みんなで創る! 駅伝沿道 応援 クロニクル! 感動を応援の力に。 老若男女問わず大勢の駅伝ファンの声を集めて 熱い想いとメッセージの詰まった応援記念誌を創りたい!

プロジェクト本文

駅伝が終わったあと、会社や学校に行くとついつい
「今年もドラマがあったねぇ」なんて会話をしちゃいます。

日本全国で繰り広げられているだろう、その会話。

1年を通して出場校や選手を応援してきた人も、
お正月だけたまたま応援している人も、
「応援したい」ことには代わりがないはず。

そのあらゆるファンの想いを一堂に寄せ集め、

カオスでコアでマニアックな分厚い一冊を創りたいと思っています。

たっくさんのファンが参加することで完成する、
応援記念誌『駅伝沿道 応援クロニクル』
ぜひ、一緒に熱い想いを形にして、残しませんか!

 

※ファンによる応援活動の一環です。
 大会主催とは一切関係ありません。

※本プロジェクトにて制作する記念誌は
 一緒に制作をしたファンが個人的に楽しむためのものであり、
 一般発売を目的とするものではありません。

 

はじめまして、tomocoと申します。

ウィークデーはWEB企画開発、休日はカメラを持って競技場@水濠脇へ赴くマニアックカメラマンです。
被写体は主に動くもの。陸上競技の撮影が好きで、特にサンショーの水濠脇をこよなく愛しています。


↑水濠脇はこんな写真が撮れます! 


↑こういう写真とか!

私が毎週のように競技場へ足を運ぶようになったのは、とある競技場で、選手の走りを生で観戦したことがきっかけでした。

目の前を走る選手たちの姿から、苦しくても自身の記録に真剣に挑み続ける情熱と覚悟を感じ、いてもたってもいられないような感動をもらいました。

それ以来、自分は持ったことがない輝きを放つ選手たちを応援する方法のひとつとして、写真を撮って、その姿を残すことをしてきました。


↑ちゃんと(?)人物全体の写真も撮ってます。

 

写真、コメント、イラストなどファンによる応援の声を集めて記録する
記念誌『駅伝沿道 応援クロニクル』を創ります!

応援の気持ちや楽しかった気持ちをたくさん集めて、2018年箱根駅伝の沿道応援の記録として残します。

この記念誌は沿道やテレビの前で観戦していたみなさまと一緒に作るものです。

 記念誌は応援として出場校へ贈呈予定

箱根駅伝に寄せる熱い思いを1冊にまとめ、
選手や学校、箱根駅伝自体を応援する力にします!

多くのファンの思いをそのまま掲載した記念誌『箱根駅伝 沿道応援クロニクル』は、出場校や関係者へ感謝と応援の言葉に代えて、贈呈します。

 こんな記念誌になります 

箱根駅伝を楽しみにしている人たちと
思いを共有して記録することで、
将来、アルバムを見るように懐かしむことのできる一冊となります。

①参加全校・全選手の勇士を残す

②応援者のリアルなメッセージを残す
 ・写真で残す
 ・文字で残す
 ・イラストで残す
 ・名前を残す

③ファンは見た! あのシーン
 ・テレビに映らなかったシーンの目撃情報
 ・現地ファンしか知らない、沿道での出来事

 

参加方法は大きくわけて2つあります!

今は箱根駅伝を全然知らない方でも大丈夫です!
当日箱根駅伝を楽しむ方法をお伝えします。

どんどんご参加ください。
疑問があれば、ばしばしご質問ください!!

 応援メッセージ参加

箱根駅伝に関連する素材と制作費用の持ち込み。

 

掲載時は素材と一緒にお名前を載せます(匿名でもOK)

 

オリジナルのものであればなんでも構いません。
アナログ、デジタルにこだわりなく応募いただけます!

 スポンサー参加

メッセージは特に残さなくてもいいけれど、応援しているという方向けです。
制作費用を持ち寄り、
クレジット欄に「後援者」として、記名いたします。

 

私は、選手の走る姿を目の前で見たことをきっかけに、自分の中にある「努力すること」への憧憬を知りました。

選手たちの走る姿は、私の人生にとって、大きな転機となるできごとにもなっています。

そんな選手たちに恩返しをしたいと思ってきました。

まだまだ、長距離界における世界との壁は厚く高い。。。

でも、私は東京オリンピックで長距離選手がメダルをとるところを見たいんです!

そのためにできることは何か? と考えていました。

 

「応援しか」できない。と思ってました。

 

でも、
選手育成の中で、ファンにしかできないことが、たったひとつだけある

 

それは、

選手へ向ける、たくさんの注目です。

 

世界・オリンピックという大舞台では、非日常的な注目とプレッシャーが選手の全身にのしかかります。
このプレッシャーに耐えられる強い選手を作ることができるのはファンだけなのです。

あらゆるファンによる、たくさんの視線に注目されることで、選手に耐性をつけられるのはファンだけです。
それも、多くのファンが参加しなければ実現できません。

このプロジェクトを通して、多くの人が箱根駅伝を観戦しに出かけるような、ファンが参加して楽しめるきっかけになればと思っています。
私たちファンが競技を楽しんで見ることで、選手の応援になり、ひいては大舞台でのメダルに繋がると思ったら最高だと思いませんか?

 

ちょっと大げさかもしれませんが、日本の陸上競技を強くするためには、ファンの力がたくさん必要だと思っています。ぜひ一緒に観戦を楽しみましょう!

そして、自分たちの観戦の記録も残していきましょう。

 

よろしくお願いします。

プロジェクトメンバーについて

このプロジェクトは、主催のtomocoをはじめとして、数名のメンバーによって運営しています。
みんなで創る「箱根駅伝 沿道応援クロニクル」、通称「みんクロ」のプロジェクトメンバーをご紹介します。

 

主催:tomoco(水濠カメラマン)

 

ごあいさつでも書かせていただきましたが、陸上競技の中でも3000m障害の水濠をこよなく愛するマニアックなカメラマンです。

箱根駅伝もサンショー出身の選手に注目しながら楽しもうと思っています!

 

デザイナー:Masato.O

主催のtomocoによって巻き込まれたデザイナー。
箱根駅伝は箱根山だけで成り立っていると思っており、陸上知識ゼロ!
ただし、デザインセンスはピカイチ!

本業が忙しいので、合間を塗ってアイコンなど創ってくれています!

 

アシスタントデザイナー:Narumi.S

夢の国への訪問回数が徐々に増えてきていて、おそらく2018年は年パス行き確実と思われる女子。
画像加工とコーディング技術が冴え渡り、制作全体の作業は彼女の腕にかかっている!?

 

インテリジェンスカメラマン:Satoshi.B

国を守るあの仕事から、子供の笑顔を撮るカメラマンへと華麗に転身したのち、国の先端技術を担うIT戦士へとバージョンアップ。
カメラセンスとバイタリティは隠しきれず、tomocoによって仲間に引き込まれる。

クラウドファンディングで調達する資金は、
制作費用・印刷製本・諸経費に使います。

50万円を超えるご支援をいただけた場合には、ページ数の追加、印刷部数の追加、
印刷品質、デザインクオリティアップへと還元いたします。
たくさんの応募とご支援があればあるほど、分厚く存在感が増していく、
育成型プロジェクトです!

できるだけ多くの方に参加いただきたいです。

具体的には下記の内容に使います。

デザイン・制作・構成

印刷・製本
A4・FC・64頁・100部
※ページ数と部数はご支援が多くいただけた場合追加します。 

手数料・リターン送料など諸経費 

 

記念誌『箱根駅伝 沿道応援クロニクル』への制作参加・ご支援の方法は
大きくわけて、ふたつあります。
【応援メッセージ参加】

 

★写真・メッセージ・イラスト・記名 など掲載権利 ・・・3,000円

 

ご応募素材を1点、記名用の名前をお送りください。
お預かりした素材は最低A8サイズにて、クロニクルへ必ず掲載いたします。

完成報告メールと掲載ページのPDFを主催のtomocoからお送りいたします。
(注:冊子はついてきません)

※掲載内容は公序良俗に反するものや、選手や学校、その他関係各所の名誉毀損、批判、中傷となる内容については、掲載を却下させていただきます。
※掲載時に記名・匿名のご選択をいただけます。

 

★写真・メッセージ・イラストなど掲載権利+ダイジェストPDF(A4・20P程度)
・・・4,500円

ご応募素材を1点、記名用の名前をお送りください。
お預かりした素材はA8サイズにて、クロニクルへ必ず掲載いたします。

完成報告メールとダイジェスト版PDF(A4サイズ20頁程度)を主催のtomocoからお送りいたします。
(注:冊子はついてきません)

※掲載内容は公序良俗に反するものや、選手や学校、その他関係各所の名誉毀損、批判、中傷となる内容については、掲載を却下させていただきます。
※掲載時に記名・匿名のご選択をいただけます。

 

★写真・メッセージ・イラストなど掲載権利+記念誌1冊プレゼント ・・・5,000円
(限定20件)

ご応募素材を1点、記名用の名前をお送りください。
お預かりした素材はA8サイズにて、クロニクルへ必ず掲載いたします。

完成報告メールと記念誌1冊をお送りいたします。

※掲載内容は公序良俗に反するものや、選手や学校、その他関係各所の名誉毀損、批判、中傷となる内容については、掲載を却下させていただきます。
※掲載時に記名・匿名のご選択をいただけます。

 

★写真・メッセージ・イラストなど掲載権利+記念誌3冊セット ・・・10,000円
(限定10件)

ご応募素材を1点、記名用の名前をお送りください。
お預かりした素材はA8サイズにて、クロニクルへ必ず掲載いたします。

完成報告メールと記念誌3冊をお送りいたします。

※掲載内容は公序良俗に反するものや、選手や学校、その他関係各所の名誉毀損、批判、中傷となる内容については、掲載を却下させていただきます。
※掲載時に記名・匿名のご選択をいただけます。

 

★A4・1頁 丸ごとデザインできる権利+記念誌1冊 ・・・30,000円
(限定2件)

A4・1頁をご自分の好きなようにデザインしていただくことができます。

大好きな選手だけ!
応援している学校だけ!
など、なんでも好きな素材で自由にデザインを組んでください!

友達数名で素材を持ち寄り、1頁を使って寄せ書き風に作ったりしてもOK!

デザインはお任せで、素材だけお預かりすることもできますよ、ご相談ください♪

完成報告メールと記念誌1冊をお送りいたします。
掲載ページのPDFも送付いたします。

※掲載内容は公序良俗に反するものや、選手や学校、その他関係各所の名誉毀損、批判、中傷となる内容については、掲載を却下させていただきます。
※掲載時に記名・匿名のご選択をいただけます。

 

【スポンサー参加】

 

★後援クレジット掲載の権利+ダイジェスト版PDF ・・・10,000円

応援メッセージや写真などの掲載は希望しないけれど、応援したい気持ちが溢れてる! という方向け。
クレジット掲載ページへの記名をいたします。

完成報告メールとダイジェスト版PDF(A4サイズ20頁程度)を主催のtomocoからお送りします。

※支援者欄への記名は社名・人名・匿名をお選びいただけます。

 

★後援クレジット掲載の権利+記念誌1冊 ・・・15,000円
(限定5件)

応援メッセージや写真などの掲載は希望しないけれど、応援したい気持ちが溢れてる! という方向け。
クレジット掲載ページへの記名をいたします。

完成後報告メールと記念誌一冊をお送りします。

※支援者欄への記名は社名・人名・匿名をお選びいただけます。

 

★後援クレジット掲載の権利+記念誌1冊+ダイジェスト版PDF ・・・50,000円
(限定3件)

応援メッセージや写真などの掲載は希望しないけれど、応援したい気持ちが溢れてる! という方向け。
クレジット掲載ページへの記名をいたします。

完成報告メールとダイジェスト版PDF(A4サイズ20頁程度)を主催のtomocoからお送りします。
記念誌1冊を送付いたします。

※支援者欄への記名は社名・人名・匿名をお選びいただけます。

 

★全ページPDF ・・・100,000円

全ページPDFデータにてお送りいたします。

 

 

ファンが応援してきたことは、記録に残ることはありません。
ですが、応援記念誌として形にすることで、応援の記録を毎年積み上げていくことができるようになります。

後々振り返ったときに、卒業アルバムを見返すように、時代ごとにファンがどんな風に楽しんでいたのか、自分がそのときどんな想いで箱根駅伝を見て、応援していたのかをリアルに懐かしむことができます。

誰かが創ったものではなく、自分自身の体験を未来に残すプロジェクトにぜひご参加ください。

 

どうぞよろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください