はじめまして
karatekasanta です
  • 日本 / 
初めてのプロジェクト

最新実践心理学と催眠療法を用い、意識的・無意識的行動を自在に変化できる『心理行動学 ニュートラルベースNLP®』開発者。『NLPヒプノセラピー(= 催眠療法)®』トレーナー。
1968年京都生まれ。1991年大阪教育大学教育学部英語教育課卒業。三井物産(株)入社。インドネシアへ2年間の社内留学を経験後、化学品の営業を担当し世界中を訪問。チームリーダー等を経た後、『酒鬼薔薇事件』をきっかけに「よのなか」を変えることを決意し、2004年3月に退職、私立中学校の教師に転職。英語教師を務める傍ら兼業許可を得て、企業研修、セミナー、カウンセリングやセラピーを実施。2015年4月独立。体験型、エンタメ型の講演・研修を日本全国及び海外で展開中。

※5月25日追記

5月25日追記

【目標金額達成のお礼】

皆様のおかげで目標の50万円、ネクストゴールの150万円を達成することができました!

ありがとうございます。

ご支援いただいた資金は大切に使わせていただきます。

クラウドファンディング終了日5月26日まであと1日ですが、次のファイナルゴールにチャレンジさせていただきます。

ファイナルゴールは200万円です!

せっかくいただいたこの機会、最後まで挑戦したいと思います。

よろしくお願いいたします!


※5月21日追記

【リターン追加のお知らせ】

出版予定の書籍、『自己肯定感は低くてイイ!~こころとふところの豊かさを実現する『心理行動学』の秘密』(仮)をリターンに追加いたします。 お礼と書籍完成報告の動画付きです。 

《リターン内容》
・出版予定の書籍一冊
・お礼と書籍完成報告動画

ファーストゴール達成できましたので、書籍出版が可能となりました! みなさまありがとうございます!! 出版準備中ですので、出来上がり次第順次発送致します。

※4月28日追記

【目標金額達成のお礼】

皆様のおかげで目標の50万円を達成することができました!

ありがとうございます。

ご支援いただいた資金は大切に使わせていただきます。

クラウドファンディング終了までにはまだ時間がありますので、今後はネクストゴールにチャレンジさせていただきます。

ネクストゴールは150万円です!

せっかくいただいたこの機会、最後まで挑戦したいと思います。

よろしくお願いいたします!


はじめまして!合同会社un-Limited School(アンリミテッドスクール)代表の木下 山多(キノシタ サンタ)と申します。


ニュートラルベースNLP®を核に据えた『心理行動学』の開発者として、企業研修・ セミナー・講演会・カウンセリング・セラピーなどを日本全国及び海外で行なっています。

みなさんがご存知かも知れない『行動心理学』は人のクセや行動パターンを分析してその人を理解するというものですが、それは「分析」して「理解」するだけに留まります。

それに対して、私が独自に開発した『心理行動学』はニュートラルベースNLP®やNLPヒプノセラピー®(催眠療法も含む究極のコミュニケーション法)、ブリーフセラピー(短期療法)及びあらゆる心理学や私の実践・臨床経験に基づく理論を駆使し、意識的な行動はもちろん、無意識的な行動や感情・感覚さえも自在に変えることができる、人のあらゆる悩みを解消し、幸せにするための究極の理論及び手法です。

この『心理行動学』の考え方や手法をもっとよのなかに広め、現状の日本、ひいては世界中の人々の悩みやそれらを原因とした苦しみを解消したいと考え、今回のクラウドファンディングを立ち上げました!


NLPとは

NLP(= Neuro Linguistic Programming)とは、言語学と心理学等を組み合わせた脳科学に基づく実践心理学的手法で、日本語では「神経言語プログラミング」と訳されています。 

1970年代に米国カリフォルニアで始められ、ベトナム戦争後の帰還兵のメンタルケアや治療をきっかけにして、多くのセラピストやカウンセラーに広がっていきました。

現在では、さらに多くの分野に広がり、世界中の医師・弁護士・ビジネスパーソン・スポーツ選手・教師などに幅広く活用されています。

一般的なNLPとニュートラルベースNLP®の違い

「ニュートラルベースNLP®」は弊社の登録商標です。

一般的なNLPは、アメリカ発祥であるが故にポジティブを良しとしてあなたの状態を「上げようとする」側面があります。

しかしながら、「上げた」状態は直ぐに「落ちます」し、下手をすると元の状態よりも更に大きく落とすことにもなりかねません。

また、ネガティブが良くないのは誰でもご存知だと思いますが、実はポジティブもかなり良くないのです。

ポジティブとはある一定の価値判断におけるネガティブの裏返しに過ぎず、ポジティブを志向することはその反対としてのネガティブを逆に強化してしまうことになります。

そこで私は一般のNLPに般若心経の「空(くう)」の概念を加え、ネガティブでもポジティブでもなく「ニュートラル」を目指す「別次元のNLP」として「ニュートラルベースNLP®」を開発し、日本全国及び海外に広める活動をしています。

 

心理行動学の考え方を広めて、「よのなか」をもっと良くしたい!

私は現在の日本におけるいじめ、虐待、うつ、自殺、凶悪犯罪などに共通した原因の一つが現在の日本に蔓延しているポジティブ思考にあると考えています。

そして、私は『心理行動学』が広くよのなかに浸透すれば、こうした問題を解消できると考えています。

また、昨今、さまざまなメディアや自己啓発本などで「ポジティブ思考を身に付けよう」「自己肯定感を上げよう」 といったメッセージを目にしますよね。

実はこうした考え方こそが、日本人を苦しめ、自己肯定感を下げ続けているんじゃないかと思うんです。

「人の役に立っている人はすばらしい」

「社会に貢献している人は格好いい」

「新しいものを生み出し続けている人に憧れる」

そりゃあそうだろう、と思われるかもしれませんが、私の考え方は違います。

「〇〇は価値が有る」というポジティブな側面を強調すればするほど、「その逆は価値が低い(無い)」という価値観を同時に作るんです。

これがポジティブ思考の危ないところです。

人の役に立っていようとなかろうと、社会に貢献していようとなかろうと、新しいものを生み出していようとなかろうと、人間としての価値は何も変わらない、みんな同じく同等に価値がある。私はそう思っています。

人間の価値は、その人の置かれている「環境」、過去や現在の「行動」、持っている「能力」、その人の考え方や「信念・価値観」、そんなものには一切影響を受けません。

極端な話、毎日人を助けている人と毎日人を殺している人がいたとして、その行動の価値はまったく違いますが、人間として価値は何も変わらないのです。

そして、自己肯定感が高かろうと低かろうと、それは単に背が高いか低いかの違いと同じ程度のもので、それに善し悪しはなく、単なる「キャラ」のようなものなんです。

「もっと自己肯定感を上げなければ」、「もっと自分を変えなければ」……こういった考え方こそが人々の自己肯定感を下げ続けるんです。

そして、「自分の良くないところ、嫌いなところを改めよう」、「忘れたい過去を切り離そう」…… こういった考え方こそが自己否定に繋がるんです。

あなたの良くないところも、嫌いなところも、忘れたい過去もそれらはすべてあなた自身の一部なんです。ですからそれを否定するのではなく、それも含めた「あなた全体を承認する」ことこそが大切なんです。

あなたの「環境」や「行動」、「能力」、「信念・価値観」はあなたの付属物に過ぎないので、いくらでも変えて構いません。しかしながら、あなたという「存在そのもの」はどんなことがあっても一切変える必要はなく常にそのままで価値があるんです。

私はこのことを「ALL OK」と呼んで、書籍や講演、研修やセミナーの中で伝え続けています。

それが『心理行動学』の中心的なメッセージです。

より多くの方に届けるために

『心理行動学』の考え方を発信し、「ポジティブこそがすばらしい」、「人は常に成長すべきである」、「価値ある行動をしている人間にこそ価値が有る」、そして「自分の価値は他者や社会的基準との比較によって決まる」という教育や、よのなかの風潮を変えていきたい。

そうすることこそが正にいじめや虐待、うつ、自殺や凶悪事件を無くすことにつながる。

それを実現するには、私が今まで以上に発信力や影響力を持つことが必要だと考えています。

今回のクラウドファンディングで集まった資金はそのための費用として使わせていただく予定です。

具体的には、これまでとは異なる形での書籍の出版、『心理行動学』の商標登録などを考えています。


後にも紹介させて頂きますが、私はこれまで3冊の本を商業出版しており、その為に自分の費用負担はまったくしたことがありませんでした。


そしてこのたび4冊目の本を今回お伝えしているテーマど真ん中で出版しようと努めてきましたが、なかなか実現に至らなかった中で、お世話になっている大手出版社の売れっ子編集者の方がこんなことを教えてくださったのです。

「今回、山多さんが出そうとしている本の内容は、これまでほぼすべての出版社が実際に本にしたり後押ししてきた方向性の完全否定に繋がり得るものなので、出版社の色がつくことが避けられない通常の商業出版は難しいかも知れない。」

ですので、今回はあえて費用をかけて、出版社の色がまったくつかないで済む個人出版サービス「Booko」 を活用させて頂きます。

そして、このクラウドファンディングやその書籍を通して、私のオリジナルの造語である『心理行動学』という言葉をよのなかに広めることで、商標登録を実現したいと思っています。

最終的には、テレビのビジネス番組などで採り上げていただき、私自身が情報番組のコメンテーターなどと成り、発信し続けていくことを目指します。


私はもともと大手総合商社で働いていましたが、あるとき急によのなかがおかしくなってきたと感じました。

13歳、14歳くらいの子どもが残虐な事件の被害者側ではなく、加害者側にまわる様な事件が立て続けに起こっている現状を知り、このままで子どもたちは大丈夫なのか?日本は大丈夫なのかと未来を憂い、自分に何ができるかと考え、悶々としていました。
事件の被害者を救うのは当たり前だが、加害者や加害者に成りかねない様な人たちを救わない限りは、結局、何も変わらない。

そして、

「どんなに経済の状態がどん底であっても、どんなに政治の状況が混沌としていても、人間は生きていくしかなく、そんな中でもたくましく生きていける人間を育てるには、教育しかない!」

と考え、35歳で、娘が二人いたのですが、会社を辞めて私立の中学校の教師に転職し、日々の教育実践の中で子どもたちをよのなかを変えることを行ない始めました。

その後、フルタイムで教師としてクラス担任もやりながら、正式に兼業許可を得て、平日の夜や土日、行事の振替休日などを使って企業で様々な研修や個人向けセミナー、個人セッションを日本全国及び海外でも行なっていました。

「元商社マンで当時、中学校教師のお前が何を根拠にそんなことをやっていたんだ?」と思われるかもしれませんが、私は中学校教師になってから脳科学に基づく実践心理学NLPに出会い、それを学び、トレーナーの資格を獲っていましたので、その理論を活用、応用していたのです。

ただ、それらを続けているうちに、今、本当に急ぎで助けが必要なのは中学生ではなく大人ではないかと思うようになり、2015年3月末に学校を退職、独立し、現在に至ります。

現在は、『ニュートラルベースNLP®』の開発者&トレーナー及び『NLPヒプノセラピー🄬(催眠療法及び究極のコミュニケーション法)』のトレーナーとして、日常の生活に行き詰まりを感じている方、メンタル不調から身体的症状を抱えている方、夢や願望を実現したいと願っている方、コミュニケーション能力を向上したいと考えている方、そういう方々のお手伝いをしたいと考えている方を対象にした資格認定講座、 個人向けセミナー、企業研修などを対面及びオンラインで国内外で開催しています。

そんなさまざまな活動を行う中、やはりよのなかを大きく変えていくには個人の力では限界があると感じます。

そこでクラウドファンディングで資金を募り、出版やメディア出演といった形で『心理行動学』を大々的に広めていきたいと考えました。

ご賛同いただける方は、ぜひ力を貸していただけると幸いです。


【TV 出演】 

2010 年 NHK テレビスペシャル「日本のこれから~年金問題」 

2011 年 NHK「日本のこれから~日本の就職難」 

2014 年 NHK「日本新生~若者論」 

2015 年 日本テレビ「嵐にしやがれ」 他 


【著書】 

『サンタが贈るお母さんの教科書~あなたがママなら大丈夫!』 こう書房 

『今日から子どもと心がかよう魔法のことば』 明日香出版社

電子書籍『洗脳無き「別人化」はいかが?~朝一の質問だけで人生は激変する』で、 Amazon「心理学」「家庭医学・健康」部門でそれぞれ第 1 位となる。 

『元商社マン教師の学級経営革命~人を育てる究極のリーダーシップ』 さくら社


【ラジオ出演】

渋谷クロスFM『みむお&サンタの果汁(火10)100%!~ビジネスも人生も悩み快笑!』メインMC


RainbowTownFM『吉川美津子のくらサポラジオ』ゲスト出演 他多数

↓また、以下の25分程度の録画をご覧頂くことで、私の経歴やどんな仕事をしているかを具体的な例も交えながらお分かり頂けます。

RainbowTownFM
『いいね情報局「経営者心の扉」』ゲスト出演

リターンの一部をご紹介します。金額やセミナー日程など、詳細はリターン一覧をご確認ください。

・スポンサー

・セミナー動画

・書籍2冊セット

・弊社主催セミナーや個人セッションなどのお支払いに使える割引権

・ニュートラルベースNLP®オンラインセミナー(2日間)

・企業向研修 or セミナー開催 (対面またはオンライン)

・ニュートラルベースNLP®実践者養成コース (オンライン)


今回のプロジェクトで集まった資金は、CAMPFIRE手数料その他経費を除き、以下の用途として大切に使わせていただきます。

・個人出版サービス「Booko」での書籍出版

・『心理行動学』の商標登録

・TVを中心としたメディア出演のための広告宣伝費用

まずはプロの編集者とプロのデザイナーを起用しての書籍出版のための費用として50万円を目標に設定していますが、さらに多くの支援が集まれば「心理行動学」の商標登録費用、TVを中心としたその他メディア出演のためのコンサル及びプロモーション費用に充てたいと考えています。

実施スケジュールは以下のとおりです。

5月26日 クラウドファンディング終了

5月28日 ニュートラルベースNLP®オンラインセミナー開始(詳細はリターン一覧でご確認ください)

7月~ その他、準備が整ったものから順次リターンを実施・発送


いろいろと書いてきましたが、私は決して日本の教育や価値観を否定したいわけではありません。

ただ、さまざまな問題を目にする中で、日本人の美徳とも言える点が昨今では裏目に出てしまっているのではないかと思うのです。

イベント会場でゴミを拾う、被災地などで特に強制されなくても列を作って並ぶなど、それ自体はすばらしいことだと思います。

しかし、「いかに人に気を遣うか」「いかに人と違うことをしないか」といった考え方は「人と違うことを許さない」「人と合わせられない人間は駄目な人間だ」という価値判断につながり、仲間外れやいじめにつながるのではないでしょうか。

その背景として、「日本人の自分の価値の判断のしかたが他者との比較にある」ということが大きいと思っています。

現代の日本では、成績・平均点・偏差値 ・学歴・就職先・収入・地位など、他人や基準と自分を比較することで自分は他の人よりも上なのか下なのかと感じさせられることが多いのです。

そんな中で、他人と比べたり、社会が勝手に決めた基準と比べたりしてしまうと、それらよりも下にいる自分は価値が低い人間だと思ってしまうようになり、そのことが正にいじめ、虐待、うつ、自殺、凶悪事件などの原因になってしまうのです。

その人の環境や行動、能力、信念・価値観の差や善し悪しはあるかもしれませんが、そんなものは人間存在そのものの価値とはまったく関係ないのだと私は考えます。

「他人や基準との比較で自分の価値を測るのはやめよう。自分は変わらなければならい、今のままでは価値が無いと考える必要はまったくない。」

このように私が発信することで、社会の風潮が少しでも変われば、心が楽になり、心豊かに幸せに生きていける人が増えていくと信じています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ぜひご支援よろしくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/07/07 22:43

    毎年夏休み明けに子どもの自殺が非常に多くなるという話を聞いたことが有るかも知れませんが、今年はコロナ禍の影響も有り、例年以上に多くなるのではないかとも言われています。しかしながら、それは私達が子ども達に働きかければ解決するといった単純な問題ではなく、周囲の大人や社会の風潮をこそ変える必要がある...

  • 2022/05/27 08:41

    私が人生で初めて挑戦したクラファンである『いじめ、虐待、うつ、自殺、凶悪犯罪を無くす方法・考え方を広めたい』プロジェクトを 応援してくださった皆様! 本当にありがとうございました!!開始翌日にはファーストゴールの50万円は超え、セカンドゴール150万円の達成には苦戦しておりましたが、それも無事...

  • 2022/05/26 22:00

    プロジェクト終了まで残り2時間です。長いことは書きません。私の描く未来に、あなたが幸せになりますように...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください