンについて

最初で最後になるかもしれない、究極のカップ焼そばの出来立てを、工場からご自宅まで直送いたします

すでに工場には発注済みですので、このプロジェクトの締め切り日に完成する予定です

1ケース12個か2ケース24個からお選びください

プロジェクトが終了し、皆様の送付先情報が手に入り次第、順次お届けいたします

▼最後に

たかがカップ焼そば、されどカップ焼そば。名だたる大企業メーカーの商品開発チームが開発しているにも関わらず、タイアップやインパクト狙いの企画ものしか出てこず、カップ焼そばの理想を追求するメーカーはありません

世界一のクオリティを誇る即席麺のカテゴリーで、日本だから出来る世界のトップクオリティのカップ焼そばを創りたい

もはや、カップ焼そばの領域を超えた「究極のカップ焼そば」が完成しました!

時代の流れと共に、閉鎖に追い込まれた工場での最後の生産のチャンスになってしまいましたが

今後TVでも商品のご紹介ができる予定です

放映日が決まり次第ご連絡をいたしますので、是非ご覧ください

 

このちびっ子社長のビッグなプロジェクトに、ご参加をお待ちしております

  • 活動報告

    祝!目標金額達成!!

    2018/02/15

    この度は、名もなき私の企画に沢山のパトロンの皆様にご参加いただき 誠にありがとうございました おかげさまで、無事に目標金額を達成いたしました 残…

  • 活動報告

    皆様ありがとうございます

    2018/02/04

    関西で読売テレビ 関東で日本テレビにて放送された 「ワケあり!レッドゾーン」での紹介で 更に多くのパトロンの方にご参加いただいております 現…

  • 活動報告

    リターン2 2ケース24個が完売いたしました!

    2018/01/28

    今回二つあったリターンのうち、2ケース24個の リターンが完売いたしました 1ケースの方が圧倒的に多いと予測して、2ケースの リターン数を少なめに…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください