【あふりかあさん…アフリカの布×ニッポンのおかあさん】 西アフリカ・セネガルで、布をたくさん仕入れたい!! 元気なアフリカの布で、みんなを元気にしたい!! みんなで繁栄していきたい♡!!

プロジェクト本文

▼ごあいさつ『私とアフリカ』

はじめまして。ジァニュ智子と申します。東京の下町で、セネガル人のパートナーと、3人の子供達と暮らしています。

小さい頃からアフリカに憧れ、ものづくりが好きな子供だった私。はじめてアフリカに行ったのは、25歳の終わりのことでした。

デザイン学校出身の私は、絵の修行をすると言って両親を説得し、東アフリカ・タンザニアへ渡りました。タンザニア人の家庭にホームステイし、ティンガティンガという、6色のペンキと灯油を使って描く動物たちの絵を、毎日ひたすら描いていました。

1年以上におよんだタンザニア生活は波乱万丈で、私の人生に大きな影響を与えました。

師匠であり唯一の友人でもあった、師匠の死。水道も電気もない村で、裸足になって太鼓を叩く生活。アフリカ最高峰キリマンジャロの頂上付近で見上げた、満点の星空。360度地平線が広がる果てしない大地と、そこに暮らす動物たち。

たくさんの出来事がありました。隣国への旅行を含め、息をのむ景色に、たくさん出逢いました。

でも、私にとって一番印象に残ったものは、現地で暮らす人々の姿でした。とくに女性、おかあさんたちの、凛として美しく、ユニークでおおらかな、生き生きとした姿。

アフリカの人達は、いつもお互いを思いやり、ジョークも嫌味も気持ちよく飛ばし、楽しいときや嬉しいときは、思いっきり笑います。悲しい別れのときも、、彼らはいつも、自分の感情に正直です。人と人との距離がものすごく近く、おせっかいを焼き合いながら、とてもにぎやかに生活をしています。そんな彼らの姿を間近に見ているうちに、

ゆたかな人生だなぁ

私はそう、思うようになりました。

そして、私が心奪われたのは、女性たちの生活に密着している、色とりどりの布たち。

アフリカの女性たちは、自分のジャストサイズに服を仕立てたり、頭に巻いたり、赤ちゃんをくるんだり背負ったり、シャワーのあとはタオルのように巻いたり、布をとても器用に使いこなします。

アフリカ生活が長くなってきた私は、現地の女性がしていたように、布を洋服代わりに巻く、ということをし始めます。母親がパッチワークをすることもあり、お気に入りの布を見つけては買うことが、私の楽しみでもありました。

10代後半から、モノトーンの洋服ばかり好んで着ていた私ですが、だんだんとアフリカの布に魅了されていきました。色とりどりのアフリカの布たちは、私を元気にしてくれる、最高のハッピーアイテムです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

①アフリカの布

アフリカの布、と一言でいっても、昔ながらの貴重な織物や、プリント生地、染めものなど、様々な布があります。

アフリカ、と聞いてよく連想されるであろう、鮮やかな鳥や蝶のようにカラフルな原色の布から、とても上品な色使いのもの、渋いもの、高級感がある生地など、ほんとうに様々です。

ちなみに、私の主人の母(つまり私の姑)は染色家です。丁寧なようで大胆、計算なのか偶然なのか、、彼女の染める布たちは、いつも表情豊かです。

もしかしたら、鮮やかすぎる布を想像されて、敬遠される方もいるかもしれませんが、日本の着物や帯を思い出してみてください。鮮やかな生地に、さらに鮮やかな帯を合わせる。私達の国には、鮮やかな色を身にまとう、粋な文化が昔からあります。

日本人にとってアフリカの布は、どこか懐かしい気持ちにもさせてくれ、実は意外と取り入れやすいもの。

人生の大先輩である、お針子のおかあさん達や年配のお客様の反応を見るたび、私はそう感じずには入られません。そして、アフリカ布を、ますます身近に感じ、ますます大好きになるのです。

②あふりかあさん誕生

帰国後、現地で覚えたスワヒリ語の通訳の仕事をしていた私は、ステージ衣装としてタンザニアで買ったワンピースを着ていました。そしてあるとき、自分の中にある、とある想いに気付きます。

アフリカの布が好き。

パッチワークをする私の母親のまわりには、針や糸やミシンを何十年も扱ってきた、おかあさんたちがいました。

アフリカでちょっとした布小物を買うとき、生地は素敵なのに、ファスナーなどの部品がすぐ壊れてしまったり、裏側の処理があまかったり、、長く使うことが出来なかったり、プレゼントするにはためらわれたり、、残念に思ったことが、何度も何度もありました。

さらに、1年以上にわたるタンザニア生活で、結構な量を買い集めていたアフリカの布たちが、私の元にはありました。

これらが、ひとつにまとまったのです。

とても綺麗な針仕事をする、元気なニッポンのおかあさん達と、アフリカの元気な布たちの、元気なコラボレーション。

あふりかあさん、誕生の瞬間でした。

 

③自分らしく生きる

あふりかあさんが、まさにこれから、というとき。

東日本大震災が起こります。

私は、あふりかあさんのタグの納品のため、都内のとあるビルの中にいました。

その数日後、友人だったセネガル人男性、現在の主人に突然プロポーズされ、私の人生は激変します。半年の婚約期間を経て、私達は結婚しました。妻になり、母になり、目の前の日常に追われ、あふりかあさんプロジェクトは、少しずつ影を潜めていきました。

1人目の娘を35週で早産したことを機に、私は、体や健康について学び始め、女性の健康にまつわるセミナーや、発酵茶などのお教室などを、自宅で開催するようになります。

転機は、想定外だった3人目の妊娠と、その産後。3人の子供達の育児や、仕事で手いっぱいになって、限界を感じたときのことでした。

自分らしく生きたい。

そんな声が、、聞こえてきました。

妻である自分も、母である自分も。もちろん私自身ではありますが、家事や育児や、結婚前の人間関係のしがらみなどを言いわけにして、私は長いこと、自分の想いに向き合わずに生きていたのです。裸の自分と向き合ったとき、私はようやく、自分の声に気付くことが出来ました。

自分らしく生きようと決め、Facebookのプロフィールをアフリカ衣装の写真にしました。

④あふりかあさん再スタート

あふりかあさんを始めたときの私は、ただのアフリカ好きな、自由なひとりの女でした。

あふりかあさんをお休みしていたあいだに、セネガル人男性と結婚し、私はアフリカと家族になり、長女が生まれ、長男が生まれ、次男まで生まれ、私は3児の母になりました。

正直、アフリカが好きで理解があるつもりでも、いざ家族になってしまうと、文化の違いに戸惑ったことも、数えきれませんでした。大好きだったはずのアフリカを、嫌いになりそうになったことも多々あります。

それでも、やっぱり。

私はアフリカが好きです。

そして、アフリカの布に惹かれてやみません。

母になった私で、
もう一度、あふりかあさんをやりたい。

そう、強く心に決めた私が、まず陥ったのが、時間の捻出の難しさ。今、私の背中には、生後半年の次男がいます。そしてまだ小さい上の2人も、、制限やハンデは、少なくありません。

けれど、ようやく気付いた自分の想いに、もう蓋はしたくない。

そう思って奔走した結果、無理がたたり、ついに倒れてしまった私は、とても大切なことに気付きます。

無理なものは、手放すこと。

一人で抱え込みすぎず、頼ること。

そして、助け合うこと。

まさに、アフリカで教えてもらったことばかりだったのです。

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

『母は繁栄の象徴』

現在の日本は、既製品にあふれています。狂いがなく無機質な既製品が、買ってきたお惣菜だとすると、あふりかあさんの作品は、いわばおかあさん達が心を込めて作った、あたたかい手作りごはん。

おかあさんの作品たちから、とてもあたたかなエネルギーを感じるのは、元気なアフリカの布だけによるものではなく、おおらかなおかあさんたちの、あたたかい手仕事ゆえ。私は、そう思っています。

アフリカで『おかあさん』といえば、とても尊敬され、みんなから愛される存在。私自身も母になり、命を育み育てる母親の大変さ・偉大さを、体感している毎日ですが、子育てや日常に追われて心身ともにこたえたとき、私はふと、アフリカで出逢ってきた、おおらかなママたちの姿を思い出すのです。

あふりかあさんプロジェクトの大切な存在、日本のおかあさん達も、おおらかな包容力に満ちています。いろんな人生を経験されてきたおかあさん達の、おひさまみたいな笑顔が大好きで、いつもお話するたびに、元気をいただいています。

さらにここにきて、想いを形にするお手伝いをしてくれる心強いメンバーが、ひとりふたりと増えています。ほんとうに、涙が出るほど嬉しいです。当初のメンバーが、皆さんおかあさんだったことも、『あふりかあさん』と名付けた理由のひとつですが、おかあさん以外にも、賛同して協力してくれる方々が出てきました。

今の私にとっての『おかあさん』は、女性であるとか子供がいるとか、そういったことではなく、『あたたかいものを生み出す【繁栄】の象徴』です。そういった想いを込めて、『あふりかあさん』という名前を、私はこれからも使っていきたいと思っています。

第3子が生まれてしばらくして、Facebook上とブログ上で、あふりかあさん再始動の宣言をしたとき。ずっと待っていてくれた人や、応援してくれている人が、たくさんいることを知りました。ほんとうに、胸が熱くなりました。ほんとうに、ありがとうございます。

私はひとりじゃないんだと、みなさんに教えていただきました。ひとりではなし得ないことが、必ず出来ると信じています。

アフリカの布を通じて、

みなさんと元気になりたい。

みなさんと繁栄していきたい。

私は、本気でそう思っています。

 
▼最後に

今の私が困っていること。

それは資金不足。布不足です。

今、あふりかあさんで使っている布の多くは、私が過去に行ったタンザニアとセネガルで、個人的に買ってきたものです。それらの在庫が、かなり少なくなってきています。

ここにきて、主人の仕事のお休みが取れたため、来年の1月に、3年ぶりにセネガルへ帰省することになりました。

現在の、制限まみれの私には、アフリカの布を仕入れするだけの、十分な費用がまだ用意できていません。

突然決まった、絶好の、布の仕入れのチャンス。

そこで、クラウドファンディングに挑戦させていただくことにしました。

ものすごくドキドキしていますが、私がどれだけ本気なのかを、それをどれだけ皆様にお伝えできているのかを、知ることが出来るのでは、とも思っています。正直すごく怖いけれど、、前に進むと決めました。

私に、布の仕入れをさせてください。

そして、あふりかあさんを応援してください。

心から、どうぞよろしくお願いいたします。

 
▼これまでの活動

主にタンザニアとセネガルで買ってきた布たちを使って、日本のおかあさん達と一緒に、数々の物づくりをしてきました。セネガルでは、泥染めの布を使ったバッグや靴などを、現地の職人と共作しました。

あふりかあさんを始めてからは、アフリカに渡るときには必ず日本のおかあさん達の作品を持参し、綺麗な手仕事を紹介しています。

 

 

アフリカの生地を通じて、

日本のみなさんに元気を届けたい。

アフリカのことを知ってほしい。

アフリカのイメージを変えたい。

 

アフリカのみなさんにも、

車や電気製品などだけでない、日本のことを知ってほしい。

日本のおかあさんたちの、あたたかく綺麗な手仕事を見てほしい。

 

そんな想いで、活動をしています。

 
▼資金の使い道

2018年1月にセネガルに帰省した際、今後あふりかあさんで使用する、アフリカの布を仕入れさせていただきます。

・日本〜セネガル渡航費用(大人1人分)

・アフリカ布仕入れ費(運搬費、梱包費なども含む)

 

資金が多く集まった場合は、プロジェクトに必要な諸経費に充てさせていただきます。

・東アフリカからの布の仕入れ費(2018年内予定)

・日本で用意する各パーツなどの材料費

・ベビー&キッズライン用コットンタグ製作費 など

 
▼リターンについて

今の私に出来うること、大放出させていただきます。みなさんに喜んでいただけるリターンを、心を込めてご用意いたします。いずれも、2018年3月以降の対応となります。

 

★【お気持ち支援】(3,000円)

お礼のメールを、お送りさせていただきます。

 

★【お気持ち支援】(5,000円)

お礼のお手紙を、お送りさせていただきます。

 

★【お気持ち支援】(10,000円)

お礼のお手紙を、お送りさせていただきます。

ちょっとしたセネガルのお土産つき。

 

★【お気持ち支援】(50,000円)

お礼のお手紙を、お送りさせていただきます。

私が撮影したアフリカ写真集つき。

 

★【お気持ち支援】(100,000円)

お礼のお手紙を、お送りさせていただきます。

セネガルのお土産と、私が撮影したアフリカ写真集つき。

 

★【アフリカ布セットA】(3,000円)

元気が出る、アフリカの布をお送りします。

柄・種類・サイズ・枚数はおまかせとなりますが、40cm×40cm程度のもの6枚前後で予定しています。

(布の種類により、サイズ・枚数は変更の場合あり)

(発送は日本国内のみ)

 

★【アフリカ布セットB】(5,000円)

元気が出る、アフリカの布をお送りします。

柄・種類・サイズ・枚数はおまかせとなりますが、40cm×40cm程度のもの10枚前後で予定しています。

(布の種類により、サイズ・枚数は変更の場合あり)

(発送は日本国内のみ)

 

★【アフリカ布セットC】(10,000円)

元気が出る、アフリカの布をお送りします。

柄・種類・サイズ・枚数はおまかせとなりますが、90cm×110cm程度のもの4~5枚で予定しています。

(布の種類により、サイズ・枚数は変更の場合あり)

(発送は日本国内のみ)

 

★【ジァニュ智子なんでもコンサル・1時間】(7,000円)

私のお答えできる範囲内で、なんでも話し放題・聞き放題!

*例:国際結婚、配偶者ビザ、割礼、出産、生理トラブル、子育て、予防接種、ポジティブマインドの秘密など。ご相談内容は、一切口外いたしません。

(Skype、zoomなどで対応。日時・内容は事前にご相談)

 

★【コンブチャスターターセット】(10,000円)

おいしいコンブチャ生活を、スタートできるセットです。

テキスト、コンブチャ株、無農薬紅茶、すぐ飲めるガラスボトル入りコンブチャ2種を、クール便でお届けします。コンブチャを仕込むガラス瓶とお砂糖はつきません。

1時間のオンライン講座+1ヶ月メールフォローつき。

(Skype、zoomなどで対応。日時は事前にご相談)

(発送は日本国内のみ)

 

★【アフリカママで記念撮影♡】(10,000円)

ご用意したアフリカの布から、お好きなものをお選びください。そちらを頭に巻いていただいた状態で、私が最高のお写真をお撮りします。布は割引価格でお買い上げも可。データは後日、メールでお送りします。

(江戸川区の自宅にお越しいただける女性限定)

(江戸川区周辺は出張可。事前に要相談)

  • 活動報告

    【フリフリおこさまエプロン♡】

    2017/12/11

    【フリフリおこさまエプロン♡】 https://ameblo.jp/diagne/entry-12335601213.html   あふりかあさん再始動にあたり、 絶対作る!と決めて…

  • 活動報告

    【フェアトレード?現地雇用?】

    2017/12/11

    ※12月9日に書いたブログです。 【フェアトレード?現地雇用?】 https://ameblo.jp/diagne/entry-12334990249.html   あふりかあさんって…

  • 活動報告

    【アフリカの布たち♡ご紹介その①】

    2017/12/11

    ※12月7日に書いたブログです。 【アフリカの布たち♡ご紹介その①】 https://ameblo.jp/diagne/entry-12334449220.html   たぶん、アフリカ…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください