石田三成公を癒し匿った隠里、知る人ぞ知る(滋賀県)近江国古橋村。そこで何が起こったのか地元だけで口伝えられてきた史実を地元育ちの私が皆さんに伝えます。そのための本を出版しお届けしたい。本の中から当時の古橋の光景を垣間見て頂ければ幸いです。

プロジェクト本文

「山霧─三成のしずく(仮)」全79ページ プラス 後書き

本の中で古橋に訪れてみませんか?そういう本です。


プロジェクト終了間近となってまいりました。

これまで、ご支援下さった方、感謝致します。

必ずリターンをお届け致します。

 

あと10日ほどですが、協力して頂いている方々とともに、

そして、その方々のためにも、頑張ります。

 

現地の語り部の方とお話してみて初めてわかる話もあると思います。

それを物語にしてお伝えしたいと思って書いた本です。

本の中から古橋を訪れてみて頂きい。

古橋の光景を本からご覧になっていただければ、幸いです。

   

  • 活動報告

    表紙デザインが概ねできてきました!

    2018/01/30

    思いの外日にちがかかり、申し訳ありませんm(_ _)m 鋭意製作中でございます。 やってみなければわからない事ってたくさんありますね。 予定をたてる…

  • 活動報告

    本のタイトルが変わりました。

    2018/01/22

    皆様、お世話になっております。 本のタイトルですが、私としては思い入れのあるタイトルだったのですが、読者様の視点から見ると、読後にやっと意味がわか…

  • 活動報告

    古橋に残る七つの伝承 オマケ(*^_^*)

    2018/01/16

    七つ、書き上げましたけれど、実は七つだけではないんです(*^_^*) 今日はクラウドファンディン最終日。 皆様方にはお世話になりました。感謝致します。 …

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください