はじめまして
lotusproject です

合同会社LOTUS企画
2020年に東京都八王子市で創業しました。
CAMPFIREでのプロジェクトを過去に6度実施しております。
東京都八王子市にオフィスを構え、インテリアや雑貨、ガジェットなどの輸入をしています。「みなさまの暮らしにちょっと便利で、ちょっと楽しいもの」をコンセプトに日々営業しています。

・特商法に関する情報記載について
合同会社LOTUS企画
代表者 森田知浩
お問い合わせ先 : info@lotus-kikaku.com

よろしくお願いします。

スリングバッグ SEKKEI S-sling リリース!
2022年2月20日までmachi-yaに掲載し、大好評を得た スリングバッグ SEKKEI M-sling


レビュー
youtuber ひかるのノースチャンネルさん に製品レビューをお願いしました。
レビューありがとうございます。m(__)m

支援者の皆様の声を反映し開発チームで試行錯誤を重ね、前作から更にstylishに、更にcompactになって「SEKKEI S-sling」 満を持してリリースです!

スリングバッグ SEKKEI シリーズは、Stylish & Compact をコンセプトに開発を進めました。前作の「SEKKEI M-sling」は構想から開発までに2年を要し、何度も試作を繰り返して出来た渾身のスリングバッグです。
「SEKKEI」というブランド名は海を越えて集まった多国籍の開発チームである我々が共通のキーワードとした日本語「設計」を用いました。
「SEKKEI M-sling」 は我々のこだわりと想いが詰まっています。
そして皆様から多大なるご支援を頂き、machi-yaで大成功を納める事が出来ました!

今回、新しいSEKKEIシリーズを製作するにあたっては、前作 SEKKEI M-sling をご支援頂いた皆様からの要望、アンケート結果、さらにインサイトデータを基にしました。
そして、新作は支援者層の圧倒的多数を占める30~50代の男性を明確にターゲットとする事になりました。


この支援者の属性については、実は我々開発チームが想定にかなり近い結果でした。開発チームの主要メンバーである JNAテクノロジー社 Jones Lu と 私 LOTUS企画 森田は 両名とも 40代半ばです。その我々がアイデア、嗜好、こだわり、更にはバイアスすらも詰め込んで創ったのがSEKKEI M-sling です。

この我々開発チームの気持ちを我々が想定したユーザー層に受け止めてもらえたことは万感の想いでした。

そして、新作 S-sling は 今回は前作に引き続き、明確に「ミドルエイジの男性」をターゲットとして開発する事となりました。


アンケート、応援コメントなどからユーザーの皆様が次回作には、更なるコンパクト化、オフィスユースよりもカジュアルユースを求めている事が分かりました。

そして Jones と 私 をミドルエイジのサンプルユーザとして、ペルソナ世代のど真ん中と捉え、我々が欲しい機能、我々が持っているアイテムを収納できる事がそのままマーケットのミドル世代に受け入れられるのではないかと予想しました。

これを踏まえ、新作「SEKKEI S-sling」はサイズを一回り小さくする方向性に加えて、30~50代が背負ってカッコいいデザイン、ミドルエイジの男性の休日必須アイテムを全て収納できる、これをコンセプトに開発を進めました。
コンセプトは Stylish & Minimum です。

これが普段私がよく持ち歩くアイテムです。

タブレットPCとキーボードでカフェでワーク。想定する利用シーンの一つです。

ノーマル時の厚みは 4cmです。存在を感じさせず、背負っているのも忘れてしまうくらい体にフィットします。


しかし拡張すれば 幅が 4cm → 15cm になります。一眼レフカメラも入ります。



利用シーンを限定させない設計です。

デザインはこれをテーマにしました。
背負った人間を10歳若く見せる!
とにかくカッコよく、シャープでフラットなデザインを目指し、このSEKKEI S-slingを背負ったミドル世代が一回り若々しく見えるように、という想いをデザインに表現しました。




■セキュリティ性
我々はSEKKEI シリーズの海外展開を視野に入れています。
台湾、日本は世界的に見ても治安が良い国です。しかし世界には、気が付いたらカバンの中身がなくなっているような地域もあります。
だから私たちはセキュリティ性を重視し、メインコンパートメントのフラップの開閉にはドイツ Fidlock社のボタンマグネットを採用しました。

カチッとはまる感触がクセになります。
コツや方法を知らなければ、容易には開けられません。

しかし仕組みを知っていれば片手でも容易に開けられます。
ボタンを斜めにスライドさせればOKです。


■デザイン重視
このボタンマグネットを採用した高いセキュリティ性以外のもう一つの大きな理由はデザインの自由度があがることです。
従来の開閉の為のバックル機能をボタン式にした事で、従来は表面に出ていた何らかの突起部分をなくしました。そしてフラットなフォルムのシャープな外観に仕上げる事が出来ました。


これは私 森田がこだわったマスク用のポケットです。
私はコロナ禍がもたらした社会変化の一つ、マスク文化はこの国ではこの先ずっと続くと考えています。「空気を読む」「叩かれないために」「目立たないように」を重んじる日本文化、日本社会においては、悲しいかな、公の場のみならず家から一歩外に出るとマスクをしなければいけない雰囲気や風潮が完全に根付いています。これは今後何年も、ともすれば「老尊若卑」の日本においては永遠に解消されることはないと私は予想しています。
※本来幅広くより多くの支援を集める事を目的とした場合、当たり障りのない耳障りの良い文言を用いるべきで、この場において上記のような表現はNGとも考えられます。
しかし、マーケティング調査の観点から、現状の日本社会を憂う方々の支援を受ける事が出来るか、ミドル世代の支援者の層から、どのくらいの方々から共感を得る事が出来るか、について私が知りたい、また知っておく必要があると考えたため、社会に対しての皮肉とも取れるような、このような文章を用いて私の考えを述べております。

私の苦い経験として、家を出る際についうっかりマスクを忘れて、マスクがないのでマスクを買うためにコンビニに入れない、マスクをしていない事で白い目で見られることもありました。
このポケットはそんな社会での生活のストレスを少しでも軽減するために付けました。

しかし実用的な機能、ただそれだけにするのも面白くありませんでした。やはり「カッコいい」というコンセプトは大事にしたいので、この収納にはフラットマグネットを採用しました。
スタイリッシュなデザインという路線は崩していません。

カチッとする開閉時の感覚も心地いいです。
もちろんマスクだけでなく駐車券やチケットなどを入れておく事も出来ます。探さずにパッと取り出せるので便利です。

■USBケーブル用ポート
スマホの充電ケーブルを接続すれば、スマホを使いながら充電可能。
※充電ケーブル、モバイルバッテリーは付属しません。


■ボトルホルダー

左右にあるサイドポケットはボトルホルダーになります。

※右サイドのポケットは左に比べて若干小さいです。
またUSB差し込みポートと干渉するのでご注意ください。


■三脚ホルダー
背面のベルトで三脚や折りたたみ傘などの長物を収納できます。


■拡張機能底面の金具を外すとマチ部分が拡張します!
底の幅が4cmから15cmに拡張し、サイズ感としては、一眼レフカメラ本体がすっぽり入るサイズになります。

ハリがあって高級感がある上品な光沢素材(高品質ナイロン)なので、カジュアルでありながらも高級感を出しました。


●メインコンパートメント

フラップを開けると現れる最も主要なコンパートメントです。ファスナーはついていないので、出し入れがスムーズです。すぐに取り出したいものはもちろん、タブレットなどを金具で傷つけずに収納することができます。中には2つの小ポケットのほかに、ファスナー付きの大きめなメッシュポケットがついています。

下記アイテムは全てメインコンパートメントに収納可能です。 

※注意
メインコンパートメントのフラップ(カバー)の生地には伸縮性がありません。
幅が20cmを超えるものを収納した場合、ボタンマグネットが留められません。
ちなみにiPadの幅は17cmです。

私が使っているタブレットスタンドカバーの幅は20cmであるためメインコンパートメントへの収納が不可でした。

 

普段は背面のセキュリティコンパートメントにタブレットカバーを収納して持ち運んでいます。 


●フロントコンパートメント

ICカードや鍵、リップクリームやハンドサニタイザーなど...。お出かけ中に出し入れすることが多いのに、細々としていてカバンの中で行方不明になりがちなアイテムは、フロントコンパートメントに収納すれば、いつでもすぐに取り出せます。

フロントコンパートメントにはキーホルダーリールを備えています。


●インナーコンパートメント

メインコンパートメントの手前にあるファスナーつきの区画です。中には2つの小ポケットがあります。モバイルバッテリーを収納すれば、専用のケーブル穴を通して、通話をしながら充電することも可能です。


●セキュリティーコンパートメント

バッグの背面には、ジッパー付きのコンパートメントがあります。中を開けると小ポケットが2つ付いています。銀行通帳を横にして、パスポートを縦に収納可能です。
縦13cm 横 29cm でB6サイズまで収納可能です。

長財布をすっぽりと収納できます。



内部のポケットには銀行の通帳を横にして、パスポートは縦にして収納できます。


■スマートマグネットを採用した、脱着用のバックル

前作 SEKKEI M-slingでも採用したカチッとハマる感覚が癖になるマグネットのバックルです。装着・脱着は簡単。指が凍える寒い冬や、荷物を持っていて片手が塞がっていて、片手で簡単に脱着できます。

脱着は力は入れずにひもを上に持ち上げるようにすると、簡単に外れます。装着時は留め具同士がカチッとマグネットに引っ張られてはまります。
一度留まると引っ張っても簡単には外れません。

左右どちらの肩に掛けても違和感はありません。

■ 撥水加工

大切な貴重品を守るため、高品質ナイロンの生地に撥水加工を施しています。光沢のある仕上げで汚れや埃にも強く、生地が痛みづらいのも特徴です。

■ YKKファスナー

日本が誇るYKK社のファスナーは、世界でもお墨付き。壊れにくさや、生地の噛みにくさに定評があります。品質を重視し、ファスナーは全てYKK社のものを使用しています。

※YKKはYKK株式会社の登録商標です

カラーラインアップ、グレーも用意しました。




・2022年6月 machi-ya 支援キャンペーン スタート
・2022年7月末 machi-ya 支援キャンペーン エンド
・2022年9月 リターン発送予定


◆【特別割 35%OFF】 グレー OR ブラック いずれか1つ
12,870円(一般販売予定価格19,800円 の35%OFF) 限定100個

◆【超早割 33%OFF】 グレー OR ブラック いずれか1つ
13,266円(一般販売予定価格19,800円 の33%OFF) 限定200個

◆【早割 30%OFF】  グレー OR ブラック いずれか1つ
13,860円 (一般販売予定価格19,800円 の30%OFF)限定400個


◆【ペア特別割 38%OFF】 2個セット グレー AND ブラック/カラー選択自由
24,552円(一般販売予定価格39,600円 の38%OFF) 限定50セット

◆【ペア割 35%OFF】  2個セット グレー AND ブラック/カラー選択自由
25,740円 (一般販売予定価格39,600円 の35%OFF)限定100セット


※上記はプロジェクト開始時点での予定スケジュールです。やむを得ない事情で変更となる際は、活動レポートにて随時ご報告いたします。

Q:製品の保証はありますか?
A:初期不良のみ保証対象となります。初期不良の場合は新品交換での対応となります。返金対応は致し兼ねます。初期不良の場合は製品到着より1週間以内にご連絡ください。期限を過ぎてしまうと対応が出来兼ねる場合もございます。予めご了承ください。

Q:いつ届きますか?
A:2022年9月の発送を予定しております。

Q:収納力はどれくらいですか?
A:容量は拡張時で約6Lです。一眼レフカメラや700mlペットボトルも収納可能です。

Q:ノートパソコンは入りますか?
A:今作のSEKKEI S-slingには11インチよりも大きいノートパソコンは収納できません。iPadなどのタブレットを持ち運ぶことを可能として設計しています。

Q:ファスナーの品質に問題はありませんか?
A:はい。YKK社の高品質のファスナーを使用しております。

Q:雨にも耐えられますか?
A:撥水加工を施した生地を使用していますが、完全防水ではありません。大雨など大量の水がかかる場合には、ファスナー等から内側に水が染みることもあります。

企業名:JNA Technolgy Co., Ltd.台湾に本拠を構える新興バッグメーカーです。2013年設立。アジア圏では大きなシェアを獲得しています。


合同会社LOTUS企画
「スリングバッグ SEKKEI 正規代理店」

2020年に東京都八王子市で創業。
東京都八王子市にオフィスを構え、インテリアや雑貨、ガジェットなどの輸入をしています。「みなさまの暮らしにちょっと便利で、ちょっと楽しいもの」をコンセプトに日々営業しています。

JNA社と弊社はビジネスパートナーになり2年が経過します。
今回支援キャンペーンを実施する「SEKKEI S-sling」はJNA社と弊社が共同開発した自信作です。

【住所】東京都八王子市散田町5-17-9
【Instagram】https://www.instagram.com/lotus_project2020/

お問い合わせ対応時間 9:00~15:00 (※土日祝日休み)
下記アドレスまでお問い合わせください。
info.lotus.kikaku@gmail.com

プロジェクト責任者
LOTUS企画 森田知浩

山口県柳井市出身 1977年生まれ
大学卒業後IT業界で従事、その後建設業に転身、副業として物販ビジネスを開始。頑張って2020年に独立。
JNA社 Jones氏 とは 香港の展示会で出会ってから2年のビジネスパートナーになります。


プロジェクトの属性: スリングバッグ

プロダクト 輸入商品の代理店サポート: 合同会社LOTUS企画(日本)

日本語カスタマー対応、保証等 実行者(国): 合同会社LOTUS企画(日本)

企画者(国): JNA Technology Co., Ltd. (台湾)/合同会社LOTUS企画(日本)

製造者(国): JNA Technology Co., Ltd. (台湾、中国工場)















リスク&チャレンジ

私たちは「SEKKEI」を予定通り迅速且つ丁寧にお届けできるよう、最善の努力を尽くしますが、事情により止むを得ずお届けが遅れる場合があります。予めご了承ください。
※並行輸入品は正規代理店による製品保証を受けることができません。また、正規代理店を通じて購入することで、日本国内での流通に必要な各種認証の取得や、関税の適切な処理が担保されます。
※本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。支援の性質上、配送遅延のおそれがございます。原則として、配送遅延に伴う支援のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から2ヶ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。
※ この商品は量産済みですが、製品改良などの必要に応じて仕様の変更が発生する可能性があります。
※ 海外輸送中のトラブルや通関時のイレギュラー等で、お届け時期が遅れる場合があります。
※ 並行輸入品が発生する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点をご了承願います。
※ デザイン・仕様は予告なく一部変更になる可能性もございます。
※ ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。製品は中国工場で製造され、台湾のメーカー倉庫に保管されています。通常は発注から3週間程度で船便と陸送で弊社倉庫(東京都八王子市)に納入されますが、地政学的リスク、予期せぬ災害や伝染病の蔓延などにより、納入時期に遅れが発送する可能性があります。
※ 弊社倉庫に納入後は速やか検品を実施し、通常5営業日以内に順次発送いたします。万が一リターンの時期に遅れが発生する場合は速やかにCAMPFIRAのメッセージ機能で支援者の皆様に報告致します。


●販売事業者名: 合同会社LOTUS企画
●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●事業者の所在地:〒193-0832 東京都八王子市散田町5-17-9

●事業者の連絡先:(電話)請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

●リターン価格:各リターン記載の通り *商品内容についてはリターン欄記載の通り

※リターン価格とは別にCAMPFIRE(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に220円(税込)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はCAMPFIRE(machi-ya) が受け取るもので、当社が受領するものではございません。

●送料:送料込み

●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

●支払い方法:CAMPFIRE(machi-ya) の決済手段に準ずる (詳細はこちら

●支払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

●引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

●キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし 

●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください