福島県出身宮城県在住。



東北を結び、東北と全国を繋ぐ旅人シンガーソングライター。



東北全県と東京を拠点に、全国各地で活動中。



日常に転がっている幸せをすくいあげるような歌詞は、今暮らしている宮城県を始めとする東北各地や、旅先で出会った人や風景が多く登場することから、聴けば情景が浮かび、まるでショートムービーを見ているような気持ちになる。

その歌詞を乗せるポップで温かみのあるメロディー、ポップの中にソウルを感じさせる独特の歌声、軽快なMCで、年間約100本のライブを届けている。

2013年2月 スガシカオライブツアー「Suga Shikao Hitori Sugar Tour 2013vol.43-51」仙台公演のオープニングアクトに選出される。


2014年9月 「JAPAN FOLK FESTIVAL2014」(現GO AROUND JAPAN※http://www.goaroundjapan.com/)1日目の大トリを飾る(@なおポップトリオ名義)。


2014年12月 在住の仙台市にて初のホールワンマンライブを成功におさめる。


2015年 8月第4回第一交通産業グループ『夢をのせて!にっぽん縦断』の宮城県版テレビCMに「TRIPPIN'」が起用。CM主演も果たす。

2015年 11月SENDAI座プロジェクトの舞台『洗い屋稼業』にて舞台音楽を担当。


2016、2017年 かねてからライブ活動の他、カフェライブからインストアイベント、フェスイベントまで数多くのイベントをオーガナイズしている中、主催イベントの中で最大規模の「東北HAPPY HOLIDAY」の2018年からの無料野外フェス化(仙台)を目指し、東北全県開催(2016年6月福島市C-moon、10月弘前市Mag-Net、2017年4月もりおか町家物語館浜藤ホール、7月山形市ミュージック昭和セッション、9月秋田市クラブスウィンドル)を成功におさめる。



2017年7月 スガシカオ氏のオープニングアクトを務めたミュージシャンから10組が収録された全国発売のコンピレーションアルバム「君に聴かせたいうたがあるんだ」の1曲目に「Home」が収録される。



2018年8月 猪苗代湖畔(福島県)にて開催された夏フェス「オハラ☆ブレイク18」への出演を果たす。



2018年10月 自身が発起人を務める「東北HAPPY HOLIDAY」を初の無料野外フェスとして仙台市青葉区西公園(お花見広場)にて開催。約3000人の来場を記録し、成功におさめた。



また、河野圭佑、maruyaMAXとの「@なおポップトリオ」としても活動中



趣味は野鳥観察。



一眼レフカメラで身近にいる野鳥約40種を撮影し、タイトル「鳥おじさん。」で写真集を自主制作。CDに負けを取らない売れ行きを見せた他、鳥の鳴き声が出る楽器“バードコール”を自作し販売している。


----------------------------------------------------------------

ステージがはじまる前のざわめき、静かにはじまるアコギ、そして歌・・・。

@なおポップさんの音楽は、そうゆう時間や空気、全部を含んでる。

だから彼の音楽は誰とでも握手できるし、どんな場所にも行ける気がする。

by スガシカオ

ー ご挨拶 ー

いつも応援してくださっているみなさんも、初めましてのみなさんも、このプロジェクトページにアクセスいただきありがとうございます。

仙台市在住のシンガーソングライター@なおポップ(ナオポップ)と申します。

福島県福島市の生まれで、大学の進学を機に宮城県仙台市(太白区の長町という町に住んでいます)に移住させていただき、今年で18年が経とうとしています。

まだ福島で生活していた高校生時代、

「目指せジャッキー・チェン」という夢を抱き、幼少期から続けてきた空手で強豪校に入ったものの、続けることができず挫折しました。

そんな時にクラスメイトから「学園祭でバンドやってモテようぜ!」という、よくありがちな誘いを受けたことをきっかけに、人前に立たせていただくようになりました。

ちなみに、結果的に誘ってきた相方はモテましたが、僕はいつも間を取り持つ役回りで、全然モテませんでした笑

でもそれが大きなターニングポイントとなったことは事実で、誘ってくれた親友にはいつも感謝しています。

現在は仙台で暮らしながら、東北6県全域、関東を中心に各地で歌を歌わせていただいております。

長らく代表曲として歌わせていただいている楽曲はこちら。
(ちなみにこのMVで出てくるお家は、元相方の自宅です笑)

※派遣社員として働いていた頃の上司をモチーフに書かせていただいた実話です。


ここ2年は、なかなか頻繁に生ライブへ足をお運びいただくことが難しい方も増えたかと思うので、全国

どこからでのお楽しみいただけるように配信ライブを展開したり、カバー曲の映像を撮ってみたりもしています。
※竹森マサユキさんとともにストーブ囲んでのまったり配信の模様です。

★SNSなども含め、活動のアレコレはこちらのリンクからすべてにジャンプできるようになっておりますので、もしよろしければ覗いていただけたら嬉しいです。
https://lit.link/naopop
そしてみなさんが見やすいSNSなどでフォローいただけたら励みになります。


アコースティックギターの弾き語りで歌わせていただくことが多いこともあり、これまでライブハウスだけでなく、カフェや喫茶店、居酒屋さんなどの飲食店さんでのライブや、古民家や蔵など古き良き場所での演奏、ショッピングモール等でのインストアライブ、各種お祭りやイベントでのステージ、更にはホームパーティーまで、様々な場所で歌わせていただいてきました。

大御所ミュージシャンのライブツアーでオープニングアクトに選出いただいたり、名だたるミュージシャンのみなさんが出演される野外フェスで歌わせていたり、貴重な場面でも演奏をさせていただきました。
(詳しくはオフィシャルHPをご覧くださいませ)


近年では、全国を旅する中で出会った凄腕ミュージシャンを一挙仙台に招いての無料野外フェスティバル「東北HAPPY HOLIDAY」の主催をさせていただいたり、

※こちらも、CAMPFIREさんを通してたくさんのみなさんに支えていただいております。
https://camp-fire.jp/projects/view/475508


感染対策を徹底しながら、人生最大のホールワンマンライブに挑戦させていただいたりもしました。


ー 何故無料野外ワンマンライブに挑戦したいのか ー

このようにたくさんのご縁や応援のおかげで歌い続けてくることができました。

そして今年の9月、音楽活動20周年という節目を迎えさせていただきます。

そんな今年は、

これまで応援いただいたみなさまへの恩返しになるような、いま心をそばに置いてくれているみなさんが一緒にドキドキしてくれるような、そして新たな出会いにも繋がっていくような、

"次のステップ"に挑戦したい!と、たくさん考えました。

そこでふと、昨年SNSを通してファンのみなさんに呼びかけさせていただいたWEBアンケートを思い出しました。

"@なおポップのどこが好き?"と題して、様々な角度からファンのみなさんに投げかけさせていただいた質問の中で、

「どこで歌っている@なおポップのライブが好き?」

という質問がありました。

ライブハウス、ストリートライブ、カフェライブ、古民家ライブ…など、たくさんの選択肢を設定した中、一番多くの票が集まったのが「野外ステージ」でした。

意外でした。


僕の音楽活動の中で、おそらく一番多いであろうシチュエーションはカフェライブや居酒屋ライブなど、飲食店さんでのライブなので、おのずとそこに票が集まると思っていたのです。


そのアンケート結果を思い出して、

「僕のことを好きだと思ってくれているみなさんが"好きだ!"と思ってくれているシチュエーションで、特別なライブをしたい」

と思ったのです。


それがこの無料野外ワンマンライブを決意した一つ目の理由です。


…あと2つあります(笑)

もし良ければお付き合いください。

2つ目は、このアンケート結果の流れで感じたことなのですが、

おそらく、野外ステージでの僕が好きと答えてくださった方々の多くは、主催フェス「東北HAPPY HOLIDAY」での僕のイメージがあるのかな?と考えました。

ハピホリ(東北HAPPY HOLIDAY)は「僕の大好き」をみなさんにお届けするフェスなので、

@なおポップ=ハピホリでの野外ステージ

というイメージを抱いてくださっている人が多いということであれば、この上なく嬉しいことです。

でもひとつだけ、

このフェスでは"いち主催者"であり"いち出演者"であるということに拘り続けているので、毎年トリの出演者としてステージに上がる時には、本当に体力の限界寸前の状態です。
(約6か月間の準備期間を経て、前日からの会場準備、当日早朝からの運営を経て、ステージに立たせていただきます※翌日には片付け、その後も事務的な手続等に約1か月を要しています)

それがまた、とても生きている感じがするし、みんな大好きだし、最高に幸せな景色を見れる瞬間なのですが…

自分自身で選んでいることだし、たくさんの人に支えてもらっておきながら、

とてもとても、贅沢なわがままな気持ちとは承知の上ですが

「できることなら、気持ちだけじゃなくて、体の状態も最高なまま、あそこで歌いたい」

という気持ちを毎回片隅に感じながら終演を迎えてきました。

でもたぶんきっと、ハピホリでそれを実現できるのは、もっともっと先のことになると思います。
(ハピホリがもう嫌だということでは全くないので、勘違いしないでくださいね笑)

だからこそ別な場で「歌う事だけに集中する、特別な野外ステージ」に挑戦したい、と思ったのです。


今回の会場の勾当台公園野外音楽堂にまつわる理由もあって。
(いよいよ3つ目です。目をこすり始めているあなたも、どうかもう少し、お付き合いください)

もう12年も前の話になりますが、仙台の「夕涼みコンサート」という、メジャーアーティストさんが多数出演されるイベントのオープニングで演奏する機会をいただきました。

その会場が勾当台公園の野外音楽堂だったのです。

(その頃の僕がこちら笑)


地元の福島から出てきて6年くらい経って、やっと仙台の大きなイベントで歌わせていただけたことが、とても嬉しかったことを覚えています。

同時に「またここで歌えるように頑張ろう」というのが目標のひとつとなりました。


随分と時間が経ってしまいましたが、あれ以来あの野外音楽堂には立っていません。


「今そばにいてくれる最高のメンバー、仲間、そしてファンのみなさんと一緒に、あの頃の夢を実現して、その先に進んでいきたい」そう思い、この場所でのワンマンライブに挑戦することを胸に決めました。


ー このプロジェクトで実現したいこと ー

このような理由から、この度は暮らしのある仙台という街の中心に位置する公園の野外音楽堂で、とっておきのワンマンライブを実現したいと思っています。

会場が"公園"という場ですので、基本的にはどなたでもご覧いただける、言わばフリーライブです。

※もちろん、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、観覧エリアが密にならないようスタッフによる誘導等はさせていただきます。

しかし、開催にはメンバー・スタッフの人件費、音響照明や発電機等の設備費、よりたくさんの方にライブを知っていただくための広告宣伝費等様々な運営費が必要となります。

本プロジェクトでは、このページをご覧いただき「応援するよ!」「一緒にライブを作るのって楽しそう!」と思ってくださったみなさんと"一緒に楽しみながら「その瞬間」を迎えるため"のプロジェクトとして立ち上げさせていただきました。


ー メンバーについて ー

今回のワンマンライブではともに歩んで来たメンバー(@なおポップトリオ)も一緒に演奏いたします。

■河野圭佑(ピアノ、コーラス)
https://twitter.com/kounokeisukebee

けーちゃんです。
僕の隣にいてくれるときは、主にピアノの演奏とコーラスを担当しております。

普段はシンガーソングライターとしてピアノやギターを弾きながら歌を歌っています。


出会ったのは2011年2月5日のこと。

仙台のREMEMBERというライブ会場での共演でした。

それまでも、ピアノを弾いて歌を歌うミュージシャンともたくさん出会ってきましたが、それまでとは違う感覚でした。

僕は、恥ずかしいことに音楽の理論とかにはとても疎くて、技術的なことの説明とかはあまり得意ではないのですが、初めてけーちゃんの演奏を聞いた時は直感的に

「この人のピアノで歌えたら、絶対幸せでいられるんだろうなぁ」と想像しました。

一緒に演奏するようになって、

その想像は現実として僕の身に、心に宿り続けています。

ワンマンライブ当日は、僕が確信したその音を堪能いただきつつ、

けーちゃんのピアノと一緒だからこそ、

ボーカリストとしてだけでなく、人間として、その瞬間にしか出せない表情の歌声が沸き上がってくる瞬間を、是非目の前で感じていただけたら嬉しいです。


■maruyaMAX(パーカッション)
https://twitter.com/per_maruyamax

マルさんです。
この写真を貼ってみましたが、あまりの迫力に驚いております(笑)

出会ったのは2011年の9月18日のこと。

東京のCOLORED JAMという会場で、共演者のサポートとしてパーカッションを叩いていました。

その日に、気さくに「いつでもサポートで東北にも呼んでよね!」と声をかけてくれたことをきっかけに、一緒に演奏するようになりました。


弾き語りでの演奏とトリオでの演奏で大きく変わる点として"リズム楽器が入る"というのが挙げられるかもしれませんが、

マルさんのパーカッションは、重厚で迫力ある音だけじゃなくて、むしろ弾き語りの時よりも優しさや繊細さを引き出されるような音も刻んでくれるので、これもまた、そこでしか出せない声で歌えたりするんです。

マルさんと2人でステージに立ったことも何度かありますが、それはギターボーカル&パーカッションみたいな関係ではなく、デュオとして一緒に歌っているような時間でした。

そんな太鼓叩き、マルさんのリズム、そこに混ざり合う@なおポップの楽曲たちを是非肌で感じでいただきたいです。



■中川和寿(絵描き※ビジュアル担当)
https://twitter.com/kaz_peliot

忘れてはいけない今回の4人目のメンバーは、絵描きの中川の兄さん。

有名フェス「ARABAKI ROCK FEST.」や「オハラ☆ブレイク」でも舞台美術やグッズデザインなどで活躍されている、宮城を代表する絵描きさんです。

2014年11月23日、仙台のforsta(ファシュタ)というカフェでのイベントで共演したことをきっかけに、ワンマンライブで衣装にペイントをしていただいたり、DVDのジャケットを手掛けていただいたりしましたが、特にこの2年間でご一緒させていただくことが増えました。

「ライブドローイング」という、演奏に合わせてその場で水彩画を次々と描いていくパフォーマンスでタッグを組むことが多くなり、配信などもたくさんご一緒してきて、すっかりお馴染みメンバーとなっております。

※盛岡市のSoRa cafeさんにて、仙台在住のシンガーソングライター仲間Lihoちゃんも加え3人で開催させていただいたイベントのアーカイブです。

そこに鳴る音をもとに、

様々な色使いで広がっていく世界や、

動き出しそうなモチーフ(登場人(動)物)たちは、

そこにいるみなさんを物語の中に引き込んでいきます。

きっとあなたも、虜になることでしょう。

当日具体的にどのようなパフォーマンスをするかは後日の発表をお楽しみに!


ー 資金の使い道 ー

・会場使用料
・音響、照明、発電機等の設備費
・専任スタッフの人件費
・お手伝いスタッフのお弁当代
・広告宣伝費
・リターングッズの制作費、送料
・メンバーの出演料、旅費交通費
・CAMPFIREさんへの手数料

こちらが、ワンマンライブおよび本プロジェクト開催に当たって最低限必要となってくる経費でございます。
みなさまからのご支援はここへ使わせていただきます。

目標額は最低限の金額で設定しています(関係者のみなさんのご理解で上記をギリギリで賄える金額)。

目標額を上回って終了できた場合「はみ出たお金は僕が全部出演料としていただきます!」…なんてことはみじんも思っていなくて(家族には怒られそうですが笑)、そうなれば更にできることが増えていくと思います。

音の質、照明や装飾の豪華さ、ゲストを呼べるかも?…いろんな想像を膨らまして実現することに使わせていただきます。


ー リターンについて ー

今回は限定グッズ関係のリターンに加え、体験型や特権を取得いただくようなリターンもたくさん考えてみました。

数量限定のものばかりとなり恐縮ですが、ひとつひとつ手作りらしく丁寧にお届けできたらと思っています!

是非楽しみながら応援いただけたら嬉しく思います。


ー 最後に ー

僕の歌の世界は、特別なものではないと思っています。

暮らしの中で生まれた曲や旅先で出会った人の曲、そこから派生した物語を歌うことが多いです。

なので、聞いていただくみなさん一人一人のハートに全てがはまるとは思っていません。

それでも、共感いただける一言(フレーズ)や、一緒に想ってもらえるような瞬間、口ずさみたくなるようなメロディーがあったら嬉しく思いますし、

それぞれの感覚で感じ取っていただくことで、ずっと埋まらなかったパズルのピースが見つかるきっかけになったら嬉しいです。

4月17日は、この20年間たくさんの出会いや想いに支えられながら作り続けてきた音楽を、心いっぱい体いっぱい仙台に響かせます!

その瞬間を、あなたにも一緒に向かえていただけたら、とても心強いです。

そして最後に、

"今だからこそ"

生の音楽は必要なものだと信じています。

応援よろしくお願いいたします!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/05/02 17:34

    こんにちは!@なおポップでございます。4/17に開催させていただきました、活動20周年記念ワンマンライブ「この町に暮らして2022」in 勾当台公園野外音楽堂につきまして、クラウドファンディングにて応援いただきましたみなさまへのリターングッズの発送を開始させていただきました!当初4月リターン予...

  • 2022/04/22 20:00

    こんばんは。@なおポップです^^着々とみなさまへのリターンの準備も進んでおります。先ほど映像ディレクターの草刈晋くんから、映像データも届きまして、これからチェック作業に入ります!(ちょっと見たけど、もうウフフです)けーちゃんにポストカードを送る準備も出来たので、河野家へ発送してみんなへのサイン...

  • 2022/04/19 19:54

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください