身勝手な管理会社のせいで、一度は鉄屑になりかけた1970年式のベンツ…しかしながらバッテリーを繋いだだけで、なんとエンジンがかかり『まだ生きている…』と言っている様…。こんな可哀想な事が今後少なくなる様に願いを込めて、皆さんに知って頂きたいです!そして、この車を元のオーナーのところへ…

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。

車好きな1人です。

写真のメルセデス・ベンツ、どうも泣いている様に見えます。最初は私も、もうダメかと思いましたが、上記に書いた様にエンジンがかかり生きていたのです❗️

▼このプロジェクトで実現したいこと

古い車両の為にどこまでできるか分かりませんがもう一度、再生、復活して元の姿に戻してあげたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

仲良しな車好きな人の話を聞いて私がこの車両を引き取り行った時に思いました。話の内容は、以下に本人さんの文を貼り付けさせて頂きます。

『 

3年前、契約していた立体駐車場から、突然3台が姿を消した〓持ち主の【ホテル白菊】に問い合わせると、無断放置車輌と思い、スクラップ業者に処分したと言われた〓
イタズラされた事もありナンバープレートは外していたとはいえ、契約者に問い合わせもなく、勝手に処分するのは、酷い話‼️

すぐに、スクラップ業者に連絡すると、フォークリフトで移動しヤードに置いてるとの事なので、すぐに戻してもらった。そのうちの一台は、なんと❗スクラップ業者のホームページに【部品取り車輌入荷】として勝手に売り出されているではないか〓‼️呆れて何も言えなかった…
他の2台は、無惨にガラスが割られ、重ねられてた〓目を疑った〓
すぐに弁護士に訴訟してもらい裁判突入‼️
しかし、どのキズが移動した際に付いたのか証明できないとして長引き、先日3年越しでようやく示談の決着となったが、こちらの【要求額の1/6】〓
結局、こちらが泣いた格好になった…こんな事が許されていいの?全く酷い〓‼️

で、今度は、この【ホテル白菊】の立体駐車場から搬出しないといけないのだが、3年以上囚われの身だったので、さらなるイタズラもあり、可哀想な状態になっていた。
まさにスクラップ行き…クルマ達には、本当に可哀想な事をした〓明日、搬出です… 』 

このお話を聞いて次の日には積載車を走らせました。

▼資金の使い道

車両の部品調達、整備費用に使用させて頂きます。

▼最後に

我が子の様に可愛い車たち。

お金も時間も必要な中、一番の問題は、年式が古い為に部品調達が難しい事です。

皆さんのご縁を通じて世界中から部品を集め、元通りの姿に戻して、そして本来の帰る場所…オーナーのところに帰してあげたいです。

そして、少しでも今回の様な理不尽な身勝手な事が減る事を祈っております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください