はじめまして
sushinosuke です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

2022年4月上旬、新橋駅前のニュー新橋ビルにオープンする寿司店。メニューはおまかせのみで8800円。つまみや一品料理などがついて合計20品前後と、ボリューム満点のコースを提供する。コースにはウニやいくらなど高級ネタも豊富に用意し、たっぷりいくらを散りばめた小丼も提供。またマグロは、本マグロだけにこだわらず、南マグロやインドマグロなどさまざまな種類を視野に入れ、その日もっとも状態のものを厳選して仕入れ。シャリにもこだわり、赤酢、米酢、黒酢を独自の配合でブレンド。落ち着いたトーンでまとめられた店内は、まるでバーのように居心地よく、カジュアルな雰囲気のなか、お腹いっぱい寿司を楽しめる。

新橋地下に広がる別世界。色気漂うカウンターで夢の食べ比べができるおまかせ寿司誕生


新橋のランドマークである老舗商業ビル「ニュー新橋ビル」。気楽で、どこか懐かしさが漂う飲食フロアは、仕事終わりのサラリーマンでにぎわっています。

そんなニュー新橋ビルに新風を吹かせる異色の寿司店がこの春、誕生。その名も「おまかせ寿司 すしのすけ」。他店とは一線を画すモダンな空間で、破格のおまかせ寿司を提供します。

すりガラスの扉の先には、わずか8席のカウンター。限界まで落とした照明とは対照的に、ピンスポットで輝く壁一面にずらりと並ぶ日本酒やワインボトルの数々―。

小粋なバーを思わせる異空間に、胸が踊ることでしょう。

シックでモダンな空間で堪能できるのは、様々な寿司店で修行を積み、満を持してこのほど独立した店主が目利きしたおまかせ寿司1本。信頼のおける仲卸から、厳選して仕入れた国内外の鮮魚を中心に構成します。

通常は全20品、8,800円のおまかせコースのみのご用意ですが、今回は開店を記念して、CAMPFIREの支援者様限定でマグロとウニを産地ごとに食べ比べできる特別コースをご用意しました。

マグロは本マグロ、南マグロ、インドマグロなど、希少部位を取り入れながら3貫ご用意。仕入れによってメニューは変わり、その日ごとに厳選した部位を3貫握ってご提供します。

また、ウニの食べ比べでは、ムラサキウニ、バフンウニ、赤ウニを、その日の市場で良い種類、 産地から3種類それぞれ軍艦で提供。

ねっとりからみつくような口当たりがウニの魅力ですが、実は種類によって味も食感も違います。

一度に3種食べ比べなければ、なかなか気づかないそれらの違いも、今回は存分にお楽しみいただきます。

このように、マグロとウニを各3貫ずつご提供しながら、コースのお値段は11,800円。他店では決して真似できないお値段です。

一体、なぜ、このような価格を実現できるのか?それは、“良いものを安く、さらに楽しく楽しんでいただきたい”という心意気にほかなりません。

“安かろう、良かろう”のモットーを実現できる背景には、徹底的に無駄をはぶき、その分、お客様に還元しようという「おまかせ寿司 すしのすけ」の企業努力があります。

通常、寿司店にはバックキッチンがあり、そこで一品料理などを作ってお客様にご提供しますが、「おまかせ寿司 すしのすけ」は、すべてカウンター内で完結。

お客様との距離も近くなり、会話も自然と弾みます。

また、大将のほかサービス係の2名で切り盛りし、人件費を極限までカット

こうした努力により、今回、マグロとウニの食べ比べがついたコースが11,800円という、驚きの価格を実現することができるのです。

バーのように洗練されたファッショナブルな空間で、お腹いっぱい寿司を食べることができる「おまかせ寿司 すしのすけ」。

マグロとウニの食べ比べコースは、オープンを記念した今回だけ!



ウニだけ?マグロだけ?それとも両方?破格の開店記念コースは今回だけ


皆が大好きなウニとマグロを心ゆくまで。食べ比べはそれぞれ3貫ずつご用意します。

実は現在、ウニの価格高騰が続いており、そのなかでこのような食べ比べコースをご用意するのは、「おまかせ寿司 すしのすけ」にとっても大きなチャレンジになります。

しかし、当店は「価格が高騰しているこの時期だからこそ、食べ比べをすることに価値がある!」と考えました。

今回限りの開店記念コースの内容をご紹介しましょう。


【4月のおまかせ一例】

・ズワイガニの茶碗蒸し
・熊本天草のムラサキウニ
・千葉勝浦の金目鯛
・三重のトロさわら
・いくらの小丼ぶり
・天然インドマグロなど


【CAMPFIRE限定コース早見表】


【そのほか特別リターン】


食材だけでなく、アルコールのラインナップにもこだわっています。日本酒以外にも寿司と相性の良いワインやウィスキーなどを豊富にご用意。

例えば、マグロと相性の良い軽めの赤ワインウニには若々しい白ワインなど、それぞれの風味の特徴に合わせたペアリング付リターンもご用意しております。

マグロだけ、ウニだけ、贅沢に両方!お好みにあわせてお選びください。


【会員特典】

また、当店を応援してくださるお客様を大切にしたいという想いから、【ここで支援していただいた方だけ】への特典として、以下のような特典が得られる権利も付与させていただきます。

**********************************************************

(1)2回目のご来店以降、ワンドリンクサービス

※お連れ様1名様まで
※600円のドリンクに限らせていただきます
※有効期限は2023年5月15日までの1年間です

**********************************************************

コースには握り寿司のほか、刺身、茶碗蒸し、つけものなどの一品料理もご用意。前菜からデザートまで、女性の方でも食べられるボリュームを意識しています。

とはいえ、物足りないと感じることもない、絶妙なバランスです。

「おまかせ寿司 すしのすけ」の本気。

皆さんの期待を裏切らない、至高のおまかせをご提供することをお約束します。


こんなに味も、食感も違うなんて。食べ比べだからこそわかる素材の旨味


今回特別にご用意したおまかせコースの目玉は、なんといっても、マグロとウニの食べ比べ。

大将が長年取引してきた信頼のおける仲卸業者から、厳しい目利きで仕入れています。

まず、当店が最も自信を持っているネタがマグロ。本マグロ、南マグロ、インドマグロなどを使用し、握りにふさわしい部位をご提供します。

たとえば、本マグロの赤身と南マグロの赤身を食べ比べる日もあれば、本マグロの赤身とトロを食べ比べる日も。

また、南マグロの脳天やほほ肉というように、「違うマグロで同じ部位を食べ比べる」のか、あるいは、「同じマグロで部位を変えて食べ比べる」のかは、当日いらしてからのお楽しみになります。

一般に、本マグロはまろやかで、独特の酸味と旨味があるのが特徴。

そして南マグロは濃厚な味わいで鉄分のニュアンスが強くなるのが特徴です。

美味しいマグロは日本の天然ものだけではありません。海外産にも養殖にも、それぞれに代えがたい個性があるのです。

しかし、これらの違いは一度に食べ比べなければなかなかわからないでしょう。

ウニの食べ比べでは、紫ウニ、バフンウニ、赤ウニを使用

紫ウニは主にわかめをえさにするため、比較的さっぱりしてフレッシュな味。

バフンウニは昆布をメインにしているので、旨味成分であるグルタミン酸を多く含み、味が濃厚。

そして赤ウニは両者のいいとこどりといった感じで、小粒ながら豊かな磯の香りが楽しめます。

「おまかせ寿司 すしのすけ」のこだわりは、そんなネタを引き立てるシャリにも表れています。

特に合わせ酢のブレンドは何度も試作を重ねた努力の結晶であり、赤酢、米酢、黒酢を独自の配合でブレンド

黒酢をきかせることで、砂糖を控えめにしてもシャリに奥行きや深みがうまれ、一段とヘルシーで、満足感のあるシャリに仕上げています。

それからもうひとつ。「おまかせ寿司 すしのすけ」でお楽しみいただきたいのがお酒です。

日本酒は10種類程度、シャンパンやスパークリングワイン、赤・白ワイン、ハイボールなどさまざまなメニューを用意しており、お客様のお好みに合わせてグラス1杯からご提供します。

ユニークなのは、日本酒もすべてワイングラスでご提供するということ。

通常の1合サイズでお出しすると、いろいろな種類を試すことができませんが、ワイングラスなら1杯あたりの分量が控えめなので、多くの種類を飲んでいただくことができるでしょう。

フランスをはじめ、海外では、日本酒をワイングラスで飲むスタイルが流行っていますが、日本酒をワイングラスで飲むと、日本酒の香りや味わいがふわっと広がりながら、色も楽しむことができ、一段とおいしさがアップします。

さらに1杯600円~というリーズナブルな価格も、飲み比べを後押し。

通常8,800円のおまかせコースに2杯飲んでもちょうど1万円!

ぜひ、寿司と厳選された各種アルコールのマリアージュを存分にお楽しみください。


日常を忘れる異空間。本物の味を、洗練されたバーカウンターで


厳選したネタのみならず、寿司屋らしからぬバーのようにファッショナブルな空間こそ「おまかせ寿司 すしのすけ」最大の特徴。
店を構えるのは、新橋駅目の前にあるニュー新橋ビルの地下1階。駅からすぐの場所にあるので、お待ち合わせにも便利です。

寿司屋といえば、白木のカウンターに、ビシッと割烹着を来た職人の図をイメージする方も多いと思いますが、「おまかせ寿司 すしのすけ」のカウンターは漆黒に近い木で作られており、ところどころにコンクリートを配したシックな雰囲気。

剥き出しのコンクリートが無骨さを醸し出し、どこか、男っぽいかっこよさを演出しています。

照明は控えめで、そのなかを静かに流れるジャズやソウルなどのBGM。

音楽にもこだわりを持っており、実は、大将がDJの友人に依頼して、わざわざ「おまかせ寿司 すしのすけ」のためにミックステープをお願いしているのだそう。

そんな音楽が流れる店内は、さながらバーのような居心地の良さ。

「いかにも寿司屋っぽい雰囲気ではおもしろくない。暗めのトーンでまとめ、ファッショナブルな雰囲気のなかで握り寿司を楽しんでほしかった」―大将はそう語ります。

また、大将やサービス係の衣服も、よくある割烹着ではなく、黒の前掛けや白いシャツ。カウンターに座れば、自然と隣に座った人たちとの会話が弾み、そこから新しい縁が生まれるかもしれません。

まだカウンターの寿司屋へ行ったことがない人や、普段使いの寿司屋を探していた人にはぴったり。
日常を忘れるひとときを体験することができるでしょう。


最後に


はじめまして。大将の江見と申します。
このたび、新橋に「おまかせ寿司 すしのすけ」をオープンさせていただきました。

当店のメニューは、おまかせコース1本のみ。一品料理はさまざまご用意しますが、基本は、おまかせコースでお楽しみいただきます。

もともと私が寿司職人になったのは、海外で本当においしい日本の寿司を広めたいという夢があったからです。

幼少期から海外に触れる機会の多かった私は、現地風にアレンジされた日本の寿司や料理に出会うたび、ずっと違和感を抱いていました。
もっと美味しい、日本の本当の寿司の素晴らしさを多くの人に伝えたい。

そんな思いがあるからこそ、旬のネタをリーズナブルに提供でき、普段自分では選ばないような新たな食材との出会いも届けられる、おまかせコース1本で勝負することを決めました。

今回ご用意したマグロ・ウニの食べ比べコースでも、国内外の産地にこだわらず、その時々で美味しい産地のものをじっくり吟味し、選りすぐってご用意。

旬の素晴らしさを存分に味わっていただけると自負しております。

日本人が作る、日本人の心をこめた、日本の寿司。いずれは東南アジアや中国、欧米などの海外でも展開したいと考えています。

この「おまかせ寿司 すしのすけ」はその第一歩。小さい一歩ですが、確実に歩みを進め、夢の実現に近づきたいと思います。

当店のコンセプトは、「おまかせ寿司を、ファッショナブルにカジュアルに」。バーで1杯飲むような感覚で、ぜひ、当店へお立ち寄りください。

みなさまのご来店を、心よりお待ちしています。



【店舗概要】

おまかせ寿司 すしのすけ

住所:東京都港区新橋2丁目16−1ニュー新橋ビルB39号(地下1階)

営業時間:17時~23時の三部制(17時・19時・21時)

定休日:日曜日

  • 2022/05/16 11:52

    本日5月16日に無事にプロジェクトを終了いたしました。この度は、プロジェクトをご支援いただきまして誠にありがとうございます。皆様から温かい支援、応援をいただきまして予想を遥かに超える計2,669,400円のご支援を賜りました。プロジェクトに賛同いただきまして心より感謝申し上げます。今回のクラウ...

  • 2022/04/16 14:39

    この度はクラウドファンディングご支援して頂き誠にありがとうございます。コメントにてご予約に関するご質問を頂いております。リターンについては、5/17以降のご案内となりますので下記公式予約ページからご予約お願い申し上げます。https://www.tablecheck.com/ja/shops/...

  • 2022/04/13 12:51

    4月11日正午から始めましたクラウドファンディング、公開まもなく目標金額を達成することが出来ました!正直、ビックリ!です。私共はオープン間もない店でまだまだ認知されておりません。いつも応援して下さるお客様だけでなく初めて当店を知って下さった方々からも沢山の支援を頂きました。そして支援者様からの...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください