接客業の夢を持つ吃音の若者が1日だけカフェ店員に挑戦する「注文に時間がかかるカフェ」。

今年7月にオープンする、この風変わりなカフェにやってきた高校1年生をはじめとした4人の若者が、活動を通して「自分が本当にやりたかったこと」に本気で向き合い、自信をつけていく様子を記録したドキュメンタリー映画を制作しています。



このドキュメンタリー映画の最大の特徴は、夢に向かって『今』一歩踏み出そうとしている10代-20代の若者4人が制作しているという点。

吃音でナレーションが読みにくければ、2人で声を合わせて録音するのはどうかと相談しあったり、ライブも曲づくりも初めてのスタッフが主題歌づくりに奔走したりするなど、試行錯誤で行っています。

やりたいことを諦めず、今この瞬間を懸命に生きるリアルな彼らの冒険は、同じ境遇の子どもたちの背中を優しく押してくれると考えています。

映画を通して、吃音への理解の輪が、吃音者の挑戦の輪が大きく広がっていくことを願っています。



吃音者の中には、社会の理解不足から自信を無くし「本当にやりたいこと」を諦めてきた人も少なくありません。今回「注文に時間がかかるカフェ」に挑戦する4人の若者たちもそうでした。



吃音に対する無理解や認知の低さから、学校や家庭で辛い経験をして自信を失う子供が大勢います。

(Twitterにて吃音をもつ人を対象に子ども時代の経験・現在子どもである人には現在起こっていることを調査しました。約160件の体験談から抜粋)

(Twitterで集めた「吃音を持つ子どもの声」抜粋)


「以前働いていた飲食店で、接客のセリフが言えずに店長に怒られて辞めてしまった・・・」
「吃音に理解のある注カフェでなら、心から楽しんで接客する夢が叶うと思いました。」

私たちは言葉はスムーズに出ないかもしれません。
そのために人との違いに悩み、本当にやりたいことを諦めてきました。


しかし、ほんの少しの理解があれば、本来の持ち味を発揮することができます。
このドキュメンタリー映画を通して、日本全国に理解の輪が広がっていくことを願っています。


吃音を持つ4人の若者が、とあるカフェの扉をたたいた。
「注文に時間がかかるカフェ」は接客業に挑戦したくても一歩踏み出せない吃音の若者が1日だけカフェ店員になれる風変わりなカフェだったーーー 。

最初は緊張しながらも、オリジナルドリンクの商品企画や顔合わせで徐々に打ち解けていく若者たち。
7月3日オープン当日、4人の若者たちは力を合わせて夢を叶えることができるのか?



僕たちは日常生活のなかでただ言葉を出すことが難しいです。
この感覚や苦しみは吃音当事者でないとわからない部分が多いと思います。

僕はこの映画を通して吃音というのはどのようなものなのか、どのように接してもらえると嬉しいのかが広まり、僕たちと同じように苦しむ人々が一歩踏み出せるような映画を作りたいです!


監督/プロデューサー/宣伝/配給:奥村安莉沙
撮影:菊地洋
音楽:過心杏、秋田雄太
株式会社カリヨンカンパニー平松あずさ


公開日は2023年2月末を予定しています。


製作費(ロケ、音楽収録・その他制作雑費)約4万円
広告費(ポスター・パンフレットの製作、宣伝・配給費)約6万円
公開費(映倫審査・試写会会場費用・商標)約17万円
手数料 約3万円(9%+税)
合計30万円



5月上旬- ロケ(神奈川県)
6月中旬 主題歌収録
7月下旬 ロケ(千葉県)、編集
10月 映倫審査、予告編公開
1月 一般試写
2月 公開

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


映画の詳細
タイトル:今後決定します
上映時間:60分
公開方法:上映会、AMAZONプライムビデオダイレクト、DVD(予定)
言語字幕:日本語、英語、その他多言語での字幕(予定)


3,000円: 
■ 監督より心を込めてお礼のメッセージをメールでお送りします。


10,000円:
■ 監督より心を込めてお礼のメッセージをメールで お送りします。
■ 完成披露試写会参加 1名分(オンライン、ZOOM*1にて)
■ 公式SNS*2にお名前掲載


30,000円:
■ 監督より心を込めてお礼のメッセージをメールで お送りします。
■ 公式SNS*2 にお名前掲載
■ 映画エンドロールにお名前掲載(小サイズ ) ※企業の場合は企業ロゴ掲載 *7
■ 完成披露試写会参加 2名分(オンライン、ZOOM*1 にて)
■ 映画デジタルパンフレット 1部メールにてご送付*3


50,000円: 
■ 監督より心を込めてお礼のメッセージをメールで お送りします。
■ 公式SNS*2 にお名前掲載
■ 映画デジタルパンフレット 1部メールにてご送付*3
■ 完成披露試写会参加 2名分(オンライン、ZOOM*1 にて)
■ 映画エンドロールにお名前掲載(中サイズ ) ※企業の場合は企業ロゴ掲載 *7
■ 映画デジタルパンフレットにお名前掲載 ※企業の場合は企業ロゴ掲載*4
■ 制作秘話トークイベント(オンライン、ZOOM*1 )


100,000円:
■ 監督より心を込めてお礼のメッセージをメールで お送りします。
■ 公式SNS*2 にお名前掲載
■ 映画デジタルパンフレット 1部メールにてご送付*3
■ 完成披露試写会参加 2名分(オンライン、ZOOM*1 にて)
■ 映画デジタルパンフレットにお名前掲載 ※企業の場合は企業ロゴ掲載*4
■ 制作秘話トークイベント(オンライン、ZOOM*1 )
■ 映画エンドロールにお名前掲載(大サイズ ) ※企業の場合は企業ロゴ掲載 *7
■ 上映権(上映主催許諾/上映権料含む(50名分) 諸費別途)*5
■ メイキング映像*6


200,000円:
■監督より心を込めてお礼のメッセージをメールで お送りします。
■公式SNS*2 にお名前掲載
■映画デジタルパンフレット 1部メールにてご送付*3
■映画エンドロールにお名前掲載(大サイズ )
■映画デジタルパンフレットにお名前掲載 ※企業の場合は企業ロゴ掲載*4
■制作秘話トークイベント(オンライン、ZOOM*1 )
■メイキング映像*6
■完成披露試写会参加 5名分(オンライン、ZOOM*1 にて)
■上映権(上映主催許諾/上映権料(50名分)含む 諸費別途)*5  +監督トークイベント付き(交通費別途)


【注釈】
*1 使用するツール:ZOOM    
使用ツールの動作環境:こちらをご覧ください。(外部リンク)
上映会実施は2023年1月を予定。 

*2 使用するSNS:Twitter、Instagram、Facebook。支援時、必ず備考欄に氏名(またはニックネーム)をご記入ください。 公序良俗に反する表現のニックネームは掲載をお断りさせていただきます。

*3 メールにてデジタルパンフレットをPDF形式でご送付

*4 企業ロゴ掲載ご希望の場合は7/26(木)までにkitsuoncafe2021@gmail.comまでお送りください。期限までにお送りいただいていない場合は掲載不要として承ります。

*5 主催スタッフを含む50名が視聴できる上映ライセンス付与。(1回の開催で50人が視聴することでもいいですし、2回、3回にわけて合計50人でも大丈夫です。)オンライン/オフラインどちらでも上映いただけます。(上映にかかる会場費用などは主催者様の方でご負担ください。)映画データの貸し出しはDVD(貸出期間2週間まで、DVD送料は主催者様ご負担でお願いいたします)。kitsuoncafe2021@gmail.comまでお申込みください。 有効期限:2023年2月〜2024年2月(公開日が延期された場合は、有効期限も併せて変更になります。) 

*6 URLをメールでお送りいたします。

*7 支援時、必ず備考欄に氏名(またはニックネーム)をご記入ください。 公序良俗に反する表現のニックネームは掲載をお断りさせていただきます。 企業ロゴ掲載をご希望の場合は7/26(木) までにkitsuoncafe2021@gmail.comまでお送りください。 期限までにお送りいただいていない場合は掲載不要として承ります。 



吃音を抱えながらも、接客業の夢に一歩踏み出そうとしている若者たち。
彼らはドキュメンタリー映画を通して、理解がある環境の大切さを日本中に伝えようとしています。

本当にやりたいことに一歩踏み出せない若者たちへのエールとなるように。
吃音への理解を、日本社会に広めていくために。

私たちに力を貸していただけないでしょうか?


20代前半の頃、実家の机の引き出しの奥からクシャクシャになった手紙を見つけました。

『20歳のありさへ。カフェで働く夢を叶えていますか?』
その手紙は当時カフェ店員に憧れていた10歳の私が、未来の私にあてた手紙でした。

名前さえ言えないほど重い吃音があった私は、その夢を諦め、吃音の陰に隠れる大人になっていました。

25歳の頃、オーストラリアのカフェで働きはじめた私は、障害がある人、家のない人、英語がまったく話せない人など様々な背景を持つ仲間たちに囲まれ、理解し合える環境で働けたことに衝撃を受けました。
そして「日本に帰国したらこんなカフェを作りたい!」と思いました。

注文に時間がかかるカフェの活動が全国へ広がりはじめて、かつてやりたいことを諦めて生きてきた若者たちは「ほんの少しの理解があれば、私たちは何だってできる」ということに少しずつ気づき始めています。


今回、若者たちの挑戦の記録を映画化できたら、より多くの人々に「理解ある環境の大切さ」を伝えることができると考えています。
理解が広がることで、若者たちが夢を諦めず、本当にやりたいことにチャレンジできる日が来るはずです。応援宜しくお願い致します。
奥村 安莉沙

  • 2022/08/14 14:41

    サポーターの皆さまいつもお世話になっております。この度は私たちの挑戦に応援、ご支援をいただき誠にありがとうございました。本日、皆様がご登録いただきましたメールアドレス宛に、お礼の気持ちを込めて心ばかりではございますが「リターン」をお送りさせていただきました。万が一、メールが届いていないなどがあ...

  • 2022/08/04 20:18

    サポーターの皆様猛暑が続いたかと思えば急に気温が下がりました。各地では豪雨の影響があるとのことですが、皆さまのところは大丈夫でしょうか。さて、ただいま映画製作チームは皆さまへのご支援のお礼(リターン)を製作中です。製作期間前を思い出すと「人生初」の映画作りということで不安な気持ちで、諦めそうに...

  • 2022/07/26 14:43

    サポーターの皆様暑い日が続きますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?映画製作は大半の編集作業を終え、最終調整とエンドロールにサポーターの皆様のお名前掲載を行っているところでございます。(エンドロールへのお名前掲載リターンを選択された方のみ)さて、本日はクラウドファンディングの達成報告でご連絡さ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください